著名人

牧瀬里穂の旦那・NIGOの現在とは?年収やブランドと噂の自宅豪邸をチェック!

牧瀬里穂さんといえば、プライベートでは、2008年に結婚。

その旦那さんは、

“裏原宿系ファッション界のカリスマ”と呼ばれたデザイナー・NIGOさん

です。

とんでもないセレブ

だったのですが、NIGOさんはリーマンショックの影響で、

一時期は破産危機

にまで陥っていたとか…

では、NIGOさんは現在、どんな生活をしているのでしょうか?

今回は、牧瀬里穂さんの旦那・NIGOさんの現在について、年収と彼の立ち上げたブランド、そして自宅について紹介していきます。

スポンサーリンク

牧瀬里穂の旦那・NIGOの現在とこれまで立ち上げたブランド

NIGO

NIGO

牧瀬里穂さんの旦那さんであるNIGOさんは、1993年に文化服装学院卒業後、高橋盾さんとともに、東京・原宿に株式会社ノーウェアを設立。

アパレルショップ『NOWHERE』

をオープンすると、若者に大ヒット、爆発的な人気を得ました。

 

この株式会社ノーウェアが展開するファッションブランド

『A BATHING APE』(ア・ベイシング・エイプ)

は、1990年代の裏原宿系ファッションブームの火付け役となった大人気ファッションブランドだったのです。

 

NOGOさんは、2009年にノーウェア代表を辞任します。

独立という形で、新会社の『NIGOLD』(ニゴールド)を設立し、

新ブランド『HUMAN MADE』

を立ち上げました。

…が、しかし、NIGOさんの株式会社ノーウェアは、リーマンショックの影響を受け、毎年赤字を計上。

2011年には、43億円の負債を抱えることとなってしまい、破産危機を迎えてしまったのです。

そのため、『A BATHING APE』を売却し、2013年にはフリーとして活動するようになりました。

これが、冒頭でお話した破産危機だったわけですね。

 

では、破産危機を迎えたNIGOさんは、現在何をしているのでしょうか?

実は、一度は破産危機だったNIGOさんでしたが、現在は再びセレブ生活に復帰!

フリーになった後も、『HUMAN MADE』は継続し、さらに、

  • ユニクロのTシャツブランド『UT』のクリエティブディレクターに就任
  • 『アディダス・オリジナルズ』との長期パートナーシップ契約を締結
  • ユナイテッドアローズとの協業・発売

など、大手ブランドと契約。

 

2014年11月には、

ファッションデザイナーの西山徹さんとブランド『ダウトフル・アズ・ダブル』

を立ち上げると、2015年からはZOZOTOWNで販売が開始されました。

最近では、2020年にルイヴィトンとコラボするコレクション『ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション』を発表するなど、現在もまざまなブランドとのコラボを展開中です。

NIGOさんのデザインセンスは高く評価され、名だたる有名ブランドとコラボ商品を、たくさん世に送り出していることがわかりますね!

 

また、NIGOさんはファッション関連ではなく、ミュージシャン、音楽プロデューサーとしての活動もしています。

音楽の才能もあり

18歳のときからDJとして活動

しているんですよ。

2002年には、

  • m-floのVERBAL
  • RIP SLYMEのRYO-ZとILMARI
  • WISE

らとともに

音楽ユニット『TERIYAKI BOYZ』

を結成。

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の主題歌を制作したり、フェスに出演するなど大活躍しました。

 

プロデューサーとしては、2016年に、

  • VERBAL(m-flo、TERIYAKI BOYZ、PKCZ)
  • NAOTO(EXILE、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)
  • 関口メンディー(EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBE)
  • SWAY(DOBERMAN INFINITY)

らとともに『HONEST BOYZ』を結成し、DJ、プロデューサーとして活動しています。

 

さらに、NIGOさんのプロデュースは飲食店にも展開!

2010年に、

カレー店『CURRY UP』(カリーアップ)

の1号店を開店し、現在は新宿、原宿、中目黒と都内で3店舗を展開中。

2019年5月には、

生タピオカ専門店『オツモパール』

をプロデュースし、オープン!

