格闘技

【2019】RIZIN.18の試合結果まとめ!出場選手と勝敗を一覧チェック!

投稿日:

2019年8月18日は『RIZIN.18』で決まり!

国内外の強豪たちが、熱い戦いを繰り広げてくれました。

RIZINとBellatorのベルトを所持し、絶対王者としての貫禄もでてきた、堀口恭司選手。

現在2連敗中で再起をかけて戦う、浅倉カンナ選手。

他にも熱き格闘家たちが、多く参戦しています。

今回は、RIZIN.18の試合結果まとめとして、

出場選手と勝敗

を紹介していきますね。

スポンサードリンク

【2019】RIZIN.18の試合結果!出場選手と勝敗を一覧チェック

RIZIN.18の出場選手などは、こちらでも紹介しています。

関連記事
戦い
【2019】RIZIN.18の対戦カードを紹介!会場と地上波テレビ放送もチェック

真夏の日差しに負けないくらいの、熱気に包まれ幕を閉じた『RIZIN.17』。 すでに、 『RIZIN.18』 の開催も決定しています。 RIZINとBellatorバンタム級のベルトを所持する、堀口恭 ...

続きを見る

 

それでは、RIZIN.18の出場選手と勝敗を、一覧でチェックしていきましょう。

第1試合 RIZIN キックボクシングルール 3分3ラウンド(57.0㎏)
堀尾 竜司(勝) 3ラウンド 判定 3-0 桜井 宇宙(負)
第2試合 RIZIN キックボクシングルール 3分3ラウンド(53.0㎏)
瀧谷 渉太(負) 3ラウンド 判定 0-3 大﨑 一貴(勝)
第3試合 RIZIN 女子 MMAルール 5分3ラウンド(49.0㎏)
あい(勝) 3ラウンド 判定 3-0 タバサ・ワトキンズ(負)
第4試合 RIZIN MMAルール 5分3ラウンド(59.0㎏)
征矢  貴(勝) 2ラウンド 1分28秒 TKO 村元 友太郎(負)
第5試合 RIZIN MMAルール 5分3ラウンド(61.0㎏)
祖根 寿麻(負) 3ラウンド 判定 0‐3 ジャスティン・スコッキンス(勝)
第6試合 RIZIN MMAルール 5分3ラウンド(71.0㎏)
上迫 博仁(勝) 2ラウンド 3分45秒 TKO イーブス・ランドゥー(負)
第7試合 RIZIN MMAルール 5分3ラウンド(53.0㎏)
越智 晴雄(-) バッティングによる流血でノーコンテスト ジャレッド・ブルックス(-)
第8試合 RIZIN 女子 MMAルール 5分3ラウンド(49.0㎏)
浅倉 カンナ(勝) 3ラウンド 判定 2-1 アリーシャ・ザペテラ(負)
第9試合 RIZIN キックボクシングルール 3分3ラウンド(75.0㎏)
ジョン・ウェイン・パー(負) 3ラウンド 判定 1-2 ダニロ・ザノリニ(勝)
第10試合 RIZIN MMAルール 5分3ラウンド(61.0㎏)
マネル・ケイプ(勝) 2ラウンド 1分36秒 KO 水垣 偉弥(負)
第11試合 RIZIN MMAルール 5分3ラウンド(61.0㎏)
ビクター・ヘンリー(勝) 3ラウンド 2分14秒 一本 トレント・ガーダム(負)
第12試合 RIZIN 女子 MMAルール 5分3ラウンド(49.0㎏)
浜崎 朱加(勝) 1ラウンド 3分10秒 一本 アム・ザ・ロケット(負)
第13試合 RIZIN MMAルール 5分3ラウンド(61.0㎏)
堀口 恭司(負) 1ラウンド 1分8秒 KO 朝倉  海(勝)

以上のような試合結果になりました。

 

次に、個人的に見ごたえのあった試合を、紹介しますね。

RIZIN.18第4試合:征矢貴VS村本友太郎

征矢貴選手は、日本の総合格闘技団体『修斗』の強豪。

村元友太郎選手は、日本の総合格闘技団体『DEEP』の強豪。

そのため、この試合は、

修斗 VS DEEP

とも言える戦いでした。

 

1ラウンドは、軽量級ならではのスピード感ある打撃の応酬が続きます。

実力者同士の戦いの、レベルは均衡していました。

2ラウンドに入ると、征矢貴選手が、打撃で勝り始めます。

試合の終盤には、征矢貴選手がアッパー、フックとパンチラッシュを決めたところで、たまらずレフェリーが試合を止め征矢貴選手の勝利となりました。

スピード感あふれる試合展開に、会場は大盛り上がりとなりました。

はなこ
とっても面白かった!!!

RIZIN.18第10試合:マネル・ケイプVS水垣偉弥

続いてはこちらの試合、アンゴラの暴走王マネル・ケイプ選手VS元UFCファイター水垣偉弥選手です。

 

1ラウンドから、激しい打撃の攻防が繰り広げられます。

水垣偉弥選手は、強い右ストレートを繰り出しマネル・ケイプ選手をぐらつかせる場面を作ります。

しかしマネル・ケイプ選手は、両手を後ろに組み挑発する余裕も見せ、1ラウンドを終えます。

2ラウンドが始まり、1ラウンド同様に打撃の攻防が繰り広げられます。

その後マネルケイプ選手が、右アッパーから右フックを決め水垣偉弥選手は崩れ落ち、

マネル・ケイプ選手のKO勝利

となりました。

 

世界最高峰総合格闘技団体UFCで5連勝をした実績も残している水垣偉弥選手を下し、

RIZINのメインファイターとなったマネル・ケイプ選手

は、今後も注目ですよ。

はなこ
マネルケイプ選手のファン増えるだろうな~!!水垣偉弥選手もお疲れ様!!

RIZIN.18第13試合:堀口恭司VS朝倉海

最後に、この試合、堀口恭司選手VS朝倉海選手を紹介します。

 

堀口恭司選手は、言わずとしてた世界最高レベルの選手です。

朝倉海選手は、現在もの凄い勢いで成長を続けている若手強豪ファイターです。

下馬評では、圧倒的に堀口恭司選手が有利なカードだったんです。

 

1ラウンド、お互いリズムよくステップを刻みながら、打撃を繰り出しあいます。

堀口恭司選手が踏み込んだその時、

朝倉海選手のカウンターの右フックがクリーンヒット

します。

朝倉海選手が、パンチラッシュでたたみかけ、最後の右フックを命中させ、

堀口恭司選手がダウン

します。

これでレフェリーが試合を止め、朝倉海選手が、

ジャイアントキリング

を起こしました。

はなこ
間違いなく世界が驚愕した!!!朝倉海選手おめでとう!!!

スポンサーリンク

まとめ

一気に『RIZIN.18』の出場選手と勝敗を紹介してきました。

どの試合も見ごたえがあり、国内外の強豪たちの、魂のこもった試合に、会場は大爆発でした。

 

その中でも、

  • 第4試合:征矢貴VS村本友太郎
  • 第10試合:マネル・ケイプVS水垣偉弥
  • 第13試合:堀口恭司VS朝倉海

は、特に見ごたえがありました。

ますます熱気を増していく『RIZIN』は、今後も大いに盛り上がるでしょう。

2019年10月12日には大阪で、『RIZIN.19』の開催が決定しています。

会場やテレビ放送、インターネット動画を通して盛り上がりましょう!

関連記事

-格闘技

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.