テレビ 時事 雑学

徳利(とっくり)の正しい注ぎ方を紹介!フジテレビのやり方は間違い?

更新日:

徳利 正しい注ぎ方

世の中には、

『様々なマナー』

が存在しています。

 

それは、社会人として身に付けなければならないものも多く、

『相手に与える印象』

にも関わってきます。

そんな中、最近問題になっていることとして、

『徳利(とっくり)の正しい注ぎ方』

というマナーがあり、物議を醸しているようです。

 

そこで、今回は、

『徳利(とっくり)の正しい注ぎ方やマナー』

について紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

徳利(とっくり)の正しい注ぎ方とは何か?

徳利(とっくり)とは、主に、

『日本酒などを注ぐための道具』

として、広く親しまれています。

 

昔から、日本では愛用されており、その作りからも、

『ファンが多い』

ものでもあります。

様々なお酒の席で使われている徳利ですが、

『注ぎ方には、ある程度決まったマナーがある』

とされているのです。

徳利でお酒を注ぐときは、右手ではらを持つ

徳利で相手にお酒を注ぐときは、

『徳利のはらと呼ばれる部分を持って注ぐ』

とされています。

持ち方としては、このようになります。

徳利 持ち方

徳利のはらとは、

『下側にある膨らんだ部分』

であり、ここを上から持つことが基本とされています。

 

これを逆に持ってしまうと、手の平が上向きになり、

『逆さ注ぎ』

というマナー違反になると言われているのです。

見本としては、このようになります。

徳利 逆さ注ぎ

この持ち方を見れば分かるとおり、

『手の平が上を向いている』

と思います。

これが逆さ注ぎというものであり、

『マナー違反』

と言われているようです。

徳利の注ぎ口から、お酒を注いではいけない

これも、よく言われているマナーで、

『徳利の注ぎ口からお酒を注いではいけない』

というものがあります。

 

この理由は、

  • お酒が勢いよく出やすく、こぼれやすい
  • お酒の注ぎ口が、綺麗に見えない
  • 注ぎ口以外から注いだ方がこぼれにくい

など、様々なものがあります。

特に、年配の人には当たり前のマナーとなっているようですね。

本当は、マナーに決まりはない

徳利からお酒を注ぐマナーについて紹介しました。

これらは、昔からよく言われていることであり、

『酒席で守らなければならない最低限のマナー』

とされているのです。

 

ですが、実際のところ、

『徳利の注ぎ方に決まりなどない』

というのが本当のところです。

 

それというのも、徳利の注ぎ方に関するマナーは、

『誰がどうやって決めたのか、はっきりした証明が出来ていない』

のです。

誰かが勝手に決めたマナーが、

『いつの間にか、世間に広まっていった』

のが始まりであり、現在まで曖昧なまま伝わっていると言います。

 

実際のところ、

『お酒は皆で楽しく飲むもの』

とされているため、マナーを気にする必要がないという話も出てきています。

こだわりは大切だと思いますが、

『ガチガチに固める必要はない』

のかもしれませんね。

 

フジテレビが放送した徳利の注ぎ方は間違いなのか?

フジテレビ 徳利 正しいのか

徳利の注ぎ方に関するマナーについて紹介しました。

いつ誰が決めたかは分かりませんが、

『現代ではそれなりに広まっているマナー』

として、様々な人に使われているようです。

 

そして最近、徳利の注ぎ方において、

『フジテレビが放送した内容が炎上している』

という話があるようです。

曖昧なマナーを、それが正解のように放送してしまった

今回、フジテレビが放送した内容には、

『徳利でお酒を注ぐときは、注ぎ口とは反対側を使う』

というものになります。

フジテレビ

この方法の根拠は、注ぎ口が途中で切れていることから、

『縁が切れる』

という語呂合わせがあり、縁起が悪いと言ったものでした。

日本には、縁起を担ぐ風習が広く浸透しているので、

『正しいとは言えなくても、意味を考えるという意味では正しい』

かもしれません。

 

徳利の注ぎ方に、こんな意味があると知っている人が、どれだけいるかは不明ですが、

『いかにも日本人らしい内容』

だと言えるでしょう。

 

ですが、今回、フジテレビが放送した内容は、

『徳利の注ぎ方は、これでなければならない』

という、強要するような印象を残してしまったようです。

何が正しいのかよりも、曖昧な情報をテレビで方法したことが悪い

今回、フジテレビが炎上した原因は、

『影響力の強いテレビで、曖昧な内容を正しいように放送した』

こととなるでしょう。

また、他にも、

『新成人に対して、曖昧な知識を押し付けようとした』

という印象があったため、ここまで問題が大きくなっているとも言えます。

 

今の時代、上から目線で物を言う行為は、

『若い人を中心として、忌み嫌われることが多い』

ものとなっています。

これは、古い慣習を押し付けようとする人が多いと感じる、若い人が、

『世間に対して不満を持っていることの現れ』

が原因とも言われています。

 

そして、何よりも、

『最近のフジテレビ視聴率の下落』

により、今回のような内容で気を引こうとする態度が気に食わないという見方もあるようです。

敢えて、批判されるような内容を放送する、

『炎上商法』

と見られているのかもしれませんね。

 

フジテレビが、今回の徳利マナーについて、

『どのような意図を持って放送したのか』

は、はっきりとは分からないでしょう。

ですが、情報に対して敏感になっている現代では、

『放送内容が世間に与える影響』

を、テレビ局も考えなければならないと言えます。

 

フジテレビは、

『認識を改めるべき時期』

に差し掛かっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『徳利に限らず、正しい方法が確立しているものはあまりない』

ということが言えます。

 

世の中に広まっているマナーや方法は、

『あくまでも、誰かが暫定的に決めただけ』

であり、絶対に正しいことではありません。

むしろ、正しい方法など決めずに、

『状況に応じて考え方を変える』

ことの方が、今の時代では求められている傾向があるのです。

 

テレビで放送されている方法も、正しい事ではないため、

『臨機応変な考え方』

を出来るようにしておくことを、おすすめしますよ。

関連記事
アイキャッチ フジテレビ 視聴率低下
フジテレビの視聴率が低い理由や原因を考察!つまらない評判も!

家にいるとき、何をしているかと言えば、昔なら、 『家族とテレビを見ている』 といった言葉が聞こえていました。   ですが、近年では、 『テレビ離れ』 が深刻になっており、テレビの視聴率が低迷 ...

関連記事

-テレビ, 時事, 雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.