漫画

ベルセルク最新刊(41巻)の発売日はいつ?休載が多い理由を調査!

なかなか終わらない漫画といえば?

と聞かれた時、多くの人が答える漫画の一つに『ベルセルク』があります。

なにしろ、連載が始まったのが1989年のことですからね。

平成元年に連載が始まり、平成の間に完結しなかったのですから、なかなか終わらない漫画というのも誇張表現ではありません。

 

そんな『ベルセルク』は、休載が多いこともあり、掲載ペースが遅めです。

あまりに遅いので、最新刊である41巻は、いつになったら発売されるのかと気になっている人も多いはず…。

この記事で、漫画『ベルセルク』について、最新刊となる41巻の発売日がいつになるのか?

そもそも、なぜ『ベルセルク』は休載が多いのか、その理由も調査してみました。

スポンサーリンク

『ベルセルク』41巻の発売日はいつ?

ベルセルク

ベルセルク

『ベルセルク』は、三浦建太郎先生による漫画で、剣と魔法の世界を舞台にしたダークファンタジー作品です。

『ヤングアニマル』の前身である『月刊アニマルハウス』にて、1989年に不定期連載がスタートしました。

昔から

『ベルセルク』は休載が多いな…

とは思っていたんですが、実は最初から不定期での連載だったのです。

そして現在、単行本は40巻まで刊行されているのですが…

 

連載開始から30年以上が経過した今でも、全くストーリーが終わる気配を見せていません。

しかも、もともとが不定期連載なうえに、長期休載も多く、年単位の休載もあることから、

作者自身が絶筆を危惧してしまうほどには進んでいない

という現状です。

それでいて、『ベルセルク』の世界は、風呂敷を広げ過ぎたために、あまりにも壮大になっています。

終わる兆しが見えないのも当然ですよね。

加えて、三浦建太郎先生は病弱…

いくつもの理由があって、『ベルセルク』のストーリーは長引いてしまっていることから、三浦建太郎先生は、

自身の体調を心配したり、生きている間に完結できるか

という不安のコメントを、たびたび残しているのです。

 

『ベルセルク』は、連載ペースが遅いため、単行本の発売ペースは近年、以下の状況になっています。

  • 35巻:2010年10月5日
  • 36巻:2011年9月30日
  • 37巻:2013年4月5日
  • 38巻:2016年7月5日
  • 39巻:2017年6月23日
  • 40巻:2018年9月28日

1年~2年に1巻の刊行ペースは、いくら月刊誌での連載とはいえ遅いペースですよね。

不定期での連載で、初期の頃は半年に1巻ペースだったので、目に見えて遅くなっているのです。

では、最新刊となる『ベルセルク』41巻は、いつ発売するのか?

 

まず、発売日を予想するにあたって、連載のストックを調べてみましょう。

『ベルセルク』は、2019年4月に、8カ月ぶりの連載再開となりましたが…

連載再開最初の話である358話が、41巻のストック1話目でした。

つまり、まだ41巻のストックは溜め始めたばかり…。

しかも、連載再開をしたとは言ったものの、

次の359話が掲載されたのが、358話から4カ月後の2019年8月

だったのです。

さらに驚くべきは、

359話掲載後、今度は1年間の休載に入ってしまい、ようやく2020年4月に連載が再開された

ところです。

 

『ベルセルク』41巻の掲載話となるストックの掲載ペースは、今のところ以下になっています。

358話:2019年4月

359話:2019年8月

360話:2020年4月

361話:2020年6月予定

『ベルセルク』の単行本に収録される話数は、7~8話のこともあるものの、基本的には9話掲載されます。

ですから、

まだ単行本の半分もストックが溜まっていない

ということになりますね。

しかも、2019年は1年に2話しか掲載されていません。

2020年も、予告通り6月に掲載されれば、やっと2話の掲載。

相変わらず、連載→休載→連載の流れのうち、休載部分が長すぎるので、『ベルセルク』最新刊となる41巻の発売日を予想するとなると…

2021年になる可能性が非常に高い

と見ていいでしょう。

 

『ベルセルク』に休載が多い理由

それにしても、なぜ、『ベルセルク』は休載が多いのでしょうか?

その理由を探ってみます。

 

『ベルセルク』の休載理由ですが、実は詳しいことはわかっていません。

最近は、休載発表だけして、理由は一切不明

という状態のためです。

 

『ベルセルク』の休載理由を探るには、まず、『三浦建太郎』という漫画家が、どういう人物なのかを知る必要があります。

漫画家の特徴がわかると、自ずと休載理由を察せるようになってくるんですよ。

 

もともと、三浦建太郎先生は、綿密に書き込みをする漫画家です。

その綿密な書き込みからなる画力は、評判が高く、ダークファンタジーの世界観とマッチしていることが『ベルセルク』の魅力の1つとなっています。

どれだけこだわっているかというと、

休載中も三浦建太郎先生は漫画を描き続けている

という点に尽きるでしょう。

その様子は、時折『ヤングアニマル』の巻末コメントでうかがうことができます。

三浦建太郎先生は、このあまりに綿密な書き込みを、膨大な量でこなすため、すぐに原稿を落としてしまうのです。

それで『ベルセルク』は休載が多くなってしまうわけです。

 

このことは、鳥山明先生を発掘した元『週刊少年ジャンプ』の編集者にして、『ヤングアニマル』の出版社である白泉社の代表取締役会長・鳥島和彦さんに、

「背景はいらないです」

「なぜなら人物のアップだけで十分に魅せる画力があるんだから」

と指摘されているほど。

 

それに加え、三浦建太郎先生は自身でも認めるほど病弱であることから、頑張りすぎて体調を崩してしまうこともあります。

身体に無理をさせ、さらに理想の高い漫画を描こうとするために、『ベルセルク』は休載が多くなってしまっているのです。

 

『バスタード』や『バガボンド』のように、作者にやる気がないから休載が多いわけではないのは、1つの安心要素とも言えますね。

スポンサーリンク

まとめ

『ベルセルク』は、2019年4月に連載が再開され、ようやく最新刊となる41巻のストックが溜まり始めました。

しかし、掲載ペースが今のところ遅いため、このままのペースが続くならば、

『ベルセルク』41巻は、発売日が2021年以降になることは確実

といえます。

休載が多いのは、作者である三浦建太郎先生が、

『あまりにも膨大な綿密な書き込みをする漫画家なので、すぐ原稿を落としてしまう』

ということが主な理由です。

それに加えて、三浦建太郎先生が病弱ということもあり、先生の存命中に『ベルセルク』は完結できるのか…

それも不安点と言えるでしょう。

関連記事

-漫画

© 2020 スピカ紀行