漫画

ワンピース950話のストーリー確定ネタバレ!兵(つわもの)どもが夢!

更新日:

2019年7月29日発売の週刊少年ジャンプ2019年35掲載のワンピース950話のネタバレになります。

950話のネタバレと合わせて、今後の考察や感想などもまとめていきますよ!

 

カイドウとの戦いに敗れルフィは、クイーンの管理する兎丼『囚人採掘場』で、ヒョウ五郎と出会います。

ルフィはヒョウ五郎から覇気の技である『流桜』を教えてもらうことに。

そこに記憶喪失のビッグ・マムが乱入する事態になりました。

ビッグ・マムが大暴れであわや大惨事と思われたその時、急にビッグ・マムは眠り込んでしまいます。

カイドウが提督を務める百獣海賊団幹部の1人クイーンは、この機を逃すまいと部下に兎丼を任せてビッグ・マムを鬼ヶ島へ連れていきました。

 

兎丼に残されたのは、クイーンに兎丼を任されたババヌキとその部下たち。

もともと兎丼にいたルフィとヒョウ五郎。

ビッグ・マムを連れてきたチョッパーとお菊。

忍び込んでいた雷ぞう。

 

仲間たちと共にルフィが兎丼制圧に動き出します。

カイドウによって希望を絶たれた囚人たちの気持ちを再び奮い立たせることができるのでしょうか。

また、ルフィと仲間たちの今後の行動にも目が離せません!

 

まずは、前回までのワンピース949話『ミイラ』のネタバレから確認していきましょう。

続けて、950話のネタバレもしていきます。

⇒ワンピースを合法的に無料で読む裏技解説

スポンサードリンク

ワンピース949話『ミイラ』ストーリーネタバレ

カイドウに兎丼を任されていたクイーンは四皇ビッグ・マムを連れて鬼ヶ島へ行ってしまします。

残されたのはクイーンに兎丼を任された部下のババヌキ。

そして、ババヌキの直属の部下のダイフゴーや、その他部下たちのみでした。

 

ババヌキたちが『疫災弾(エキサイトだん)』を囚人たちに向かって撃ってきます。

『疫災弾』(エキサイトだん)は、撃たれると伝染病にかかる特殊な弾。

伝染病ですから、撃たれた者たちの周りにも感染し広がっていきます。

伝染病にかかると高熱、全身の痛み、噴き出す血液で、最後には

乾涸(ひから)びたミイラの様になってしまうこと

から、その伝染病は奇病『ミイラ』と呼ばれていました。

感染した囚人はもちろん、感染していない囚人までも、ババヌキに脅されルフィたちに襲い掛かります。

 

囚人たちは、かつて戦ったカイドウの強さに完全に心が折れてしまっていたのです。

そのことを目の当たりにしたルフィは、感染している囚人たちに関係なく体を張って食い止め、語りかけます。

 

それによって、ルフィも『ミイラ』に感染してしまうのですが…

兎丼

兎丼

「『たま』って友達とここ(ワノ国)を腹いっぱいメシの食える国にしてやる」

と約束したこと。

そうしなければワノ国はずっと地獄だということ。

『カイドウを倒すためにやってきたこと』

を囚人たちに強く伝えて、ルフィにつくのか、カイドウにつくのか、囚人たちに決めさせます。

 

