サッカー選手

本田圭佑のスーツとサングラスのブランドと価格を調査!その評判は?

本田圭佑選手といえば、サッカーのプレーもさることながら、その奇抜でユニークなファッションでも話題になっていますよね。

  • 腕時計を両腕にはめている
  • 麦わら帽子にサンダル姿で移動
  • 真っ赤な服を着ている

話題のネタには事欠きません。

そして、本田圭佑選手が着こなすスーツは、たびたび話題になっていますよね。

また、サングラスが大好きな彼は、

眼鏡ブランドのサポーター

にもなっているんです。

さらに、本田圭佑選手は自身のブランドを立ち上げてもいます。

そこで今回は、本田圭佑選手のスーツやサングラスなどのファッションに注目し、そのブランドと価格やデザインを調べてみました。

スポンサーリンク

本田圭佑のスーツのブランドと価格やデザイン

本田圭佑 ファッション cartier_honda_double870-1

本田圭佑選手は、両手に腕時計をしていたり、帽子にサンダル履きだったり、奇抜なファッションをすることでも有名です。

スーツはダンヒルやアルマーニなので、奇抜ではないのですが、それでも着こなしや小物類などで話題を呼んでいましたよね。

彼のファッションは常に注目され、

「次はどのようなファッションを披露してくれるのだろう?」

とファンは楽しみになっています。

 

では、本田圭佑選手の着ているスーツから見てみましょう。

本田圭佑選手のスーツのブランドは『ダンヒル』で、

『By appointment to Her Majesty the Queen』

つまり英国王室御用達の超有名ブランドです。

『ダンヒル』は、元々は煙草と煙草用品のメーカーで、業界でのトップブランドでした。

しかし、後にはファッションその他にも展開し、現在では男性用ファッションの世界的ブランドとなっています。

また、このダンヒルのスーツは、

日本代表のオフィシャルスーツ

でもあります。

デザイン的には、アルマーニほど身体にぴったりではなく、やや余裕を持たせた着やすいデザインです。

 

気になるダンヒルのスーツの価格ですが、日本代表のスーツでは…。

スーツ上下 245,000円

シャツ 28,000円

ネクタイ 18,000円

ネクタイピン 22,000円

ベルト 30,000円

合計 343,000円

となるみたいです。

なお、これらは全国のダンヒルブティックで、

日本代表と同じもの

を購入できます。

ただし、数量限定ですので、売り切れの場合もありそうですね。

結構な価格ですが、本田圭佑選手個人のものは、オーダーメードらしく、

スーツ上下だけで500,000円以上

と言われています。

また

「俺も本田圭佑選手と同じダンヒルのスーツを!」

という人には、日本でもダンヒルのスーツをオーダーできますよ。

『銀座SAKAEYA』というお店では、マシンオーダーの仮縫い付きで、

100,000円

ハンドメイドの仮縫い付きでも、

135,000円

と、リーズナブル(上記の500,000円に比べれば!)な価格で提供しています。

 

本田圭佑選手愛用の、もう一つのスーツは、これまた超有名ブランドの

『ジョルジオ・アルマーニ』

です。

アルマーニブランドは、一種類ではなく、ラインナップがいくつかあります。

  • 『GIORGIO ARMANI』
  • 『Armani Collezioni』
  • 『Emporio Armani』
  • 『Armani Jeans』

などですね。

この中では『GIORGIO ARMANI』が、一番ブランドのランクが上になります。

価格帯は、200,000円~500,000円となりますが、本田圭佑選手のことですから、もう少し高価なものではないかと探したら、

『黒ラベル』+『スーパーウール180s』

というものが『GIORGIO ARMANI』の中でもトップランクなのです。

このブランド内でも価格帯はかなり広く、下は200,000円以下から上は

約600,000円以上

という、素晴らしい価格です。

オーダーメイドならば、さらに価格は高くなるでしょう。

本田圭佑選手のアルマーニスーツは、おそらくは、そのタイプでしょうね。

デザインは、かなりのジャストフィットタイプで、その割にはウェストシェイプは緩やかになっています。

 

