格闘技

マネル・ケイプの戦績や強さをチェック!経歴プロフィールも紹介!

『RIZIN.18』が、2019年8月18日開催です。

世界の格闘家達が、熱い戦いを繰り広げること間違いなしですね。

 

RIZIN参戦中の海外勢の中で、注目されている格闘家と言えば、

マネル・ケイプ

の名前を挙げる人も多いのではないでしょうか。

アフリカのアンゴラ出身の、超攻撃的ファイターです。

どんな相手にも決して怯まない、アグレッシブなファイトスタイルが人気を得ています。

 

今回は、そんなマネル・ケイプ選手の、

  • 戦績
  • 強さ
  • 経歴やプロフィール

を紹介していきます。

スポンサーリンク

マネル・ケイプの戦績や強さ

パンチ

パンチ

さっそく、マネル・ケイプ選手の戦績や、その強さを紹介していきます。

ボクシングをバックボーンに持つ、現在25歳の若手実力者です。

現在、日本の格闘技競技会『RIZIN』へ参戦中ですが、それまでは海外の団体で活躍をしてきました。

 

2017年10月15日に、RIZINデビュー戦をバンタム級トーナメントで迎えます。

1回戦を山本アーセン選手と行い、結果は、

1ラウンド1分11秒TKO勝利

と言う、衝撃的なRIZINデビュー戦を飾ります。

はなこ
圧倒的だ!!!つよー!!!

 

続く2017年12月29日の、RIZINバンタム級トーナメント2回戦では、優勝候補と言われた強豪イアン・マッコール選手を相手に、

1ラウンド1分46秒TKO勝利

により、世界を驚愕させます。

 

2017年12月31日に行われた、RIZINバンタム級トーナメント準決勝では、堀口恭司選手と激突し、

3ラウンド4分10秒一本負け

を喫するものの、元UFCフライ級3位の堀口恭司選手を相手に大健闘をしました。

 

その後もマネル・ケイプ選手はRIZINに継続参戦し、

朝倉海選手判定負け

中村優作選手一本勝ち

佐々木憂流迦選手判定負け

伊藤盛一郎選手TKO勝利

と、国内の強豪を相手に熱戦を繰り広げています。

 

プロデビューから現在までの戦績は、

17戦13勝4敗

と大きく勝ち越していて、世界の強豪と言えるのではないでしょうか。

マネル・ケイプの強さとは?

世界の強豪を相手に、好成績を残してきたマネル・ケイプ選手。

その強さと言えば、

決して怯まない気持ちの強さ

寝技の極め力

ボクシングベースの打撃スキル

が挙げられるでしょう。

マネル・ケイプの強さ(決して怯まない気持ちの強さ)

まず挙げられるマネル・ケイプ選手の強さには、『気持ちの強さ』があります。

2017年12月31日に行われた、RIZINバンタム級トーナメント準決勝での、堀口恭司選手戦では、負けはしたものの、

決して怯まない気持ちの強さ

を見せてくれました。

何度強い打撃を堀口恭司選手から貰っても、前へ前へ出続けました。

戦う上で重要な気持ちの部分が、マネル・ケイプ選手の強さとして挙げられるでしょう。

マネル・ケイプの強さ(寝技の極め力)

次に挙げられるマネル・ケイプ選手の強さには、『極め力』があります。

2018年9月30日に行われたRIZIN.13では、アメリカの総合格闘技団体WSOF GC現フライ級王者の中村優作選手と対戦します。

この試合では、3ラウンド4分27秒にリアネイキッドチョーク(背部から首を絞めあげる技)による一本勝ちを収めます。

両選手ともに寝技の展開を作りあいましたが、試合終了間際に、

寝技の極め力

を発揮し試合を決定づけました。

この極め力も、マネル・ケイプ選手の強さとして挙げられるでしょう。

マネル・ケイプの強さ(ボクシングベースの打撃スキル)

