仕事

ネットワークビジネスの仕組みと種類を一覧紹介!初心者が副業で手を出すのは危険?

『ネットワークビジネス』って聞いたこと、ありませんか?

『空き時間を活用して、誰でも稼げる!』

『簡単にできる!』

『不労所得が得られるようになる!』

などと謳うキャッチコピーも多く、興味を持つ人も、けっこういるようです。

そりゃ、楽に稼げたら、最高ですよね。

 

でも、『ネットワークビジネス』って、どういう仕組みなんでしょう?

初心者が副業でやっても、本当に稼げるのでしょうか?

 

今回は、ネットワークビジネスについて、

  • ネットワークビジネスの仕組み
  • ネットワークビジネスの種類や有名企業の一覧
  • 初心者でも副業でしっかり稼ぐことはできるのかどうか

について本気で調べてみました。

 

「ちょっと興味があるな…」

「誰でも儲かるなら、やってみたいかも」

と思っているあなた、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ネットワークビジネスの仕組みとは?

ネットワークビジネスってどんなビジネス?

ネットワークビジネスとは?

まず、

『ネットワークビジネスとは何か』

をざっとお話ししましょう。

 

『ネットワークビジネス』とは、

『マルチ・レベル・マーケティング(Multi Level Marketing=MLM)』

という仕組みの商法のことです。

 

「えっ、『マルチ』?『商法』?」

と思ったあなた、気が付いてくれましたか。

 

実は

ネットワークビジネス=マルチ商法

なんです。

呼び方が違うだけで、仕組みも同じ。

また、どちらも特定商取引法で『連鎖販売取引』とされています。

 

最近は『マルチ商法』に良くないイメージを持つ人が多いですよね。

もしかしたら、それが元で『マルチ商法』から『ネットワークビジネス』という呼び方をするようになったのかもしれません。

 

だから、

「うちのはネットワークビジネスです!マルチ商法じゃありません!」

と言っているのは

「これは葡萄酒じゃなくて、ワインです。」

と言っているようなもんなんですね。

 

『マルチ商法』と聞いて

「げっ!違法ビジネス!?」

と思った人もいるかもしれませんね。

でも、ネットワークビジネス(=マルチ商法)自体は合法なので、そこは安心してください。

ネットワークビジネスの仕組み

では、ネットワークビジネスはどんな仕組みなのでしょうか。

 

細かい所は企業によって違いますが、基本的なことを押さえておくと、

ネットワークビジネスの仕組み

  1. 入会金などを払って、『その会社の商品を売る権利』を買う、もしくはサービスを提供する資格を得る(月会費・年会費もかかる)
  2. その会社の商品を売ると、利益を得られる
  3. 販売店になってくれる店を見つけると、入会金の一部をもらえるなど、収入を得られる
  4. 自分が販売員(ディストリビューター)となって他の人を販売員に勧誘すると、報酬をもらえる
  5. 自分が勧誘した人が商品を売っても収入を得られる
  6. 販売員を増やすとランクが上がり、報酬が上がるシステムのところもある
  7. さらに、ボーナス制度がある会社もあり、業績や紹介した人数によって報酬をもらえることもある

という仕組みになっています。

 

つまり、

商品を口コミで広げて買う人を増やし、さらに買う人を勧誘員にしてさらに口コミで広げていく

という方法なのです。

なぜネットワークビジネスは口コミを使うのか

ネットワークビジネスの企業が、なぜ口コミで商品を広げようとするのかというと

  • 広告や宣伝のための費用が抑えられる
  • 抑えた分の費用を、販売員への還元や商品開発、研究などに使える
  • 実際に使った人が口コミで宣伝するため、消費者に商品のメリットや特徴が伝わりやすい

というメリットがあるからです。

 

多くの企業では、テレビや雑誌、ラジオ、新聞、インターネットと、あちこちに広告を出しますよね。

でもこれには、莫大な費用が掛かるのです。

たとえば、

某大手放送局でCMを放映

⇒15秒のを1本で約75万円

某新聞の全国版

⇒19cm×6.6㎝の広告で、約330万円

というように。

 

CMや新聞広告などは、不特定多数人の目に付きます。

でも

「それよりも、口コミで特定の人に広げ、そこから連鎖的に広めていった方が費用対効果が高い」

と考え、口コミでの宣伝を選んだのが、『連鎖販売取引』、つまりネットワークビジネスなのです。

 

ネットワークビジネスの種類

いろいろあるけど、どれもネットワークビジネス

次に、ネットワークビジネスの種類や企業について、見てみましょう。

日本には、なんと

数千とも言われる数のネットワークビジネスの企業

があり、その内容も多種多様です。

ネットワークビジネスにはどんな種類がある?