そんなルフィの強い気持ちに心が揺れる囚人たち。

そんな時にババヌキは、疫災弾(エキサイトだん)200発分の『疫災散弾』(エキサイトショット)をルフィたちに向かって撃ち込もうとします。

しかし、その危機に、いち早く気づいたルフィ。

ババヌキを食い止め倒してしまいます。

これでババヌキを倒したルフィでしたが、伝染病が体中を巡り、あとを誰かに頼むのです。

この『誰か』というと囚人たちにでした。

囚人たちは、ルフィの言葉や行動に、再び心を奮い立たせ、そのまま兎丼を制圧したところで、次回の950話に続きます。

⇒ワンピースを合法的に無料で読む裏技解説

スポンサーリンク

ワンピース950話のストーリー確定ネタバレ『兵(つわもの)どもが夢』

キッドの想い

ルフィ達が兎丼を制圧した後にキッドは、ルフィと少し話をしていました。

キッド

「また戦(や)るのかカイドウと。」

ルフィ

「お前も一緒にやるか?」

キッド

「バカか!!」

「おれの相棒がどうなったか。」

「見ての通りだ…!!」

「同盟もウンザリ。」

「もう誰も信じねェ!!」

「今ここでお前を○さねェ事を。」

「寛大だと思え!!」

 

キッドは、兎丼の入り口で悪魔の実の能力を使って、金属類を集めて機械の腕を作り出します。

キッドとキラー

キッドとキラー

キッド

「行こうぜキラー。」

「仲間達を取り戻しに!!!」

"おれ達はおれ達の道を行く!!!”

 

その頃、『兎丼』囚人採掘場内ではー。

囚人たち

「海賊!?」

「"麦わらの男”もカイドウと同じ海賊なのか!?」

雷ぞう

「そうだが違う!!」

囚人たち

「信用ならねェ!!」

「いつ裏切る事か…!!」

「よりによって、なぜ海賊なんか連れて来た!?」

雷ぞう

「いや海は広く海賊にも色々いて…!!」

ヒョウ五郎

「接すればわかる!!」

「彼の言葉にウソはない。」

「あの男こそがカイドウ討伐の"要(かなめ)”なのだ!!」

"困った…。”

"何かが足りんな…。”

"皆(みな)生気は取り戻したが。”

囚人たち

「だいたい"20年前”の過去から来たというのは本当か!?」

「雷ぞうさんアンタ元々フケ顔だ!!」

「普通に20歳、歳(とし)とってるのでは!?」

雷ぞう

「えー!?」

「間接的に悪口!?」

ヒョウ五郎

「"麦わらの人”はどこへ?」

足りないもの

ルフィ達はモモの助、お玉と合流し、物陰でチョッパーから治療を受けていました。

ルフィ

「玉…!!」

「危ねェだろお前こんな所まで…。」

お玉

「ごめんでやんすアニキ。」

「でも無事でよかったでやんすー!!」

モモの助

「○にかけでござるぞ!?」

チョッパー

「触るなよ。」

「すぐに抗体を見つけるから!!」

「『効かねェ』なんて強がって隠れりゃ世話ねェよ!!」

「苦しいだろ!?」

「ウイルス。」

「何で後先考えねェんだ!!」

「おれに謝れ!!」

ルフィ

「…ごめ゛ん。」

「苦(ぐる)じい…。」

「助けで…。」

モモの助

「ルフィはバカなのにやっぱりすごいでござる。」

「せっしゃにはあんなマネできぬ…。」

ルフィ

「お前ホントにバカだし臆病だし。」

「弱えしビビリだしどうしようもねェな!!」

モモの助

「だまれ無礼ものが!!」

「そこまで言われる筋合いはない!!」

ルフィに殴りかかろうとするモモの助をお玉は止めに入ります。

お玉

「モモ君ぶったらうつるよ。」

ルフィ

「行けよモモ!!」

モモの助

「!?」

ルフィ

「あいつらが待ってんのは!!」

「お前だろうが(怒)!!!」

モモの助

「ギャ―。」

「やめろバカ者。」

「○んでしまう!!」

物陰からモモの助は追い出されてしまいます。

囚人たち

「!」

「ん?」

「え。」

モモの助

「あ。」

囚人たち

「…。」

「ウウ…。」

囚人たちはいっせいに正座の体勢になり、涙ぐみます。

囚人たち

「モ゛モの助様…。」

ヒョウ五郎

"そうか。”

"足りないものは。”

モモの助

モモの助

"夢だ。”

"戦いのその先だ!!”

