漫画

ワンピース955話ストーリーネタバレ!ゾロのチート刀・閻魔登場

更新日:

2019年9月14日発売の週刊少年ジャンプ2019年42号掲載のワンピース955話のストーリーネタバレになります。

955話のネタバレと合わせて、今後の考察や感想も、まとめていますよ。

 

カイドウとの戦いに敗れたルフィは兎丼に収容されてしまいます。

しかし、ルフィの勇気ある行動によって、再び生気を取り戻した囚人たちとともに兎丼を制圧。

さらには、主君とも呼べるモモの助の登場により、再び夢を見出した囚人たち。

彼らは、ルフィとともに次の行動に移すのでした。

 

最近のストーリーでは、ルフィだけではなく、その他の仲間たちにもスポットがあてられ、カイドウとの決戦に向けて、各々が準備を進めている様子も描かれています。

徐々に盛り上がりを見せているワンピースワノ国編。

 

まずは、前回までのワンピース954話『龍の翼を得たる如し』のネタバレから確認していきましょう。

続けて、955話のネタバレもしていきますよ。

スポンサードリンク

ワンピース954話『龍に翼を得たる如し』ストーリーネタバレ

光月おでんは『大刀二刀流』の剣士でした。

 

おでんは、処刑される前に、その二本の刀を

兄・モモの助⇒『天羽々斬』

妹・日和⇒『閻魔』

と、一振りずつ託したのです。

 

~~討ち入りまであと7日~~

河松は、おでんの形見の刀を、ゾロが使うことに反対しました。

ただゾロは、

「替わりの刀をくれるなら」

と、『秋水』を奉納することを了承します。

 

一方、羅刹町の侍たちは、まだ解放されていませんでした。

捕らえられていたはずのローが、ホーキンスに刀を向けながら、『キッド』と『アプー』との3つの海賊団同盟がどうなったのかを尋ねます。

ホーキンスは、

スクラッチメン・アプーにハメられた

と答えました。

アプーは、

初めからカイドウの傘下

に入っていたのです。

 

カイドウは、最強の軍隊を作る為に、常に強い兵隊を欲していました。

カイドウと遭遇させられたホーキンスは、確率から勝ち目がないと悟り、服従を選びました。

しかし、キッドとキラーは、勝てなくても動けなくなるまで戦い続けたのです。

 

カイドウは、キッドの心を折り、服従させるため、キッドたちを捕らえました。

キッドの命を守るために、仲間たちは、オロチに好き放題に使われていたのです。

 

この話を聞いたローは、ホーキンスを置いて牢獄から脱出。

そこには、

黒い影の『誰か』

が待機しています。

「………おれを逃がす事が」

「お前の陰謀なら―乗ってやるよ…」

と、その人物に話しかけ、ローは姿を消していくのです。

 

~~討ち入りまであと6日~~

囚人採掘場では、ルフィが、鋼鉄の分厚い板を、カイドウに見立てて修行をしています。

編笠村では、錦えもんが『判じ絵』の変更について、スマシで伝達をしていました。

『ハブの腹に線二本』

これが、康イエのメッセージです。

伊達港の船整備班では、フランキーとウソップを筆頭に、船の修理を始めています

伝達はスムーズに進み、『判じ絵』の変更を皆がすぐに理解しました。

 

ナミは、『判じ絵』の変更後の意味を錦えもんに尋ねます。

錦えもんは、

「ワノ国の港の名前を知らなければ理解できない」

と説明しました。

ワノ国の港には、それぞれ動物の様な名前がついています。

初めはハブの絵で、集合地は『刃武(ハブ)港』

を示していました。

ハブに足を足したことで『トカゲ』になり、兎丼にある『常影(トカゲ)港』に変更

となったのです。

討ち入りの準備は着々と進んでいる模様。

 

一方、ワノ国に、ある海賊船がやってきます。

ワノ国に入国する方法は2つ。

鯉に船を引かせ滝を上る、一か八かの方法

滝を割り洞窟を通過する方法

洞窟の終点には『潜港』があり、そこからゴンドラで船員と積み荷を引き上げ、地上まで上がると『白舞』の地に出ます。

この滝を割る洞窟ルートでやってきたのは、キッドやホーキンスたちをハメたアプーでした。

そして、

アプー以外にナンバーズ』と呼ばれる者たち

もワノ国に上陸していくのです。

 

鬼ヶ島では、カイドウとビッグ・マムが

「オイよく聞けおめェら」

「我々”百獣海賊団”と!!!」

「”ビッグ・マム海賊団”はァ!!!」

海賊同盟”を結ぶ事にしたぞォ!!!