ネットワークビジネスにはどんな種類があるかというと、

健康に関する物や食品関連

  • サプリ(栄養補助食品)
  • 健康機器
  • 水関連(浄水器、アルカリイオン水、水素水など)
  • 自然食品

など

美容関連

  • 化粧品
  • 下着
  • 美容機器

など

生活関連

  • 鍋などのキッチンツール
  • 寝具
  • ホームケア製品

など

さらには、

サービス関連

  • 自己啓発セミナー
  • ビジネスに関するセミナー
  • スピリチュアル系のセミナーやセラピー
  • メンタル系のセミナーやセラピー

といったサービスの中にも、ネットワークビジネスと言われているものがあります。

 

つまり、

どんな商品やサービスでも、ネットワークビジネスの対象になり得る

というわけです。

もっとも、ネットワークビジネスは『商売の方法』ですから、当然といえば当然ですね。

余談

どういうわけか、

自己啓発やスピリチュアルとネットワークビジネス

は、わりと親和性が高いようです。

『ネットワークビジネスをやっている人の中に、自己啓発やスピリチュアルをやっている人が多い』

『自己啓発セミナーに行ったら、ネットワークビジネスに誘われた』

という話も、ちょくちょく耳にしますね。

ネットワークビジネスの企業一覧と有名企業

では、ネットワークビジネスには、どんな企業があるのでしょうか。

売り上げの多い企業、上位30社を一覧で、そして有名どころを紹介します。

もしかしたら、あなたが聞いたことがある企業名もあるかもしれませんよ。

 

ネットワークビジネス会社 売上高ベスト30

まず、2019年の売り上げが30位までのネットワークビジネス企業の一覧です。

 

順位 会社名 売上高 主な商品のジャンル
1 日本アムウェイ 1004.71億円 栄養補助食品、化粧品、日用品ほか
2 三基商事 600億円 栄養補助食品
3 フォーデイズ 429.49億円 栄養補助食品、スキンケア用品
4 ニュースキンジャパン 310.00億円 栄養補助食品、化粧品など
5 ノエビア 271.30億円 化粧品、栄養補助食品、インナーなど
6 アシュラン 249.00億円 化粧品
7 フォーエバーリビング 205.80億円 栄養補助食品、化粧品、食品など
8 ベルセレージュ本社 190.00億円 化粧品、健康食品、日用品など
9 シャルレ 180.68億円 下着、健康食品など
10 モリンダジャパン 170.00億円 栄養補助食品、化粧品など
11 ナチュラリープラス 164.85億円 栄養補助食品、化粧品など
12 モデーアジャパン 160.00億円 栄養補助食品、化粧品など
13 日本シャクリー 104.41億円 栄養補助食品、ホームケア用品など
14 高陽社 100.00億円 栄養補助食品、健康機器など
15 日本タッパーウェア 80.00億円 生活用品、食料品、収納用品など
16 シャンデール 80.00億円 補正下着
17 赤塚 78.00億円 栄養補助食品、化粧品など
18 グラントイーワンズ 75.00億円 補正下着など
19 イオン化粧品 69.10億円 化粧品、健康食品など
20 アイビー化粧品 66.64億円 化粧品、健康機器など
21 日本健総本社 64.00億円 栄養補助食品、生活用品など
22 ロイヤル化粧品 63.00億円 化粧品、ボディケア用品など
23 セプテムプロダクツ 62億円 化粧品、健康補助食品など
24 サミットインターナショナル 60.00億円 下着、化粧品など
25 アライヴン(AIVEN) 55.00億円 化粧品、遠赤外線商品など
26 ニナファームジャポン 52.50億円 栄養補助食品、化粧品など
27 ザマイラ 50.30億円 化粧品、健康食品など
28 ドテラジャパン 50.30億円 栄養補助食品、アロマのエッセンシャルオイルなど
29 サンクスアイ 50.00億円 栄養補助食品、健康補助食品など
30 TIENS JAPAN 48.00億円 栄養補助食品、日用品など

参考『月間ネットワークビジネス』 3月号(2019年)

 

こうしてみると、栄養補助食品(サプリなど)や化粧品が多いですよね。

これには理由があります。

それは

栄養補助食品や化粧品は、興味を持つ人が多く、リピート率が高い

ということ。

つまり、わりと多くの人が興味を持つ可能性が有り、長期間買ってくれるお客さんを確保しやすいのです。

 

特に有名なネットワークビジネス会社

最も有名なネットワークビジネスの会社と言えば、やはり

『日本アムウェイ』

でしょう。

売上高もすごいですが、扱っている製品も、栄養補助食品や化粧品、調味料、キッチンツール、ボディケア用品と、多岐にわたっています。

 

もう1つ有名なのが『三基商事』

『ミキプルーンの会社』

といえば、ピンと来る人も多いでしょう。

ネットワークビジネスは、口コミで商品を広めるといわれますが、三基商事はテレビCMもよくやっていますよね。

 

そして化粧品で有名なのは

  • ノエビア
  • アシュラン
  • アイビー化粧品
  • ロイヤル化粧品

などでしょうか。

それぞれに独自の化粧品を開発していて、品質も高いと評判です。

やはり、広告費を研究や開発に回せる分、良い質の商品を生み出せるのでしょうね。

 

初心者でもネットワークビジネスの副業で稼げる?それとも危険?

ネットワークビジネス、私にもできるのかな…?

ネットワークビジネスの中には、

『誰でも簡単に稼げる』

『空き時間を使って、自分のペースでできる』

『不労所得で豊かな生活が送れるようになる』

などと謳っているものもあります。

 

でも、それって本当なのでしょうか?