最後に挙げられるマネル・ケイプ選手の強さには、『打撃スキル』があります。

2019年4月21日に行われたRIZIN.15では、日本の格闘技団体ZSTの元王者である伊藤盛一郎選手と激突します。

この試合でマネル・ケイプ選手は、2ラウンド3分59秒にボディブローによるTKO勝利を収めます。

王者クラスを沈める、

ボクシングベースの打撃スキル

を持ち合わせています。

試合を決めるこの打撃も、マネル・ケイプ選手の強さとして挙げられるでしょう。

 

マネル・ケイプの経歴やプロフィール

ここからはマネル・ケイプ選手の、経歴やプロフィールを紹介していきますね。

名前(なまえ) マネル・ケイプ
生年月日 1993年11月14日
国籍 アンゴラ
通称 アンゴラの暴走王
所属 AKAタイランド
身長 167㎝
体重 57㎏
階級 フライ級~バンタム級
バックボーン ボクシング
戦績 17戦13勝4敗
獲得タイトル KOC/Invictus Promotion王者

https://www.instagram.com/p/Bz_NRGIFZ3s/?utm_source=ig_web_copy_link

ボクサーであった父親の影響で、4歳からボクシングを始めたマネル・ケイプ選手。

2012年5月13日に行われた、格闘技イベント『ケージファイターズ』でプロデビュー戦を行い、勝利で収めます。

身長167㎝、体重57㎏と大きな体ではありません。

しかし、抜群の身体能力とアグレッシブなファイトスタイルで、これまでに勝ち星を量産してきました。

2012年から2015年まで海外の団体で活躍をしてきて、その間

戦績:10戦9勝1敗

獲得タイトル:KOCやnvictus Promotionと言った格闘技団体の王者

と圧倒的実績を残してきました。

2017年から活躍の場を日本の格闘技競技会RIZINに移し、世界の強豪や日本の強豪としのぎを削っています。

 

2017年12月29日の、RIZINバンタム級トーナメント2回戦の、試合前の公開計量時には、

『対戦相手のイアン・マッコール選手の頭を叩き、乱闘騒ぎ』

を起こします。

褒められたことではありませんが、確実に注目を集めます。

はなこ
パフォーマンスとして見ればいいのかな!?

こういった攻撃的パフォーマンスが、通称『アンゴラの暴走王』と言われる理由なのかもしれませんね。

 

しかし、マネル・ケイプ選手は攻撃的なだけではなく、優しい一面も持ち合わせています。

2018年12月31日に行われた『RIZIN.14』に、参戦し敗北した浅倉カンナ選手に近寄り、抱擁しながら以下の言葉をかけます。

マネル・ケイプ

次の試合に活かそう。

もう負けないよな。

次勝てばいいんだ。

はなこ
優しい(泣)

このような、

攻撃的パフォーマンス

時折見せる優しい一面

が人気を集めています。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、マネル・ケイプ選手の、

  • 戦績
  • 強さ
  • 経歴やプロフィール

についてでした。

マネル・ケイプ選手は、2012年のプロデビュー勝利以来、17戦13勝4敗と大きく勝ち越しています。

2017年に参戦したバンタム級トーナメントでは、

優勝候補のイアン・マッコール選手を1ラウンドで倒す

元UFCフライ級3位の堀口恭司選手を相手に負けるものの善戦

と確かな戦績を残しています。

 

マネル・ケイプ選手の強さには、

決して怯まない気持ちの強さ

寝技の極め力

ボクシングベースの打撃スキル

が挙げられました。

 

経歴やプロフィールについては、4歳からボクシングを始め、2012年から2015年まで海外の団体で活躍をしてきました。

2017年より、日本の格闘技競技会RIZINで活躍をしています。

話題に事欠かない選手であり、

攻撃的パフォーマンス

時折見せる優しい一面

が人気の要因になっていました。

関連記事

-格闘技

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.