アイドル

AKB48選抜総選挙2019は中止!開催しない理由や原因を考察!

更新日:

毎年春を過ぎれば、AKB48選抜総選挙の話題が飛び交い、メンバーたちのエントリーや、順位予想に盛り上がります。

しかし、2019年は、AKB48選抜総選挙を開催しないと運営が発表…

AKB48のビッグイベントが中止となる最悪の事態が起こってしまったのです。

ファンの間では、

「中止が妥当」

という意見もあれば、

「ただただ残念でたまらない」

という意見もあります。

それだけAKB48選抜総選挙はファンの関心が強いイベントだったのです。

では、なぜ2019年は開催しないと発表したのでしょうか?

本記事ではAKB48選抜総選挙2019を開催しない原因や問題点、今後の予定を考察と共にまとめていきます。

スポンサードリンク

ついに途絶えたAKB48選抜総選挙

先日、AKB48ファンにとって、残念なニュースが舞い込みました。

実は、AKB48の3大イベントの一つである、『AKB48選抜総選挙2019を開催しない』と発表されてしまったのです。

確かに、2018年の選抜総選挙以降は、不穏な空気は流れていました。

筆者としても、2019年は中止してしまうかもしれないと予感はしていたくらいです。

ただ、それでもいざ中止が発表されてしまうと、残念な気持ちになりますね。

勢いが途絶えたAKB48…

正直、神セブンと言われたメンバーたちが卒業し、ついには指原莉乃さんまで卒業発表してしまったAKB48グループ。

姉妹グループを含め、国内外多くのグループが活動はしていますが、

突出したメンバーが出てこないような印象

が強く伺えます。

もちろん、活躍しているメンバーも多数います。

ただ、現メンバーで、よくテレビで見かけると感じるメンバーは、

  • 須田亜香里
  • 大場美奈
  • 惣田紗莉渚
  • 大家志津香
  • 指原莉乃(すでに卒業発表済みですが…)

くらい…

卒業生を見ても、

「現在、活躍しているのは川栄李奈さんかなぁ…」

といったところが正直な印象です。

もちろん、これがすべてとは言いませんが、一部からは、

「すでにAKB48 グループはオワコン(終わったコンテンツ)」

とまで言われています。

一時期は、前田敦子さん、大島優子さんをはじめ、誰かしらドラマ出演していたものです。

それが最近は、川栄李奈さんくらいしか見かけずに寂しい限り…

もっと、若手が出てきてほしいというのが正直なところでしょうか…

ゴタゴタ続きのAKB48グループの現状

それに、ここ数年を見ると、NGT48メンバーの山口真帆さんが被害に遭った事件を含め、内部でのゴタゴタが起こりすぎていますよね。

そのことは、HKT48メンバーで、卒業を控えている指原莉乃さんも、コメント上で認めていますが、目に余るものを感じます。

不器用だけど、がむしゃらにひたむきにアイドルとして活動してきたからこそ、多くのファンが応援してくれていたはずのAKB48 。

しかし最近は、その真摯な姿勢をどこかに置き忘れてしまったように感じてなりません。

AKB48選抜総選挙中止は妥当か…

後ほど、中止(2019年見送り)の理由については、考察も含め語っていきます。

ただ結論から言って、今回の中止(見送り)は妥当なのでしょう。

やはり、中途半端な形で開催しても白けてしまうだけです。

それに今回は、宮脇咲良さんや矢吹奈子さんが、韓国のアイドルグループIZ*ONEで活動中。

その上、高橋朱里さんが2019年3月でAK48グループを卒業し、韓国デビューと発表。

こんな中で、選抜総選挙を開催しても、うまくいくかどうか疑問…

それならば、見送るのは致し方ないでしょう。

AKB48ファンとしては残念なニュースですが、それも受け入れた上で、今後も応援し続けたいと思う次第です。

そして、指原莉乃さんが今回の一件で、

「みなさんが周りに『応援している!』と胸を張って言えるようなグループでないといけないですよね」

とコメントしていたように、AKB48グループメンバーたちには、ファンの誰もが、心から応援できるような活躍を見せてくれることを期待しています。

AKB48選抜総選挙2019が開催しない原因

さて、2019年のAKB48選抜総選挙が開催されない(中止)と発表されたわけですが、その理由・原因は何一つ発表されていません。

ただ、運営側からは、

「AKB48グループは、ファンの皆様が心から応援したいと思って頂けるようなグループになれるよう、引き続き日々精進して参りたいと思っております」

とだけしか発表されていません。

本当の開催中止理由は触れずに説明している状況…

AKB48ファンの筆者としては、正直このコメントには愕然としました。

選抜総選挙が中止になった本当の理由とは?

