雑学

猫が魚を好きなのはなぜ?食べる理由と実は食べてはいけない魚をチェック

更新日:

猫 魚 食べる理由

近所を散歩すれば、よく見かける生き物に、

『猫』

がいますよね。

 

どこでも、自由気ままに歩き回っており、

『街のシンボル』

になっていることもあります。

そして、猫と言えば、

『魚が好き』

という印象を持たれていることが多い生き物です。

 

ですが、よく考えてみると、

『なぜ、猫が魚好きとなっているのか?

は、あまり知られていません。

 

そこで、今回は、

『猫が魚好きとされた理由』

について紹介します。

猫好きな人は、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

なぜ、猫が魚好きとなっているのか?

昔から、

『猫は、魚が好き』

という発想が、日本で当たり前になっています。

 

ですが、よく考えてみると、猫は、

『水が嫌いなのに、どうやって魚を取るのか』

と思うこともあるでしょう。

これには、

『日本の食習慣に原因があった』

とされています。

日本人は、昔から魚を多く食べる習慣がある

日本は知っての通り、

『周囲を海に囲まれた島国』

となっています。

 

その為、海や川が多くあり、自然と、

『魚を獲って食べる習慣』

が身についていったのです。

そして、日本人が食べた魚の残りを、

『日本に住んでいた猫も、よく食べた』

ことから、猫は魚好きという印象がついたのです。

猫は、元々魚だけを食べる生き物ではない

猫は、本来、

『肉食』

であり、草や野菜は、ほとんど食べることが出来ません。

 

だからと言って、魚だけを食べるわけでもなく、

『他の動物の肉も、同じように食べる』

ため、特別、魚好きというわけでもないのです。

 

ですが、先程も紹介したとおり、

『日本では、魚主体の食事をしていた』

ため、日本に住む猫は、魚をよく食べていました。

この姿が当たり前になったため、猫の魚好きが広まったとされています。

キャットフードの原料も、猫が魚好きになっている要因

猫を飼っている人は、

『キャットフード』

を、毎日与えていると思います。

 

そして、このキャットフードには、

『魚を中心とした原料』

が使われているのです。

 

この理由は、魚に含まれている、

  • 必須アミノ酸
  • ミネラル
  • 食物繊維
  • タウリン
  • DHA
  • ビタミン

など、体に良い成分が多く含まれているからです。

これらの成分を、

『猫の体が、取り込みやすいように作っている』

ものが、キャットフードとなります。

 

ですが、キャットフードの成分表示を見た人は、

「やっぱり魚が好きなのか」

と思ってしまうため、未だに、猫の魚好きという印象が残っているのです。

 

猫が、食べてはいけない魚とは?

猫 食べてはいけない魚

猫が、魚を好きな理由は、

『日本の食習慣が関係している』

ということが分かったと思います。

 

ここからは、

『猫が食べてはいけない魚』

についても、紹介していきます。

川魚全般は、あまり食べさせない方がよい

魚好きで知られる猫ですが、実は、

『あまり食べさせない方がよい魚』

というものが存在しています。

 

その魚は、

『川魚』

です。

 

なぜ、川魚を食べさせない方が良いかと言えば、

寄生虫が多く潜んでいるから

だと言えます。

 

一般的に、川魚は、

『海の魚と比べて、寄生虫が多い』

とされているのです。

寄生虫の多くは、食べる前に、

  • 火を通す
  • 内臓を取る
  • 直接取り除く

などすれば、その被害を最小限に抑えることが出来ます。

 

ですが、猫が川魚を食べる場合、

『寄生虫の処理が、自分ではできない』

ですよね。

その為、川魚を生で食べる猫は、

『知らないうちに、寄生虫が体に住み着いている』

可能性もあります。

 

寄生虫は、

『全てが体に悪いというわけではない』

のですが、あまり率先して取り込むことは避けるべきものです。

中には、

『皮膚を突き破ってくる寄生虫』

も存在するため、猫が病気で命を落とす可能性もあります。

 

もし、生の川魚があっても、

『猫に食べさせない』

ことをおすすめします。

青魚も、あまり多くは食べさせないようにする

川魚に並んで、あまり猫jに食べさせてはいけない魚として、

『青魚』

があります。

 

例を挙げると、

  • イワシ
  • アジ
  • サバ
  • カツオ
  • マグロ

などですね。

 

青魚が、猫に悪いという理由は、

『不飽和脂肪酸』

が関係しています。

それは、不飽和脂肪酸を過剰に摂取することで、

『黄色脂肪症』

になる可能性があるのです。

 

イエローファットと呼ばれているものであり、これは、

『皮下脂肪が酸化して、炎症を起こしてしまう』

ものなのです。

 

症状が悪化すると、

  • 発熱
  • 食欲不振
  • 痛みを訴える

などの症状が出てくるため、猫の健康にも関わってくるでしょう。

過剰摂取させなければ、さほど問題にはならないのですが、

『余った青魚を、いつも猫に与えている』

場合があれば、すぐに止めるようにしましょう。

味付けがされた魚も、猫には与えない方がよい

猫に与える魚で、

『人間が食べるように味付けたもの』

も、あまり与えない方がよいです。

 

これは、猫でも犬でも同じですが、

『人間が食べられても、動物は食べられない成分』

があるからです。

特に、調味料などを多く使っているものは、

『猫の体に悪影響を与える可能性が大きい』

ため、細心の注意を払っておきましょう。

 

どうしても、猫に魚を食べさせたいなら、

『白身魚を焼いて、味付けなしで与える』

ようにすれば、寄生虫や調味料による悪影響も少なくて済みますよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『猫が魚を好きという話は、日本人の食習慣が関係していた』

ということが言えます。

 

猫=魚好き

という印象は、

『日本人なら、誰もが抱いている』

ものでしょう。

ですが、その理由には、

『島国特有の食習慣』

が関係していたのです。

 

猫は、魚以外の肉でも食べることが多いため、

『魚も含めて、肉が好きな生き物』

と覚えておきましょう。

また、猫に魚を与えすぎると、

『病気のリスクを高める』

ため、その点も注意してみてくださいね。

関連記事

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.