本田圭佑選手のスーツは他にも

『ドルチェ&ガッバーナ』

も着ることがあるようです。

こちらのスーツの価格は、

50,000円から300,000円以上

までさまざまです。

デザイン的には、身長が高く、がっちりした体系でないと、着こなせないでしょう。

身長が高く、がっちりした体系というと、普通の日本人向きのデザインではないようです。

でも、プロスポーツ選手の本田圭佑選手なら、一般の日本人よりもずっと鍛えているでしょうし、問題はないでしょう。

本田圭佑のサングラスのブランドと価格やデザイン

本田 ファッション f-nsp150603_honda-ogp_0

それでは次に、本田圭佑選手の愛用するサングラスは、どんなブランドなのでしょうか?

調べてみると、本田圭佑選手の愛用のサングラスは、ドイツの『MYKITA』(マイキータ)というブランドです。

このMYKITAは、以前は『ミキータ』とも呼ばれていましたが、今では『マイキータ』と呼ぶようになっています。

2005年よりスタートという、比較的新しいメーカーです。

作業は全てが熟練した職人による手作業で、『マイキータ・ハウス』という工場兼オフィスのようなところで行われています。

デザインはティアドロップ型がメインのようですが、

ネジや溶接は一切使わない

という、独特の構造です。

このサングラスの価格は、

40,000円から80,000円前後

のものが多いようです。

マイキータサングラスは、日本でも安いものでは30,000円前後で入手できます。

さて、本田圭佑選手愛用のサングラスは、

『MYKITA』の『SLY GOLDLINE 3GLASS e-sop』

というタイプのようですね。

SLY GOLDLINE 3GLASS e-sop

SLY GOLDLINE 3GLASS e-sop

価格はおよそ45,000円前後となっています。

本田圭佑選手のサングラスとしては、『MYKITA』以外では、『レイバン』や『アルマーニ』なども使うことがあります。

アルマーニは、

『GA646s』

というモデルらしいですね。

この『GA646s』というサングラスの価格は、25,000円程度です。

もう一つの愛用サングラスは、

『DITA』の『23000C CENTURY センチュリー ティアドロップ』

というもので、こちらの価格は

45,000円

程度となっています。

サングラス

23000C CENTURY センチュリーティアドロップ

本田圭佑選手のサングラスは、デザイン的には、ティアドロップタイプが多いようですね。

本田圭佑×オーマイグラス!

本田圭佑選手は、眼鏡ブランドのオーマイグラス株式会社の

レンズカラーにフォーカスした社会貢献型アイウェアブランド“PAGE(ペイジ)”

のスペシャルサポーターになりました。

同ブランドは、2018年6月にデビュー。

こちらの商品は、

『売上の2%を恵まれない子どもたちに寄付する』

という取り組みがされています。

本田圭佑・PAGE

本田圭佑・PAGE

上の画像で本田圭佑選手がかけているサングラスは、PAGEのもので、おそらく

1PAGE

というシリーズのフォールディングサングラス。

PAGE1

PAGE1

折り畳みが可能でカバンにいれてもかさばらないのが嬉しいですね!

価格は税込みで27,000円です。

次にこちらのサングラス。

本田圭佑・PAGE

本田圭佑・PAGE

こちらもPAGEのサングラスでおそらく

PAGE4

というシリーズのラウンド感が強いボストンシェイプのフルメタルフレームのもの。

PAGE4

PAGE4

価格は税込み23,760円です。

いずれも、スタイリッシュなデザインでかっこいいサングラスですね!

 

本田圭佑が立ち上げたブランドKSKとは?

お洒落でハイセンスな本田圭佑選手は今度は自身のライフスタイルブランドを立ち上げました!

