雑学

コカ・コーラとペプシコーラの違いとは?成分や味を比較チェック

コカ・コーラ ペプシコーラ 違い

普段、コンビニなどで飲んでいる飲み物として、

『コカ・コーラ』

があると思います。

かなり前から広く親しまれている飲み物であり、誰もが知っているものでしょう。

 

そして、コカ・コーラに続くように販売されている、

『ペプシコーラ』

も、同じように多くの人が知っている飲み物となります。

ですが、味も似ている2つのコーラ、実は、

『微妙に違う』

ものであることを知っているでしょうか。

言われなければ、あまり気にする人は少ないかもしれませんね。

 

そこで、今回は、

『コカ・コーラとペプシコーラの違い』

について紹介します。

普段から飲んでいる人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コカ・コーラとペプシコーラの味や成分の違いとは?

コカ・コーラとペプシコーラは、

『ほとんど違いの無い飲み物』

と思われていることが多いです。

 

ですが、違う会社で作られている以上、

『製法も原材料も少しずつ違う』

ものとなっています。

製法については、

『双方、機密情報として非公開にしている

のですが、成分に関しては、ある程度判明しています。

 

そこで、まずは、

『成分の違い』

から、2つのコーラを見比べていきましょう。

コカ・コーラの成分

現在、日本コカ・コーラ株式会社が発表している、コカ・コーラの成分は、

『発売当初から変わっていない』

とされています。

 

その成分は、以下のとおりです。

エネルギー 45kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 11.3g
食塩相当量 0g

エネルギー:100ml相当

原材料:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン

出典元:https://www.cocacola.co.jp

 

これは、最もオーソドックスなコカ・コーラの成分であり、

『最も多くの人が知っているコーラ』

となっています。

ペプシコーラの成分

次に、ペプシコーラの成分を紹介します。

サントリーが出しているコーラであり、

『コカ・コーラに挑戦するもの』

という立ち位置を確保しています。

 

成分は、以下のとおりです。

エネルギー 48kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 11.9g
食塩相当量 0g
カフェイン 10mg
カリウム 1mg未満
リン 約20mg

エネルギー:100ml相当

原材料:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、カフェイン

出典元:https://products.suntory.co.jp

 

コカ・コーラよりも、成分の表示が多くなっており、

『炭水化物が少しだけ多い』

のは、ペプシコーラとなっているようです。

他にも、

『カフェイン量』

などに、違いがあるそうです。

 

コカ・コーラとペプシコーラの味はどう違うのか

コカ・コーラ ペプシコーラ 味の違い

コカ・コーラとペプシコーラの成分について紹介しました。

公開されている成分を見ると、

『エネルギーや炭水化物などが、少しだけ違う』

ことが分かると思います。

 

他にも、コカ・コーラには表示がありませんが、

『ペプシコーラの方が、コカ・コーラよりカフェイン量が多い』

とも言われているのです。

 

ですが、これらの成分だけでは、

『実際の味がどこまで違うのかは分からない』

と思います。

次は、

『味の違い』

についても紹介していきます。

味は、ペプシコーラの方が上?

よく街頭調査で行われているのが、

『透明のコップに、2つのコーラを入れて飲み比べる』

というものになります。

 

見た目には、ほとんど同じように見える2つのコーラですが、実際に飲んだところ、

『ペプシコーラの方が美味しい』

とされることの方が多いようです。

コカ・コーラの後を追っているペプシコーラとしては、

『かなり嬉しい事実』

となるでしょう。

 

では、その味の決め手が何かと言うと、

『飲んだ時の甘さと柑橘系の味』

だとされています。

 

ペプシコーラは、コカ・コーラよりも、

『糖質が多い』

とされています。

これは、先程の成分表を見れば分かりますが、

『炭水化物』

が、ペプシコーラの方に多く含まれていることからも、分かるようになっています。

 

量としては、わずかの違いですが、

『その差が、より甘いコーラの味に繋がっている』

のです。

 

また、成分表にはありませんが、

『ペプシコーラには、柑橘系の原材料が含まれている』

とされています。

実際、コカ・コーラとペプシコーラには、

『非公開の原材料』

が使われているので、そのあたりに味の原因があるのでしょう。

年を取ると、コカ・コーラの方が良くなる?

ペプシコーラは、コカ・コーラよりも甘いと紹介しました。

ですが、これは裏を返すと、

『あまり甘くない方がよい人には、好まれない味』

とも言えるのです。

 

特に、甘さより渋みを好みやすくなる、

『年長者』

は、コカ・コーラの方が好きだという人も多くなるかもしれません。

実際、やってみなければ分かりませんが、

『それぞれの世代によっても、味の好みが分かれる』

ことは、大いにあるでしょう。

 

ブランド勝負では、やはりコカ・コーラの方が強い

コカ・コーラ ブランド力

コカ・コーラとペプシコーラの成分や味の違いを紹介しました。

ですが、実際のところ、

『ブランド力では、コカ・コーラの方が上』

となっているのです。

 

今までにも、

『コカ・コーラ対ペプシコーラ』

として、多くのアンケート調査が行われています。

 

そして、それらの傾向を見ていると、

『コカ・コーラの方が優勢』

になることが多いのです。

元々、コカ・コーラの方が早く出てきているため、

『ペプシコーラは、後から追いかける形』

となっています。

 

そして、ペプシコーラが、

『常に新しい試みで、コカ・コーラに挑戦している』

という構図が、現在まで出来ていると言えます。

 

ある意味、これも1つの経営戦略であり、

『挑戦者』

だからこそ、ペプシコーラの知名度が上がったとも言えるでしょう。

それでも、これまでほとんど製法を変えず、

『元祖コーラの力を見せつけているコカ・コーラ』

も、大概だと言えますね。

 

これから先、2つのコーラがどのような競争を演じるかは、誰にも分かりませんが、

『お互いを高め合ってほしい』

と願うばかりです。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『2つのコーラは、確かに違いがある』

ということが言えます。

 

似たように見える、コカ・コーラとペプシコーラですが、

『よく調べれば、その違いが分かる』

ようになっています。

そして、どちらのコーラにも、

『それぞれ違った良さがある』

のです。

 

おそらく、これから先も、

『2つのコーラは競い続ける』

はずです。

その様子を暖かく見守りながら、コーラを美味しく飲んでいきましょう。

関連記事

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.