格闘技

上迫博仁(うえさこひろと)の戦績や強さなどwiki風経歴プロフィール紹介

目前に迫った『RIZIN.18』

開催日は、2019年8月18日ですよ。

当日は、国内外の強豪が熱い戦いを繰り広げてくれるでしょう。

 

今回はRIZIN.18に参戦する、国内の強豪を紹介します。

名前を、

上迫博仁(うえさこ ひろと)

と言います。

圧倒的打撃スキルを武器に、勝ちを重ねてきた国内の強豪選手です。

今回は、上迫博仁選手を知ってもらうために、彼の戦績や強さなどをwiki風の経歴プロフィールとして、まとめてみました。

スポンサーリンク

上迫博仁(うえさこひろと)のwiki風の経歴プロフィール

まずは上迫博仁(うえさこひろと)選手の、wiki風の経歴プロフィールを紹介しますね。

名前(なまえ) 上迫博仁(うえさこ ひろと)
生年月日 1987年5月3日
出身地 静岡県
身長 175㎝
体重 71㎏
階級 フェザー級~ライト級
所属 Team Cloud/和術慧舟會HEARTS
バックボーン 空手/柔道/レスリング
戦績 23戦17勝6敗
獲得タイトル
  • DEEPフューチャーキングトーナメント2013ライト級優勝
  • DEEPフェザー級第7代チャンピオン

https://www.instagram.com/p/BzwbmAeB35r/?utm_source=ig_web_copy_link

空手歴3年柔道歴3年レスリング歴7年と、総合格闘技をやる上では、最高のバックボーンを持つ上迫博仁(うえさこひろと)選手。

専修大学在学中には、レスリング部に所属し、グレコローマンでインカレ3位の実績を残しています。

2012年1月29日に行われた、日本の格闘技団体DEEPで、竹川光一郎選手を相手にプロデビューを果たしますが、結果は、

1ラウンド3分7秒TKO負け

を喫します。

2012年4月29日には、再びDEEPへ参戦し、金枝祐修選手を相手に、判定勝ちを収めます。

その後は、2連敗を喫し、勝ち星に恵まれない時期を過ごします。

 

2013年4月29日に、日本の総合格闘技団体Grachanに参戦し、1ラウンド3分36秒でKO勝ちを収めます。

続く2013年10月14日には、DEEPで戸田智春選手を相手に、1ラウンド3分49秒TKO勝利と連勝をします。

2013年12月22日に行われた、DEEPフューチャーキングトーナメントでは、1日に3試合を行い、

全て判定勝ちながらも、優勝

を収めるのです。

上迫博仁選手の勢いは止まらず、継続参戦したDEEPでは、更に3連勝を収めます。

 

2012年4月29日の勝利以降、

なんと8連勝

となりました。

 

その後もDEEPを主戦場として、敗戦もあるものの、2017年7月15日には、DEEPで石司晃一選手を相手にフェザー級タイトルマッチを行い、

3ラウンド2分29秒TKO勝利により、DEEPフェザー級第7代チャンピオン

となりました。

 

現在は、敗戦によりDEEPのタイトルを失い、活躍の場を、日本の総合格闘技団体パンクラスへ移し、階級もフェザー級からライト級に変更し、

2連勝中

と、階級変更後も再び勢いを取り戻してきています。

 

2019年8月18日には、日本の格闘技競技会RIZINへ参戦が決定しています。

対戦相手はフランス出身で、元ブレイクダンス世界王者の経歴もある強豪、イーブス・ランドゥー選手との激突です。

https://www.instagram.com/p/Bzp-3CDh3Bo/?utm_source=ig_web_copy_link

上迫博仁の人柄

ここでは、上迫博仁選手の人柄について紹介しましょう。

 

どうやら上迫博仁選手には、息子がいて、

『息子ラブ』を公言するほど子煩悩な父親

のようですよ。

https://www.instagram.com/p/Bwxx45SnasL/?utm_source=ig_web_copy_link

とあるインタビューで、語っていた息子さんへの想いを紹介します。

上迫博仁

息子ラブなんですよ。

息子が大好きすぎてどうしようと思っている。

専業主夫をやって、ずっと子供といたいっす。

(RIZIN観戦に息子がくるので)かっこいい所を見せたい。

息子への愛が伝わってきますね!