と上機嫌です。

ワンピース

四皇のカイドウとビッグ・マムが手を組むという最悪の展開で、次回の955話に話が続いていきます。

スポンサードリンク

ワンピース955話ストーリーネタバレ『閻魔』

ワンピース955話のストーリーネタバレです。

決戦まで残り3日

結論から言えば、ゾロは飛徹に秋水を返却し、代わりに閻魔を受け取りました。

これでゾロの手待ちの刀は、

  • 三代鬼徹
  • 和道一文字
  • 閻魔

 

試し切りの際に、閻魔のせいで、ゾロの腕が干からびます。

閻魔は、持った者の流桜を勝手に吸い上げる、恐るべき刀。

このとき、ゾロは気合で閻魔から流桜を奪い返し、ひとまず腕は元に戻りました。

下手な者が閻魔を使うと、命を削るリスク。

ただ、そのリスクに見合い、閻魔の斬撃の威力は凄まじいです。

飛徹は、

"普通以上に斬る"

と簡単に説明していますが、

試し切りレベルでも簡単に海岸の地形を変えてしまうほどの威力

を秘めている模様。

ちょっとしたチート武器の様相ですね。

この閻魔を使いこなせたのは、後にも先にも『光月おでん』のみ。

 

和道一文字と閻魔は、同じ作者。

それは、50年以上前にワノ国を違法出国した『霜月コウ三郎(しもつきこうざぶろう)』。

 

天をも切り落とす天羽々斬。

地獄の底まで斬り伏せる閻魔。

天羽々斬(アメノハバキリ)と閻魔は、秋水と同じく『大業物』21工に位階します。

 

三代鬼徹と天羽々斬は、双方とも飛徹がつくった刀。

飛徹は、天羽々斬をモモの助に渡そうとしますが、モモの助は辞退して返却、しばし預かってくれるよう頼みます。

お菊が『兎丼』に没収されていた二代鬼徹を飛徹に返却。

 

編笠村では、日和の生存が知らされ、一同が歓喜に包まれる。

イヌアラシが日和の居場所を気にするが、

「心配ない、安全な場所におられる」

と河松が返答。

 

サンジは、日和がモモの助の妹と知るや、途端にモモの助に親切に(笑)

「モモの助くん!何か欲しいものはないかね?」

 

囚人採掘場でルフィは、バウンドマンで修行中。(キングコング銃を使っている)

流桜のマスターには、至っていません。

 

伊達港では、フランキーが船を修理中。

できるだけ船を直させようと、指示を飛ばしている。

その一方で、

『増援は期待できない』

と反発するサムライ。

そこで、

「何人の増援が集まるのか賭けようぜ!」

提案するフランキー。

 

編笠村でロビンが語るには、

  • 状況は楽観視できない
  • 4千人(ルフィたち)VS3万人(カイドウたち)の戦闘

百獣海賊団は2万人、オロチ配下は1万人の軍勢で合計3万人。

という、まともにやれば敗北濃厚の決戦。

決戦まで残り2日

ルフィとお玉が、チョッパーに乗って編笠村に到着。

さらに、200人の増援が確定する。(合計4200人)

その後、修行のしすぎで爆睡するルフィ。

 

羅刹町牢屋敷。

錦えもんが、各地に連絡しています。

決戦まで残り1日

錦えもんは、さきに出発することを告げて、ルフィに

「おぬしらを頼りにしておる」

と。

また、

「見つかるなよ。」

と注意するルフィ。

 

ワノ国では、カイドウ討ち入りの噂が持ち上げっているが、あまり期待はされていない。

その中で、編笠を被って、出立するサムライたち。

 

康イエとペドロの墓。

決戦に勝利したら、もっと大きな立派な墓を建てることを誓う一同。

 

ゾロが修行。

閻魔は、まだ黒刀に成っていないため、ゾロの仕上がり次第で、位列が上がることが判明する。

 

ルフィは、松の木を相手に流桜を成功させている。

「しししし、みてろカイドウ!」

意気揚々。

 

場面が変わってオロチ。

『兎丼が無事』という報告を聞いて

「誤報なのか?」

と不思議がるオロチ。

ヤスイエという犠牲を払ったのに、オロチには常影(トカゲ)の件が、あっさりバレています。

あと日和の生存もバレてます。

ルフィ側に、カイドウ側の内通者がいることは、ほぼほぼ確定か。

 

ここで、

ワノ国篇の第2幕完結!

となりました。

スポンサーリンク

次のストーリー
『ワンピース』を無料で読むには?
ワンピース最新話(959話)確定ネタバレ!週刊少年ジャンプ最新号より

2019年10月21日発売の週刊少年ジャンプ2019年47号(最新号)掲載のワンピース最新話(959話)のネタバレになります。 最新話(959話)のネタバレと合わせて、今後の考察や感想も、まとめていま ...