その名も

KSK

KSKとは『KEISUKE』をもじったものなのだそうですよ。

コンセプトは、本田圭佑選手らしく

身に着けるもので自分自身を表現していこう

というもの。

現在販売されているのは、

キーフォルダー:6,264円

パスケース:7,020円

サングラスケース:7,344円

iPhoneケース:8,424円~

コインケース:8,532円~

IDケース:9,396円

ネクタイ:9,800円

マルチケース:10,260円

キーケース:11,880円

財布:12,960円~

パスポートケース:20,520円~

クラッチバッグ:27,000円~

セカンドバッグ:30,780円

トラベルポーチ:41,040円

これらの商品です。

サングラスケースを商品化しているので、そこに入れるお洒落なサングラスがほしいですね。

また、ネクタイをプロデュースしていることからも今後こだわりを持った

サングラスやネクタイ

などのアイテムがでてくる可能性は高そうですよね!

全身KSKで統一したスタイルを披露する日も近いかもしれません。

メモ

本田圭佑選手のブランドKSKの公式サイトはこちら。

https://kskstore.net/

本田圭佑のファッション!その他の小物類

本田圭佑選手というと、奇抜なファッションがすぐ頭に浮かびます。

しかし、サンダルとか麦わら帽子という、素朴というかラフというか、スーツだけでなく、そんな姿の時もあります。

白のTシャツにジーンズ、足元はサンダルという姿で現れたこともありますね。

この時のサンダルは、『MOTO(モト)』というブランドらしいです。

 

また、ザッケローニ監督の時代には、ホテルでサンダルを履いていたら、ザッケローニ監督から

「サンダルなど履いていたら、足の上にものを落とした時、大変なことになる。靴をはきなさい。」

と叱られたそうです。

ちなみに、本田圭佑選手の麦わら帽子ですが、ある時は麦わら帽子を被って空港に現れたこともあるようです。

現在のところ、その麦わら帽子のブランドは、不明です。

 

本田圭佑のファッションへの評判は?

これはさまざまですね。

べた褒めする人は多いのです。

「スタイリッシュなスーツ姿」

「シンプルだけど、かっこいい!」

「元が良いので王道ファッションが凄く似合う」

「あんなふうにスーツの似合う男になりたい!」

などなどです。

しかし、中には本田圭佑選手のファッションに批判的な人もいます。

「本田圭佑のファッションって微妙だな」

「正直ダサいと思うよ」

「モデル体型用にデザインされた服が似合うのは、ごく一部の体型の人だけ」

ファッションはそれぞれの好みがでるため、好き嫌いは必ずあります。

センスがいいと言われる人

は”普通のファッション”ではなく、他者とは違うある意味”奇抜なファッション”をしていますよね。

センスがいい人に対しても、センスがいいという人もいればダサいという人もいるのです。

センスがいい悪いは紙一重といえそうです。

自分のことをよく知り、しっかりと着こなせる人がセンスが良い人です。

センスのいい悪いは、その人に似合っているかどうかなのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、奇抜なファッションで知られる本田圭佑選手のスーツや、サングラスのブランドや価格、デザインなどを調べてみました。

さすがに高所得者だけあって、本田圭佑選手の身につけるものは、高額なアイテムばかり。

ブランド名にしても、『アルマーニ』や『ダンヒル』など、聞いただけでわかるブランド品ばかりです。

本田圭佑選手の場合、そのようなブランドファッションでも、さまになっているところが凄いです。

サングラスが大好きな彼はオーマイグラスのサポーターとなり『PAGE』のサングラスを着用しているため、PAGEのサングラスは今後人気になるのではないでしょうか。

さらに自身のライフスタイルブランド『KSK』を立ち上げ、こだわりの商品を販売しています。

今後は、KSKからスーツやサングラスも販売される可能性は高そうですよね!

関連記事

-サッカー選手

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.