格闘技

那須川天心VS武尊の試合がない理由とは?二人の仲や関係をチェック

現在、日本の格闘技界が盛り上がりを見せています。

世界中の実力者がしのぎを削る中、2人のスター選手が誕生しました。

それが、

  • 那須川天心(なすかわてんしん)
  • 武尊(たける)

この2人です。

2人は同じキックボクシングの選手であり、どちらも圧倒的な強さをもつ選手です。

 

強いだけに、ずっと2人の対戦がファンの間では熱望されているのです。

にも関わらず、今まで試合をしたことがありません。

 

二人が試合をしない理由は、どういったことなのでしょうか?

そこで今回は、

  • 那須川天心vs武尊の試合がない理由とは?
  • 2人の仲や関係

についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

那須川天心vs武尊の試合がない理由とは?

スター選手である、那須川天心選手と武尊選手。

この両選手の試合がない理由をお話しする前に、まずはプロフィールを表にしてみました。

名前 那須川天心 武尊
身長 165㎝ 168㎝
体重 57㎏ 60㎏
戦績 33勝0敗 38戦37勝1敗
獲得タイトル
  • 第6代RISEバンタム級王座
  • BLADE FC JAPAN CUP -55㎏トーナメント2015優勝
  • ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座
  • RIZIN KICKワンナイトトーナメント2017 優勝
  • 初代RISE世界フェザー級王座
  • ISKAフリースタイルルール世界フェザー級王座
  • 初代Krush -58㎏級王座(防衛3回)
  • 初代K-1 WORLD GP スーパーバンタム級王座
  • 初代K-1 WORLD GP フェザー級王座(防衛1回)
  • 第4代K-1 WORLD GP スーパーフェザー級王座

View this post on Instagram

5 more days until RIZIN.14. Just finished my last session. I went to Las Vegas and spent an entire month dedicating myself to boxing. I am going to spend the remaining days focusing on how to respectfully land my punches on Mayweather. I appreciate everybody's support! RIZIN.14まであと5日。 追い込み練習が終わりました。ラスベガスにも行き、初めてボクシング漬けの1ヶ月を過ごしました。 あとは一日一日、集中力を高めて大晦日はメイウェザー選手を敬意を持ってぶっ飛ばします。 皆さん、応援よろしくお願い致します! #Cygames #rizin14 #BOXING #teppengym #target #RISE

A post shared by 那須川天心 Tenshin Nasukawa (@tenshin.nasukawa) on

那須川天心選手は、

公式戦無敗

というすさまじい成績、武尊さんも1敗しかしていないなど、華々しい戦績を収める両選手であることが分かりますね。

これまでに戦ってきた選手もレベルが高く、立ち技系格闘技世界最強とも言われる、

ムエタイの王者クラス選手を倒す程

であり、その実力は誰もがわかるほどに強いです。

では、なぜ同じ日本国内にいて、那須川天心選手と武尊選手の試合がないのでしょうか。

 

那須川天心選手と武尊選手の試合がない理由としては、

団体の考え

が障害となっています。

那須川天心選手は、これまで以下の様々な団体や競技会で試合を行ってきました。

那須川天心が試合した団体

  • RISE
  • BLADE
  • NO KICK NO LIFE
  • KUNLUN FIGHT
  • KNOCK OUT
  • RIZIN

 

対して武尊選手のほうは…

武尊が試合した団体

  • K-1 WORLD GP
  • K-1 KRUSH FIGHT 
  • RIZIN

武尊選手は、1度だけRIZINに参戦したことはありましたが、基本的にはK-1のみ参戦しています。

那須川天心選手は現在、RIZINとRISEで活躍しています。

つまり、那須川天心VS武尊は、

RIZIN・RISE対K-1

の図式になると言えます。

 

両選手自体は、試合をすることを望んでいます。

2019年9月16日の『RISE』で、那須川天心選手は、

強い物同士たちをワールドシリーズみたいに集めて、戦わせる場所が本当の興行なんじゃないですか。

ボクは逃げも隠れもしないです。

SNSで書き込んだりするなら、さっさと正式な話を下さい。

俺は待ってます。

と武尊選手との対戦を熱望。

一方の武尊選手も、同月19日、復帰戦を控えた試合前の会見にて、

天心選手から“対戦したい”ということを長年言われてきて、もちろん僕も試合をやりたいですし、そのためにずっと動いています。

(中略)

その件に関してもこれから、今もそうなんですがK-1の中の方たちとずっと話を進めていて、これからもそのことについては進めていく。

まずは11月24日の試合に必ず勝つので応援よろしくお願いします。

とコメントしています。

 

これだけ両者が対戦を望んでいるのに、なぜ試合がおこなわれないのか?