 

上迫博仁(うえさこひろと)の戦績や強さ

ここでは、上迫博仁選手の戦績を表にまとめ、その強さを客観的に見えるようにしてみました。

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
竹川光一郎 1R 3分7秒 TKO DEEP富士山祭り 2012年1月29日
金枝祐修 判定 3‐0 DEEP TOKYO IMPACT 2012 2012年4月29日
ライアン・ダンスタン 判定負け Fury MMA 4 2012年8月10日
中原由貴 1R 2分52秒 一本負け Grachan7 2012年11月24日
小池秀信 1R 3分36秒 KO Grachan9 2013年4月29日
戸田智春 1R 3分49秒 TKO DEEP TOKYO IMPACT 2013 2013年10月14日
崎山勲 判定 2-1 DEEP フューチャーキングトーナメント2013 1回戦 2013年12月22日
岸野紘樹 判定 2-1 DEEP フューチャーキングトーナメント2013 準決勝 2013年12月22日
塚越和司 判定 2-1 DEEP フューチャーキングトーナメント2013 決勝 2013年12月22日
野沢洋之 判定 3-0 DEEP TOKYO IMPACT WAVE7 2014年2月16日
ユースケ・サンダースJr 1R 2分27秒 一本勝ち DEEP 富士山祭り2 2014年5月25日
岡田充広 1R 5分TKO DEEP CAGE IMPACT 2014 2014年7月21日
高橋憲次郎 判定 0-3 DEEP69 2014年10月26日
ソン・ジンス 判定 3-0 DEEP71 2015年2月28日
大原樹里 1R 1分57秒 TKO DEEP73 2015年10月17日
長倉立尚 判定 0-3 DEEP CAGE IMPACT 2016 2016年4月23日
ホン・ヨンキ 1R 31秒 TKO Road FC 33 2016年9月24日
ガイ・デルモ 2R 23秒 TKO DEEP78 IMPACT 2017年3月18日
石司晃一 3R 2分29秒 TKO DEEP CAGE IMPACT 2017 後楽園 2017年7月15日
岩瀬茂俊 1R 1分31秒 TKO DEEP80 IMPACT 2017年10月21日
芦田崇宏 判定 1-4 DEEP81 IMPACT 2017年12月23日
冨樫健一郎 3R 3分46秒 TKO PANCRASE 300 2018年10月21日
サンドゥロエフ・ソリホン 2R 16秒 TKO PANCRASE 303 2019年3月17日
イーブス・ランドゥー RIZIN.18 2019年8月18日

これまでの戦績は、

23戦17勝6敗

と、大きく勝ち越していて、間違いなく強豪選手と言えるでしょう。

上迫博仁選手の強さは、

『17勝のうち10の(T)KO勝利に至る、高い決定率を誇る打撃』

です。

特に相手の頭を蹴り上げる、サッカーキックを2試合連続で決めるなど、高度な打撃テクニックを持っています。

素晴らしい強さですね。

次の試合も期待大です。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで一挙に上迫博仁選手の、戦績や強さをwiki風の経歴プロフィールとして、まとめてみました。

  • 空手歴3年
  • 柔道歴3年
  • レスリング歴7年

というバックボーンを持ち、2012年1月29日に総合格闘家としてプロデビューを果たします。

デビュー間もない頃は、勝ち星に恵まれない時期もありましたが、

その後8連勝を収める

など、総合格闘家としての才能を開花させます。

2017年7月15日には、DEEPフェザー級第7代チャンピオンを獲得するなど、国内トップの選手に上り詰めます。

2019年8月18日には、RIZIN.18でフランスの強豪選手との対戦も決定していて、どんな試合を見せてくれるのか大注目です。

 

上迫博仁選手の人柄については、

『息子ラブ』

を公言するほど、子煩悩な一面も持っています。

これまでの戦績は、

23戦17勝6敗

17勝の内、10の(T)KOとなることから、

『高い決定率を誇る打撃テクニックが上迫博仁選手の強さ』

となっていますね。

関連記事

-格闘技

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.