アイドル 俳優

チャングンソクの現在とは?結婚している噂と歴代熱愛彼女を調査!

投稿日:

冬のソナタから始まった韓流ブームですが、いまだ衰えることなく続いています。

そんな中、韓国ドラマ『美男ですね』で、一躍『時の人』となったチャングンソクさん。

一時は、テレビやCMでもよく見かけましたが、最近はさっぱり見かけません。

噂によると、

『結婚している』

との情報もあります。

今回は、そんなチャングンソクさんの歴代の彼女から現在何をしているかを調査しました。

スポンサードリンク

チャングンソクの現在とは?

最近、日本でまったく見なくなったチャングンソクさんですが、実は現在は兵役中で韓国軍のお仕事をしています。

韓国では、徴兵制度があり、成人男性は一定期間を韓国軍に所属しなければなりません。

チャングンソクさんの兵役期間は、2018年7月16日からで、予定では

2020年6月4日まで

となっています。

軍隊と言っても、銃を持ったり装甲車に乗ったりする陸軍では無く、社会服務要員として入隊しました。

現在は、

ソウルの消防災難本部

に勤務しています。

実は、これにはわけがあり、チャングンソクさんは

双極性障害の為、兵役判定4級となり医学的に現役の服務が不可能

と判断されたためです。

社会服務要員のお仕事内容

チャングンソクさんが実際に行う業務は、デスクワークが中心です。

社会サービスや、行政業務のお手伝いとなります。

言い換えれば、市役所の職員のようなお仕事ですね。

 

社会服務要員の仕事は、

1日8時間、週40時間の勤務。

そして、通常のように住み込みではなく

自宅から職場へ通う

ことになるようです。

夜は完全な自由時間となり、友人と食事に出かけることもできるとか。

基本、週休2日制で申請すれば休暇を取ることもできます。

芸能活動で多忙だったチャングンソクさんには、ゆっくりとした時間が作れそうな印象ですね。

芸能活動に制限はあるのか?

兵役中の芸能活動は、兵役法によって禁されています。

これを破ると何かしらの罰則を受けることとなります。

例えば、江南スタイルで有名になったPSYさんですが、兵役中に芸能活動をしたことを兵役終了後にカミングアウトし、

罰として再び兵役

に就くことになりました。

 

現在のチャングンソクさんのインスタグラムを見ると、かなりの頻度で写真がUPされています。

中には、レコーディングの風景とも取れる動画もUPされていましたし、ゴルフ場の写真もUPされていました。

芸能活動は禁止ですから、これは個人の趣味として撮影してUPしているものでしょう。

兵役中でも慈善活動

また、チャングンソクさんが慈善活動に力を入れているのは、ファンの中では有名な話です。

災害時や、恵まれない子ども達に寄付をしているのです。

兵役中であっても、山火事の被害地に1億ウォンを寄付しました。

できる限り存在をアピール

チャングンソクさんは、兵役中のため、現在は表立ってメディアに出ることはできません。

ですが、インスタグラムの更新や、兵役前と変わらず慈善活動を行っていて、まったく活動をしていないことではありませんでした。

兵役中の芸能人にとって怖いのは、自分の存在が世間から忘れ去られることです。

なので、少しでも自分の存在を世間にアピールしたいところですね。

もちろんアピールの為に慈善活動をしているなんてことはありませんよ。

もともと韓国の芸能人は、慈善活動に熱心な人が多いですし。

 

チャングンソクは結婚していた?

さて、そんなチャングンソクさんですが、

「実は結婚していた」

という噂が出たことがあります。

しかし結論を言うと、

そんな事実は一切ありません。

どこから。、そんな噂が出たのかわかりませんが、2016年から2017年上半期は、韓国俳優陣の結婚ラッシュでした。

そこに紛れて、チャングンソクさんの名前が出てしまったのかもしれません。

 

ただ、チャングンソクさんの恋人の噂はあります。

2014年には

「資産家の社長と交際している」

との噂がありました。

これは、8歳年上の女性で、共通の趣味で意気投合し、交際に発展したとのことです。

しかし事務所は完全否定していますし、本人もそんな話はしていません。

当時のチャングンソクさんは、色々な女性と交際のうわさが出ていたので、これもその一つなのではないかと言われています。

 

