ゲーム

メタルギアソリッド6(最新作)の発売日はいつ?小島秀夫とコナミの真実

投稿日:

自社ゲーム潰しの神・コナミが終わらせたゲームシリーズは数多くあります。

その中の1つ、『メタルギア』シリーズ。

ナンバリングタイトルは、『メタルギアソリッド5 ファントムペイン』を最後に途絶えてしまっていますね。

シリーズの最新作品はメタルギアである必要がなかった『メタルギアサヴァイヴ』という謎の作品…

 

そして、気になるのは、小島秀夫監督がコナミを退社した今、『メタルギアソリッド6』が作られることはあるのか?でしょう。

当記事では、『MGS』シリーズ最新作の『メタルギアソリッド6』の発売日は果たして訪れるのか。

また、小島秀夫監督とコナミの真実も探っていきます。

スポンサードリンク

メタルギアシリーズの発売年表

まずは、『メタルギア』シリーズのこれまでの発売間隔をチェックしてみましょう。

リメイクやデジタルコミックの『バンドデシネ』シリーズ、海外のみの作品(『Snake's Revenge』など)を除いたゲームとしての作品のみを紹介します。

ソーシャルゲームなども除外します。

また、ナンバリング順などはありふれているので、あくまでも発売日順にこだわった年表です。

『メタルギア』シリーズの発売年表

メタルギア (1987年7月13日)

メタルギア2 ソリッドスネーク (1990年7月20日)

メタルギアソリッド (1998年9月3日)

メタルギア ゴーストバベル (2000年4月27日)

メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ (2001年11月29日)

メタルギアソリッド3 スネークイーター (2004年12月16日)

メタルギアアシッド (2004年12月16日)

メタルギアアシッド2 (2005年12月8日)

メタルギアソリッド ポータブル・オプス (2006年12月21日)

メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット (2008年6月12日)

メタルギアソリッド ピースウォーカー (2010年4月29日)

メタルギア ライジング リベンジェンス (2013年2月21日)

メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ (2014年3月20日C)

メタルギアソリッドV ファントムペイン (2015年9月2日)

メタルギアサヴァイヴ(2018年2月21日)

この中でも、小島秀夫さんが監督でないメタルギアもいくつかあります。

上記以外でも、リメイクなどの作品も販売されているため、

ほぼ2年に1本のペースで『メタルギア』シリーズは何らかの作品が出ていること

になりますね。

 

しかし、既に『メタルギア』シリーズ生みの親・小島秀夫監督はコナミを退社…

小島秀夫監督退社後に発売された『メタルギア』シリーズが、

メタルギアである必要がなかった『メタルギアサヴァイヴ』

という謎のゾンビゲーしか発売されていません。

 

『メタルギア』シリーズ最新作の発売日はいつ?

さて、ファンが気になるのは、

  • 『メタルギア』シリーズ最新作はいつ発売なのか?
  • 果たして『メタルギアソリッド6』は発売されるのか?

この2つだと思います。

この発売日がいつになるのかも気になりますよね。

 

筆者が『メタルギアソリッド6』の発売日を予想するなら…

とても残念ではありますが、

『メタルギアソリッド6』が発売されることはない

と言うしかないでしょう。

 

少なくとも、コナミが『メタルギアサヴァイヴ』という、ガワを使っただけのパチモノしか作れないとわかった以上、

『ナンバリングタイトル最新作が出ることはまずない』

と考えています。

 

ただ、これからも、『メタルギア』シリーズ最新作が出る、もしくは昔のシリーズのリメイクが出る可能性は残ります。

2018年発売の『メタルギア』の名前だけを利用した『メタルギアサヴァイヴ』みたいなものは、今後も作られる可能性はありそうです。

しかしナンバリングタイトルとなると、アイデアを持っていた生みの親である小島秀夫監督がコナミを退社した以上、両者が再び手を組むことがない限り、制作できないでしょう。

 

