雑学

パブロ・ピカソのフルネーム本名が凄い!名前に秘められた意味とは?

投稿日:

20世紀で、最も活躍をした画家

パブロ・ピカソ

美術の教科書には、必ずといっていいほど載っていますよね。

 

そんなピカソですが、本名がとても長いことで有名なんです。

 

そこで今回はピカソの名前に迫るために

ピカソの長い本名の理由

そのフルネームにある意味

を紹介していきます。

この記事を参考に、ピカソについて、ぜひ知ってください。

スポンサードリンク

パブロ・ピカソのフルネーム

パブロ・ピカソ

  • 1881年10月25日にスペイン南部に生まれる
  • 1973年4月8日に満91歳でこの世を去る
  • フランスで画家・彫刻家・素描家として制作活動

ピカソのフルネームは

パブロ、ディエーゴ、ホセ、フランシスコ・デ・パウラ、ホアン・ネポムセーノ、マリーア・デ・ロス・レメディオス、クリスピーン、クリスピアーノ、デ・ラ・サンティシマ・トリニダード、ルイス・イ・ピカソ

と言います。

このとても長い名前が特徴的ですね。

 

実際にピカソ自身は、自分の本名を使っていたのでしょうか?

気になったので調べてみました。

ピカソは名前を覚えきれてなかった!?

実は、ピカソ本人も自分の名前を覚えられませんでした。

実際にピカソ本人も、この名前を使わず

パブロ・ピカソ

と略称を名乗っていたのです。

 

それもそのはずです。

パブロ、ディエーゴ、ホセ、フランシスコ・デ・パウラ、ホアン・ネポムセーノ、マリーア・デ・ロス・レメディオス、リスピーン、クリスピアーノ、・ラ・サンティシマ・トリニダード、ルイス・イ・ピカソ

というピカソの本名は、

23個の単語

が含まれている、とても複雑な名前でした。

 

ピカソ自身も不便と感じていたのでしょう。

結局、最期までピカソは、自分の名前を完璧には言えなかったようです。

 

ピカソが長い本名になったワケ

しかし、なぜピカソは、こんなに長いフルネームになったのでしょうか?

それは、ピカソが生まれた土地に関係があるようです。

生まれた土地の伝統

ピカソの本名には、両親や両祖父だけではなく、親戚や乳母ふくめ

7人分の名前』

が含まれているのだそうです!

 

スペインの名前のつけ方は

『名前+父親の苗字+母親の苗字』

という構成が基本です。

 

名前(ファーストネーム)

セカンドネーム

苗字(ファミリーネーム)

父親の名前

母親の名前

祖父の名前

祖母の名前

という感じで、おじいちゃんやおばあちゃんから名前をもらうことも、あるそうです。

 

ピカソの出身地は、スペインです。

なので、ピカソの名前には、大切な家族の名前が含まれているわけですね。

ピカソの両親は、子供が生まれたことを祝福して、このような名前を入れたそうです。

 

当のピカソ本人は、使いこなせなかったようでしたが、こんなにも愛されているなんて、ちょっと羨ましいですね!

家柄が関係している

由緒正しいのかはともかく、名前が長いということは、

ピカソが良い家柄

だということを示しているようです。

 

しかし

南部の地方のマラガで生まれる

ピカソの父親は資産家の息子ではなく、レストランなどの壁画を描いて生活を立てていた

スペイアンダルシア地方の伝統で『名前が長ければ長いほど幸福がやどる』というのがあり、そこから名付けただけ

という話もあり、実際の家柄は、よく分かっていません。

父親は、美術教師や学芸員をしていたのですが、貧しい生活をしていたようです。

ピカソ自身は、かなりのお金持ちだったように言われていますが、はたして、それはいつからだったのでしょうね。

 

ピカソの名前に込められた意味

ピカソの両親は、どんな意味を込めて、最愛の息子に名前をつけたのでしょうか?

それについても探ってみましょう。

両親の苗字を組み合わせていた

  • ルイス・・・父方の故郷マラガで平凡な性
  • ピカソ・・・母親の性

ピカソのフルネームには、両親の苗字はもちろんのこと、

祖父や叔父・父など、7人分の名前や乳母の名前

も入っています。

 

スペインでは、

母方と父方の性を、慣例的に名前の最後につける

そうです。

なので名前の最後には

ルイス・ピカソ

が加わっています。

どうしてピカソは母親の旧姓を名乗っている?

諸説がもろもありますが、

  • 目立つし、変わっている名前だから
  • スペイン語のペガサスと単語の響きが似ているから

など、たくさんの憶測が飛び交っています。

しかし

ピカソが多くのペガサスの絵を描いていた

ことから、

ピカソとペガサスの単語の響きが似ている

ので、使っていたのかもしれません。

キリスト教のクリスチャンだった?

ピカソには、キリスト教の信徒にあたえられる名前がついています。

 

『シプリアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード』

という言葉が本名に入っています。

これが、キリスト教では『三位一体』を意味します。

キリスト教では、洗礼をしたあと洗礼名を与えられるのですが、ピカソはそのときに、戴いた名が長かったようです。

 

もともとスペインは、キリスト教が多い地域です。

ピカソがクリスチャンでも不思議ではないですね。

 

たろう
ピカソのフルネームは、ありがたい言葉をたくさん盛り込みすぎて長くなってしまったんだよ。
海外版のジュゲムみたいだね!
はなこ

スポンサーリンク

まとめ

とても長い名前であることで、現在でも時折話題にあがるピカソ。

その名前は、きちんと考えられて名付けられていたものだったと分かりました。

  • 生まれた土地の伝統や家の信仰宗教の関係で名前が長くなった
  • フルネームには家族や親せきの名前や洗礼名が入っている

以上が、ピカソの名前が長くなった原因でした。

 

結局、最後までピカソは

自分のフルネームを覚えられなかった

ようですが、いつの時代も、

『子供にすくすくと育ってほしい』

と願い名付けることが、親の愛情というものなんでしょう。

関連記事

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.