ガジェット

フリーWi-Fiのメリットとデメリットを紹介!セキュリティは大丈夫?

フリーWiFi メリット デメリット

最近では、当たり前のように使われている、

『WiFi』

ですが、外出したときにも使える場合がありますよね。

 

コンビニやカフェなど、Wi-Fiを飛ばしている場所があれば、誰でも使える、

『フリーWiFi』

というものが、多くなってきました。

ですが、自由に使える反面、

『セキュリティ面が疎かになっている』

という指摘があるのも事実です。

 

そこで、今回は、

『フリーWiFiのメリットとデメリット』

について紹介します。

フリーWiFiを使っている人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

フリーWiFiのメリットとは?

まず最初に、

『フリーWiFiのメリット』

について紹介していきます。

 

だんだんと使える場所が多くなっているので、

『メリットをよく理解して使う』

ようにしてみてください。

ギガを使わない

無料WiFiを、多くの人が使う理由としては、

『ギガを使わないで済む』

というものがあると思います。

 

通常、携帯は、

通信するたびに、ギガ数を使う

ようになっています。

月々のプランにもよりますが、

『一定以上のギガを使ってしまうと、通信制限がかかる』

ため、通信速度が、著しく落ちてしまうのです。

 

これにより、かなりの不利益を被るため、

『自分のギガ数を使わない、フリーWiFiを使う人が多い』

といえるでしょう。

少しでも、ギガを節約して、

『いつでも快適に携帯を使えるようにしたい』

ですからね。

自分で、WiFi環境を作らなくても良い

WiFi環境というものは、本来、

『自分で準備しなければならない』

ものです。

 

その為、普通の携帯と同じように、

設備料金や月額料金がかかる

ようになっているのです。

ポケットWiFiなどが、良い例ですね。

 

その点、フリーWiFiなら、

『諸々の費用をかけず、無料でWiFiを使うことが出来る』

ため、金銭面でもかなりお得に活用できると言って良いでしょう。

 

やはり、どんな人でも、

『無料という言葉に弱い』

ため、フリーWiFiは、魅力的に写ってしまうということですね。

フリーWi-Fiは提供する側にも、メリットが生まれる

フリーWiFiは、何も、

『使う側だけにメリットがある』

ものではなく、提供する側にもメリットがあります。

 

例えば、よくフリーWiFiを導入しているカフェなどは、

『休憩がてら、携帯をいじりたい』

人にとっては、うってつけの場所となります。

このとき、フリーWiFiが無ければ、

「携帯をいじりたいけど、ギガ数が気になるから別の場所に行こう」

となる可能性が、高くなるわけです。

 

今の時代、携帯を見る頻度は、

『携帯創成期の比ではないほど高まっている』

ため、もはやフリーWiFiなしなど、あり得ないということですね。

 

フリーWiFiの有無が、

『お店の売り上げに直結する』

ことにもなるため、店側としてのメリットは高いのです。

むしろ、フリーWiFiなしでは戦えないと言っても過言ではありません。

まさに、時代のテクノロジーが、商売に影響を与える典型と言えるでしょう。

 

フリーWiFiのデメリット

フリーWiFiのメリットを紹介しました。

ですが、メリットがあれば、

『デメリットも存在する』

のが、世の常です。

 

ここからは、

『フリーWiFiのデメリット』

についても紹介していきます。

セキュリティが弱い

ギガ数を使わないで済む、フリーWiFiですが、

『セキュリティ面が弱い』

というデメリットが、以前から囁かれています。

 

フリーWiFiは、その名の通り、

『誰もが、自由に使えるWi-Fi』

となっています。

その為、同じ回線を使って、

『不特定多数の人が、Wi-Fiを使うことが出来る』

ということになるのです。

 

不特定多数が使えるということは、

『そこでやり取りされる情報も、誰かに見られる可能性がある』

ことでもあり、実は、リスクがある行為だと言えるでしょう。

誰かに、携帯端末を乗っ取られる

これは、セキュリティ問題に関連することですが、

『フリーWiFi使用時に、携帯端末を乗っ取られる可能性』

もあります。

 

フリーWiFiでは、

『他の携帯端末情報を、案外簡単に見ることが可能』

なため、少し技術がある人なら、他人の携帯を操作することも出来るのです。

 

1度操作出来れば、様々な情報を閲覧できるので、

『その人の情報が筒抜けになる』

可能性が高くなります。

そういった携帯端末ハックの技術は、

『意外と多くの人が持っている』

ので、気を付けておくべきことでしょう。

発信元不明のWiFiは、特に気を付ける

フリーWiFiの一覧を見ていると、

『どこから送られているWi-Fiか分からない』

ものが混じっていると思います。

 

このようなWiFiは、

『悪意のある人が仕掛けた罠』

の可能性が高いと言えます。

 

パスワードが無いフリーWiFiのため、

『使って良いもの』

と思い込んで、そのまま使ってしまう人が多いとされています。

ですが、このWiFiを使ってしまうことにより、

『相手に、情報が筒抜けになっている』

ことを、覚えておかなければなりません。

 

あまりにも、自然と使ってしまうので、

『被害に遭っていると思わない』

ことが多いのですが、ほぼ確実に情報を抜き取っているでしょう。

 

お店のWiFiなどを使うときは、

『本当にそのお店が提供しているものかを確かめる』

ことが重要になります。

 

フリーWiFiを安全に使うなら、対策は必須

フリーWiFi 対策

フリーWiFiのメリットとデメリットについて紹介しました。

ここまでの内容から、フリーWiFiは、

『便利ではあるが、それなりのデメリットもある』

ものだということが分かりますね。

 

こうしたデメリットを回避するためには、

『ある程度、対策を練っておく』

必要があるでしょう。

 

対策例としては、

  • パーソナルVPNを使う
  • httpsを利用する
  • 不明なWi-Fiは使わない
  • そもそもフリーWiFiを使わない

などがあります。

 

パーソナルVPNは、

『通信コードを暗号化してくれる機能』

であり、現在普及しているものです。

絶対安心とは言えませんが、暗号化することで、

『かなりの確率で、被害を防ぐ』

ことが出来るでしょう。

 

また、httpsというものもあり、これは、

『セキュリティロックがかかっているサイト』

となります。

このサイトでは、

『個人情報を始めとする各種情報を盗まれないようにする仕組み』

が組み込まれており、セキュリティ面で有効なものとなるでしょう。

 

後の対策は、

『フリーWiFi自体を、不用意に使わない』

という点で共通しています。

触らぬ神に祟りなしとは、よく言ったものですね。

 

どれも、現在取れるセキュリティ対策となっているので、

『フリーWiFiには、細心の注意を払う』

ようにしておきましょうね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『フリーWiFiは、便利な反面、危険な面もあることを忘れない』

ということが言えます。

 

現在では、かなり多くのフリーWiFiが登場していますが、

『自由に使えるだけのデメリット』

が、必ず存在しています。

それらのデメリットを放置してしまうと、

『思わぬ形で、被害を被る』

ことになるかもしれません。

 

しっかりと対策して、

『なるべく安全に、フリーWiFiを使う』

ようにしていきましょうね。

関連記事

-ガジェット

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.