ゲーム

FF7リメイク公式最新情報まとめ!発売日や機種・戦闘システムを紹介

投稿日:

三大RPGの1つとして名高い『FF』こと『ファイナルファンタジー』シリーズ。

今、最も注目が集まっているのが、不朽の名作のリメイク作品『FF7リメイク』ではないでしょうか。

2015年にFF7リメイク版の発表がされ、早4年が経とうとしているのですが、具体的な発売日はいつになるのか?

また、現在の開発状況が気になるところです。

この記事では、『FF7リメイク』について、現在までに判明している最新情報をまとめていきます!

スポンサードリンク

『FF7リメイク』について

『FF7』は、Playstationから1997年1月31日に発売された、『ファイナルファンタジー』シリーズのナンバリングタイトル7作目となる作品です。

シリーズ最高の売上を記録した『FF』史上最高傑作

とも言われる作品で、

  • PS版の売上本数が世界累計1000万本を突破
  • 最初のPC版も100万本以上を記録

という、すさまじい記録を打ち立てた名作です。

PSのソフトで

『FF7』より売れたゲームは、初代『グランツーリスモ』しかない

という、世界2位の販売本数を誇る作品!

それが『FF7』なのです。

 

そんな『FF7』を、

現在の最新技術でフルリメイク

する作品が、『FF7リメイク』です。

 

2015年に存在が発表された『FF7リメイク』。

かつての映像を、現代機に合わせた程度のリマスターとは違い、

ゲームの根本から再構築するフルリメイク作品

です。

グラフィックの進化は当然ながら、ゲームシステムも変わっています。

単なるリメイクというよりは、

1から新作を作っているようなもの

ですね。

しかし、1つ残念な点として、『FF7リメイク』は、近年の『FF』同様、開発にかなり時間がかかっている模様…

今のところ、どのくらい開発が進んでいるのでしょう?

 

『FF7リメイク』の発売日はいつ?

『FF7リメイク』の発売日はいつになるのでしょうか?

 

2019年6月10日におこなわれた『FF7』のオフィシャルコンサート『Final Fantasy VII A Symphonic Reunion』にて…

新トレーラー発表と同時に、発売日が

2020年3月3日(火)

と発表されています。

ただ、あくまでも

分作となる第1作目の発売日が決まっただけ

なので、『FF7リメイク』完結までに、あとどれくらいの期間を要するのかはわかりません。

 

『FF7リメイク』の対応機種は?

『FF7リメイク』の対応機種は、今のところ

PS4で先行リリース

という発表にとどまっています。

先行リリースが『PS4』というだけなので、PS4単独ソフトであるとは考えにくいでしょう。

『FF7リメイク』は、最終的には

  • PS4
  • XboxOne
  • PC
  • 次世代のPS5
  • 次世代のXbox

で発売することになると予想しています。

 

PSも次世代機の波が来ていますし、『FF7リメイク』最終作が発売される頃には、次世代機がメインになっているはず…。

Xboxは、次世代機の『スカーレット』を、2020年のホリデーシーズンに発売するとE3で発表しました。

ライバルの次世代機が具体的な発売時期のビジョンを発表したとなれば、PS5も近いうちに発売時期の発表がくるでしょう。

 

一方、ニンテンドースイッチでの『FF7リメイク』発売はなさそうです。

ニンテンドースイッチは、『FF15』を完全移植できず、ポケット版でなければリリースできませんでした。

この前例がある以上、ニンテンドースイッチでは『FF7リメイク』の要求スペックを満たせないでしょうから、発売はされないと考えます。

 

『FF7リメイク』の最新情報まとめ!

これまでに判明している、『FF7リメイク』の最新情報をまとめていきます。

2015年6月 E3で映像が公開

『FF7リメイク』の情報が初出となったのは、2015年のE3です。

この時、会場はスタンディングオベーションが起こるほどの熱気に包まれました。

2015年12月 トレーラー公開、分作となることが発表

同じ年の12月、『PlayStation EXPERIENCE』にて、タイトルが

ファイナルファンタジーVII リメイク

になると正式決定。

さらに、ディレクターの野村哲也氏、プロデューサーの北瀬佳範氏が、インタビュー記事内にて以下の発言をしています。

『FF7』をリメイクするなら、1本で収まらないとは当初から思っていた

 

1本にしようとすると、ダイジェストになってしまう

 

削る部分もあると思うが、増やす部分もあるし、フルリメイクをするなら分割すべきだと判断した

この時、『FF7リメイク』が分作になることが判明しました。

 

