雑学

メーデーの意味とは?日本では会社が休みで国民の祝日ではない理由

投稿日:

メーデー

メーデーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

1番、馴染み深いもので、

『緊急の救難信号』

などが思い浮かぶかもしれませんね。

 

また、メーデーには、

『救難信号の他に、労働運動の日』

という意味も含まれているのです。

労働運動と言えば、日本でも、

『昔から、頻繁に行われていたもの』

であり、今なお、行われることがあります。

 

ですが、なぜ、

『メーデー』

というのかは、あまり知られていないのです。

 

そこで、今回は、

『メーデーの意味』

について紹介します。

メーデーを正しく理解したい人は、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

メーデーには、複数の意味がある

メーデーは、冒頭で紹介したとおり、

『救難信号と労働運動の日』

を表したものとなります。

 

ですが、それ以外にも、

『メーデーには意味がある』

のです。

起源は、『春の訪れを祝う日』

メーデーは、本来、

『春の訪れを祝う日』

として、5月1日に制定されたことが始まりになります。

 

これは、

『ヨーロッパの伝統的な祭り』

が元になっています。

この日は、各地で、

『盛大な宴が開かれる』

ため、祝日とされていました。

 

今でも、この伝統は続いており、

『各国で、祭りが開催されている』

のです。

労働者運動の日となったのは、『ストライキ』が原因

古来から、夏の訪れを祝う日とされてきたメーデーですが、

『1886年』

に、その意味が一変します。

 

それは、この年に、アメリカで、

『労働者組合によるストライキ』

が起こったことから始まっています。

 

この時代、一般的な労働時間は、

『12~14時間』

とされていました。

ですが、この労働時間に不満を持っていた人は多く、

「せめて8時間労働に縮めてほしい」

と抗議したのが、メーデーの時期だったのです。

 

この労働運動は、その後も継続して行われ、

『1889年』

には、国際組織にも、労働運動の日として認定されました。

また、翌年の1890年には、

『第1回国際メーデー』

が、アメリカとヨーロッパ諸国で開催されています。

 

これにより、世界中に、

『メーデーは、労働運動の日』

という認識が広まっていったのです。

救難信号のメーデーは、フランス語が元になっている

世界的に見れば、

『労働運動の日』

という印象が強く残っているメーデーですが、もう1つ有名なものがありますよね。

 

それは、冒頭でも紹介した、

『救難信号』

となります。

労働運動の日とは、全く関係ないのですが、この救難信号の元になっているのが、

『フランス語の、m'aider(メデ)』

なのです。

 

この救難信号を使用するとき、

『メーデー、メーデー、メーデー』

と3回発音することから、

メーデー=救難信号

という認識が広まったとされています。

豆知識として、覚えておいてくださいね。

 

なぜ、日本の会社は休みなのに、メーデーは祝日にならないのか?

メーデー 日本 祝日にならない理由

メーデーの意味について紹介してきました。

ここからは、なぜ、

『日本では、メーデーが祝日にならないのか』

についても紹介していきます。

メーデーは、世界80ヵ国以上で祝日となっている

メーデーが、

『労働運動の日』

ということは、先程紹介しました。

 

これは、日本でも同じような認識を持たれており、

『実際、労働運動が行われている』

ものです。

ですが、日本にはなくて、他の国であるものとして、

『メーデーは祝日』

というものがあります。

 

メーデーは、現在、

『世界80ヵ国以上で、祝日となっている』

のですが、この事実を知っている日本人は少ないと言えるでしょう。

国際連合が定めた日であるならば、

『当然、日本でも祝日になって然るべき』

ですよね。

ですが、そうならないのには、れっきとした理由があります。

日本でのメーデーは、ゴールデンウイークの間に位置している

メーデーが、日本の祝日にならない理由は、

『ゴールデンウイークの間にある日』

だからです。

 

ご存じのとおり、日本では、

『4月の最後から5月にかけて、ゴールデンウイーク』

となっています。

その為、メーデーである5月1日を祝日にしてしまうと、

『休みが、最短で7日間になってしまう』

ことになるのです。

 

ちなみに、なぜ休みが最短で7日間になるかと言えば、

『4月30日と5月2日が、祝日になってしまう』

からです。

 

日本では、

『祝日に挟まれている平日は、祝日にしなければならない』

というローカルルールがあります。

その為、仮に5月1日を祝日にしてしまうと、

『平日である4月30日と5月2日を、祝日にしなければならない』

のです。

 

分かりやすく表すと、

  • 4月29日 昭和の日
  • 4月30日 メーデーによる祝日
  • 5月1日      メーデーによる祝日
  • 5月2日      メーデーによる祝日
  • 5月3日   憲法記念日
  • 5月4日   みどりの日
  • 5月5日   こどもの日

となります。

 

これだけ休みが続けば、

『大勢の人が喜ぶ』

でしょう。

ですが、見方を変えれば、

『主要な機関が、この期間は停止する』

ことも意味しているのです。

 

さすがに、1週間続けて休みになれば、

『生活に支障をきたす』

可能性が大きくなるので、これを防ぐために、メーデーが祝日にならないのです。

日本の会社は、メーデーを休みにしていることがある

メーデーは、確かに、

『祝日となっていない日』

ですが、日本の会社では、休みになっていることもあります。

これは、メーデーなどを考慮した結果とされ、

『実質、休みが1日増えている』

ことがあります。

 

ですが、全ての会社で採用されているものではなく、

『普通に働いている人』

も大勢います。

 

会社によって、メーデーに対する印象には違いがあり、

「メーデーなんて関係ない」

と、経営者が判断すれば、仕事をしなければなりません。

 

労働者としては、少し悲しい現実ですが、

『メーデーが祝日になる日を夢見て頑張る』

しか、現状での方法はないかもしれませんね。

 

今後、メーデーは休みになるのか?

メーデー 日本 祝日になるのか

メーデーを祝日に出来ない理由を紹介しました。

では、今後、

『メーデーが祝日になる可能性はないのか』

と聞かれれば、それは不明としか答えられません。

 

確かに、メーデーを祝日にすることで、

『各機関が停止する』

という心配事はあります。

ですが、この問題に関しては、

『中日(なかび)を作ったり、交代制で稼働させれば解決する』

ことでもあります。

 

また、休みが増えるということは、それだけ、

『各レジャー施設や商業施設が賑わう』

ことにも繋がってきます。

その経済効果は、

『かなり大きなものになる』

と予想されているのです。

 

こういったメリットもあるため、誰かが呼びかけをすることで、

『メーデーが祝日になり、ゴールデンウイークも増える』

ときが来る可能性は、まだまだあると言えるでしょう。

半分期待しながら、その時期を待ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『メーデーが祝日にならない理由は、日常生活に支障が出るおそれがあるから』

ということが言えます。

 

実際、メーデーには、

『平日でも会社が休みになる』

ことがあります。

ですが、主要な機関は動いている為、現状、

『間を空けなくて済んでいる状態』

となっているのです。

 

ですが、今後の方針次第では、

『メーデーを含む最低7連休』

が実現するかもしれません。

そうなることを祈りながら、社会の動向を見守ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.