花火大会

北区花火会2019の場所と有料席をチェック!穴場鑑賞スポットも調査

投稿日:

2019年で第8回目の開催となる『北区花火会』。

北区の花火は、

『北区民ひとりひとりが力を合わせて盛り上げる手作りの催し』

ということから、『花火大会』ではなく『花火会』と親しみを込めた名称になっています。

 

2018年には、

  • 『エレファントカシマシ』とのコラボ花火
  • 芥川龍之介のストーリー花火

が打ち上がりました。

そして、2019年は、8888発の色とりどりの花火が秋の夜空を彩ります。

はたして、どんな花火が見れるのか、今から楽しみですね。

そこで今回は、

『北区花火大会2019の日程と場所』

『有料席と穴場鑑賞スポット』

について、紹介していきます。

ぜひ参考にして、北区花火大会を楽しんできてくださいね!

スポンサードリンク

北区花火大会2019の日程と場所

北区花火大会用

北区花火大会2019の日程と場所は、次のとおりです。

日程:2019年9月28日(土曜日)

時間:18時30分~19時30分

場所:荒川河川敷・岩淵水門周辺

〒東京都北区志茂5-41-2

実は、この北区花火大会、

雨天でも開催

されるそうです。

過去にも実際に雨が降ったことがありますが、無事に開催されました。

しかし、さすがに

台風などの荒天の場合は中止

になることもあるので、注意してくださいね。

北区花火大会2019へのアクセス方法

会場である岩淵水門周辺へのアクセス方法は、次のとおりです。

  • JR赤羽駅東口から徒歩20分
  • 南北線赤羽岩淵駅から徒歩15分
  • 南北線志茂駅から徒歩15分

花火大会開催当日は、大変混雑が予想されます。

通常徒歩20分ほどの道のりも、50分ほどかかることもあります。

時間に余裕をもって、早めに会場に向かうようにしてくださいね。

駐車場について

会場に駐車場はありません。

また、会場周辺のコインパーキングなども混雑が予想されます。

さらに、会場周辺は交通規制も行われるので、公共交通機関を利用すると確実です。

 

有料席と穴場鑑賞スポット

まず、有料席チケットについてです。

有料席には3ヶ所の観覧エリアがありますので、順番に紹介していきます。

青水門エリア

  • 青水門グループシート8(8名席・ブルーシート):24000円
  • 青水門グループ席4(4名席・ベンチシート):14000円
  • 青水門カップル席(2名1組・パイプ椅子2脚):8500円
  • 青水門パーソナル席(1人用・階段席):3500円

赤水門エリア

  • 赤水門カップル席(2名1組・パイプ椅子2脚):7000円
  • 赤水門パーソナル席(1人用・パイプ椅子1脚):3000円
  • 赤水門グループシート4(4名席・ブルーシート):10000円
  • ファンゾーン(エリア自由席・ビニールシート):1000円

特設エリア

  • 青水門車椅子席(青水門入場スロープ付近の指定エリア):3500円
  • 青水門車椅子帯同者(パイプ椅子1脚):3500円
  • 青水門カメラマン席(丸椅子1脚):8000円
  • 上記帯同者(カメラマン1名につき帯同者1名):4000円
  • 赤水門カメラマン席(丸椅子1脚):8000円
  • 上記帯同者(カメラマン1名につき帯同者1名):4000円
  • 赤水門リバーサイドプレミアムシート(4名席・テーブル+丸椅子4脚):20000円

購入方法

まちなか販売は、以下の場所で行われます。

  1. BOOKS談前(赤羽第1葉山ビルメッツ1F)2019年8月2日~
  2. 赤羽納涼フェスタ(赤羽小学校校庭)2019年8月24日 16時00分~20時00分
  3. 赤羽西口フェスティバル(赤羽西口七福神広場)2019年9月1日 17時00分~19時00分
  4. 北マルシェ(赤羽公園)2019年9月22日 14時00分~16時00分

BOOKS談前は、指定日のみの販売となります。

2019年8月2日から、毎日販売されているというわけではありません。

気を付けてください。

また、日程や時間等の詳しい情報は、『北区花火会2019公式HP』を確認してください。

 

さらに、2019年8月3日(土曜日)より

  • チケットぴあ
  • 公式販売サイトBASE

からの販売も予定されています。

こちらも順次発表となるので、詳しくは公式HPをチェックしてください。

また、昨年は『青水門エリア』が早々に売り切れてしまったようです。

有料席の購入を考えている人は、早めにチェックしておくと良いかもしれませんね。

有料席は、近くで大迫力の花火を見ることができ、場所取りの心配もありません。

確実にきれいな花火を見たい人は、有料席がおすすめですよ。

穴場鑑賞スポット

次に、

会場以外でも花火を見ることができる

穴場鑑賞スポットを3ヶ所、紹介していきます。

  • 荒川河川敷(川口市側)
  • 荒川鹿浜橋緑地
  • 荒川運動公園

荒川河川敷(川口市側)

北区の対岸にあたる、埼玉県川口市側の荒川河川敷です。

川口元郷駅から、徒歩20分ほどで行くことができます。

駅からのアクセスはあまり良くないので、気を付けてください。

しかし、打ち上げ場所からは近いので、迫力のある花火を見ることができる穴場鑑賞スポットです。

また、近くにコンビニもあるので飲食するのにも困りませんよ。

荒川鹿浜橋緑地

〒東京都足立区新田2-29-6

会場から荒川を下っていったところにあるのが、荒川鹿浜橋緑地です。

道もきれいに整備されている場所で、近隣住民の散歩コースにもなっています。

緑が多く広々とした場所なので、きれいな花火を見ることができます。

会場の混雑をさけて、ゆっくりと花火を見たい人におすすめですよ。

荒川運動公園

〒埼玉県川口市飯原町荒川町14-1

荒川運動公園へは、川口駅から徒歩20分ほどで行くことができます。

埼玉県川口市側にある、荒川に面した公園です。

会場からは少し離れてしまうので、迫力のある花火は見ることができません。

広い河川敷に座って見れるので、混雑を避けてゆっくりと花火を見たい人におすすめの穴場鑑賞スポットです。

スポンサーリンク

まとめ

北区花火大会2019の日程と場所は、次のとおりです。

日程:2019年9月28日(土曜日)

時間:18時30分~19時30分

場所:荒川河川敷・岩淵水門周辺

〒東京都北区志茂5-41-2

会場へのアクセス方法は、次のとおりです。

  • JR赤羽駅東口から徒歩20分
  • 南北線赤羽岩淵駅から徒歩15分
  • 南北線志茂駅から徒歩15分

通常は20分ほどで行けますが、花火大会当日は大変な混雑が予想されます。

会場まで、

徒歩50分ほどかかる場合もある

ので、早めに行くようにしてくださいね。

 

つぎに、有料席には次の3ヶ所のエリアがあります。

  • 青水門エリア
  • 赤水門エリア
  • 特設エリア

金額や購入方法等は、本文を参考にしてください。

有料席では場所取りの心配もなく、迫力満点の花火を楽しめますよ。

つぎに、穴場鑑賞スポットは次の3ヶ所です。

  • 荒川河川敷(川口市側)
  • 荒川鹿浜橋緑地
  • 荒川運動公園

会場の混雑を避けたい人には、穴場鑑賞スポットをおすすめします。

ぜひ参考にして、北区花火大会を楽しんできてくださいね!

関連記事

-花火大会

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.