アーカイブ

須藤元気の現在とは?ダンス・ワールドオーダー引退とオーラの泉をチェック

テレビ

『変幻自在のトリックスター』

過去にそう呼ばれ、格闘家として一世を風靡した須藤元気さん。

K-1UFCと言った格闘技イベントへ参戦し、世界の強豪を相手に大活躍してきました。

世界を相手に戦える強さを持ちながらも、2006年末を最後に、格闘家を突然引退します。

その後は、

ダンスパフォーマンスグループのWORLD ORDER

を結成するなど、枠にとらわれない活動をし、世間を賑わせてきました。

今回は、そんな須藤元気さんの

現在

WORLD ORDER引退

オーラの泉

についてチェックしていきます。

スポンサーリンク

須藤元気のプロフィール

まずは、須藤元気さんの格闘家時代のプロフィールを紹介していきます。

名前須藤元気
通称変幻自在のトリックスター
生年月日1978年3月8日
身長175㎝
体重70㎏
出身地東京都江東区
階級ライト級
バックボーンレスリング・ブラジリアン柔術・サンボ
戦績
  • 総合格闘技:22戦15勝5敗2分
  • キックボクシング:6戦2勝4分
獲得タイトル
  • UFC‐JAPANジャパン王者
  • UFC38 Brawl at the Hallタップアウト、ベストファイター賞
  • UFC47 Its On ! タップアウト、ベストファイター賞

以上のようになっています。

国内外問わず活躍し、総合格闘技では大きく勝ち越し、

実力者であったこと

が分かりますね。

 

須藤元気の現在

2006年末に実力を残しながらも格闘家を引退。

その後の須藤元気さんは、様々な顔を持つようになりました。

 

2008年には、拓殖大学レスリング部監督に就任し、最優秀監督賞を、これまで10回受賞。

 

2009年には、ダンスパフォーマンスグループであるWORLD ORDER(ワールド・オーダー)を結成。

その特徴的なパフォーマンスで世界から注目されます。

2010年には、学生レスリング日本代表監督としても活躍し始めます。

2015年には、日本オリンピック委員会レスリング競技の強化スタッフに就任。

 

2016年には、英会話学校eLingoを立ち上げ、代表として使える英語の指導にも関わり始めました。

さらに2018年には、フィリピンのセブ島にある英語学校QQイングリッシュの校長に就任。

 

2019年には、東京の西日暮里に、『元気な魚屋さん』と言う居酒屋をオープンさせます。

 

また今後、2019年夏の参院選比例代表に、立憲民主党から立候補することも決まり、政界進出を予定しています。

 

いったい、須藤元気さんは、いくつの顔を持つのでしょうか。

今後も多くの領域に関わり、活躍していくのでしょうね。

とても楽しみです!

 

ダンス・WORLD ORDER引退とオーラの泉

マルチな活躍をする須藤元気さん。

そんな須藤元気さんと言えば、ダンスパフォーマンスグループWORLD ORDER(ワールド・オーダー)のリーダーである印象も強いのではないでしょうか。

また、2006年に出演したテレビ番組のオーラの泉での発言も話題になりましたね。

WORLD ORDER(ワールド・オーダー)引退

2009年から活躍するWORLD ORDERは、その特徴的なパフォーマンスで、今や世界中にファンを持ちます。

なんだか癖になるパフォーマンスですね。

ファンが多いことも納得です。

ところが、2015年に公開された、THE NEXT PHASEと言う作品を最後に、須藤元気さんは

「表舞台からは引退する」

との発表をします。

これを受け、

「須藤元気がWORLD ORDERを辞めた」

と勘違いするファンも多かったようです。

しかし、あくまでも

メインパフォーマーとしては引退

と言う意味なので、WORLD ORDERを引退したと言う意味ではありません。

このツイートにあるように、

現在ではWORLD ORDERのプロデューサー

を主に担当しています。

パフォーマーとしての須藤元気さんを見る機会は、少なくなるかもしれませんが、今後もWORLD ORDERの活躍が楽しみですね。

オーラの泉

須藤元気さんは、2006年に地上波番組、

『オーラの泉』

へ出演しました。

この番組は、日本のスピリチュアル・アーティストである江原啓之さんがが、ゲストのオーラを霊視しアドバイスをする番組として人気でした。

2006年3月に、須藤元気さんがゲスト出演した際の、発言が話題になりましたね。

須藤元気

守護霊に対して手紙を書くと、3日以内に答えてくれます。

このようなことを番組内で話していました。

発言が独特で少し戸惑ってしまいそうですが、更に続けてこう話します。

須藤元気

電車の中吊り広告や、聞く音楽の歌詞に答えがあったり。

これはつまり、

『何か迷いがある時は、目にした物の中にヒントがある』

と言ったことを伝えているのかもしれません。

オーラの泉へ出演した2006年の時、須藤元気さんはまだ20代です。

若くして少し独特な考えを持つ須藤元気さんだからこそ、格闘家だけではなく、現在のような多様な活躍ができるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

2006年末に格闘家を引退した後は、

拓殖大学レスリング部の監督

WORLD ORDER結成

学生レスリング日本代表監督

日本オリンピック委員会レスリング競技強化スタッフ

英会話学校立ち上げ

フィリピンのセブ島で英語学校の校長

居酒屋オープン

政界進出予定

とマルチな活躍をしています。

2009年に結成したワールド・オーダーは、

2015年からはプロデューサー側に回りメインパフォーマーとしては引退

をしました。

また、2006年に出演した番組、オーラの泉では、少し独特な発言をし話題になりましたが、独特な考えを持つからこそ、今の活躍があるのかもしれません。

2019年の夏には政界進出も予定しています。

今後も須藤元気さんの活躍から目が離せませんね!!

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