ボクシング

井上尚弥のWBSS準決勝の対戦相手・エマヌエル・ロドリゲスの強さや評価をチェック

更新日:

井上尚弥

現在、ボクシングで話題を集めている、

『WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)』

を見ている人も、多いと思います。

 

階級で、誰が1番強いのかを決める大会でもあり、

『全世界の注目が集まる試合』

となっていますね。

そんな中、唯一、日本人として参加している、

『井上尚弥選手』

が準決勝で、エマヌエル・ロドリゲス選手と対戦します。

 

世界王者同士ということもあり、

『目が離せない一戦』

となるでしょう。

 

そこで、今回は、

『エマヌエル・ロドリゲス選手の強さや評価』

について紹介します。

対戦相手の情報が知りたい人は、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

井上尚弥の準決勝の対戦相手・エマヌエル・ロドリゲスとは?

今回、対戦する相手である、

『エマヌエル・ロドリゲス選手』

は、IBF世界バンダム級王者となっています。

 

プエルトリコ出身であり、戦績は、

『19戦19勝12KO』

と、今まで負けなしとなっており、かなり手ごわい選手だとされているのです。

 

対する井上尚弥選手も、戦績は、

『17勝17敗15KO』

と、同じく無敗のため、実力は拮抗しているのではないでしょうか。

試合スタイルも、井上尚弥と似ている

エマヌエル・ロドリゲス選手の試合を観ていると、

『パワーやスピードが、ずば抜けて高いわけではない』

ことが分かります。

 

ですが、要所で見せる右ストレートや右打ち下ろしなどは、

『急にスピードが上がる』

ため、相手には早く見えるかもしれませんね。

 

また、テクニックに関して言えば、

『相手をよく見て、有効打を確実に入れていく』

スタイルのようです。

これは、井上尚弥選手と似ている面がありますね。

 

ですが、パワーに関して言えば、

『井上尚弥選手の方が、少し上』

という印象も受けます。

それでも、そこまで大きな差がないことは確かなので、

『かなり緊迫した試合展開になる』

ことが予想出来るでしょう。

 

お互い、有効打を確実に入れるタイプのため、

『油断が命取りになる』

のは、確実だと言えます。

エマヌエル・ロドリゲスはバンダム級王座を、他にも獲っている

エマヌエル・ロドリゲス選手の獲得タイトルは、

  • WBOラテンアメリカバンダム級王座
  • WBCラテンアメリカバンダム級王座
  • WBAフェデラテンバンダム級王座
  • IBF世界バンダム級王座

となっています。

 

常に、バンダム級で活躍しており、

『経験は、かなり豊富』

と言えるでしょう。

 

対する井上尚弥選手も、

  • 第36代日本ライトフライ級王座
  • 第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座
  • WBC世界ライトフライ級王座
  • WBO世界スーパーフライ級王座
  • WBA世界バンダム級王座

を獲得しており、実績においても、2人は拮抗していると見れます。

 

王者同士の激突になるので、

『どちらの強さからも、目が離せない』

ですね。

 

井上尚弥とエマヌエル・ロドリゲスのWBSSでの強さや評価は?

エマヌエル・ロドリゲス選手 強さ 評価

エマヌエル・ロドリゲス選手ついて、紹介しました。

ここまでを見ていると、

『井上尚弥選手と戦績・実力ともに似ている部分が多い』

と感じることでしょう。

 

強いて言えば、

『世界タイトルを3回獲っている井上尚弥選手の方が、少し有利』

かもしれませんね。

ですが、勝負というものは、

『その時のコンディションや流れで、全く分からないもの』

です。

 

その為、今回のトーナメントでは、

『現在の状況を見る』

ことが、相手の強さを見極めるポイントになるでしょう。

初戦のエマヌエル・ロドリゲス選手

すでに、初戦を勝ちあがっているエマヌエル・ロドリゲス選手ですが、見た感想を言うと、

『いつも通りのボクシングをしていた』

と評価できるでしょう。

 

これだけ、注目度の高いトーナメントなので、

『対戦相手も、一筋縄ではいかない』

ため、判定勝利という結果になっていました。

 

相手のジェイソン・モロニー選手は、

『KO率80%越えの、ハードパンチャー』

でしたが、その攻撃を上手くいなして、戦っていた印象があります。

また、持ち味である、

『要所での堅実な攻撃』

を、今回も多く繰り出していたため、調子が悪いわけではないようです。

 

井上尚弥選手も、1ラウンドKOという、

『順調な滑り出し』

のため、かなりの好試合が期待できるでしょう。

 

井上尚弥とエマヌエル・ロドリゲス!準決勝の結果予想は?

エマヌエル・ロドリゲス選手の、現在の調子について紹介しました。

調子だけ見れば、

『いつもと変わらない』

と評価でき、当日の試合も、見どころ十分だと言えるでしょう。

 

ここで、他の人の意見も紹介すると、

  • ロドリゲスは、尚弥と双璧をなす存在。僅差になることは間違いない。
  • 少し未知数な点もあるため、ロドリゲス選手は怖いかもしれない。
  • 終盤の体力が無いように見えるため、そこを克服した方が勝つ。
  • ロドリゲス選手の右には、注意する必要がある。
  • ほとんどスタイルも身体能力も同じなので、熱戦が期待できそう。

などがあります。

 

どちらも、実力は問題なく、むしろ、

『拮抗しているため、どんな結果になるか分からない』

という意見に終始しているようです。

 

実際に、戦ってみなければ分かりませんが、

『かなりの接戦』

となりそうなので、これから楽しみではありますね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『エマヌエル・ロドリゲス選手は、井上尚弥選手と遜色ないほどの実力を持っている』

ということが言えます。

 

戦うスタイルも、身体能力も同じくらいなため、

『後は、どれだけ相手の隙をつけるか』

の勝負となりそうです。

試合は、

『2019年3月2日(プエルトリコ時間)』

となります。

 

注目カードなので、

『対戦の日まで、予想を立てながら待つ』

ようにしてみてくださいね。

関連記事

-ボクシング

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.