歴史

豊臣秀吉は性格が悪い?人柄がわかるエピソードと織田信長との関係

  • 天下人
  • 関白
  • 太政大臣
  • 太閤

など、いくつもの異名を持つ豊臣秀吉。

豊臣秀吉の出自は、

尾張の国の農民、あるいはそれよりさらに下の階層

と言われています。

そんな下層階級出身の男が、一代にして天下を取ったのです。

天下人の1人である豊臣秀吉の性格を辿ってみると、

性格がある時期を境に大きく変わり、極悪人のような性格の悪さになってしまった

と伝えられていることがあります。

今回の記事では、豊臣秀吉の性格が悪い説についてです。

その理由と豊臣秀吉の伝説エピソードもあわせてお話していきます。

スポンサーリンク

豊臣秀吉の性格が悪い?人柄を紐解くエピソードも交えて紹介

豊臣秀吉の性格といえば、どんなイメージがあるでしょうか?

創作作品などのイメージから見る豊臣秀吉は、

  • 陽気で尽くすタイプ、さらには家族思い
  • 人の心をつかむのが上手かった

というような、どちらかというと、そこまで性格が悪くなく、むしろ性格の良い人物という印象を抱く人も多いですね。

 

しかし、『豊臣秀吉の性格』といった人物像の資料には、確実で実証的なものが少なく、データが多くは残っていません。

戦国時代の武将に関する資料は、江戸時代に書かれたものが多いのです。

そして、徳川家の治世において、豊臣秀吉は旧敵だったために、後世に伝えにくい状況でした。

 

データが少ないことから、確たることは言えませんが、豊臣秀吉の性格が変貌してしまったのには、『ある時期を境にしている』と考えられています。

それが、

  • 天下統一後
  • 信頼していた家族の死

この2つです。

天下を取る前と後の、豊臣秀吉の性格の比較をしてみましょう。

天下を取る前の豊臣秀吉の性格

  • 人なつこく陽気
  • 家族思い
  • 主君によく尽くす
  • 人の命を奪うことは好かない
  • 人たらしの名人

秀吉といえば、

人の心をつかむことが、とても上手かった

そんな人物として有名ですよね。

尽くして信長からの信頼を得たり、部下のミスを責めず、忠臣たちを増やしていったり…。

総括すると、

『人たらし』

になるのかもしれません。

 

人たらしは、豊臣秀吉の特技、得意技です。

『よくいえば、他人から好意を持たれる、悪くいえば、人をたらしこむ』

ということで、これで豊臣秀吉は、味方やファンを作ってきました。

天下を取った後の豊臣秀吉の性格

  • 傲慢になり、自分が神になろうとした
  • 冷酷で残虐

この二つが、最も大きな変化です。

天下人となった後の豊臣秀吉は、次第に傲慢になっていき、性格も冷酷で残虐になってしまいました。

その代表的なエピソードが、

  • 二度にわたる朝鮮出兵
  • 甥・豊臣秀次の切腹命令
  • 幼児を含む一族の処刑

ですね。

なぜ豊臣秀吉の性格が、このように変化したのでしょうか?

それとも、もともと豊臣秀吉の性格は悪く、残虐で冷酷な人物だったのでしょうか?

 

筆者としては、豊臣秀吉の性格は変貌したのではなく、

もともと狡猾な人間であり、それを隠していただけなのでは?

と考えています。

残虐で冷酷、狡猾だったことを、性格が悪いとひとくくりにしていいのかは微妙ですが…

 

実は豊臣秀吉は、天下統一前から狡猾で残虐な部分があり、それを示すエピソードもあります。

まず、残虐性を示すエピソードの1つが、

第一次上月城の戦い

です。

この戦いは、織田と毛利の緒戦に起きたものであり、当時は羽柴姓だった秀吉は播磨侵攻を担当。

手始めに井戸を奪って水の供給を遮断し、そのうえで上月城を攻撃していました。

水まで奪われ、さすがにもう限界を迎えた上月城側は、詫びを入れて降伏を申し出たのですが…

羽柴秀吉は、降伏を拒否!

