漫画

ブラッククローバー最新刊(23巻)の発売日と収録ストーリーネタバレ

ブラッククローバーの単行本22巻では、

初代魔法帝のルミエルと、エルフの長・リヒトが時空を超えて再会します。

悪魔の圧倒的な力に対抗すべく、アスタたちも参戦。

そして、悪魔との決着は、アスタとユノの手に委ねられることに。

激闘の先に、アスタたちを待つものとは・・・!?

 

ブラッククローバー最新刊(23巻)では、

アスタが国家反逆の罪に問われてしまいます。

しかし、アスタを守るべく、あの人物たちがあらわれて・・・?

本記事では、ブラッククローバー最新刊(23巻)の発売日と、収録されるストーリーをネタバレ紹介していきます!

スポンサーリンク

ブラッククローバー最新刊(23巻)の発売日

すばり!

2020年1月4日

が、ブラッククローバー最新刊(23巻)の発売日です。

 

参考までにブラッククローバーの直近10巻の発売日をまとめてみました。

22巻 2019年10月4日
21巻 2019年7月4日
20巻 2019年4月4日
19巻 2019年1月4日
18巻 2018年11月2日
17巻 2018年8月3日
16巻 2018年5月2日
15巻 2018年3月2日
14巻 2017年12月4日
13巻 2017年10月4日

以上のように、ブラッククローバーの単行本の発売日は、

2~3か月周期

で発売されてきました。

また、今回の発売日については、

少年ジャンプ公式サイトでも、発売日が発表されています。

よって、ブラッククローバー最新刊(23巻)発売日は、

2020年1月4日

で間違いないでしょう。

 

ブラッククローバー最新刊(23巻)の収録本数とサブタイトル

ブラッククローバー22巻では、初代魔法帝・ルミエルと、エルフの長・リヒトも加わり、

悪魔を倒すため激闘が繰り広げられます。

はたして、悲しみの連鎖を断ち切ることができたのか?

アスタとユノに勝負の命運が託されます。

 

ここで、ブラッククローバー最新刊(23巻)の収録本数と、サブタイトルを紹介していきます。

ブラッククローバー22巻の収録ストーリー

206話 時空を超えた再会
207話 究極魔法
208話
209話 お願い
210話 瀬戸際
211話 終わりの一撃
212話 因縁の最後
213話 魂の大樹
214話 夜明け
215話 3つの困ったこと
216話 パワーバランス
217話 正義の天秤

22巻では12話が収録されました。

ブラッククローバー最新刊(23巻)の収録ストーリー

218話 最低最悪
219話 真っ黒けっけ
220話 見舞い
221話 碧薔薇の告白
222話 ここだけの話
223話 アグリッパ家
224話 オマエは呪われている
225話 ハート王国
226話 精霊守の魔法
227話 全智の巫女
228話 冥域の魔道士
229話 希望と絶望の幕開け

ブラッククローバーの単行本は、1巻につき、

11話前後のストーリーが収録

されています。

前巻の22巻は12話の掲載でした。

そのため、23巻も12話の掲載で、229話まで収録されるでしょう。

 

ブラッククローバー最新刊(23巻)のストーリーのネタバレ

ブラッククローバー218話

ブラッククローバー218話

続いて、気になるブラッククローバー最新刊(23巻)のストーリーを、ネタバレしていきます。

第218話 最低最悪

国家反逆を狙った悪魔として、記事になってしまうアスタ。

シスターたちは心配しています。

 

魔法議会裁判所にきたアスタは、ブラックの状態を制御できると証明しました。

しかし、ダムナディオから

お前は悪だ

と言われてしまいます。

 

そこにあらわれたのは、ヤミ率いる黒の暴牛。

アスタを庇えばどうなるかわかっているのか?

ダムナディオは黒の暴牛を脅します。

 

ウチらは最低最悪の魔法騎士団。

上等だよバカヤローが!!!

 

ヤミは脅しに屈することなく、アスタと守るのでした。

第219話 真っ黒けっけ

黒の暴牛を利用した、ネロさえも救うヤミ。

ネロを仲間として迎え入れます。

 

ノゼルとフエゴレオンもアスタのために合流。

フエゴレオンはユリウスの書状を読みあげます。

 

それは、アスタを国外へと追放するという内容。

これは追放と見せかけた、アスタへの助け舟でした。

 

無罪を証明するために、アスタは外国へと向かいます。

第220話 見舞い

シャーロットの見舞いに来たヤミ。

突然のことに動揺を隠せないシャーロット。

ヤミのことが気になって仕方がないシャーロットですが、

今、一緒にいるのは恥ずかしくてキツイ

と思っています。

 

ヤミに気持ちを悟られまいとシャーロットは必死です。

そんなシャーロットに、聞きたいことがあるというヤミ。

 

ヤミに聞きたいことがあると言われたことで、シャーロットは我慢ができなくなり、部屋を飛び出してしまいます。

禁術のことを聞きたかっただけのヤミ。

シャーロットの謎の行動に、困惑するヤミなのでした。

第221話 碧薔薇の告白

このままではダメだと思ったシャーロット。

団員たちの前で、ヤミが好きだと打ち明けます。

こんなこと、団員たちが認めてくれるはずがない

と思っていましたが、むしろ告白を後押しされます。

 

ちょうどそのとき、ヤミとアスタがやってきます。

シャーロットは気持ちを伝えようとしますが上手くいかず。

 

その時、アスタがこう言います。

信頼しているからこそ素直になれない人もいる

と。

アスタの言葉に落ち着きを取り戻したシャーロットは、ヤミを食事誘うことができました。

 

ヤミは禁術についてシャーロットに質問します。

自分よりも詳しい者がお前の団にいる

とシャーロットに言われますが、心当たりがないヤミ。

 