続きを見る

ワンピースの今後の展開を考察

冒頭でもお伝えしましたが、最近のワンピースは

『カイドウとの最終決戦に向けて準備を進めているようなストーリー』

が描かれています。

 

ここまでに気になるポイントがいくつかありましたね。

重要なストーリーになるかもしれない、そのポイントを確認していきましょう。

新たに登場した刀『天羽々斬』

光月おでんが二刀流ということが発覚します。

おでんの刀は、『閻魔』と『天羽々斬』というワノ国で名を馳せた名工2人が打った由緒正しい刀でした。

実は、『天羽々斬』というのは、日本神話にも登場する刀剣。

スサノオが八岐大蛇を退治したときに使用したもの

だそうです。

八岐大蛇といえば、ワノ国将軍オロチ。

もしかしたら、『天羽々斬』は

オロチを退治するための重要な役割

を持っていそうですね。

ローを逃がした人物は!?

牢獄に囚われていたはずのローが、いつの間にか形勢逆転しホーキンスを追い詰めていました。

それは、

牢獄の外で佇んでいた黒い影の人物の仕業

と考えられます。

この謎の人物ですが、

X・ドレークの可能性が高い

でしょう!

理由は、

ドレークの様子がおかしいことをホーキンスが指摘している(ワンピース950話

ワンピース950話_何でもない…

ワノ国編では、共に行動することが多かった二人なので、ドレークの様子がおかしいことにも気づいたのでしょう。

どうして様子がおかしかったのか…

もしかしたら、すでに

ローとドレークは何かしらの密約

を交わしていたのかもしれません。

ドレークが助けてくれることが分かっていたから、ローは

「”麦わら屋達”には絶対に話すな!!」

とベポたちに言った可能性もありますね。

密約を知らない麦わらの一味が絡んでくると、ドレークと戦うか、早々にカイドウにドレークが裏切者だとバレてしまう可能性があったのではないでしょうか。

ドンキホーテ・ドフラミンゴに因縁があった

ドレークは、オペオペの実をめぐるドフラミンゴ海賊団の争いの現場に居合わせました。

ドフラミンゴの鳥カゴが発動したとき、運よくカゴの外にいたため、生き延びることができたのです。

ワンピース765話_ドレークの過去

しかし、その時に父親は鳥カゴの中で亡くなってしまいました。

一方、ローも同じ時、同じ場所にいました。

そして、コラソンという大事な人を失ってしまうのです。

ローはドフラミンゴに復讐するために、

ルフィと同盟を組む前にドレークとも同盟を組んでいた可能性

があるかもしれません。

北の海出身である

ドレークとローが、昔から知り合いという可能性は少ないです。

しかし、やはり出身地が同じだと、何かしら通じるものがあったりするのかもしれません。

 

以上のことから、やはりローを助けた人物はドレークだと予想しています!

カイドウ陣営に新たな戦力が!?

いよいよ討ち入りが近づいてきました。

錦えもんたちの準備も上々という時に、カイドウたちに新たな戦力が加わってしまいます。

ビッグ・マム海賊団

まさかの四皇同士で海賊同盟が結ばれました。

ビッグ・マムが加わるだけでも強力ですが、ワノ国に入国できなかったビッグマム海賊団の幹部たちも、まだ近海にいることでしょう。

カタクリ程の強さではないにしろ、幹部たちも懸賞金が億超えの強者・曲者ばかりです。

スクラッチメン・アプー

最悪の世代の一人。

シャボンディ諸島で、黄猿に挑んだところ、まったく歯が立たなかった印象しかないのですが…

はたして、それからどれだけ強くなっているのか未知数ですね。

ナンバーズ

帰還した姿はシルエットだけでしたが、とても大きく見えます。

数えられるだけでも、5人はいそうですね。

おそらくトランプのように、キング・クイーン・ジャックという大看板の下に、

1~10までの10人がナンバーズ

としているのではないでしょうか。

全員、角のようなものが生えているので、

ギフターズの中から選ばれた精鋭たち

かもしれませんね。

ワンピース

着々と準備が進められていくなか、カイドウ、オロチとの決戦の日はそこまで迫ってきています。

これからも盛り上がりを見せていくこと間違いなしのワンピースワノ国編。

今後も気になるところを確認することでより楽しんでいくことができるかと思います。

今後のワンピースにも目が離せませんね!

次のストーリー
ワンピース
ワンピース956話ストーリーネタバレ!七武海終了のビッグニュース

2019年9月21日発売の週刊少年ジャンプ2019年43号掲載のワンピース956話のストーリーネタバレになります。 956話のネタバレと合わせて、今後の考察や感想も、まとめていますよ。   ...

続きを見る

関連記事

-漫画

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.