チャングンソクの歴代熱愛彼女

では、チャングンソクさんは一体どのような女性と恋の噂があったのでしょうか。

歴代の熱愛が噂された彼女たちを調べてみました。

BOA

チャングンソクさんの一人目の熱愛彼女は、歌手のBOAさんです。

2001年に韓国のCMで共演しましたが、あまりにも仲が良かったので熱愛が噂されました。

しかし、チャングンソクさんはBOAさんを尊敬しています。

付き合うというよりは、仲の良い先輩後輩といった感じですね。

ハ・ジウォン

二人目は、ハジウォンさんです。

ドラマ『ファン・ジニ』で共演したことが、熱愛のきっかけとなっています。

このドラマは男女の恋を描いたもので、役柄にハマリ込むあまり、チャングンソクさんがハジウォンに恋愛感情を抱いてしまいました。

撮影中は、互いに連絡を取り合っていましたが、撮影が終わると連絡することを止め、それっきりになってしまっているそうです。

ソン・ハユン(キム・ビョル)

三人目はモデル、女優で活躍しているソンハユンさんです。

2008年に映画『赤ちゃんと僕』での共演が、彼女との出会いです。

とくに熱愛報道があったわけではありませんが、なんとなく共演者と噂になってしまったようです。

『キムビョル』の名前で活動していましたが、2012年に『ソンハユン』に改名しました。

ソン・ユリン

四人目はソンユリンさん、アイドルです。

彼女は女性アイドルグループ『ピンクル』のメンバーですが、最近は女優の仕事が目立ってきています。

チャングンソクさんとは、2008年にドラマ『快刀ホン・ギルトン』で共演しました。

これまでチャングンソクさんは、共演者とよく噂になりますが、熱愛報道を否定しています。

パク・シネ

五人目は女優のパクシネさんです。

彼女は、子役時代から活躍している人気女優です。

2009年に話題となったドラマ『美男ですね』で共演しています。

毎度のことながら、共演者と熱愛報道が出ますが、二人とも否定しました。

ムン・グニョン

六人目は女優のムングニョンさんです。

2010年のドラマ『メリは外泊中』で共演しました。

チャングンソクさんが

「ムングニョンさんは好きな女優」

と言ったことから熱愛が噂されましが、これは意味が違うようです。

ムングニョンさんも、チャングンソクさんと同じく子役から芸能界で活躍しており、互いによく知る仲です。

この『好き』は『女優として好き』という意味であって、恋人といった感じではありません。

makimu

七人目は日本と韓国でモデルをしてたmakimuさんです。

2011年9月に熱愛報道がありました。

一ヶ月前に日本を訪れたチャングンソクさんが、makimuさんをタクシーに乗せるところをスクープされたのが報道のきっかけです。

実は、二人は付き合っていましたが、報道が過熱してしまい、その責任を取る形でmakimuさんが芸能界を引退することになりました。

会見では、二人とも否定していたので、別れることになったのでしょう。

ベッキー

八人目はタレントのベッキーさんです。

これは、2012年6月にテレビ局のエレベーターで、ベッキーさんとチャングンソクさんが出会ったことから始まります。

ベッキーさんは、Twitterへフォロワーをつけないと公言しており、誰もフォロワーになっていませんでした。

しかし、一週間だけという約束でチャングンソクさんをフォロワーとしたのです。

ところが、チャングンソクさんからファンも引くほどの熱愛ツイートが届くという事態に。

フォロワーは約束通り一週間で終わりましたので、その後は何も起きていません。

これは熱愛というよりは、チャングンソクさんの一週間の片思いのようですね。

 

チャングンソクの今後

このように、ドラマやCMで共演した女性と、なにかと噂になってしまうチャングンソクさん。

そんなチャングンソクさんですが、噂になっている資産家の彼女との出会いは2012年とのことです。

2012年というと、一通り熱愛報道が終わった後になります。

2012年を最後に熱愛報道が出てこないことをみると、この資産家の彼女とは良い関係を築けているのかもしれませんね。

チャングンソクさんは、2016年に

「相手さえいればすぐにでも結婚したい」

と語っていました。

現在は兵役中ですが、2020年6月4日の兵役終了後に、資産家の彼女と結婚なんてことも十分あり得るでしょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、チャングンソクさんの数々の熱愛報道と結婚について調査しました。

現在までに結婚はしておらず、まだ独身のチャングンソクさん。

過去に熱愛と報道されていた女性たちの真相は、友人関係や実らない恋となってしまった人など様々でした。

約2年という兵役期間の後、芸能界に完全復帰し、また日本に訪れることはあるのでしょうか。

それとも結婚報道が飛び出すのでしょうか。

その答えは、あと1年後となります。

ファンはドキドキしながら、この1年を過ごすこととなりますね。

関連記事

-アイドル, 俳優

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.