雑学

喪服の色が白から黒になった理由とは?現在でも通夜に白の喪服はアリ?

投稿日:

喪服 色 白から黒

日本における、お葬式は、

『黒の喪服を着用する』

ことが、一般的ですよね。

 

むしろ、それ以外の色をしている服を着る人は、

『お坊さんくらい』

だと言えます。

これが当たり前の状態なのですが、実は、

『喪服が黒色になったのは、最近の出来事』

ということを知っているでしょうか。

 

黒色の喪服しか知らない人は、

『黒以外の色なんて着られない』

と感じるでしょう。

ちなみに、昔の喪服は、

『白色』

だったそうです。

 

そこで、今回は、

『喪服の色が、白から黒になった理由』

について紹介します。

喪服の歴史を知りたい人は、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

喪服の色が黒になった時期と理由は?

喪服と言えば、冒頭でも紹介したように、

『黒』

が、基本的な色となっています。

 

ですが、黒色の喪服は、冒頭でも紹介しているように、

『最近になって使われ始めたもの』

なのです。

江戸時代までは、白色の喪服が基本だった

日本人が、昔から正式な場で着用する服には、

『白無垢』

というものがあります。

結婚式などで、よく見かけますね。

 

現代では、おめでたい行事でしか見ることが出来ませんが、江戸時代までは、

『葬儀でも、白無垢を着用していた』

とされています。

 

今では、あまり想像できないかもしれませんが、

『昔は、これが一般的だった』

ということを、覚えておいてください。

明治に入ってから、徐々に黒色が喪服の主流になっていった

喪服の色が、白から黒になっていったのは、

『明治時代』

からだとされます。

 

この頃、実質的な初代総理大臣であった、

『大久保利通』

の葬儀の際、礼服の色が黒色になっていたと言います。

ここから、徐々に、

『葬儀でも黒を着用してよい』

という認識が持たれ始めたのです。

 

決定的になったのが、明治30年に起こった、

『明治維新』

となります。

この頃から、外国の文化を積極的に取り入れ始めており、

『葬儀で黒の服を着用する』

という、文化が広まっていったとされます。

最初は、身分が高い人の葬儀だけだった

喪服の色が、黒と認識され始めましたが、この頃は、

『身分の高い人だけのルール』

として、民衆には伝わっていました。

 

その為、一般家庭の葬儀を行う際は、

『以前と同じ、白の喪服』

を着用していることも多かったのです。

 

ですが、

『白の喪服を使うと、汚れが目立ってしまう』

という問題が浮上してきたため、使い勝手を求めて、黒の喪服が定着していったのです。

これが、大体、

『第2次世界大戦』

の後くらいになります。

 

第2次世界大戦時には、

『時代柄、葬儀が多かった』

ため、このような問題が出やすくなっていたと推察されます。

西洋の文化が、喪服に大きな影響を与えている

喪服の色が、白から黒に変わっていった経緯を紹介しました。

これらを見ていると、

『西洋文化が、喪服に大きな影響を与えている』

ことが分かります。

 

元々、喪服の色が黒なのは、

『西洋文化』

の話です。

ですが、日本が諸国との交流を深めていくうちに、

『西洋文化を強く求めるようになった』

ため、その影響が喪服にも及び、色が変わるという結果をもたらしました。

 

この時代から、

『日本が、西洋文化を強く取り入れ始めた』

ということが、よく分かりますね。

 

現在でも、喪服に白は可能なのか

 

葬儀 白 大丈夫か

喪服の色が、白から黒になった経緯を紹介しました。

今では、あまり知られていないことですが、確かに、

『昔の日本では、喪服に白を使っていた』

ようです。

 

それでは、今の時代、

「葬儀で白の喪服を着てはいけないのか」

と考える人もいるでしょう。

 

この疑問についての答えは、

『基本的に、どちらでも構わない』

ということが言えます。

現在でも、白の喪服を着用している人はいる

今でこそ、ほとんど見られない白の喪服姿ですが、

『一部の地域では、まだ着用されることがある』

のです。

 

白の喪服を着用することがあるのは、

『古くからのしきたりを守っている人』

が多く、特に、土地の大地主などがそうです。

また、先祖代々、

『白の喪服を継承している家庭』

もあり、その場合は、白の喪服を着ている姿を見ることが出来るでしょう。

旧家に嫁いだ人は、見る機会があるかもしれませんね。

 

このように、一部ではありますが、

『白の喪服姿は生きている』

のです。

白の喪服姿は、自分の家だけにしておく

白の喪服が、一部の地域で着用されていることを紹介しました。

ですが、これはあくまで、

『その家が行う葬儀』

に限られています。

 

今の時代、葬儀に参列する人は、

『黒の喪服』

が基本となっています。

その為、白の喪服が間違っていないからといって、

『人様の葬儀に着用していかない』

ようにしましょう。

 

葬儀を行う家が、

「白の喪服を着用してください」

と連絡してくるなら、特に問題はありません。

ですが、ほとんどの場合、

『白の喪服を持っている人はいない』

ため、そのような要望を出す家はないでしょう。

 

また、白の喪服を着ていくことで、

『昔の文化を知らない人が、激怒する』

可能性もあります。

これは、

『白=めでたい席の服装』

という印象があるからですね。

 

白の喪服があることを知るのは、文化を学ぶためにも良いですが、昔の話でもあるので、

『喪服は、時代に合わせた色を選ぶ』

ようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『喪服の色が変わったのは、時代の流れと文化の流入が関係していた』

ということが言えます。

 

日本の文化は、

『時代の流れと外国の文化』

に感化されて、少しずつ変化しているものが多いです。

中には、そのまま残っているものもありますが、

『時の流れには逆らえない』

ものが、やはり多いようですね。

 

ですが、喪服の色の変化を知ることで、

『日本が、どのような変化をしてきたのか』

を知ることも出来ます。

豆知識として覚えておけば、どこかで役に立つかもしれませんね。

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.