時事

国語のテストで定規を使う意味や理由とは?メリットをチェック!

更新日:

国語 試験 定規

受験シーズンになると、ほとんどの人は、

『合格することで必死になる』

と思います。

自分の人生が変わるかもしれないので、必死になるのは当然ですよね。

 

ですが、必死になるあまり、

『不正行為を行ってしまう』

ことが、問題になっています。

そんな中、少し不思議な不正行為として、

『国語の試験で定規を使う』

というものがあります。

 

ですが、国語の試験に定規を使うと、

「何がいけないのか」

と考える人も多いでしょう。

 

そこで、今回は、

『国語の試験で定規を使うことの意味』

について紹介します。

珍しい不正行為なので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

国語のテストで定規を使う意味やメリットとは?

国語のテストと言えば、

『文章の内容を読み取り、それぞれの場面がどんな意味を持つのか』

ということが、主な要点となりますよね。

 

また、大学受験などでは、

『毎回、使われる題材が違う』

ため、事前に対策することも難しいものとなっています。

対策出来る可能性があるのは、漢字くらいですが、

『どんな漢字が出るのか分からない』

のであれば、幅広く網羅しておくしか方法はありません。

 

そんな、不確定要素の強い国語テストにおいて、

『定規を使った場合のメリット』

など、果たしてあるのでしょうか。

文章が読みやすくなる

あまりメリットがあるとは言えませんが、

『文章が読みやすくなる』

というメリットは、あるかもしれません。

 

国語の試験では、

『かなり文字フォントが小さく、文字間隔も詰まった問題』

が出題されます。

これは、

『人によって、かなり見え方が異なる』

ものとなっています。

 

特に気にしない人なら良いですが、

『細かい文字を見ると、疲れてしまう人』

にとっては、かなり見づらいでしょう。

 

また、同じ文章を読んでしまったりもするので、

『試験時間をロスする』

ということもあり、嫌だと感じる人も多いのです。

 

その為、定規があれば、

『文章に当てて読みやすくする』

ことができ、より問題に集中できるということですね。

 

とは言っても、この方法は、

『ペンや問題用紙』

でも代用できるので、必ずしも定規を使う必要はありません。

あったら便利ですが、

『なくても困らない』

と言えます。

 

試験時は、机の上に物を置けないことが多いので、

定規がある時点で違反行為になる

という事態が起こる可能性もあります。

実際、それで違反行為を取られている事例があるので、

『メリットとは言えない』

かもしれませんね。

実質的なメリットはない

最近の受験で、

『定規の使用を指摘した違反行為』

があったため、今回の記事を書いています。

ですが、実際のところ、

『定規を使うことのメリットはない』

と言っても過言ではないのです。

 

これが、数学などの試験であれば、

『計算する過程で使える』

ため、メリットはあると言えます。

それでも、根本的な問題として、

指示されたもの以外、机の上に出してはいけない

という決まりがあることが多いため、メリットとは呼べないのかもしれません。

 

最近の試験は、

『決まりを徹底的に順守している』

傾向が、かなり強いです。

一見すると、何が違反になるか分からないものでも、

『何かの違反に繋がる可能性』

があれば、それは徹底的に排除されるでしょう。

 

それだけ、試験をする側も神経を尖らせているため、

定規など、少しでも怪しまれるものを持ちこまない

ようにすることをおすすめします。

 

違反行為と分かっていても、試験中に定規を使う理由

違反行為 理解している やる理由

定規など、試験に関係ないものを使わない方が良いと紹介しました。

ですが、それが分かっていても、

『定規を使ってしまう人』

がいるのは確かなのです。

実際、違反行為で失格になっている人がいますからね。

 

ここからは、違反行為だと知っていて、

『なぜ定規を使ってしまう人がいるのか』

についても、紹介していきたいと思います。

定規を使うことが癖になっているから

定規を使う理由としては、

『今まで、試験中に定規を使っていたから』

ということが考えられます。

 

大学の試験やセンター試験でない場合、

『そこまで厳しい決まりがない』

場合もあります。

その為、国語の試験などで、

『少しでも文章を読みやすくさせたい』

ため、定規をいつも使っている人も多いのです。

 

そして、この行為を見た人が、

『特に問題ない』

として、黙認してきた結果、本番で不正行為となってしまうのです。

 

この話を聞くと、

「そんなことないでしょ」

と思うかもしれませんが、人の癖というのは恐ろしいもので、

『体に染みついた行動を、無意識の内に行っている』

ときもよくあります。

 

悪い例を出すと、試験でカンニングばかりしている人は、

『大事な試験でも、カンニングを行う』

ようになっています。

悪い事と分かっていても、

『体が勝手に動いてしまう』

のです。

 

特に、定規などは、

『使っても問題ない』

と認識されることが多いため、なおさら無意識に使ってしまいがちでしょう。

その為、定規での不正を防止したいなら、

『他の試験の際も、無駄なものは使わないようにする』

ことを心掛ける必要があると言えます。

 

実際のところ、

『国語の試験で、定規を使って失格になる』

など、納得できない人のほうが多いでしょう。

傍から見ても、そう思う人が多いくらいです。

 

ですが、決まりというのは、

『守られてこそ意味がある』

ため、例外は作られにくいものです。

このことを肝に銘じて、

『定規は試験で使わない』

ようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『国語のテストに限らず、定規を使うメリットはあまりない』

ということが言えます。

 

「定規くらいでおおげさだ」

と思うかもしれませんが、

『試験は、決まりが全て』

です。

全ての人が公平に試験を受けるためには、

『決まりを守らない人を徹底的に排除する』

ことが、現代のやり方だと覚えておかなければなりません。

 

融通が利かないと思うかもしれませんが、

『決まりを守れない人は、合格出来ない』

ので、割り切って試験に臨むことをおすすめします。

関連記事

-時事

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.