雑学

PCのスリープ・休止・シャットダウンの違いを解説!最も寿命が長くなるのは?

投稿日:

パソコン

普段、仕事やプライベートで使うことが多い、

『PC』

ですが、バッテリーの寿命を考えたことがあるでしょうか。

 

使い方次第ですが、バッテリーの寿命は、

『スリープ・休止・シャットダウン』

のどれを使うかによって、それなりに変化していきます。

特に、ノートパソコンなどは、

『寿命にかなりの差が出てくる』

のです。

 

そこで、今回は、

『スリープ・休止・シャットダウンの違い』

について紹介します。

あまり意識して使っていない人も、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

PCのスリープについて

まずは、よく使うであろう、

『スリープモード』

について紹介します。

 

スリープモードとは、

『少しだけ席を離れるときに使う機能』

となります。

 

スリープモード中は、

  • プログラムやドキュメントなどの作業状態が、そのまま保存される
  • パソコン自体は、省電力モードで稼働している
  • 電源供給が切れたり、バッテリー切れが起きると作業が続けられない

などの特徴があります。

つまり、本当に少しだけ席を外したい時に使う機能ということですね。

 

しばらく放置していても、同じようにスリープモードへ移行するパソコンは多く、

『無意識のうちに使っている』

人も多いですね。

 

PCの休止について

次に、スリープモードと同じような機能を持つ、

『休止モード』

についても紹介します。

 

休止モードは、

『電力消費を抑えて、少しの時間作業状態を維持したい』

と考えている人におすすめです。

 

パソコンが、休止状態になると、

  • 作業状態が、ドライブ内に保存される
  • パソコンの電源が切れる
  • バッテリー切れを起こしても、途中から再開できる

などの特徴があります。

作業再開の際は、

『スリープモードより、少しだけ時間がかかる』

のですが、電力を使わない分、燃費が良くなります。

 

シャットダウンについて

これは、誰でも知っている思いますが、

『シャットダウンモード』

も紹介します。

 

シャットダウンモードは、

『パソコンの機能を全て閉じる』

という特徴があります。

 

その為、

  • 中断している作業は、全て消える
  • 保存していないデータも、全て消える
  • 電源は完全に落ちる

などの特徴があります。

長時間、使う予定が無いのであれば、

『シャットダウンを必ず使う』

くらいで、基本的には大丈夫です。

 

頻繁につけたり消したりすると、

『電力を多めに使い、バッテリーに負担がかかる』

ため、こういった場合は、シャットダウンをしないようにしましょう。

 

PCの寿命に関して、違いが出るのか?

パソコン

スリーブ・休止・シャットダウンについて紹介しました。

どれも、それぞれ特徴があり、

『使い分けることによって、パソコンを便利に使える』

ことが分かったと思います。

 

ですが、実際のところ、

『PCの寿命に関して、違いが出ているのか』

という疑問があるでしょう。

ここからは、その点について紹介します。

PCを使う状況によって、寿命の変化は違ってくる

PCを使うとき、

『人によって稼働状況が異なる』

と思います。

 

1日中使っている人もいれば、

『週末にしか使っていない』

なんて人もいるでしょう。

 

このような場合、

『PCを使う状況や時間によって、寿命にも変化が出やすくなる』

のです。

そして、今回紹介している、スリーブ・休止・シャットダウンについても、

『稼働状況で使い分けなければ、PCの寿命を減らすことになる』

おそれがあります。

 

常に、PCを使っている人で、少しだけ席を離れたいときは、

『スリープモード』

を使えば、PCに負担がかかりにくくなります。

これは、他の休止・シャットダウンで行われる、

『電源の停止が起こらない』

からです。

 

PCにとって、最も負担がかかっているのが、

『起動と停止』

であり、休止・シャットダウンでは、毎回これが起こることになります。

その点、スリープモードなら、

『省電力で稼働している』

ため、起動・停止の負担がかかりことは、ほとんどありません。

続けてPCを使用する際は、おすすめだと言えますね。

 

ですが、しばらくPCを使わないのであれば、

『休止かシャットダウン』

を使うほうが、PCにかかる負担を減らすことが出来るでしょう。

 

これらの機能は、先程も紹介したように、

『電源が落ちる』

ようになっています。

この場合、再度起動する際、

『PCに大きな負担がかかる』

ため、寿命が短くなりやすいのです。

 

電力を多く使う機能というのは、

『それだけ負担が多くなる』

ため、使いどころを見極めなければなりません。

 

逆に、しばらく使わない状態で、

『スリープモードにしてしまう』

と、常に電力を消費しているので、かえってPCの寿命を減らす原因となり得ます。

PCの寿命は、使い方次第

ここまで紹介したように、PCの寿命というものは、

『どのように使うかで、かなり違いが出てくる』

ものとなります。

 

その為、スリーブ・休止・シャットダウンを使いこなすためには、

『自分が、どんな風にPCを使っているのか』

を再確認する必要があるでしょう。

 

そうしなければ、無駄にPCの負担を増やしてしまい、

『本来使えるはずだった寿命を、すり減らしてしまう』

ことになるのです。

しっかりと使っていきたいなら、

『どんな風に使っていくのか』

を、しっかりと見定めていくことをおすすめしますよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『寿命を長くしたいなら、PCの使い方を見直すべき』

ということが言えます。

 

スリーブ・休止・シャットダウンは、どれも、

『PCを使う上で、欠かせない機能』

となっています。

それゆえに、使い方を誤ると、

『PCの寿命をすり減らす要因』

になりかねないのです。

 

少しでも長く使い続けたいなら、

『自分が、どんな風にPCを使っているのか』

を確かめるようにしてみてくださいね。

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.