著名人

長谷川在佑の経歴や結婚をチェック!予約困難のお店・傳の評判とは?

更新日:

世の中、いろんな形で夢を実現する人はたくさんいます。

しかし、効率的に最短ルートで夢を実現していくことを考えると、実力だけでは不可能…

人との出会いも含めて、運も必要です。

それだけに運のない人間には、無縁の世界とも思えます。

さて、今回お話する料理人・長谷川在佑さんは、努力だけでなく、そんな運をも掴み、最短ルートで成功したカリスマシェフ&料理店オーナー。

では、長谷川在佑さんとはどんな人物なのでしょうか?

また、彼が経営し、予約困難なお店とも言われる日本料理店『傳』とは、どんなお店なのでしょうか。

本記事では、長谷川在佑さんの経歴や結婚歴、傳の評判を調査しまとめていきます。

スポンサードリンク

世界が認めたカリスマ長谷川在佑とは?

料理の鉄人としても知られる、

  • 道場六三郎
  • 中村孝明

のように、世界が認める日本料理のカリスマシェフは、この世に何人かいますよね。

もちろん、彼らは、想像を絶する努力を重ねながら、ひたすらに料理を愛し続けてきたからこそ、カリスマと呼ばれているわけです。

とはいえ、日々の努力を認めてくれる人がいなければ、どんなに努力を重ねても、その努力が報われることはありません。

いい人たちとの出会いがあり、そこに努力が加わり、初めてその努力が報われる…

  • 修行をさせてくれる料理店のオーナー
  • 料理を食べに来てくれるお客さん

など、最後は人との巡り合いという『運の力』が大きいのではないでしょうか。

そして、この人運を持ち、最短ルートでカリスマシェフへと上り詰めている人物こそが、長谷川在佑さんなのです。

では、少し前置きが長くなってしまいましたが、長谷川在佑さんの経歴を振り返ってみましょう。

長谷川在佑の経歴

長谷川在佑さんは、1978年、東京生まれの41歳。

高校卒業と同時に、神楽坂の老舗料亭『うを徳』で5年間修業し、料理人の道を志していきます。

さら生まれ持った環境が、すでにラッキーでした。

長谷川在佑が日本料理と触れ合うきっかけ

そもそも、長谷川在佑さんの母は、かつて神楽坂で芸者をしていたらしく、長谷川在佑さんは、幼い頃から、日本料理に触れながら育ってきています。

そして、高校卒業後、すぐに住み込みで料理修行し、さらに、お小遣い程度の給与ももらえていたのも、母が勤める店だからこそ…

まぁ、コネといえば身も蓋もありませんが、何のつてもない人が、ゼロから料理人を志すよりも、確実にアドバンテージを得ていますよね。

住む環境も与えられ、その上まかないまで付いていたわけですから、もう至れり尽くせりの環境の中で修行できたのです。

もちろん、住み込みで修行しているわけですから、24時間365日料理漬けの日々になる可能性も高く、一長一短ではあります。

ただ、効率的に自宅から職場まで通う必要もなく、常に料理と向き合える環境は、効率的で最短ルートで料理人になる環境…

これも、母を通じた人運がもたらした、日本料理との大きな出会いといえるでしょう。

日本料理店『傳』出店までの修行の日々…

当然、ここからは、本人の努力なくして前には進みません。

長谷川在佑さんは、5年間『うを徳』で料理修行を経た後、各料理店を点在しながら、スキルを高め29歳で独立。

具体的な修行の内容までは語られていませんが、想像を絶するような厳しさも経験してきたのでしょう。

そして、何よりも修行を通じて、真剣に日本料理と向き合い続けた結果、29歳にして、ようやく独立できたわけです。

効率よく最短ルートといいながらも、高校卒業から約10年…

料理の世界は厳しいのです。

日本料理店『傳』出店からのサクセスストーリー

そんな修行を積み重ね、長谷川在佑さんは、29歳の頃に、東京・神保町に日本料理店『傳』を出店します。

すると、わずか3年という短い期間で、

『ミシュランガイド東京2011』

に、二つ星として紹介されるようになるのです。

たった3年という短期間…

一つのジャンルを極め、その上で、多くの人に認知され愛されていくには、3年はあまりにも短い期間です。

もちろん、それまでに、長谷川在佑さんは長年修行を積んでいたわけですから、その期間を入れれば、約14年という計算にはなります。

ただ、少なくとも日本料理店『傳』をオープンしてからは、3年程度しか経っていません(3年目なので…)。

その短い期間に、あのミシュランを認めさせたのです。

そこに、長谷川在佑さんの凄さを感じさせられますね。

長谷川在佑のミシュラン以外の受賞歴

なお、長谷川在佑さんの日本料理店『傳』は、ミシュラン以外でも、

『アジアベストレストラン50』3年連続ランクイン(2016年:37位、2017年:11位、2018年:2位)

『アート オブ ホスピタリティ賞』受賞(2017年)

『世界のベストレストラン50』ランクイン(2018年:17位)

『ハイエストクライマー賞』受賞(2018年)