京都1928ビル内にオープンした『HUMAN MADE』直営店の一角に出店されています。

NIGOさんは、プロデュース面でも多彩な才能を発揮しているんですね!

 

牧瀬里穂の旦那・NIGOの年収は?

お金

NIGOさんと牧瀬里穂さんが結婚した時、つまり絶頂期にあった時期は、

年商70億を稼ぎ、年収は5億円

と言われていました。

さらに、愛車は4000万円のロールスロイスファントム、家賃400万円の六本木ヒルズの最上階を衣裳部屋に、自宅は3億円で購入するなど、まさに超セレブでした。

その後のNIGOさんは、先述の通り、リーマンショックの影響で43億円の負債を背負ったため、破産危機となり、当時は牧瀬里穂さんとの離婚も騒がれたほど…。

しかし、フリーになってからは、オリジナルブランドの設立、大手ブランドとのコラボ、カレー店のプロデュース、DJや音楽プロデューサーなど、多分野で活躍しています。

また、後述する自宅や別荘があるため、今も年収は非常に多いと考えられます。

詳しい情報がないため何とも言えませんが、

年収1億円は軽くこえている

とみていいでしょう。

 

牧瀬里穂と旦那・NIGOの噂の自宅豪邸は?

牧瀬里穂さんとNIGOさんが暮らす自宅は、2016年に『行列のできる法律相談所』に出演した牧瀬里穂さんが、豪邸すぎる自宅を紹介していました。

『メレンゲの気持ち』に出演した際にも同じ家を紹介していましたね。

 

自宅豪邸の場所は、

東京・目黒区にあるタワーマンション

です。

牧瀬里穂・NIGO自宅豪邸

牧瀬里穂・NIGO自宅豪邸

大きな窓がとっても素敵な解放感のあるリビングですね!

そして、豪華なのは家だけではなく、そこに置いてある家具もとんでもなく豪華です。

牧瀬里穂・NIGO自宅豪邸

牧瀬里穂・NIGO自宅豪邸

こちらがダイニングテーブルとイスの画像です。

  • ジャン・プルーヴェのダイニングテーブルは約2000万円
  • 1脚約200万円のイスが6脚

という桁外れな豪華ダイニングセット。

さらにNIGOさんの仕事場兼アトリエには、

  • スターウォーズのグッズ
  • 40年~50年代の物がたくさん

あるそうで、高価でオシャレなものから遊びごころのあるもので溢れており、

NIGOさんのセンスの良さ

を改めて感じさせられます。

 

さらに、2019年には、約3年をかけて建てられた別荘が完成しました!

この別荘は、京都にあるそうで、インテリアデザイナーの片山正通さんがデザインを担当。

別荘は、メディアで紹介されたことがないため、京都の具体的な場所は不明です。

ただ、暮らしのデザイン情報雑誌『Casa BRUTUS』の2019年11月号に、牧瀬里穂さんのためにNIGOさんが用意した茶室が写っています。

その茶室がこちら。

この茶室は、裏千家の設計施工を手掛けているミリエームが担当したとのことで、まさに本場の茶室!

物凄い贅沢な造りになっているんですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、牧瀬里穂さんの旦那・NIGOさんの現在について、年収やブランドと噂の自宅豪邸をチェックしました!

NIGOさんの年収は、全盛期に比べると落ちていると見られます。

詳しい金額は、はっきりしてません。

自宅は

  • 東京を一望できる目黒区のマンション
  • 京都には裏千家御用達の設計施工会社『ミリエーム』が担当した茶室つきの別荘

を所有しています。

さらに、2000万円のダイニングテーブル、1脚200万円の椅子があることから、相当な年収を稼いでいることは確かでしょう。

 

それもそのはず、NIGOさんはこれまでに、

『A BATHING APE®』(ア・ベイシング・エイプ)

という大人気ブランドを立ち上げたり、

  • ユニクロ
  • アディダス

など

大手ブランドと契約

してきました。

そのうえ、音楽プロデューサーやDJ、飲食店のプロデュースなど多岐にわたって活躍しているのです。

セレブに返り咲くのも、おかしな話ではないでしょうね。

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.