スポーツ選手

金子千尋が金子弌大に名前を変更した理由をチェック!登録名の意味は?

更新日:

アイキャッチ 金子弌大 名前

プロ野球選手の移籍問題は、

『毎年、騒がれている』

ものです。

 

誰が、どこの球団に行くのかによって、

『その年のチーム力に、大きな影響を与える』

ため、各球団もよく考えて、話を進めているようですね。

そんな中、長年オリックスのエースとして君臨してきた、

『金子千尋選手』

が、日本ハムに移籍することが決定しました。

 

登録名も、以前とは違い、

『金子弌大』

となりましたが、なぜ名前まで変えてしまったのでしょうか。

 

そこで、今回は、

『金子千尋選手が、登録名を変更にした理由』

について紹介します。

スポンサードリンク

金子千尋の登録名が『金子弌大』になった理由とは?

金子千尋選手と言えば、

『2005年から、オリックスバファローズに入団した投手の要』

として、今まで数多くの活躍を見せてきました。

 

オリックス・バファローズが、大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併で誕生し、

『創設時から入団した選手』

としても有名です。

1度、登録名が、

『金子千』

となっていましたが、結局フルネームの名前に戻っています。

 

オリックスと言えば、『金子千尋』というくらい、

『日本中に知れ渡っている名前』

だったのですが、変更する上での裏話があるようです。

占い師に言われたから

金子千尋選手は、ピッチングスタイルから、

『冷静に、相手を分析するイメージ』

を持たれることが多くあります。

その為、占いなど、

『あまり現実的ではないものに、興味がない』

と思っている人も、少なくなかったと思います。

 

ですが、今回、日本ハムに移籍するにあたって、

『金子弌大』

に、登録名を変更した理由は、まさに占いが原因だったというのです。

 

占いと言っても、様々なものがありますが、金子千尋選手は、

『風水』

で、名前を占ってもらったとされています。

その結果、名前の読みは同じで、

『漢字を変更した方が良い』

と指摘され、今回の名前が出てきたということですね。

『弌大』は少し読みにくいとの声も

今回、新たに使うことになった、

『弌大』

という名前に関しては、当て字とされています。

 

弌という漢字は、

『壱の古字』

にあたるもので、『ち』とは本来読みません。

また、大に関しても、

『ひろ』

という読み方はありますが、意味というより、風水の画数などが関係していると思われます。

 

こういった名前は、あまり見ることがないため、一部のファンからは、

「漢字が読みづらい」

との指摘をもらっているみたいですね。

また、千尋という名前を変更したことから、

『千と千尋の神隠し』

を連想され、名前が神隠しにあったとも言われているようです。

風水の先生が決めた名前を、即決している

金子千尋選手は、今回の名前を決めるとき、

「風水の先生に言われて、即決した」

と答えています。

 

実は、今回の改名以前から、

『風水をよく利用していた』

ため、今回も、それに則っただけのようですね。

 

また、移籍して、

『心機一転、頑張っていく』

という意思表示も、名前には込められているみたいです。

それにしても、風水好きだとは意外でしたね。

 

プロ野球選手の名前変更は、なんでも良いのか?

プロ野球選手 登録名変更 何でも良いのか

今回、珍しい名前に変更した金子千尋選手ですが、

『こういった名前変更は、あまり珍しいことではない』

とされています。

過去にも、自分の名前とは違う漢字を使う選手は存在していました。

西武の『松井稼頭央』選手

2018年まで、西武ライオンズでプレイしていた、

『松井稼頭央選手』

も、本名の名前と登録名が違う1人です。

 

松井選手の本名は、

『松井和夫』

であり、これだけ見れば、普通にある名前だと言えるでしょう。

 

稼頭央にした経緯としては、

『中央に立って、最も活躍したい』

と思ってつけたそうです。

イチロー選手

もはや、全世界で有名なプロ野球選手として君臨している、

『イチロー選手』

も、カタカナ表記で選手名を登録しています。

 

本名は、

『鈴木一朗』

であり、プロ入り後、しばらくはこの名前で登録していました。

ですが、当時、監督をしていた仰木さんから、

「名前を売り出すため、イチローに変更しよう」

と提案されたことから、現在の名前になったとされています。

T‐岡田選手

金子千尋選手と同じく、オリックスで活躍している、

『T-岡田選手』

も、本名とは違う名前で登録しています。

 

本名は、

『岡田貴弘』

となっており、Tは、貴弘を表しているとされています。

また、別の意味で、

『ティラノサウルス』

という意味でも、使われているようですね。

個性や知名度を上げるための登録名

プロ野球選手の名前というのは、

『ファンに覚えてもらう』

ことが、かなり重要になってきます。

 

名前を覚えられれば、人気選手となるだけでなく、

『来客数が増えて、球団としても満足できる』

ため、まさにWinWinの関係と言えるでしょう。

それだけ、名前が重要だということであり、選手としては、

『自分の価値を高める材料』

となるのです。

 

今回の、金子千尋選手の改名も、

『良い意味で、多くの人に覚えられる』

ことを願ってやみませんね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『金子千尋選手の名前変更は、風水によって決まっていた』

ということが言えます。

 

意味はともかく、

『信頼する先生から、風水的に良い名前』

と言われたものを、そのまま使っているようです。

少し、意外かもしれませんが、

『ゲン担ぎ』

としては、とても良いのかもしれませんね。

いずれにしても、これから頑張っていって欲しいところです。

関連記事

-スポーツ選手

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.