それどころか、返り猪垣を三重にして城外への逃亡を阻止したうえで、敵兵の首をはねたのです。

 

羽柴秀吉が行ったのは、これだけではありません。

その後、毛利方への見せしめとして、

女・子供200人あまりを播磨・美作・備前の境目において、女は磔、子供は串刺しにして、並べおいた

というのです。

この他にも、播磨侵攻においては『三木の干し殺し』に代表される兵糧攻めなどをし、羽柴秀吉時代にも、残虐行為はあったのです。

 

もう1つ、豊臣秀吉の残虐性を示すエピソードがあります。

時系列としては天下統一後の話になってしまいますが、聚楽第落書き事件です。

ある夜、聚楽第に豊臣秀吉の政治を批判する落書きが書かれてしまいます。

たかが落書きではあるものの、それに激怒した豊臣秀吉が何をしたかというと…

  • 警備を担当していた17人の番兵の耳鼻を削ぎ、磔にして処刑
  • 容疑者の尾藤道休とそれを匿った願得寺顕悟の家を破壊、さらに彼らが住んでいた一画を焼き払った
  • 尾藤道休の妻子を含む天満の町民66人が捕えられ、無関係の人まで六条河原で磔にして処刑した

完全に私情からくる恨みで、無関係の人まで処刑しているあたり、残虐性の他にも、

自己顕示欲の強さからくる傲慢さ

が溢れていると言えるでしょう。

 

また、天下統一前の性格として紹介した部分も、裏を返せば秀吉の狡猾さが見えると言えるのではないでしょうか。

尽くすタイプだったのも、

あくまで出世街道を歩むためにゴマすりをしていた

と言えますよね。

事実、信長が亡くなった後は、亡き信忠の嫡子・三法師を担ぎ上げて織田家を乗っ取り、その後は織田一族を冷遇しました。

もう1つ、直属の部下に対してミスを許すなど寛大な態度を取ったのも、平民出身で家臣団が少なかった秀吉が、多くの味方を取り込もうと思って見せていた顔だと解釈できます。

狡猾さを隠したまま、ずっといい顔をして善人を演じてきた

というのが、豊臣秀吉の本性なのかもしれません。

 

豊臣秀吉と織田信長の関係

豊臣秀吉の織田信長への思いと関係は、時代によって変遷していたようです。

豊臣秀吉側から見た織田信長像は、

大恩人⇒怖いが敬愛する主君⇒信長没後の織田家は対立者

と変わっています。

 

織田家に仕えた頃は、ひたすら仰ぎ見る偉大な主君だったのですが、次第に、

才能はあるが、欠点も目立つ存在

に変化していったように思われます。

 

変化の時期は、1573年の浅井・朝倉軍との戦いの頃から、1582年の明智光秀の謀反までの間です。

その間に、徐々に豊臣秀吉の中の信長像は変わっていったのでしょう。

事実、豊臣秀吉は信長の亡くなった後に、信長のことをこのように評しています。

信長公勇将なり良将あらず。

剛の柔に克つこと知り給いて、柔の剛を制すること知られず。

要するに、

信長は部下から恐れられるような態度を取っていたため、勇将ではあったが良将ではなかった

というわけです。

 

ただし、こんなことを言っておきながら、豊臣秀吉は信長への恐怖心も残っていたものと思われます。

本能寺の変以降、豊臣秀吉は織田家の一族を次々に排除し、根絶やし同然にしてしまいました。

これは織田家の遺児がいると、自分が天下を取るための障害になることが、一番の理由でしょう。

織田信長ほどの才能はなくても、その血を受け継いでいる遺児達も、豊臣秀吉にとっては未来の恐怖に映ったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、豊臣秀吉の性格が悪いという説から、彼の伝説エピソードなどを調べてみました。

天下を取る前と後では、豊臣秀吉の性格ががらりと変わったように見えますが…

実際のところ、昔から狡猾で残虐な行為も平気で行っていました。

天下人になってから、良い補佐役だった秀長を失い、タガが外れて、その性格が顕著になっただけです。

若い頃は狡猾で冷酷非道な部分を隠し、いい顔をしていただけとも言えます。

とはいえ、豊臣秀吉の生きた時代は戦国乱世。

残虐と言われるような、一族根絶やしも珍しくはなかった時代です。

武将の大半は、残虐性を持っていたのかもしれないですね。

関連記事

-歴史

Copyright © スピカ紀行 , All Rights Reserved.