ゲーム

FF7リメイクパート1(1作目)のストーリー内容はどこまで?結末考察!

投稿日:

『FF7リメイク』は、1997年1月31日に発売された『FF7』を1からリメイクし直した作品です。

しかし、新たに新規エピソードを追加したり、派生作品の設定も活かして再構成しているため、

ボリュームが膨大になり、分作としての発売が決定しています。

なので、2020年3月3日に発売される『FF7リメイク』は、あくまでもパート1と言うべき位置づけになっているんです。

 

では、分作1作目となる『FF7リメイク』のパート1は、ストーリーとして、どこまでの内容が描かれるのでしょうか?

当記事で、『FF7リメイク』について、1作目のストーリー内容や結末を考察します。

スポンサードリンク

FF7リメイク1作目のストーリー内容はどこまで?

『FF7リメイク』は、分作になることが、既に公式発表済みです。

パート1とも言うべき1作目は、2020年3月3日、ひな祭りの日に発売されます。

分作となると、1作のストーリーのボリュームが気になるところですよね。

 

まずおさらいとして、もともとの原作『FF7』は、Disk3枚組でした。

ストーリーが、一定まで進むとディスクを入れ替える

という仕様になっています。

それぞれのディスクに収録されているストーリーが、

  • Disk1:オープニング~忘らるる都
  • Disk2:忘らるる都~魔晄キャノン
  • Disk3:ラストまで

という内容になっています。

そして、『FF7リメイク』は、ただのリメイクでではなく、

FF7の世界観やキャラクター達をより深く描く

新規シナリオ・イベントが大幅に追加

派生作品の設定も活かして、全体の厚みと繋がりを強化

というコンセプトも発表されているため、ストーリーが膨大になり、1作で『FF7』すべてのストーリーを網羅することはできません。

なので、分作になるというわけですね。

 

では、具体的に、『FF7』のストーリーのどのあたりまでを、『FF7リメイク』1作目では進めることができるのでしょうか?

『FF7リメイク』1作目のストーリーの内容は、

ミッドガル脱出までを描く

とのこと。

原作『FF7』でいうDisk1に当たる部分で、ワールドマップに出る前の話ですね。

これだけ聞くと、ボリュームが少なそうにも思えますが…

 

しかし、ミッドガル脱出までだとしても、

もとの『FF』1タイトル並みのボリュームになること

も発表されており…

  1. ミッドガルの内部構造を新たに設計し直し
  2. ミッドガルに暮らす住民たちの生活描写や新規エピソードを追加
  3. 操作シーンでも仲間やNPCが会話するなど、新たな台詞も多数追加
  4. 選択肢のある会話も多く、答えに応じた反応やイベントなども追加
  5. アバランチの3人(ビッグス、ウェッジ、ジェシー)の背景を掘り下げるような描写も追加

とかなり新要素が増えています。

例えば、2の新規エピソードとしては、北瀬プロデューサーが神羅ビル推しだそうで、

自らが神羅ビル69階70階の企画書を書いている

とのこと。

なので、神羅ビルでは『FF7』では存在しなかった追加のイベントなどが実装されているものとみて良いでしょう。

神羅ビルの階層でのイベントを原作以上に細かくすれば、その分ボリュームも増えますからね。

 

そして、これは確定情報ではないため、おそらくになるのですが…

ミッドガルの内部構造を設計し直している

とのことですから

原作では行くことができなかった場所に行けるようになっている可能性も高い

と考えられます。

零番街~八番街までが詳細に描かれ、それぞれの場所で暮らす人々に関連したエピソードや、タークス関連のエピソードも増えていそうです。

もしかすると、ミッドガル全域を探索することもできるのではないでしょうか。

 

FF7リメイク1作目の結末はどうなる?

ストーリーの内容としては、ミッドガル脱出までを描くと発表された『FF7リメイク』パート1。

となると、ストーリーの結末も、ミッドガルを脱出してクラウドたちが、カームの町へ向かう…というところで終わるのだと思いますよね。

しかし、『FF7リメイク』のPV、とくにE3で公開されたものを見てみると…

炎に包まれたセフィロスがいるのが確認できますね。

セフィロスと炎と言えば、『FF7』ファンが思い浮かぶであろうシーンは、ニブルヘイム事件のはずです。

しかし、ニブルヘイム事件など、クラウドやセフィロスの過去に迫っていくのは、

カームの町についた後

のことであり、厳密にはミッドガル脱出後の話になります。

なので、もしかしたら、

カームの回想が前倒しされてミッドガル編のどこかに移される可能性がある

カームの町についてからがエンディングになる

と考えることもできますね。

 

また、結末という点ではもう1つ。

ストーリーが、一部変更される可能性

も考えられます。

2019年のE3にて、召喚石を紹介する際に、イフリートが登場することも発表されていましたね。

『FF7』だとイフリートは運搬船でジェノバ:BIRTHを倒した後にマテリアを入手できます。

しかしこのジェノバ:BIRTH戦も、ミッドガル脱出後しばらくしてからの話なので、

「なぜこの段階でイフリートが?」

ということにもなりますね。

単純に、イフリートのマテリアを入手できる場所を神羅ビルのどこかの階に移すだけとも考えられますが…

 

ジェノバ:BIRTHはストーリーで重要な設定を担うジェノバの1体です。

セフィロスの変貌といったストーリーの根幹に迫っていく部分を1作目で描かないのは、盛り上がりに欠ける部分もありますから、

ジェノバ:BIRTH戦が神羅ビルに前倒しにされる

セフィロスとのイベントが何らかの形でミッドガル編で挿入される

などのストーリー変更がいくつかおこなわれる可能性もあるのではないでしょうか?

そのため、ミッドガル脱出の結末は、原作そのままではない可能性も大いにありえますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、『FF7リメイク』のパート1となる第1作目のストーリーがどこまでになるのか、結末はどうなるかの考察をしてみました。

『FF7リメイク』の内容は、

ミッドガル脱出まで

と正式に公開されていますが、

  • PVに炎に包まれた場所でセフィロスと対面するクラウド
  • ジェノバ:BIRTHを倒した後に手に入るイフリートが召喚可能

など、ミッドガル脱出後の要素もあるようです。

そのため、

ストーリー内容が一部前倒し

になっている可能性もあります。

もしかしたら、結末が異なっていて、早い段階からジェノバ:BIRTH戦が差し込まれることもありえそうですね!

関連記事
FF7リメイク公式最新情報まとめ!発売日や機種・戦闘システムを紹介

三大RPGの1つとして名高い『FF』こと『ファイナルファンタジー』シリーズ。 今、最も注目が集まっているのが、不朽の名作のリメイク作品『FF7リメイク』ではないでしょうか。 2015年にFF7リメイク ...

続きを見る

関連記事

-ゲーム

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.