ゲームシステム面では、

当時と同じにはしない

というコンセプトを明言しました。

  • 当時のエンカウントバトルからシームレスバトルへ移行
  • ATBゲージやリミットブレイクは、新たな使用方法にする

といった内容です。

シームレスバトルは、『FF』シリーズだと『FF12』が該当しますね。

2019年5月 『State of Play』で新トレーラー公開

2019年5月10日に、PSの新作を紹介する番組『State of Play』にて、『FF7リメイク』の新トレーラーが公開されています。

そのトレーラーが、こちらです。

エアリスとの出会いのシーンや、アバランチとの共闘、さらには最後の方でセフィロスの後ろ姿を見ることもできます。

バトルシーンも少しですが、映像がありましたね。

2019年6月10日 公式オーケストラコンサート内で発売日発表

発売日のところでも触れたましたが、6月10日には、公式オーケストラコンサート内で新トレーラーの公開と共に、

2020年3月3日(火)

という発売日情報も登場しました。

その翌日となる11日には、スクウェア・エニックスのE3カンファレンスがあり、ここでも詳しい情報が出ると、北瀬プロデューサーが語っています。

2019年6月11日 E3での最新情報

E3でも、新しい情報がいくつか判明しました。

まずは、第1作目がどのくらいのボリュームになるのかについて。

『FF7リメイク』のプロデューサー・北瀬氏によると、

『FF7リメイク』の分作1作目は、ミッドガルのストーリーを広大に緻密に描く

内容はBlu-ray2枚ほどのボリュームで、1本の独立したソフトとして期待に応えるものになっている

とのこと。

これまでのムービーがミッドガルのものしかなかったので、なんとなくそんな予想はしていましたが、その通りでしたね。

この調子だと、完結までにはBD10枚くらいになりそう…。

 

また、ディレクターの野村哲也氏も登場し、『FF7リメイク』のバトルシステムの紹介もありました。

アクション

アクションについて発表された要素をまとめました。

  • ボタンひとつで操作するキャラクターを切り換えられる
  • 操作していないキャラクターも自動で戦ってくれる
  • それぞれの敵には攻撃をすると溜まっていくフォーカスゲージがあり、ゲージがMAXになるとさらにダメージを与えられる
  • 攻撃や回避がリアルタイムだが、ATBゲージが貯まるとアビリティといった特殊コマンドが使えるようになる
  • 戦闘中にコマンドメニューを開くと、時の流れがゆっくりになるタクティカルモードに移行
  • タクティカルモードでは、キャラクターのアビリティが使用可能
  • アビリティはキャラクターによって大きく異なる

バトルシステムは、リアルタイムアクションとコマンドを融合したハイブリッドな内容になっています。

E3では、ガードスコーピオン戦の映像がバトルシステムの紹介として公開されたのですが…

なりアクション要素が高くなっていて、『キングダムハーツ』シリーズに近い戦闘だなと感じました。

アクション要素が強いですが、従来の『FF7』のようなコマンド選択が可能とのこと。

逆に、ハイスピードのアクションを楽しみたい場合は、アビリティをショートカットに設定することもできます。

 

そしてもう1つ、ATBゲージについての情報もまとめました。

  • ATBゲージは2つあり、アイテム使用やマテリアを使った魔法でも消費され
  • ATBゲージはゆっくりと溜まるが、攻撃を命中させると溜まる速度が上がる
  • ATBゲージを使った攻撃をするにはキャラクターを切り換えながら戦うといい

簡単な話、ATBシステムは格ゲーでいう超必殺技ゲージになったという認識でよさそうですね。

通常攻撃を出しながらゲージを溜め、溜まったらアビリティなどの特殊コマンドを放つ…

そんな使い方になるのだと思われます。

 

そして、新トレーラーが公開。

(E3の数日前に発表されたPVのロングバージョンですが。)

ついに、映像の中でティファが登場しました!

この時は、会場からこの日一番の歓声があがりましたね。

「ティファを多くの人が待ち望んでいたんだなぁ」

と、改めて感じさせられました。

2019年9月11日 TGS2019用の新トレーラー公開

2019年9月11日23時、東京ゲームショウ2019用の新たなトレーラーが公開されています。

この映像内では、レノ、ルード、ツォンといったタークスの面々や、ミニゲームの映像など、新たに公開される要素がぎっしり詰まっています。

2019年9月14日 TGS2019・SIEブースでの情報

TGS2019で紹介された新情報はいくつかあります。

アーカイブも公開されているので、気になった人は見てみてはいかがでしょうか。

50分近い動画になっているので、かなり長いです。

戦闘にクラシックモードが存在

『FF7リメイク』の戦闘システムは、

アクションとコマンド選択が混ざったようなシステム

になっています。

 

