著名人

大崎洋(吉本興業会長)の経歴プロフィールと松本人志との関係を調査

更新日:

雨上がり決死隊・宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号・田村亮さんが『闇営業』の謝罪と吉本興業の問題について会見を開きました。

その会見の影響は、とても大きいものとなり、お笑い芸人たちが様々な反応を見せています。

 

会見を観た、ダウンタウン・松本人志さんは

「松本 動きます」

とツイートし、会見のあった夜には、吉本興業の会長・社長と会合しています。

会見翌日放送の『ワイドナショー』は、急遽生放送となり、松本人志さんを中心に『闇営業問題』について取り上げました。

その中では、吉本興業の大崎洋会長と松本人志さんの会話も明かされ、2人は親密な関係であることが明らかになっています。

そこで今回は、吉本興業の大崎洋会長の経歴プロフィールを調査し、松本人志さんとの関係を調査してみました。

スポンサードリンク

吉本興業・大崎洋会長の経歴とプロフィールを調査!

まずは吉本興業で『会長』を務める大崎洋氏の経歴とプロフィールを調査していきます。

名前:大崎洋(おおさきひろし)

生年月日:1953年7月28日

出身地:大阪府

大崎洋会長は、二浪して

関西大学社会学部

に入学。

在学中は、

サーフィンに明け暮れる日々

を送っていましたが、無事卒業。

1978年に吉本興業に入社しました。

 

吉本興業への入社の理由は、

  • 私服通勤が可だったから
  • まとまった休みが取れると勘違いしたから

という驚きの理由でした。

 

1980年に東京支社に移動。

1982年に大阪の吉本総合芸能学院(NSC)開校に伴い、その担当社員になりました。

そこで

当時無名のダウンタウンのマネージャー

を務めることになったのです。

そこから、いつまでダウンタウンのマネージャーをしていたのか、詳しい時期は不明となっています。

 

ちなみに、1990年代にダウンタウンのマネージャーを務めていたのは、岡本昭彦社長でした。

岡本昭彦社長の前にダウンタウンのマネージャーを務めたのは、

  • 中井秀範さん吉本興業総合企画室室長、吉本音楽出版取締役、日本音楽事業者協会理事などを務めている。実は正式な初代マネージャーは大崎洋さんではなく中井さんだという話も)
  • 新田敦生さん新保町花月館長を務めている)

の2人がいます。

1980年代にダウンタウンのマネージャーは、中井秀範さん・大崎洋会長・新田敦生さんの3人が務めていたということですね。

大崎洋会長が、ダウンタウンのマネージャーを終えた後、他の誰かのマネージャーになった情報はありませんでした。

 

ただ、大崎洋会長は1982年から2000年までの間、NSCで多くのお笑い芸人の育成に携わってきています。

大阪でダウンタウンが売れると、東京進出をサポートし、

ダウンタウンメインの番組のプロデューサー

も務めました。

大崎洋会長が、ダウンタウンのことを一番近くで見てきて、よく知る人物といっても過言ではないでしょう。

2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任

2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任

2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任

2006年 吉本興業取締役副社長に就任

2009年 吉本興業代表取締役社長に就任

2019年 吉本興業代表取締役会長に就任

と、吉本興業、ならびに複数の子会社に取締役として就任し、2019年には吉本興業の取締役会長に就任しました。

 

2019年7月22日の吉本興業・岡本昭彦社長の記者会見の中で

『闇芸人問題』で吉本興業・大崎洋会長と岡本昭彦社長は50%減俸処分

としたことを明かしています。

 

吉本興業・大崎洋会長と松本人志の関係をチェック!

反社会勢力との会合に出席し、『闇営業』をしていたことが判明した宮迫博之さん・田村亮さんら芸人たち。

金銭授与があったのかという件に対して、一度は

「受け取っていない」

と虚偽の説明をしていたことが問題となり、謹慎処分となっていました。

その後、2019年7月19日に吉本興業が宮迫博之さんの契約解消を発表。

その翌日の2019年7月20日には、宮迫博之さんと田村亮さんが吉本興業を通さず、個人で謝罪会見を開いたのです。

謝罪会見で明らかになったのは、吉本興業の岡本昭彦社長がパワハラをしていたのではないかという疑惑です。

この会見を受けて、ダウンタウンの松本人志さんが吉本興業の大崎洋会長と岡本昭彦社長と会合しました。

その内容は、2019年7月21日の生放送『ワイドナショー』で松本人志さんが言及しています。

この会合で、大崎洋会長が

「もし、これ以上問題が大きくなるようなら、自分の進退は考えないといけない」

と自身の進退について考えているということを、松本人志さんは知らされました。

これについて『ワイドナショー』の中で

それは僕は全力で止めます。

大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。

と、大崎洋会長が辞めるのであれば、松本人志さんも吉本興業を辞めると発言しました。

その理由として松本人志さんは、

ウチの兄貴なんでね。

大崎さんがいなくなったら僕は辞めますね。

と語っていましたよ。

松本人志さんは、吉本興業の会長や社長相手に”同等”に話せるほどの仲です。

”兄貴”と呼ぶ大崎洋会長と岡本昭彦社長は

ダウンタウンの元マネージャー

という関係でした。

 

