LINE

自分がいる現在地の住所をLINEで相手に簡単に伝える方法を紹介!

更新日:

LINEの位置情報機能1

LINEの位置情報機能1

いまや、メインの連絡手段といえば『LINE』ですよね。

最近では、年配の人でもLINEを使いこなしています。

さて、そのLINEの便利機能

『位置情報』

を使ったことはありますか?

「何のためについているのか分からなくて、使ったことがない!」

「現在地がバレそうで怖い」

という人も、多いのではないでしょうか?

このLINEの位置情報は、自分の現在地をトーク相手に送ることができる機能です。

自分がいる場所を言葉で説明するのって、案外と難しくて、伝わりにくかったりしますよね。

これを活用すれば、ややこしい場所での待ち合わせや、道に迷ってしまった時にも、簡単に自分の現在地を伝えることができます。

そんなLINEの便利機能を使って、自分の現在地の住所を伝える方法について紹介しましょう。

スポンサードリンク

自分の現在地をLINEで簡単に伝える方法

待ち合わせ場所や道に迷ってしまった時、自分の現在地をどのように相手に伝えますか?

おそらく、多くの人が、

「近くに○○がある!」

「○○の右側!」

など、目印になるものを伝えて、その情報を頼りに、居場所をすり合わせるでしょう。

お店での待ち合わせなら、検索するかURLを送れば地図検索ができますが、そうではない場合、自分の現在地を正確に伝えなければいけません。

そんな時に大活躍なのが、

LINEの位置情報

です。

早速、その使い方をチェックしてみましょう。

手順1 トーク画面左下『+』を押す

まずは、相手とのトーク画面を開きます。

トーク画面左下にある『+』を押すと…

LINEの位置情報機能

 

いくつかの機能が表示されるので『位置情報』を選択します。

LINEの位置情報機能2

LINEの位置情報機能2

この時、位置情報が『無効』になっている場合は、『有効』に設定してくださいね。

手順2 現在地の地図と住所が表示される

LINEの位置情報機能3

LINEの位置情報機能3

現在地の地図と住所が表示されます。

送信する前に、現在地が正しく表示されているか、確認をしてくださいね。

手順3 『この位置を送信』を選択する

表示された地図とともに、『この位置を送信』と表示されます。

『この位置を送信』を押すと、あなたの現在地の地図と住所が相手に送信されます。

受信した側は、Googleマップなどの地図アプリで見ることができます。

 

LINEでお店などの集合場所を送る方法

先に紹介したのは、自分の現在地の住所をLINEで送る方法です。

LINEの『位置情報』を使えば、自分の位置だけでなく、お店などの集合場所もURLではなく、地図を送ることができます。

これなら、送られた側も場所をすぐに確認する事ができるので、とても便利です。

手順1 トーク画面左下『+』を押す

先ほどの現在地を送る手順と同じように、トーク画面左下にある『+』を押します。

『位置情報』を選択します。

手順2 検索フォームでキーワードを検索する

LINEの位置情報機能4

LINEの位置情報機能4

現在地の他に、検索フォームが表示されるので、目的地を検索します。

手順3 『この位置を送信』を選択する

目的地が検索できたら、目的地の地図と住所が表示されます。

現在地の送信手順と同じように、『この位置を送信』を押すと、目的地の地図と住所が相手に送信されます。

 

LINEの『位置情報』で危険はないの?

さて、『位置情報』というと、

はなこ
自分のプライバシーが漏れてしまったら?
たろう
現在地が監視されたりしない?

と、不安を感じる人もいることでしょう。

そのため、位置情報は常にオフにしておきたいと考える人も、少なくはありません。

筆者も、位置情報は必要な時に手動で『オン・オフ』を切り替えて、使い終わったら必ず『オフ』にするようにしています。

しかし、LINEの位置情報は、オンにしたからといって、誰でもがあなたの居場所を検索できるわけではありません。

あなたが選択したトーク相手にのみ、現在地を送ることが出来る機能です。

ですから、安心してこの便利機能を使うことができます。

それでも、不安だという人は

  • このAppの使用中のみ許可
  • 使用後には手動でオフに切り替える

といった対策をしておくと安心です。

また、多くの人が心配しているのが

LINEのタイムラインやSNSに投稿した写真から位置情報がバレる

といった点です。

この場合、端末全体で位置情報がオンになっていたり、カメラやSNSの位置情報がオンになっていない限り、LINEが原因で位置情報がバレることはありません。

気になる場合は、端末の『設定』を開き、アプリごとに位置情報のオン・オフを管理することで、他のアプリとの位置情報の共有を避けることができます。

スポンサーリンク

 

まとめ

LINEの位置情報機能を使って、自分の現在地と住所を相手に簡単に伝える方法を紹介しました。

LINEで自分の現在地を送る方法は、

  • トーク画面左下『+』を押す
  • 現在地の地図と住所が表示される
  • 『この位置を送信』を選択する

この3ステップです。

受信した側は、Googleマップなどの地図アプリで見ることができるので、お店や目印の場所のURLを送られるよりも便利です。

LINEの位置情報は、あなたが選択したトーク相手にのみ、現在地を送ることが出来る機能です。

しかし、『位置情報』は不安だという人は、

  • このAppの使用中のみ許可
  • 使用後には手動でオフに切り替える
  • アプリごとに位置情報を管理する

といった対策をしておくと、より安心して使うことができますね。

関連記事

-LINE

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.