いずれにしても、『メタルギアソリッド6』については、もう期待しないほうが良いです。

何しろ、自社コンテンツを大量に潰してきたコナミですからね。

  • ゴエモンシリーズ
  • 幻想水滸伝
  • ときめきメモリアル
  • 悪魔城ドラキュラ
  • グラディウス
  • サイレントヒル

など、挙げればきりがないほど、人気コンテンツを潰しに潰しました。

これらのタイトルの中に、『メタルギア』シリーズも足が浸かっている状態なのです。

まぁ、1つだけ可能性があるとするならば、

新作が発表された『桃鉄』シリーズのように、熱意を持った社員が小島秀夫監督と手を組む

ということでしょうか。

ゲーム屋としては廃れたといっても、まだコンシューマゲームに夢を持つ社員たちはいるはずです。

そんなコナミ社員が小島秀夫監督と手を組む…

それしか、『メタルギアソリッド6』が作られる可能性はないのではないでしょうか。

 

しかし、現状ではその可能性も薄いとの見方が強いです。

なぜなら、

小島秀夫監督とコナミを巡る問題は、喧嘩別れしたのでは?

という見解が多いからです。

小島秀夫監督とコナミの間に起きた問題の真実は語られていませんが…

少なくとも、いくつか判明していることがあります。

 

時系列にすると、以下のような事態が起きていました。

  1. 2015年3月にコナミの役員から降ろされる&コジマプロダクションが解散
  2. ギレルモ・デル・トロ監督とタッグを組んで制作していた『サイレントヒル』新作が制作中止に※1
  3. コジマプロダクションの冷遇ぶりが日本経済新聞に載る※2
  4. 2015年のThe Game Awardsに、コナミ法務部に出席を禁止される

※1 この時、ギレルモ監督は「2度とゲーム制作に関わらないと決めた」と語っていました。

※2 コジプロのインターネットは遮断状態、さらにコジプロに関わらず、社員は自分のメールアドレスを持てない、監視カメラで勤務状況を監視されていたなど、劣悪な環境に置かれていました。

 

これらの判明している情報から、ネットユーザーは、

コナミと小島秀夫監督との間に、亀裂が生じていたのではないか?

との声が多数上がり、コナミが悪い、小島秀夫監督が悪いなど、多くの議論が巻き起こりました。

真実は小島秀夫監督かコナミが語らない限り不明ではありますが…

 

筆者の推測でお話するなら、2015年3月に役員を降ろされている時点で、少なくとも、

コナミが12月の契約切れ以降、再契約することを考えていなかった

と受け取ることもできますよね。

この時点で、既にコナミが小島秀夫監督に対して、良い感情を抱いていなかったことが伺えます。

 

詳しい事情は不明ですが、ネット上では、

制作に時間をかけすぎ、お金もかけすぎな小島秀夫監督に対して我慢の限界を迎えたのでは?

などといろいろ推測されています。

少なくとも、小島秀夫監督とコナミとの間に起こった一連の出来事を見るに、

社員が小島秀夫監督と手を結ぼうとしても、上層部が拒否する可能性は高い

と言わざるをえないでしょう…。

 

まぁ、小島秀夫監督退社問題もありましたが、

そもそも『メタルギア』シリーズの年表的に、もうストーリーが作れそうなところが少ないという問題もあります。

『メタルギア』シリーズはあくまでもビッグボス本人、もしくは遺伝子を持つ者たちが主人公の物語です。

スネークが全員いなくなってしまった以上、『メタルギアソリッド6』の発売はあってはならないのです。

そういう事情もあって、今後の『メタルギア』シリーズは、リメイクかスピンオフしか発売されないでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

『メタルギア』シリーズは、ナンバリングタイトルは『メタルギアソリッド5』を最後に最新作は出ていません。

(スピンオフとしての『メタルギアサヴァイヴ』は2018年に発売。)

 

『メタルギアソリッド6』の発売日は、残念ながら、もう発売されることはないことから、

その日は来ない

ことが濃厚でしょう。

ストーリーのネタがないことはもちろん、小島秀夫監督とコナミの関係が悪い現在。

『桃鉄』シリーズのようにコナミと小島秀夫監督との間を結んでくれる存在もいません。

まぁ、仮にコナミが小島秀夫監督なしで、ナンバリングタイトルの『メタルギアソリッド6』を作れても、その内容のクオリティが高くなるとは、到底思えません。

関連記事

-ゲーム

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.