といった、数々の賞も受賞しています。

もう世界が完全に長谷川在佑さんの料理の腕を認めてくれているといって間違いありません。

料理人と言うと、何十年も厳しい修行を積み、その上で、ようやく一本立ちできる厳しい世界にもかかわらずです。

和洋中の壁をも超えた美しき日本料理の創作

ましてや、今の日本料理は、和洋中の様々な料理を融合し創作していく技術がなくては、良いものを生み出すことができない厳しさがあります。

日本料理でありながら、日本料理に見られない斬新さも求められる…

そんな厳しい世界を、最短ルートで、長谷川在佑さんは昇り詰め、カリスマシェフとして注目されるようになりました。

現在も、和をベースとした遊び心を大切にしながら、いろんな創造性豊かな料理を、SNSで発信しています。

ますます長谷川在佑さんの料理が、世界に広がり、人種を超えた多くの人たちの五感を楽しませ続けてくれるでしょう。

 

長谷川在佑の料理の魅力

先程も少し触れましたが、長谷川在佑さんの料理の魅力とは、

和テイストをベースにしながらも、その型にはまらない独創性

にあります。

これは、初代『料理の鉄人』の一人、道場六三郎氏も得意としてきたことです。

日本料理独特の雅な世界観を持ちながら、和食では持ち寄らないような、エシャロットやガーリックといった食材も巧みに使いこなしていく…

そして、それが、時にフレンチのように1皿に描く芸術的志向も覗かせてくれるのです。

まさに、目で見て楽しみ、舌・鼻で匂いや味を満喫するような、五感に訴えかけ心身を癒やしてもらうような日本料理…

そんな和の鉄人・道場六三郎さんの料理にも匹敵し、さらに斬新で若々しい創作料理として長谷川在佑さんの料理は脚光をあびています。

長谷川在佑の料理の真髄

つまり、長谷川在佑さんの料理とは、

『誰もが楽しむことの出来る、斬新な日本料理の創作』

なのです。

それは、誰もが想像するような、和というイメージの日本料理の追求でもなければ、食材を活かした独自性の高い料理というわけでもありません。

もちろん創作である以上独自性はありますが、そこに邁進するのではなく、日本料理をベースにしながら、五感で楽しんでもらえる料理なのです。

それは、肌の色や言葉の壁をも超え、世界中のどんな人でも五感を通じて楽しめるものです。

だからこそ、長谷川在佑さんの料理は魅力的なのです。

 

予約困難のお店『傳』の評判と長谷川在佑の結婚

さて最後に、長谷川在佑さんが多大な評価を得ている日本料理店『傳』の評判や、長谷川在佑さん自身の結婚について触れていきます。

日本料理店『傳』の評判

まず店の評判ですが、料理の美しさ美味しさが評判高いのはもちろんなんですが、

「店の雰囲気が堅苦しくなくて気軽に楽しめて大満足」

という声が聞かれました。

店主である長谷川在佑さんだけに限らず、

店員全員が楽しく笑顔でお客様をお出迎えし、楽しく料理を振る舞っている姿

が映し出されているのでしょう。

だから、店の雰囲気が堅苦しくなく気さくで楽しい印象を受けるのでしょうね。

これは、長谷川在佑さんが某番組で語っていた話ですが、人気日本料理店には、大きく分けて2通り存在するようです。

一つは、日本料理そのものを徹底的に追求した格式の高い日本料理店。

もう一つは、日本料理そのものを、一つの芸術・エンターテイメントと捉え、ベースの部分は残しつつ、五感で楽しむ雰囲気作りを追求するお店です。

長谷川在佑さんが経営する日本料理店『傳』は、後者のタイプの日本料理店として、世界から高い評判を受けています。

長谷川在佑さんの経歴としても紹介しましたが、

『アジアベストレストラン50』

に3年連続ランクインしているのも、その一つの証…

何よりも日本料理店『傳』が、現在予約困難とも言われるのも、それだけ評判が高いからこそです。

日本料理店『傳』は、ミシュラン以外にも、たくさん賞を受賞しています。

そんな世界が認めた日本料理店だけに、きっと今後も、世界中の人々が、絶賛し続けてくれる料理を提供しつづけてくれるでしょうね。

長谷川在佑の結婚

長谷川在佑さんは、2019年で41歳。

そろそろ、結婚していてもおかしくない年齢ではありますが、それらしき相手はまだいないようです。

まぁ料理一筋でここまで来られた人なので、結婚していなかったとしても不思議ではありませんよね。

『魚釣りが趣味で、チワワを飼っている』

という長谷川在佑さん…

いろいろ調べてみると、楽しい人という印象も強く、縁があれば、そのうちに良いお相手と巡りあい、結婚するのではないかと思います。

長谷川在佑さんの結婚の行方も含め、今後の彼の動向に注目していきたいものですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、日本料理で世界に名を轟かせた、長谷川在佑さんの経歴・結婚の有無、彼が経営する日本料理店『傳』料理の魅力・評判を探ってみました。

素敵な女性とは、まだ巡りあっていないのか、結婚はされていないようです。

ただ、長谷川在佑さんの料理に関しては、世界が大絶賛していることがよく分かります。

元々、母を通じて日本料理に触れ合う機会が多く、運にも恵まれ、効率的よく修行を積むことが出来たことは、まさにラッキー。

その上で、努力が様々な結果をもたらし、29歳の時に出店した日本料理店『傳』は、世界が認めるほど大好評!

今後も、

『五感を通じて、誰もが気兼ねなく楽しめる日本料理』

を創作し続けていってほしいものですね!

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.