花火大会

江東花火大会2019の場所と穴場スポットを紹介!有料席もチェック

更新日:

東京都江東区にて、2019年で37回目となる『江東花火大会』が開催されます。

打ち上げ場所の荒川から、会場までの距離はなんと150メートル

また、荒川に浮かぶ台船から打ちあがる花火は、約4000発と、迫力満点の花火大会です。

さらに、川面に映る花火で、納涼感も感じることができますよ。

そこで今回は、

『2019年江東花火大会の日程と場所』

『有料席と穴場スポット』

について、紹介していきます。

ぜひ、参考にして江東花火大会を楽しんできてくださいね!

スポンサードリンク

2019年江東花火大会の日程と場所

江東花火大会用2

2019年江東花火大会の日程と場所は、つぎのとおりです。

日程:2019年8月1日(木曜日)

時間:19時30分~20時30分(打ち上げは19時40分~)

会場:荒川・砂町水辺公園

〒東京都江東区東砂8丁目22番地先

小雨決行ですが、荒天(風速7メートル以上)等の場合は中止になります。

中止の場合、順延日はありません。

会場について

最寄り駅は東京メトロ東西線・南砂町駅。

徒歩15分ほど

で行くことができます。

駐車場はありません。

公共交通機関を利用することをおすすめします。

また、会場周辺では交通規制も実施されます。

会場周辺:17時30分~21時30分まで

土手通り:15時00分~21時30分まで

葛西橋と清砂大橋は通行可能です。

さらに、会場となる荒川・砂町水辺公園の堤防では、

2020年5月末まで高潮堤防地震対策工事

が行われています。

そのため、使用できない通路や、段差があるところがあります。

会場では係員の指示に従い、気を付けて通行してください。

トイレについて

会場には、公園内の常設トイレのほかに『葛西橋下』と『清砂大橋下』等に仮設トイレがあります。

家族連れで行く場合は、事前に確認しておくと、小さい子供がいても安心ですね。

 

2019年江東花火大会の有料席と穴場スポット

つぎに、有料席と穴場スポットについて紹介していきます。

まず残念ながら

江東花火大会には、有料席がありません。

 

江東花火大会は、東京都内で開催される花火大会の中では

比較的すいている

といわれているんです。

それでも『ほかの花火大会と比べると』というレベルであって、やはり混雑はします。

場所取りは必須です。

 

仕事帰りに行くけど、場所取りはできるのかな?

花火がよく見える場所を確保できないかも・・・

 

このような心配をする人もいますよね。

そして、

  • 仕事帰りに、ふらっと花火を見に行きたい人
  • 散歩をしながら、ゆっくりと見たい人

という人もいることでしょう。

そこで、江東花火大会を鑑賞するための、おすすめな穴場スポットを紹介していきます。

穴場スポットについて

これから紹介する江東花火大会の穴場スポットは、つぎの5ヶ所です。

  • 葛西橋通り付近
  • 会場の対岸にあたる堤防(江戸川区側)
  • 清砂大橋
  • 清新町サイクリングコース
  • 首都高速道路の下

葛西橋通り付近

南砂町駅から

徒歩20分ほど

行くことができます。

会場から北側の位置にあり、会場からは少し離れているので、残念ながら迫力のある花火は見ることができません。

しかし、周りに大きな建物もなく、きれいな花火を見ることができますよ。

会場の対岸にあたる堤防(江戸川区側)

西葛西駅から

徒歩15分ほど

で行くことができます。

会場の対岸にあたる場所で、会場のような混雑がないのに、迫力のある花火を見ることができます。

穴場スポットでも、遠くからではなく迫力のある花火が見たいという人におすすめです。

清砂大橋

南砂町駅から

徒歩15分ほど

で行くことができます。

会場からは少し離れてしまいますが、橋の上なので比較的涼しい場所で見ることができます。

しかし、場所取りや座って見ることはできないので、注意してくださいね。

橋の上からは、

ライトアップされた葛西臨海公園の観覧車

も見ることができますよ。

清新町サイクリングコース

清新町の堤防沿いがサイクリングコースとなっています。

西葛西駅から

徒歩10分ほど

で行くことができます。

会場からは離れてしまうので、迫力のある花火は見ることができません。

しかし、広くひらけている場所なので、きれいな花火を見ることができます。

首都高速道路の下

荒川の上を通る、首都高速中央環状線の下からも花火を見ることができます。

最寄り駅は西葛西駅で、

徒歩15分ほど

で行くことができます。

広い場所なので、ゆっくり花火を楽しむことができますよ。

 

以上、5ヶ所が江東花火大会の穴場スポットになります。

2019年の江東花火大会は、平日の開催です。

仕事帰りで会場まで行けないという人や、有料席がないと場所取りが心配な人など・・・

今回紹介しました『穴場スポット』を、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

2019年の江東花火大会の日程と場所は、つぎのとおりです。

日程:2019年8月1日(木曜日)

時間:19時30分~20時30分(打ち上げは19時40分~)

場所:荒川・砂町水辺公園

小雨決行、荒天の場合は中止です。

荒天などで中止になった場合、順延もされないので注意してくださいね。

また、駐車場はありません。

会場へ向かう際には、公共交通機関を利用すると確実です。

 

つぎに、江東花火大会の穴場鑑賞スポットは、つぎの5ヶ所です。

  • 葛西橋通り付近
  • 会場の対岸にあたる土手(江戸川区側)
  • 清砂大橋
  • 清新町サイクリングコース
  • 首都高速道路の下

穴場スポットの詳しい情報は、本文にあるとおりです。

会場からは、もちろん迫力満点の花火を見ることができますが、穴場スポットでもきれいな花火を見ることができますよ。

ルールやマナーを守って、江東花火大会を存分に楽しんできてくださいね!

関連記事

-花火大会

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.