そして、TGSでは新たに

クラシックモード

の存在が明かされました。

クラシックモードは以下のような内容です。

  • バトル難易度設定で選ぶことができるモード
  • 操作キャラクターのアクションがオートになる
  • ATBゲージがたまったときの○コマンド選択のみに集中してバトルを進めることができる
  • コントローラで操作したらキャラクターを動かすことも可能

クラシックモードでは、従来の『FF』シリーズの、コマンドのみを選ぶバトルに近いものになります。

古き良き時代の『FF』を遊ぶことができるモード

なので、FFオールドファンには嬉しいシステムではないでしょうか。

ミニゲーム

ミニゲームのうちの1つ、『スクワットチャレンジ』の実機プレイも公開されています。

召喚獣

また、召喚獣に関する映像も公開されました。

クラウド、ティファ、エアリスの3人でアプスと戦闘しているシーンにて、イフリートを召喚!

  • 召喚獣は『SUMMONゲージ』がなくなるまでバトルに参加
  • 自動で戦ってくれるが、キャラのATBゲージを消費すれば召喚獣のアビリティを使うことができる
  • 召喚される召喚獣は、装備しているマテリアによって異なる
  • 『SUMMONゲージ』がなくなると、最後に『超必殺技』を使用していなくなる

このような仕様であることも説明されています。

2019年9月26日の最新情報

9月26日には、バトルシステム、マテリア、そして召喚獣に関する詳細が公開されました。

バトルシステム情報

バトルシステムは、敵の弱点ポイントや行動パターンを見極め、魔法やアビリティを選択していくm、『FF』らしいコマンドバトルがベースです。

それに加え、最近の『FF』に増えた、直感的なアクションが融合しており、戦略性が高いバトルとなっています。

ウェイトモード

戦闘中、コマンドメニューを開くと、時間の経過が遅くなる『ウェイトモード』となります。

完全に時間停止しないあたりが、ターン制バトルとは異なる点ですね。

  • アビリティ
  • 魔法
  • アイテム
  • リミット技

が、コマンドメニューで選択できます。

ショートカット

コマンドはボタンにショートカットを登録することができます。

いちいちコマンドメニューを開かなくても、ショートカットに登録した行動がすぐ出せるので、スムーズな戦闘進行も可能です。

バースト

敵のHPゲージの下には、バーストゲージがあります。

黄色いゲージの下にある、オレンジ色のゲージですね。

このバーストゲージは攻撃を与えることで溜まっていき、バーストゲージがMAXになるとバースト状態となります。

バースト状態中の敵は、

行動不能になり、通常時より多くのダメージが与えられるようになります。

簡単に言うと、敵を攻撃しまくれば怯むのでチャンス!というところでしょうか。

仲間コマンド

十字キーでバトル中の操作キャラクターを切り替えることができますが…

L2、R2ボタンで、キャラを切り替えずとも仲間キャラのコマンドを開き、コマンド指示が可能です。

リミットブレイク

敵からダメージを受けるごとにリミットゲージがたまり、ゲージが完全に溜まると、リミットブレイクが発動できます。

マテリア

マテリアは、武器や防具に装着することで、魔法などのアビリティが使用可能になります。

魔法を使える魔法マテリア、召喚獣を呼べる召喚マテリア、その他にもコマンドマテリアや支援マテリア、独立マテリアがあります。

スロットのマテリアを組にすると、マテリアの効果を変化させることも可能です。

いくつかのマテリアが紹介されているので、それもチェックしてみます。

魔法マテリア『いかずち』

サンダー系列の魔法を使うことができるようになります。

成長すると、魔法もパワーアップします。

魔法マテリア『じかん』

ヘイストやスロウなどが使えるようになります。

支援マテリア『ぞくせい』

組にしたマテリアの属性を、武器や防具に付与できます。

武器は属性が付与され、防具はその属性に対する耐性がアップします。

召喚獣

召喚獣は、召喚マテリアを装備し、戦闘中にサモンゲージが貯まると召喚可能です。

その他の仕様は、TGSで発表された通りの内容となっています。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで『FF7リメイク』の最新情報をまとめました。

 

『FF7リメイク』は、ついに

第1作の発売日が2020年3月3日(火)

という、具体的な発売日情報が公開されました。

 

すでに発売まで半年を切り、さまざまな情報が登場している現在…

今後も色々な最新情報が公開されていくことでしょう。

ただ、筆者個人の思いとしては、第1作目だけでなく、第2作目以降のスケジュールの見通しなども、はやく公開して欲しいものです。

関連記事

-ゲーム

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.