1982年に吉本総合芸能学院(NSC)開校時の担当社員となった大崎洋会長は、

無名時代のダウンタウンの2人の兄貴分・マネージャー的存在として業界のイロハを教えた人物。

松本人志さんが、大崎洋会長のことを、”兄貴”と呼ぶのも納得できますね。

 

無名時代のダウンタウンの2人は、スケジュールが真っ白だったそうです。

しかし、真っ白なスケジュールを渡してもしょうがないと考えた大崎洋会長は、

『○月×日△時から大崎とコント打ち合わせ』

など3人だけのスケジュールを書き込んで、ダウンタウンの2人に渡していました。

『マネージャーとの打ち合わせ』というスケジュールしか入っていないスケジュールを渡された2人は、お礼を言って受け取り、きちんと時間どおりに打ち合わせ場所にやってきて、3人で一生懸命黙々とネタ作りに励んでいたそうですよ。

ダウンタウンの2人が今後売れることを見越して、コントの練習をし、コントの練習もきちんとスケジュール化して、

  • 芸人としてのスキルアップ
  • 時間厳守などのルール

を徹底させていたのですね。

コントも芸人2人だけにさせるのではなく、マネージャー自ら一緒に練習をしていたことは、すごいですよね。

大崎洋会長が、

本気でダウンタウンを育てていた

ということがよく伝わるエピソードです。

 

また、大崎洋会長と松本人志さんは、あるとき”約束”をしていました。

2人でスポーツジムに行った際に、25mプールを見た大崎洋会長はふと

「売れるようになったら(松本人志さんが)自分の言うことを聞いてくれなくなるなあ」

と、思ったといいます。

それと同時に、

「松本が間違った方向へ進もうとしていたら、絶対にとめなければいけない」

と。

そして水泳が得意だった大崎洋会長は、松本人志さんにある提案をします。

「25mを1回も息継ぎせずに潜水したら、将来俺の言うことを聞いてくれるか?」

と松本人志さんに聞くと、松本人志さんは快諾。

大崎洋会長は見事泳ぎ切りました。

 

その後、ある出来事に対して、松本人志さんが頑として首を縦に振らなかったときに

「あのときのプールの約束、今使うわ」

と言い、言うことを聞いてもらったそうです。

気になる内容についてはわかっていません。

しかし、昔の約束を互いに覚えていて、きちんと約束を守ったところからも、2人の信頼関係がうかがえます。

 

当時ダウンタウンは、現在の明るい姿からは想像できないほど、

『2人だけでボソボソと話すような”暗い”存在だった』

と言われていました。

しかし、周囲からは

「こんな暗いやつらがどこで練習してるんだろう?」

と思わせるくらい、当時から漫才が上手かったそうです。

彼らは、マネージャーの大崎洋会長と一緒に漫才の練習を一生懸命していたのです。

そうした下積み時代から共に汗と涙を流してきた”兄貴”だからこそ、

『大崎洋会長が辞めることになれば一緒に辞める』

という想いになったのですね。

ダウンタウンには、”大崎洋会長”という兄貴が欠かせない存在になっているのです。

スポンサーリンク

まとめ

吉本興業の大崎洋会長は、岡本社長と同じく

ダウンタウンの元マネージャー

でした。

 

大崎洋会長は、二浪の末に関西大学社会学部に進学。

大学卒業後に吉本興業に入社した理由は、

『私服通勤だから』

『まとまった休みがとれると思っていたから』

という安易なものでした。

 

この大崎洋会長とダウンタウンは、

下積み時代から、一緒にコントを作り上げてきた

という深い関係で、ダウンタウンにとっては

芸能界のイロハを教えてくれた”兄貴”

という存在です。

『無名時代から一緒に歩んできた”兄貴”が、吉本興業を去るならば、自分も吉本興業を去る』

と発言している松本人志さん。

それほど、ダウンタウンは大崎洋会長に心酔しているのですね。

 

今回、大崎洋会長は50%減俸という処分を受けているので、進退問題には発展しない模様です。

今後は、ダウンタウンと一緒に、また力を合わせて吉本興業を盛り上げてもらいたいものですね。

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.