一方、

自分の母と悪魔について

教えてもらうため、ノエルは

とある少女

のもとを訪れているのでした。

第222話 ここだけの話

ノエルが会いに来た少女とは、ドロシーでした。

ドロシーの夢魔法の世界に招かれたノエル。

 

ここでノエルは、ノエルの母・シルヴァが

とある悪魔の呪いで亡くなったこと

を知ります。

 

シルヴァの受けた呪いは、

口にするだけでかかってしまいます。

そのため、

ノゼルは話さないようにしていたのでした。

 

悪魔の名前は

メギキュラ。

この悪魔がノエルの仇であり、アスタを救う鍵となります。

第223話 アグリッパ家

シャーロットがヤミに話した、

禁術に詳しい者

とはゴートンのことでした。

 

ヤミたちはゴートンの実家、アグリッパ家に向かいます。

ゴートンの父であるネイサンから、悪魔の呪いの手がかりを教えてもらったヤミたち。

呪いの手がかりは、ハート王国にあるのでした。

第224話 オマエは呪われている

ハート王国に手がかりがあるとわかりますが、

忍び込む方法がない

とヤミは言います。

 

ここでノエルは、

ミモザがハート王国に言っていたこと

を思い出しました。

こうしてノエルは、アスタと共にミモザのもとへ向かうことに。

 

ハート王国には、悪魔や呪いなどがあるとは思えない。

ミモザは信じられない様子です。

その要因は、国を見通す全智の魔道士と言われる、ハート王国の王女の存在が大きいようでした。

 

アスタとノエルの事情を聞いたミモザは、入国許可を申請してくれます。

これにより、ハート王国に行くことが可能になったアスタたち。

 

そんなアスタたちの存在に気づいたのはハート王国の女王。

クローバー王国の悪魔の力が欲しいと、女王は考えているのでした。

第225話 ハート王国

ミモザの言っていた通り、

悪魔や呪いに関係があるとは思えないほど、ハート王国は美しい場所

でした。

 

ミモザのことも知っている

ガジャという男

によって、案内されるアスタ一行。

しかし、ガジャは突然、水の魔法を使いアスタを捕らえます。

 

アスタを救うべくノエルはガジャに挑みます。

ノエルの強さを認めたガジャは、

本気で出すといって魔導書を取り出します。

 

一方、アスタは水の球に包まれたまま、森の先にある大穴へと落下していきます。

大穴の底には女騎士の姿が。

 

アスタを待っていたと言う女騎士。

アスタは危険を察知して臨戦態勢に入るのでした。

第226話 精霊守の魔法

女騎士の正体は、

水の精霊ウンディーネの魔法で生み出されたもの

でした。

 

アスタの前にあらわれたウンディーネは、

魔導領域が第九域以下

のアスタを見て笑います。

 

そして、ウンディーネは、いとも簡単にアスタを捕まえてしまいました。

 

アスタのピンチの前にあらわれたのはネロ。

魔法を使い、アスタを解放します。

 

開放されたアスタは、

水のベールの先に人の氣を感じ

水のベールを斬るのでした。

第227話 全智の巫女

人の氣を感じたアスタでしたが、

そこには女神像しかありません。

しかし、

椅子の背後に謎の人物がいました。

 

ウンディーネは謎の人物を、ロロペチカと呼びます。

この人物こそ、ハート王国の女王なのでした。

 

一方、ダイヤモンド王国に偵察に向かっていたマグナ、ラック、バネッサの3人。

マグナたちは向かった先で、衝撃の光景を目の当たりにします。

 

大勢のダイヤモンド王国の兵士が倒れており、その原因を作ったであろう人物もいました。

その人物は、マグナたちでも手に負えないほどの力を持っています。

 

そして、その人物の背中には、スぺ―ドの紋章が見えるのでした。

第228話 冥域の魔道士

アスタたちクローバー王国の者たちに、ロロペチカは助けを求めます。

 

ハート王国の第零域の精霊守でも、悪魔に止めを刺すことができない・・・。

しかし、

ユリウスの時間魔法や、ヤミの闇魔法なら可能性があるかもしれない。

それが助けを求めた理由でした。

 

そして、そういった

不思議な魔法を使う者たち

をハート王国では

冥域

と呼んでいるとロロペチカは言います。

 

クローバー王国は、ハート王国に協力することを了承。

しかし、スペード王国の悪魔は、

アスタが戦った悪魔以上の強さ

だとロロペチカは告げました。

 

悪魔が動き出す前に攻めたいと考えるロロペチカ。

ガシャたち精霊守たちに、アスタたちは特訓してもらうことになるのでした。

第229話 希望と絶望の幕開け

特訓から半年。

その間に

ダイヤモンド王国を制圧したスぺ―ド王国。

次の狙いは

クローバー王国とハート王国です。

 

ロロペチカからスペード王国の悪行を聞いたアスタは、すぐに動き始めました。

巨大要塞カンデロへ侵入したアスタは、スペード王国の兵士たちをたった1人でなぎ倒していきます。

アスタの異常な強さに、驚きを隠せないスペード王国の兵下でした。

スポンサーリンク

まとめ

ブラッククローバー最新刊(23巻)の発売日は、

2020年1月4日

となります。

最新刊に収録されているストーリーでは、

  • 疑われるアスタを守りにきた黒の暴牛
  • シャーロットの告白
  • ノエルが呪いの手がかりを探る
  • ミモザからハート王国のことを聞くアスタたち
  • ハート王国から助けを求められたクローバー王国。
  • 半年の特訓を終え、さらに強くなったアスタ

が描かれました。

 

スペード王国へと攻めていくアスタ。

次巻24巻では、

アスタたちとスペード王国の悪魔との戦い

が気になりますね。

関連記事

-漫画

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.