言葉の意味・語源・由来

『サバを読む』はなぜ鯖になった?語源や由来をチェック

更新日:

サバを読む 語源 由来

自分が、何か成果を出したとき、

『サバを読んでいる』

ことはありませんか。

 

ちょっとだけ、自分をよく見せたいと思い、

『出した成果を割り増しで報告する』

ときなど、ついサバを読んでしまうこともあると思います。

ですが、そもそも、

「サバを読むは、なぜサバなのか」

と疑問に思う人もいるでしょう。

 

そこで、今回は、

『サバを読むの語源や由来』

について紹介します。

スポンサードリンク

『サバを読む』の語源や由来に、なぜ鯖なのかが含まれている

サバを読むという言葉は、その名の通り、

『鯖』

が当てはまるとされています。

 

そして、読むという字は、本来、

『物を数えるときに使われるもの』

とされています。

その為、サバを読むとは、

『本来の数より、多く数えて報告する』

ことになるのです。

 

そして、なぜ鯖が使われているかは、

『鯖の収穫』

を考えれば分かります。

江戸時代から、鯖は大量に獲れるようになった

サバを読むとは、先程も紹介したように、

『物の数を多めに数える』

ことを意味しています。

 

そして、この言葉が使われ始めたのが、

『鯖が大量に獲れるようになった江戸時代』

とされているのです。

当時、漁師が獲ってきた鯖は、

『どれだけ獲ったか、数えるのが大変』

なくらい、数が多かったと言われています。

 

その為、数えていくうちに、

『適当な数え方になっていった』

のです。

そして、いざ収穫量を報告する際、

『少し多めに報告する』

ことから、サバを読むが始まったという説があります。

 

ちなみに、数を少なく数えた場合、

『逆サバを読む』

という言葉が使われていたそうです。

ですが、適当に数を数えていたため、

『実際の数と合わず、問題が起きていた』

ともされています。

魚市場から出来た

昔、魚市場が、

『五十集(いさば)』

と呼ばれていたことがあります。

 

そこでは、魚の数を、

『かなりの早口で数えていた』

とされています。

この数え方は、

『いさば読み』

と呼ばれることもあり、魚市場では有名でした。

 

ですが、ここでも、

『魚の数が合わない』

ことが多かったため、よく問題が起きていたそうです。

このことから、

『数が合わない=いさば読み=サバを読む』

になっていったという説があるのです。

鯖を運ぶ日数

江戸時代は、

『若狭湾で獲れた鯖が美味しい』

ことで有名な時期でした。

 

その為、都である京都に、

『商人が、サバを多く運んでいた』

とされています。

 

当時、今のような交通機関が無かったため、商人たちは、

『陸路で、鯖を京都まで運んでいた』

のです。

その時に使った街道が、鯖の行き交う道として、

『鯖街道』

と呼ばれていたのです。

 

このとき、商人たちは、

『傷みやすい鯖を、どうやって多く売るか』

について悩んでいました。

当時の商人たちは、鯖を塩漬けしてから、

『京都につくくらいで、鯖がちょうど良くなる』

ことを知っていました。

 

ですが、どうしても傷んでしまう鯖が出てきたため、

『少し多めの数を仕込んでいた』

のです。

これが、いつしか、

『サバを読む』

という言葉に繋がったとされています。

 

また、京都までの日程を、

『早めについたと言っていた』

ことも、由来の1つとされているようです。

寿司屋のネタ数え

江戸時代、寿司屋さんが、

『お客の寿司を数えるため、米粒をたらいの縁につけていた』

ことも、由来の1つとされています。

 

このときの米粒は、隠語で、

『生飯(さば)』

とも呼ばれており、寿司屋の間で使われていたと言います。

この生飯を数えていたから、

『生飯(さば)を読む』

が生まれたとされているのです。

沢山という言葉が変化した

良く使われる言葉として、

『沢山』

というものがあります。

 

この漢字の由来は、

  • 沢=さは=多い
  • 山=やま=数が多い

という意味があるとされています。

この2つが合わさり、

『沢山=さはやま=たくさん』

という意味になった言われているのです。

 

そして、サバを読むという言葉と、

『さは=沢=サバ』

が一致していることから、数が多い繋がりで、サバを読むになったという説もあります。

刺し鯖も由来の1つ

お盆のお供え物などで使っている、

『刺し鯖』

というものを知っているでしょうか。

干物にした鯖を、二尾重ねて刺しているものです。

 

この刺し鯖を数える際、鯖が二尾使われているにも関わらず、

『刺し鯖=1つ』

で数えたことから、数を誤魔化していたと言われているのです。

これが転じて、

『サバを読む』

になったとも言われています。

仏教の作法

仏教で行われている作法の1つに、

『食べる前に、ご飯数粒を取り出す』

というものがあります。

 

これは、

『鳥に食べさせたりするため』

のものであり、いわゆる布施とも言います。

 

当時、修行僧の数が多かった、

『禅宗寺院』

という場所でも、同じようなことが行われていました。

ですが、数が多い分、

『最初に取り出す米粒も多くなってしまう』

ため、ご飯の量を調整していたとされているのです。

 

そして、当時の米粒は、

『生飯(さば)』

とも呼ばれていたため、生飯の数を多くするから、サバを読むとされた説もあります。

 

『サバを読む』には、かなりの語源や由来が伝わっている

サバを読む 語源・由来 多い

サバを読むという言葉の語源や由来を紹介しました。

同じ言葉でも、

『様々な言い伝え』

があるものとなっています。

 

実際、どれが正しいかは不明ですが、

『江戸時代頃から、急激に使われ始めた』

ことは、間違いないようです。

 

日頃、使っている言葉に、

『これほどの語源や由来がある』

ことは、あまり知られていないでしょう。

1つでも多く覚えて、聞かれたとき、答えられるようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『様々な語源や由来があり、どれが正しいかは判明していない』

ということが言えます。

 

サバを読むという言葉以外にも、

『語源や由来が多い』

ものは、世の中に存在します。

ですが、そのほとんどが、

『どの語源や由来が正しいか判明しない』

とされているのです。

 

それでも、どんな話があるかを知っておけば、

『言葉に対する印象が違って面白い』

ため、気になる言葉の語源や由来は、調べて損はありませんよ。

関連記事

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.