漫画

ワンピース954話ストーリーネタバレ!カイドウとビッグマムが同盟!

投稿日:

2019年9月2日発売の週刊少年ジャンプ2019年40号掲載のワンピース954話のネタバレになります。

954話のネタバレと合わせて、今後の考察や感想も、まとめていますよ。

 

カイドウとの戦いに敗れたルフィは兎丼に収容されてしまいます。

しかし、ルフィの勇気ある行動によって、再び生気を取り戻した囚人たちとともに兎丼を制圧。

さらには、モモの助の登場により、再び夢を見出した囚人たちは、ルフィとともに次の行動に移すのでした。

 

最近のストーリーでは、ルフィだけではなく、その他の仲間たちにもスポットがあてられ、カイドウとの決戦に向けて、各々が準備を進めている様子も描かれています。

徐々に盛り上がりを見せているワンピースワノ国編。

 

まずは、前回までのワンピース953話『一度狐』のネタバレから確認していきましょう。

続けて、954話のネタバレもしていきますよ。

スポンサードリンク

ワンピース953話『一度狐』ストーリーネタバレ

河松は、日和がいなくなった時のことを思い出します。

「河松へ 今日までありがとう 私は大丈夫 日和」

河松は日和の置手紙を読み、泣き叫びながら日和を捜しました。

 

―現在の『鈴後』

牛鬼丸は、血を流しながら逃げていました。

ゾロは、牛鬼丸の血痕を辿って追いかけます。

そこで、何かを見つけるゾロ。

 

一方、おいはぎ橋では、日和が河松に鈴後に来た理由を尋ねます。

「………あなたがいなくなった後」

「つまらぬ用事でここへ来たのでござる」

と、話し出す河松。

 

昔『鈴後』を治めていたのは、いつもキツネと二人連れの剣の達人『霜月牛マル』という大名でした。

しかし、『鈴後』も、カイドウの手により廃墟と化してしまいます。

鈴後には『常世の墓』という風習があり、その墓標は『刀』と決まっているそうです。

その中には名だたる名刀もあり、墓荒らしが後を絶たない土地である『鈴後』。

日和がいなくなってしまい、河松は鈴後を『最期の地』と決めてやってきました。

その時、墓荒らしを追い払っている狛狐『オニ丸』に出会います。

 

オニ丸は、霜月牛マルの相棒だった狐でした。

鈴後が滅びてから5年以上、オニ丸は墓荒らしと戦い続け、墓標である亡き侍たちの刀を守り続けていたのです。

そして、河松は墓を掘り始めました。

もちろんオニ丸は、墓を荒らすことを許しません。

「『百獣海賊団』と『ワノ国』の戦は」

「まだ終わっておらぬ!!」

「刀を眠らせるにはまだ早い!!!」

とオニ丸に説明しながら、掘り続ける河松。

河松の熱い思いが伝わったのか、オニ丸も、刀を掘り起こすことを手伝い始めます。

 

そして河松は、地下に刀を隠すことにしました。

それから、河松のオニ丸は、刀を掘り起こす日々が始まります。

時には、

「うーん」

「そうさな」

「拙者~~~」

「おいはぎ橋の!!『牛鬼丸』ゥ~~~!!!」

と、本物の墓荒らしを追い返すこともしていました。

しかし、河松は油揚げを盗んだことがバレて捕まってしまい、今まで帰ることができませんでした。

 

そう話をしているうちに、ゾロに追いついた河松と日和。

そこは、刀を隠していた地下への通路でした。

地下へ降りた河松は、錦えもんに

「安心しろ」

「何千の兵が集まろうと…」

「刀はいくらでもまかなえる!!」

と伝えます。

なんと、地下に保存していた刀が、さらに増えていたのです!!

物陰に隠れていた牛鬼丸は、「どろん!!」と狐の姿になりました。

牛鬼丸は、オニ丸が変化していたのです。

 

地下の入り口では、日和がゾロに、『秋水』をワノ国に返すようお願いをしていました。

そして、

「代わりをさしあげます!!」

「私が亡き父から譲り受けた刀」

名刀『閻魔』!!

