著名人

与沢翼の現在の年収と資産を調査!秒速で1億稼ぐ男の今の自宅が凄すぎ

かつて、

『秒速で1億稼ぐ男』

と謳われた与沢翼さん。

しかし、2014年に会社が経営破綻し、一文無しになってしまいました。

その後、実業家として復活した与沢翼さんは、再び大稼ぎしているのだとか…

 

現在の与沢翼さんの年収・資産はいったいいくらなのか?

当記事で、与沢翼さんの現在の年収・資産、自宅を紹介します。

スポンサーリンク

まずは与沢翼の経歴をチェック

簡単に、『与沢翼』という人物が、どんな人なのか紹介します。

 

与沢翼さんの学生時代は

暴走族で捕まった経験もある

という、かなり荒れた人物でした。

しかしその後、

『秒速で1億稼ぐ男』

と言われるほど、お金を稼ぐ実業家として成功しています。

 

大学時代に起業したところ、その会社がうまく軌道に乗り、大儲け!

家賃200万円のマンションに住み、高級外車を乗り回すなど、豪遊生活して稼ぎまくったのですが…

会社の経営はうまくできなかったようで、2014年には経営していた会社の1つが経営破綻…

 

その後、資金ショートしてしまい、フリーエージェントスタイルホールディングスという会社も経営破綻状態にあることを告白。

同社の法人税を滞納するにまで至ってしまい、

無一文状態

にまで転落してしまったのです。

 

与沢翼の現在の年収

一時期は、無一文状態に陥った与沢翼さん。

では現在の与沢翼さんの年収は、いくらなのでしょうか?

 

調べてみると、与沢翼さんが年収を公表したのは、直近だと2017年。

その年収なんですが、なんと

25億円

でした。

 

実は、滞納した税金の支払いなどから、無一文状態に陥り、

所持金19円

の時代も経験した与沢翼さんは、

残っていた私財をすべて売り払い、それを元手にシンガポールで個人投資家として活動再開。

 

『日本よりも税金が安い』

ということでシンガポールを選んだそうです。

そして、投資家として生まれ変わった与沢翼さんは再び成功をおさめ、

株やFXのトレード、海外不動産投資、アフィリエイト収入

などで収入を得ているとのこと。

 

しかしあくまでも自称なので明確な証拠はありません。

職業として年収は変動しやすいので、参考になるかと言われると微妙なところです。

事実、2017年は仮想通貨が当たったことで25億円を手にしたと言っているので、毎年20億円以上稼いでいるわけではないでしょう。

 

2019年1月1日に公開された与沢翼さんと、R25のインタビューでは、

  • 配当や利息収入だけで年間9000万円は手にしている
  • 2018年の秋頃までは1案件300万円でSNSを活用した広告ビジネスをしていた

ということが、わかっています。

 

しかし、広告ビジネスはやめ、2019年は自分なりの情報発信サービスをしていくとのこと。

ただ、年収の割合から、これらが大きな収入源というわけではなく、

あくまでも、投資や株取引が与沢翼さんの主戦場である

ということは確かですね。

与沢翼の資産はいくら?

与沢翼さんの年収はわかりました。

では、現在の資産は、いくらなのか?

与沢翼さんが『かみひとえ』に出演した際には、口座は世界6カ国に30前後あり、

純資産は75億ぐらいかな。

30億円が現金になるもの、45億円が不動産。

と語っていましたよ。

不動産は45億円をかけて、なんと40戸もの物件

を持っているとか。

 

ちなみに、この不動産は、完成前の物に投資してきていたので、家賃収入などは入ってきていません。

ようやく引き渡しが始まってきたそうなので、不動産で稼ぐのは、これからということになります。

 

これらの話から、与沢翼さんの資産は、今後も増え続けていくでしょう。

いくら使っても減らない資産を持つなんて、羨ましいにもほどがありますよね。

与沢翼の自宅はどこ?

不動産をたくさん所有している与沢翼さんは、これまでに

日本⇒シンガポール⇒ドバイ

と居住地を転々としています。

では、与沢翼さんの自宅は現在、どこにあるのでしょうか?

 

過去には、ドバイで2億5000万円で購入したという、世界一の超高層ビルの部屋に住んでいました。

このドバイの超高層ビルの一室には、もう住んでいないようで、2019年8月19日放送の『かみひとえ』内では、

タイの2億6000万円する高級レジデンスの66階

に住んでいるとのこと。

メモ

金額は登記料、仲介料込み

 

調べたところ、タイの高級レジデンスというのは、

バンコクの超高層ビル『マハナコン』の23~73階に入居しているリッツカールトン レジデンス バンコク』

のことでした。

この『リッツカールトン レジデンス バンコク』が、どれくらい高級かというと、

一番安い部屋でも4,000万バーツ!(約1億3840万4000円)

 

まさに超高級レジデンスというに、ふさわしい金額です。

与沢翼さんの場合は、この一番安い部屋よりも、1億円も高い66階を購入しているのですから、とんでもない豪邸と言えます。

 

与沢翼さんの部屋は、35部屋限定の上層階の特別仕様のスカイレジデンス。

天井が、3~4メートルもの高さなんですよ。

こんな豪華な部屋、夫婦で住むだけにしては広すぎますよね。

3世帯くらいが一緒に生活しても、まだスペースがありそうなくらい、広く大きいです。

 

また、立地も『リッツカールトン レジデンス バンコク』は、かなりよく、

  • バンコクスカイトレイン『チョンノンシー駅』が目の前にあり、人気ショッピングモールが建ち並ぶバンコクの商業中心地『サイアム』などにもすぐ行ける
  • バンコク経済の中心地『シーロム地区』の人気No.1ショッピングモール『シーロム・コンプレックス』が徒歩圏内にある

など、経済の中心地に近いため、外国人にも生活しやすいスポットとなっていることも特徴です。

部屋だけでなく、立地面でもベストなところに、与沢翼さんは住んでいるんですね。

スポンサーリンク

まとめ

現在は投資家として活動している与沢翼さん。

一度は一文無しになったものの、投資活動でV字回復を果たし、

  • 2017年だけでも年収25億円
  • 資産は純資産で75億円

という巨万の富を手に入れています。

 

今後は、配当や利息だけでなく、不動産による家賃収入も入ってくるでしょう。

ますます、与沢翼さんがお金を稼いでいくことが予想されます。

ただ、こういった億万長者は、こぞって海外へ行ってしまうことから、すごさと同時に、日本での活動のしにくさも浮き彫りになったようにも、感じた次第です。

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.