その理由には、先ほどの構図で触れたように、

団体が障害

となっているのです。

 

RIZIN・RISE側は、試合を行う準備ができていることを、度々メディアで話していますが…

問題となっているのが、K-1側。

まず、K-1自体は、

まず所属ジムさんを通して我々K-1に正式にコンタクトをとってもらって、そこでK-1 JAPAN GROUPと契約してもらえれば戦う可能性はあります。

新生K-1はスタートしてから、その姿勢をずっと一貫してやってきたので、ここで変えることは基本的には考えてないです。

とコメントし、あくまでも

『(那須川天心選手が)K-1と契約をしないとやりません』

という姿勢です。

また、K-1側には、

たびたび物議を醸している、奴隷制度とも言うべきK-1の独占契約問題

が大きく関わっていました。

 

K-1には大きな問題として、

奴隷契約のような契約制度

があり、これはトライハードジム所属の大雅選手の契約違反騒動で明らかになった問題です。

この問題によると、通常は、選手とのファイティング契約は、1試合ごとの契約なのですが…

どうやらK-1には、

試合をするたびにファイティング契約が1年ずつ更新されていきます。

実質的に、拘束期間が無期限となっている劣悪な環境にあることが判明しました。

2018年のことですが、大雅選手の契約問題に関するトライハードジムの会見での内容に、契約に関して担当した中野弁護士から語られています。

試合を行なうたびに1年間ということです。

試合をするたびに当然1年ごと、1年づつ延長されていく。

ですから事実上無期限の拘束契約であったというところです。

もしこの拘束から選手たちが解放されようとするならば、 1年間一切試合には出れないことです。

1年間何もしないで我慢をしろということになってしまいかねないところです。

内容によれば、K-1とのファイティング契約を解除しようとすると、

1年間何もしないでいなければならず、実質的に1年間の活動休止に追い込まれる

かなり選手にとって不自由な契約を結ばされるのです。

 

そして、那須川天心選手サイドが武尊選手との試合ができないことについて、

「『独占契約で、3年間こっちに来てください』と言われる」

と発言していて、やはりK-1に対する拘束的な契約に難色を示している模様…。

 

一方で、K-1側は、那須川天心選手の上記の発言に対して、次のように反論しています。

那須川選手サイドがそういった人と話したのを交渉したと思ってしまっているのかどうかは分からない。

正式に僕らが試合の交渉をしたことはないです。

とあくまでも、

正式な試合に関するオファーが来ていないこと

を強調していました。

先述の大雅選手の件もあって、K-1は法律的にも問題がありそうな団体なので、

K-1側の言い分を信じるか

那須川天心選手の言い分を信じるか

これは、なかなか判断しにくいところではあります。

メモ

非公式にK-1側の人物と接触している可能性もあるため、本当に何とも言えません。

 

これらのことから、現状、那須川天心選手と武尊選手が試合をする可能性は、

K-1側が契約のスタンスを変えない限り、実現はしない

とみてよいでしょう。

残念ながら、団体の壁が試合を阻害してしまっていると言えます。

選手同士は試合をやりたがっているのに、それを団体が許さないなんて、何とも後味の悪い話です。

 

那須川天心と武尊の仲や関係をチェック

では、那須川天心選手と武尊選手の、仲や関係はどうでしょうか。

試合することを望んでいる両選手です。

意識しあっていることは間違いありません。

しかし、だからといって仲がいいとか、試合をしないから仲が悪いとか、そういうようなことではないでしょう。

Facebookでは友達同士のようですが、Facebookの友達はお互いの投稿を見られるだけの話であって、実際の仲の良さは関係ありません。

また、那須川天心選手と武尊選手がハイタッチをしていて、それを根拠に仲がいいと言っている人もいますが…

この画像ですね。

実はこの画像、2015年のものです。

しかも、武尊選手はこの時、

ファンだと思ったのでハイタッチしたんですが、気付きませんでした。

周りがうるさかったので何を言っているかは聞こえなかったです。

と振り返っていて、そもそもこの人物を那須川天心選手であると認識していなかったのです。

 

そんなこともあって、結局のところ、那須川天心選手と武尊選手は、

同じキックボクシングで活躍する選手同士

という間柄でしかありません。

試合ができないのも団体のせいなだけなので、

仲がいいも悪いもなく、他人同士

つまり、仲がどうとか言われる以前に、お互いの関係性もまだ生まれていない赤の他人の段階であると言えます。

スポンサーリンク

まとめ

那須川天心vs武尊の試合は、

両選手は試合することを望んでいます。

また、那須川天心選手が主戦場とするRISEやRIZIN側も、試合の準備はできています。

しかし、一方のK-1側に問題があり、

  • K-1とファイティング契約を結ばないとやらない
  • K-1と契約すると1試合につき1年の契約期間更新という奴隷制度

この2つが、那須川天心選手と武尊選手の試合を妨げています。

なかなか対戦が実現しないこともあって、那須川天心選手と武尊選手が不仲だと言われることもありますが、そんなことはありません。

あくまでも同業者です。

関係自体も薄いので、仲が生まれる以前の問題でしょう。

そんな2人が、いつか交わる時が来るのか…団体、とくにK-1側の譲歩に期待しましょう。

関連記事

-格闘技

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.