ジャニーズ

ジャニーズ猪狩蒼弥の経歴や出身を調査!日本破壊ツイートの理由とは?

投稿日:

ジャニーズJr.内のグループ『HiHi Jets』メンバーの猪狩蒼弥さんが、

8月15日の公演で発した発言が物議を醸し、『HiHi Jets』に批判が殺到しています。

その発言というのが、8月15日のTwitterのトレンド入りした、

『#日本破壊』

というハッシュタグと関係しているのです。

この『日本破壊』という言葉を選んだ猪狩蒼弥さんとは何者なのか?

当記事で、ジャニーズJr.の猪狩蒼弥さんについて、経歴や出身、日本破壊というツイートをさせるよう扇動した理由を探ります。

スポンサードリンク

ジャニーズ猪狩蒼弥の出身・経歴は?

まずは、猪狩蒼弥さんのプロフィールから紹介していきます。

猪狩蒼弥のプロフィール

生年月日:2002年9月20日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:167センチ

体重:50キロ

メンバーカラー:緑

趣味:読書

猪狩蒼弥さんは、ジャニーズJr.内のグループ『HiHi Jets』に所属するアイドルです。

名前の読み方は、

『いがりそうや』

といいます。

 

『HiHi Jets』とは、2015年に結成された、

ジャニーズJr.の中でもローラースケートを特技

としている5人組グループ。

最初は4人組グループの『HiHi JET』でしたが、後に5人となり、『HiHi Jets』に改名しています。

 

猪狩蒼弥さん自身の経歴も調べてみました。

『日本破壊』という物騒な反日発言と受け取られかねない発言をしますが、

れっきとした日本生まれの日本人です。

東京都で生まれ、2歳上の姉と、5歳下の弟がいる家庭で生まれ育ちました。

猪狩蒼弥さんの父親が、ローラーゲームチーム・東京ボンバーズの一員だったこともあって、小学4年生の頃にローラースケートを始めます。

そして、ある日スケート場でローラースケートを滑っていたところ、故・ジャニー喜多川さんにスカウトをされ、アイドルの道へ進むことになったのです。

 

猪狩蒼弥さん本人には、アイドルになるつもりはなく、スカウトからジャニーズ事務所に入所するという、意外な経歴を持っていました。

父親譲りのローラースケートの実力は、入所から高いレベルにあったそうです。

もともとローラースケートの振り付けは、別の人が担当していたのですが…

あるライブの際、

『自分たちで付け加えた方が面白そうだ』

という理由で、勝手にライブリストに入れたところ、ジャニー喜多川さんが絶賛!

「ローラーの振り付けは君がやれ」

とジャニー喜多川さん直々に言われ、ローラースケートの振り付けを担当するきっかけを作りました。

あのジャニー喜多川さんがほれ込んだセンスなのですから、相当なのでしょう。

 

また、読書で培った語彙力を生かし、

  • 『ジャニーズ銀座2018』で発表されたメンバー紹介ラップ『だぁ〜くねすどらごん』の作詞
  • 2018年『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION』のテーマ『みなみなサマー』のラップ部分の作詞

を担当したこともあります。

そんな語彙力があるだけに、血迷った発言をしてしまったことは、非常に残念ですね。

選ぶべき言葉ではないことは、わかりきっていると思うのですが…

 

猪狩蒼弥の日本破壊ツイート要求で炎上

猪狩蒼弥さんと所属グループ『HiHi Jets』が批判されるきっかけとなったのが、2019年8月18日に開催された『サマステ2019「パパママ一番 裸の少年 夏祭り!」』での出来事でした。

この日の公演の盛り上がりを、Twitterにも伝えるため、

「みんな帰ったら日本破壊でツイートして!」

と発言。

これを受けたファンたちが、

『#日本破壊』

とハッシュタグにしてツイートしたため、トレンド1位となってしまったのです。

 

ファンたちは、

「日本破壊がトレンド入りってヤバすぎwwこれも伝説な気がする」

「日本破壊wwwwwwwww猪狩さん最高です 」

などと、頭お花畑全開ではしゃいでいました。

 

しかし、日本破壊という物騒なワード、8月という終戦の日がある時期、かつ日韓関係が冷え切っていて緊迫した国外情勢にある中で、このような発言をすればどうなるかなど一目瞭然。

ジャニーズファン以外からは、

「普通に反日発言だろ」

「物騒な言葉を拡散しろって、バカなのか?」

「トレンド狙うならポジティブな言葉にしろよ、こいつら反日グループなの?」

「よりによって8月にこんなことをいうのは、ただひたすら残念」

 

この批判に対して、ファンは、

「賛否集まるってことは影響力があるってこと!これも含めて伝説になる!」

「誤解する方が悪い。意味も知らないで批判しないで」

などと、またもやお花畑な発言をしていますが、自身の影響力と、それを理解できずに軽率な行動をしたことが問題なのです。

 

これだと、開き直っているファンも問題ですね。

「さすがにこのワードは駄目だった」

「ちゃんと言葉はしっかり考えたほうがいいと思う」

と、自戒を求めるコメントをしたファンもいました。

ファンと信者は全く違います。

もし、いけない行為をしている推しがいたとしても、推しを擁護するだけで終わるのはよくないのではないでしょうか。

 

さらに擁護しきれないのは、この猪狩蒼弥さん、15日のサマステでも

「なんかトレンド入りさせたいよね、日本破壊とか」

と発言していたのです。

よりによって、8月15日の終戦記念日にこのような発言とは…。

 

趣味の読書で培った豊かな語彙力がどこにあるとのことですが、わざわざ『日本破壊』という言葉を選んでしまう時点で、語彙力はないようにも思えます。

 

なお、『HiHi Jets』はジャニーズウェブのグループ連載『伝記』にて、18日の発言について謝罪し、

  • 今までにないくらいのレベルで盛り上がろう!という比喩表現で使ってしまった
  • とても軽率で不適切な表現だったと深く反省している
  • ジャニー喜多川さんから教わった、世界中の皆様に幸せをお届けすることを肝に銘じ、自分の発言に責任を持てるよう精進する

というメッセージを残しています。

いくらJr.とはいえ、あのジャニーズ事務所に所属しているのですから、影響力は大きいに決まっています。

自身の影響力がどれほどのものなのか、今回の件でしっかり学び、今後に活かしてほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

ジャニーズJr.内のグループ『HiHi Jets』のメンバー・猪狩蒼弥さんは、東京生まれ東京育ちの日本人です。

しかし『サマステ2019「パパママ一番 裸の少年 夏祭り!」』にて、

「日本破壊ってツイートして」

と言ったことで、Twitterで日本破壊というワードがトレンド1位に…

よりによって、8月という時期に、日本破壊というツイートを要求したことで、ジャニーズファン以外からは、反日扱いされてしまうことになってしまったのです。

あまりに軽率な発言ですし、ジャニーズ事務所のアイドルとしての影響力をちゃんと理解して欲しいものですね。

関連記事

-ジャニーズ

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.