「カイドウに唯一傷をつけた伝説の刀です!!」

と、ゾロが名刀『閻魔』という新たな刀を手に入れそうなフラグが立ち、次回の954話に話が続いていきます。

スポンサードリンク

ワンピース954話ストーリーネタバレまとめ

ワンピース954話『龍に翼を得たる如し』の確定ネタバレです。

今回のネタバレで、押さえておくべき重要なネタバレは、次のとおり。

~~鬼ヶ島への討ち入り7日前~~

日和は、ゾロに

『秋刀』を返してくれたら、代わりに光月おでんからの形見刀『天羽々斬』『閻魔』を譲り渡す

と提案。(おでんは二刀流の使い手だった)

しかし、日和が大事な形見を譲り渡すことに反対する河松。

ただ、

「新しい刀が手に入るなら」

とマイペースに快諾するゾロ。

 

場面は変わり、花の都では、捕えられていたローは形成逆転し、ホーキンスを追い詰めていた。

ホーキンスは、ポツポツを真相を語り始める。

 

ローは、ホーキンスから以前に同盟を組んでいたキッドとアプーとの関係を聞き出す。

ホーキンスは、カイドウには最強の手下が揃っていて、勝利確率0%を悟り、カイドウの傘下についた。

あくまで生き残るため。

そして、スクラッチメン・アプーは、もともとカイドウ傘下の海賊であり、アプーにハメられてこうなった。

 

カイドウは、

強い部下を従えることに執着

していることから、たとえ傘下にならなくてもキッドのことは生かしておいた。

また、キッドの仲間たちも、キッドを生かすためにカイドウの言いなりとなっていた。

ホーキンスから、ことの成り行きを聞き出すと、ローは牢獄から姿を消す。

ローのことを誰かが手助けしたようだが、それもローは気にしない。(現状は誰だか不明)

どうやらオロチ側に内通者が存在する模様。

~~鬼ヶ島への討ち入り5日前~~

囚人採掘場では、ルフィとヒョウ爺がカイドウに見立てた特訓。

『分厚い鋼鉄の板』をカイドウと見立てて、パンチを打ち続けるルフィ。

 

伊達港で、船の準備を続けるフランキー。

 

赤ざや九人男や麦わらの一族のメンバーらは編笠村に集まっている。

錦えもんが各座の仲間に伝える。

そのことはウソップやフランキー、ミンク族などに伝わる。

伝達後、ナミが『判じ絵に足された2本の線』が、どういう意味なのか錦えもんに尋ねる。

錦えもんは、ワノ国の都にすべて動物の名がついているとして推測し、判じ絵について解説していく。

 

最初ハブの絵、つまり

ハブの絵=刃武(ハブ)港

ここに、さらに2本の足を追加したことで、トカゲになる。

なので、

『兎丼にある常陰(トカゲ)港が集合地』

が答え。

鬼ヶ島への準備もいよいよ大詰め。錦えもんたちは、作戦会議へ。

 

鬼ヶ島では、

『火祭りのために、アプーがナンバーズを引き連れて帰って来たこと』

を話すキング。

ナンバーズのことを『酒癖が悪い』と嫌がるクイーン。

そこで、上機嫌なカイドウとビッグマムが

ビッグマム&カイドウの最悪な海賊同盟結成

を決めた。

ビッグマムとカイドウの同盟

スポンサーリンク

ワンピース954話の感想と今後の展開

今回は、急展開でしたね。

カイドウ&ビッグ・マムという、ルフィたちにとって、最悪な同盟が結成されてしまいました。

ナンバーズも、めちゃくちゃ強そうな気配。

敵側の戦力が急激に増強されてしまった印象だけが残ります。

 

もはや、ルフィたちには、

  • カイドウ&ビッグ・マムを立ち向かえるほどの力を手に入れる
  • シャンクスなど、ルフィたちに超強力な援軍
  • 世界政府や海軍の介入で三つ巴の戦いに

このいずれかの展開がなければ、どうにも立ち回れない気がします。戦力的に。

『実は○○が弱点…!』みたいな展開も考えられるけど、すでに散々やってきているので、今更それはなさそう。

今後、ルフィたちの戦力大幅強化がなければ、

ビッグマムの『食い煩い』などが勃発してカイドウと仲違いする展開

が最も濃厚でしょうか。

ビッグマムもカイドウも『ワンマン過ぎるトップ』でチームワークがないことは目に見えてるし。

 

ローを解放したのは、

  • ドレーク
  • 狂四郎

が予想されますが、どうなるでしょうか?

 

はたして鬼ヶ島への討ち入りはどうなるのか、続きが本当に楽しみですね!

関連記事
ワンピース最新話(955話)確定ネタバレ!週刊少年ジャンプ最新号より

2019年9月14日発売の週刊少年ジャンプ2019年42号(最新号)掲載のワンピース最新話(955話)のネタバレになります。 最新話(955話)のネタバレと合わせて、今後の考察や感想も、まとめています ...

続きを見る

関連記事

-漫画

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.