このAKB48選抜総選挙が開催されない、中止となった背景には、

ここ数年においてあまりにも問題が露出し、深刻化していること

が大きく影響していると思われます。

それは、指原莉乃さんでさえ、

「色々なことの整理、説明ができていない中での開催はもちろんできないので仕方がない」

とコメントしているほど重大なことと捉えて良いはず…

なのに、肝心の運営側が、なぜ有耶無耶にしようとしているのか?

運営側の態度に疑問と憤りが…

実際にNGT48 メンバーの山口真帆さんが受けた被害の一件においても、ちょっとしたトカゲの尻尾切りだけして、誤魔化していましたよね。

はっきり言って、この一件に対して強い憤りさえ感じました。

特に近年において、アイドルたちがストーカーに狙われ、被害に遭うことが増えてきています。

ただですらプライベートすら失いかけている彼女たちなのに、安心してアイドルとしての活動できる環境を運営側が整えなくてどうするのか?

しかも、今回はNGT48メンバーまで絡んでいると言われているのに、事実を究明しなくて有耶無耶にされたら、また同じことが繰り返されます。

結局、

メンバーたちが、やんわりそのことに触れ、運営側はスルー

という最悪の状況が起こり、AKB48選抜総選挙が中止の引き金を引いてしまった…

少なくとも筆者は、そのように考えています。

もちろん、山口真帆さんの一件だけが全てとは言いません。

他にもまだあるAK48 グループ内部のゴタゴタ…

2018年のAKB48選抜総選挙イベント時に松井珠理奈さんが起こした、宮脇咲良さんへの公開説教も含め、いろいろゴタゴタを引き起こしている…

その整理が何一つ出来ていないことが、2019年のAKB48選抜総選挙を開催しない…中止の最大の理由であり、山口真帆さんの一件は、その要因の一つに過ぎません。

しかし、その要因の一つが、あまりにも大きすぎて、それも有耶無耶にしようとしている姿勢が、ファンを激怒させているのではないでしょうか。

このままでは、他のグループに人気を奪われ衰退へ…

幸いというべきか、同じ秋元康さんがプロデュースする乃木坂46や欅坂46・日向坂46の人気が上昇しています。

なので、このままAKB48グループが衰退しても、アイドルグループ全体を見れば、大した影響は出ないのかもしれません。

ただ、それはAKB48グループが潰れても問題ないと言っているようなもので、運営側も含め、本人たちには、もっとその危機を自覚してほしい!

本当に、このままの状況なら、AKB48選抜総選挙中止レベルでは済まない、大惨事さえ起こり兼ねない状況だけに、今後がとても不安になりますね。

AKB48選抜総選挙は再開されるか?

2019年のAKB48選抜総選挙は、もう中止が決定していますが、2020年以降に再開はあるのでしょうか?

あくまで筆者独自の見解に過ぎませんが、やはり山口真帆さんの一件が解決するまで、選抜総選挙再開は無いでしょう。

というか、このまま永遠に幕引きとなるかもしれません。

選抜総選挙さえ出来ない環境・状況が最悪…

そもそも、10回の節目という話で切り出し、開催中止の理由に踏み切ることさえしていなかったわけですからね…

運営側が事態の深刻さに気づいていないのは明白ですし、そんなAKB48グループを、誰が心から応援したいと思うのか…

このまま行けば、間違いなく、AKB48はオワコンとして見限られてしまうでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

AKB48選抜総選挙2019を開催しない理由は、

NGT48メンバーの山口真帆さんが受けた被害の一件

が大きく関与しているように思われます。

もちろん、原因はそれだけではありません。

AKB48内部でのゴタゴタや、それをいい加減に処理し続けてきた運営のあり方が一番大きいです。

メンバーの一部はそれを自覚していますが、肝心の運営側がそれを分かっていない…

それでは、選抜総選挙が中止になるのは当たり前ですし、このままでは、選抜総選挙の再開どころか、AKB48の存在自体が危ぶまれます。

それだけに、今一度原点に戻って、ファンに心から応援してもらえるアイドルグループに戻って欲しいと願うばかりですね。

関連記事
山口真帆
山口真帆の今後をチェック!NGT48卒業の理由で運営の評判は大炎上

NGT48の山口真帆さんが NGT48を卒業すること を発表し、話題になっています。 彼女は、2019年4月21日に新潟市で行われたNGT48劇場公演の夜の部に 101日ぶりに出演 を果たし、卒業を発 ...

続きを見る

関連記事

-アイドル

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.