囚人たち

「よくぞご無事で!!!」

そう言うと囚人達はいっせいにモモの助に頭を下げたのです。

モモの助

"せっしゃじゃない…。”

"皆(みな)の目にうつっているのは。”

"きっと父のすがた…。”

"ワノ国を支えてきた『光月』の…。”

"大きなかげ…。”

"こんなに重く感じたのは初めてだ!!”

”ビビるなモモの助!!”

「み…皆(みな)。」

「聞いてほしい。」

「あの日おでん城で何がおきたか…。」

「せっしゃ達が今まで何をしていたか…。」

囚人たち

「はい!!」

河松

「モモの助様のたくましき姿に安心した…。」

「拙者急ぎ行きたい場所がある。」

「決戦前には必ず合流するゆえ!!」

雷ぞう

「そうか。」

「うむ。」

20年の歳月

ところ変わって、ワノ国『久里』ではー。

酒天丸

「これが"20年”だ。」

錦えもん

「…。」

酒天丸

「雲をつかむ様な伝説を信じ続ける事は」

「いかに難しい事か…。」

「"10年”がピークだった…。」

イヌアラシ

「…。」

酒天丸、錦えもん、イヌアラシ

酒天丸、錦えもん、イヌアラシ

酒天丸

「ーしびれを切らして『鬼ヶ島』へ向かいみんな○んだ…!!!」

錦えもん

「…!!」

 

錦えもん達は酒天丸に連れて来られ、仲間達のたくさんの墓を目の当たりにします。

酒天丸は、その止められなかった、かつての仲間達のことを思い出していました。

酒天丸には、かつての仲間達の声が聞こえてきます。

仲間たち

"もう10年だ。”

"おれ達は歳をとった。”

"20年もまったら体力は衰える一方だ!!”

酒天丸

「…。」

仲間たち

"本当に帰って来る保証もねェ奴らを待ち続けろと!?”

酒天丸

「あいつらを信じろ!!」

「錦えもん達は必ず帰って来る!!!」

「モモの助様を連れて!!」

ある時には…。

仲間たち

「オロチに従わねェおれ達には。」

「食う物もない…!!」

「戦う前に病気で○んじまうよ。」

酒天丸

「…!!」

また、ある時には…。

仲間たち

「カイドウ軍だ!!!」

「井戸を壊された!!!」

カイドウ軍

「ぎゃはははは!!」

仲間たち

「畑を焼かれた!!」

酒天丸

「!!!」

いろいろな困難が酒天丸、仲間達に押し寄せもう限界の状態になってしまいます。

仲間たち

「もう限界だ酒天丸!!」

酒天丸

「やめろ犬○だど!!!」

「『光月』の名で大軍を組まにゃあ勝機もない!!」

仲間たち

「せめて…。」

「刀を持って○なせてくれ…!!」

「○ぬのなら『侍』として○にたい。」

「止めないでくれ!!!」

「覚えてるか?」

「ガキの頃…!!」

「度胸試しによく叫んだ。」

「自分を大切にするから人間はビビるんだってな!!」

「"名前”を捨てろ。」

「"知恵”を捨てろ。」

「頭を空(から)にして飛び込むのみ!!」

「声を上げろ!!」

「"捨名ーッ知”(すなーっち)!!!」

そう言ってカイドウのもとへと言ってしまう仲間たち。

仲間達を食い止めることができずに見送ることしかできなかった酒天丸。

涙ながらに仲間達に訴えていくのでした。

酒天丸

"戻れー!!!”

"戻ってくれー!!!”

