テレビ

世界の果てまでイッテQ!の海外お祭りやらせ企画の内容をチェック!

投稿日:

先日、TBS『クレイジージャーニー』でも発覚し、ニュースに取り上げられている『テレビのやらせ問題』。

TBSでは、他にもいくつかやらせ問題で番組終了となったケースがあり、とくに問題視されていますね。

 

しかし、やらせ問題はTBSだけに限ったことではありません。

フジテレビも過去にやらせ問題が発覚し、ますますテレビ離れが進んでいる状況です。

そんな中、今度は、日本テレビ(世界の果てまでイッテQ)にて、やらせが発覚し、MCの内村光良さんや、日テレの社長までが謝罪する事態が…

果たして、イッテQのやらせとは、どんなやらせだったのでしょうか?

本記事で、その真相を調査し、まとめてみました。

スポンサードリンク

世界の果てまでイッテQの海外お祭り企画のやらせとは?

『世界の果てまでイッテQ』が、

海外お祭り企画でやらかしてしまったやらせ問題。

具体的にどんな内容だったのか、改めて振り返ってみましょう。

ラオスの橋祭り事件

これは、2018年5月に放送された、

『ラオスの橋祭りそのものがヤラセだった』

という事件。

ちなみに、ラオス橋祭りとは、以下のようなイベントを指します。

ラオス橋祭りとは?

東南アジアの国『ラオス』で、年に一回開催されていると称され、

『全長25mの田んぼのような水上に掛けられた橋を、自転車で渡りきる』

というお祭り。

もちろん、ただ渡りきるだけではありません。

合間に、巨大なボールが自転車めがけて飛び込んできて、それをよけながら渡りきらなければなりません。

結局、何がやらせだったの?

このお祭りイベントで、当初、宮川大輔さんは、視聴者の期待通りに泥に落ちてしまい、番組そのものは、大きな盛り上がりを見せました。

ところが、

このお祭り自体がでっち上げだった

というのです。

もちろん、宮川さんにはそのことは一切告げられていません。

本当に祭りがあるものと認識して、イベントに参加しています。

ただ、そんなことはラオスの人たちには一切関係ありません。

やらせ発覚の仕方が最悪!

しかも、たちの悪いことに、この事実が、某写真週刊誌によって暴露!

ラオス政府までも、忖度させられていた事実が告げられてしまうのです。

最初から番組が、ただラオスで行う企画として、普通に放送されていたら、こんな事態にはならず、それなりの盛り上がりを見せていたはず…

ところが、イッテQ側は、勝手にお祭り企画と称して企画を打ち立て放送…

ラオス政府に嘘までつかせた日テレ

さらに番組放送後に、ラオスの国民から某写真週刊誌を通じて、

「ラオス橋祭りなんて存在しない!」

と指摘されると、ラオスの政府にまで、そのことを一旦否定させ、虚偽の事実を貫き通そうとしてしまいました。

「こんな、他国を巻き込んだやらせは良いのか?」

と、由々しき問題へと発展し、ニュースでも大きく取り上げられることとなってしまったのです。

タイのカリフラワー祭り事件

これは、タイのペッチャプーンという街の外れにある『サイヨン村』で開催されたカリフラワー祭りを巡るやらせ事件。

どんなイベントなのかというと、

『二人三脚になり泥沼を駆け巡りながら、20キロのカリフラワーをどれだけ早く収穫できるか』

を競うレースでした。

ある種の収穫祭と称して放送されたのです。

しかし、

そもそも、こんな祭りは存在していません。

カリフラワー祭りもでっち上げ!

タイで、ドラマ撮影をすると言って、協力して貰っただけで、タイの国民たちは完全に寝耳に水状態…

ここでも、他国を巻き込んだイッテQのやらせが発覚してしまったのです。

しかも、話はこれで終わりではありませんでした。

現地のコーディネーターにまで、やらせに加担させた?

このタイのカリフラワー祭り事件では、ドラマ撮影に協力する形で、現地のコーディネーターにエキストラを要請。

イベント参加費などを出す形で、やらせに加担させてしまったのです。

もちろん、やらせそのものは、犯罪にあたるわけではありません。

しかし、ある種の詐欺とも言えるでしょう。

そんなとんでもないやらせを、イッテQはしでかしてしまったというのです。

他国を巻き込む日テレの悪質性

以上が、イッテQのやらかしたやらせです。

自国(日本)でやるならともかく、ラオスやタイなどの他国を巻き込むなんて言語道断ですよね。

一つ間違えば、それこそ、

『日本はやらせ大国』

と、変なレッテルを貼られるかもしれません。

外交問題でも、大きな溝を作る可能性も十分にあります。

表現の自由で何でも許されるのは間違い!

『表現の自由』を盾にして何でも許されるなら、極端な話、地球が滅びます。

もちろん、表現に自由があってもかまいません。

しかし、それは同時に責任を生んでいることを、忘れてはいけません。

そのことを理解せず、自分たちの利益や保身のために表現の自由を盾にするなら、そんな人たちに表現を語る(あるいは表現する)資格などないでしょう。

 

世界の果てまでイッテQの今後

かつては、やらせ問題によって、フジテレビ『ほこ×たて』は、番組が打ち切られ、TBS『クレイジージャーニー』は、放送休止。

やらせ一つで 番組が吹き飛んでしまうほど、大きな出来事が次々と発覚しています。

果たして、イッテQは、今後どうなっていくのでしょうか?

イッテQは存続も、お祭り企画は打ち切りに…

結論を言うと、やらせ問題そのものが、2018年の話ですし、現在も番組は打ち切られずに放送されているので、そのまま存続はしていくでしょう。

ただ、

お祭り企画そのものは打ち切られています。

今後も、イッテQでお祭り企画が復活することは無いでしょう。

お祭り企画復活はあり得ない!

やらせ問題が解決したわけではなく、責任としてお祭り企画を終わらせたに過ぎません。

しれっと再開されたら、視聴者も激怒するでしょうし、再開はあり得ないと筆者は考えています。

ただ、未来のことは誰にも分かりません。

また、何事も無く再開させてしまう可能性も捨てきれません…。

スポンサーリンク

まとめ

日テレ『世界の果てまでイッテQ』で発覚したやらせ問題は、2018年に発生した、2つのお祭り企画がもたらした『やらせ』事件でした。

しかも、タチの悪いことに、タイやラオスという他国をも巻き込んだことは、許されることではありません。

一つ間違えば、外交問題に発展した可能性もあったわけです。

単純に、

「お祭り企画の内容そのものがヤラセでした…」

で終わる話ではないのです。

すでに企画は打ち切られているとはいえ、イッテQの放送は続いています。

このやらせ問題に日テレには、しっかり猛省してほしい!

そして、日テレだけに限らず、日本がやらせ大国と言われてしまわないように、一人一人が、やらせ問題と真摯に向き合う姿勢が必要ではないでしょうか。

関連記事

-テレビ

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.