酒天丸

「なぜ20年もの歳月が必要だったんか…。」

イヌアラシ

「成せばわかる筈(はず)!!」

錦えもん

「必ず意味がある…!!」

酒天丸

「…。」

「おでん様を疑う気はない…。」

「おい!!」

「野郎共!!」

「刻(とき)は八日後、火祭りの夜!!」

「『光月』の名において"鬼ヶ島”へ討ち入り。」

「海賊カイドウと将軍オロチの首を取る!!!」

「覚悟があるものはついて来い!!!」

仲間たち

「勿論(もちろん)だ棟梁!!」

「この日をずっと待ってたんだァ!!」

「康イエ様の○はムダにしねェ!!!」

錦えもん

「アシュラ…!!」

酒天丸

「お前らあの日のままだろう錦えもん。」

「昔は歳が同じだったが…。」

「おいどん達ァ増して20年分強ェど!!!」

「なァイヌ!!」

イヌアラシ

「確かにそうだ。」

錦えもん

「黙れジジイ共(怒)。」

「足を引っぱるなよ。」

酒天丸&イヌアラシ

「あァ(怒)!!?」

仲間たち

「おいおいやめてくれ。」

「誰が止められんだ。」

「赤鞘達のケンカなんて!!」

ゾロの考え

またまた、ところ変わって『花の都』のはずれの森ではー。

キィンという刀の音が鳴ります。

敵の忍者

「グフ!!」

ゾロが敵の忍者を相手に戦っていました。

ゾロが刀をスーッと収めます。

敵の忍者

「おのれ…。」

ゾロが刀を収めきったところで敵の忍者は倒れ込んでしまいます。

ゾロと日和は森の奥の『閻魔堂』で身を潜めていました。

ゾロ

「ハァ。」

「ハァ。」

「これでもう全部か…?」

「何人いるんだ一体…。」

「忍者軍団。」

閻魔堂の障子を開けて日和がゾロに話しかけます。

「すいません。」

「私が足手まといに。」

ゾロ

「そうだな…。」

「まあ気にすんな。」

「お前に○なれちゃモモの助に合わせる顔がねェ。」

「お前あの雪の家に戻るのか。」

日和

「隠れられればどこでもいいんです。」

「今はおトコが心配で…。」

「大丈夫かしら。」

ゾロ

「仲間達に任せた!」

「大丈夫だ。」

「身の方はな…。」

「それよりおれの刀を盗った奴の所へ戻りてェ。」

日和

「もちろんご案内します。」

「『鈴後』(りんご)の"おいはぎ橋”ですね…。」

ゾロ

「決戦までに取り返さねェと。」

ゾロは刀を盗られた牛鬼丸の言葉を思い出しました。

牛鬼丸

"貴様に名刀"秋水”の価値などわからぬ!!”

ゾロ

「腰の収まりが悪ィ…!!」

ゾロは閻魔堂で横になりながら独り言のように話します。

ゾロ

「…オロチを許さねェ。」

日和

「!」

ゾロ

「トノヤスの仇(かたき)は…。」

「必ず討つ。」

日和はゾロの言葉で涙ぐんでしまいます。

日和

「オロチは…。」

「私の手で○したいくらいです…!!」

ゾロ

「…。」

 

またまた、ところ変わって『花の都』ではー。

ドレーク

「どうした。」

「さっきから様子がおかしいぞ…。」

ホーキンス

「…いや。」

「何でもない…。」

ドレーク

「さっさと済ませるぞ。」

ホーキンス

「ああ。」

「仕事は簡単だ。」

「吐いてくれればすぐに終わる。」

「こいつらと"麦わらの一味”は繋がってる。」

「このワノ国で一体何を企(たくら)んでるのか全部喋ってもらおうか!!」

ルフィと手を組んでいたトラガルファー・ローがそこに捕まっていました。

最新話
牛鬼丸
ワンピース最新話(952話)確定ネタバレ!週刊少年ジャンプ最新号より

2019年8月19日発売の週刊少年ジャンプ2019年38号(最新号)掲載のワンピース最新話(952話)のネタバレになります。 最新話(952話)のネタバレと合わせて、今後の考察や感想などもまとめていま ...

続きを見る

⇒ワンピースを合法的に無料で読む裏技解説

関連記事

-漫画

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.