特に、これまでやったことがない場合は、どうなのでしょうか。

 

ここからは、

心者でもネットワークビジネスで稼げるのかどうか

について、お話しします。

初心者がネットワークビジネスで成功する可能性は…

結論から言います。

 

まったくの初心者が、ネットワークビジネスで『豊かに暮らせる』ほど稼げるようになる可能性は

限りなくゼロに近いと考えていいくらい、低いです。

 

ですから、筆者としては、まったくもってオススメしません。

普通に、地道に働いた方が、よほど確実です。

 

ネットワークビジネスをやっている人の中で成功できるのは、

0.25%くらい=400人に1人程度

と言われています。

 

これは初心者と経験者を合わせた場合なので、初心者なら、さらに確率は低くなりますよね。

 

では、その400人に1人の『成功者』はどんな人かというと

  • ネットワークビジネスを始める時点で、すでにかなりの人脈があった
  • 他の会社でもネットワークビジネスで成功した経験があり、そのうえで会社を乗り換えた
  • 会社を乗り換える時に、以前のネットワークビジネスで作った人脈を引き連れて来た

という人なのです。

つまり、

もともと土台があったり、経験の上にさらに上積みしていたりする人

ということです。

 

ということは、はじめる前の人脈も人並みくらいで、経験もないまったくの初心者だと

ゼロから始めて『稼げる』というほど稼げる確率は、0.25%よりずっと低い

ということになりますよね。

 

もちろん、初心者だからといって、収入が全く得られないわけではありません。

ただ、

ネットワークビジネスで得ている収入額で、一番多いのは、5万円くらい

とのこと。

 

そして、安定して収入が得られるほどになるまでに、時間も労力もかかります。

勧誘するために、

友達や知り合いに連絡し、アポを取り、話しても断られ、時には距離を置かれるようになり…

ということもあります。

断られたり、怪しまれたり、ということがストレスになる場合も少なくないでしょう。

 

というわけで、価値観はいろいろでしょうが、筆者は

ネットワークビジネスは労力的、時間的、精神的コストにも見合わない

と考えています。

 

ちなみに、ネットワークビジネスでは

「こんなに稼いでる人がいます!」

と、高額収入のある人が紹介されたりすることもありますが、

最高支払い率の権利収入を受け取っている販売員は、全体の0.003%

とのこと。

『誰でも楽に稼げるようになる』なんて謳い文句もありますが、

権利収入でガンガン稼げるのは、ほんの一握りどころか、一つまみより少ない人

なんですね。

ネットワークビジネスはなぜ成功しにくいのか?

ネットワークビジネスは『誰でも簡単に稼げる』と言われたりするのに、なぜこんなに成功しにくいのでしょうか。

 

その理由としては

  • 宣伝や勧誘が難しい
  • 収入を得られるようになるまでに時間がかかる
  • ネットワークは、思うほど広がらない
  • 在庫を抱えたり、自爆買いしたりすることもある
  • トラブルになる場合もある

といったことが挙げられます。

 

商品の宣伝や勧誘が難しい

これは、なんとなく想像がつくかもしれませんね。

さらに具体的に見てみると、ネットワークビジネスの勧誘が難しいのは

  • できるだけ多くの人に、宣伝や勧誘をしなければならない
  • 勧誘するときには、必ず最初に『これはネットワークビジネスの勧誘だ』ということを言わなければならない
  • 相手が納得して『買ってみようかな』『販売員になってみようかな』と思うような話し方をしなければ、うまくいかない
  • 商品やビジネスをやるときのデメリットもきちんと伝えなければいけない

ということがあるからです。

 

まず、多くの人に話すとなれば、親族や友人知人、昔の同級生、ネットで知り合った人など、片っ端からアプローチしなければなりませんよね。

でも、ネットワークビジネスを勧められて、用心する人は多いです。

ネットワークビジネスというだけで断る人も、実際多いものです。

商品の宣伝だけだとしても、『買う』と言ってくれる人は、そう多くはないでしょう。

 

「じゃあ、ネットワークビジネスだってわからないようにして勧誘したらいいんじゃない?」

と思うかもしれませんが、

これは違法です。

『ネットワークビジネスの勧誘をする時は、最初にそのことを相手に伝えなければならない』

と、法律で決められているのです。

ですから、最初の段階で断られることも多いです。

 

話を聞いてもらえるとしても、相手に興味を持ってもらえるような話をすることが大事ですよね。

また、商品やネットワークビジネスのデメリットを隠すことも、禁物です。

 

そして、最後まで話を聞いてもらえたとしても、会員になると言う人は、そう多くはありません。

 

このようなことから、商品を売ったり販売員に勧誘したりすることは、なかなかに難しいのです。

 

それなりの収入を得られるようになるまで時間がかかる

ネットワークビジネスで収入を得られるようになるには、けっこう時間がかかります。

 

なぜかというと、自分が収入を得るためには、自分自身が商品をできるだけ、たくさん売ると同時に

  • 自分自身が多くの人(子会員とする)を勧誘する
  • 子会員がそれぞれに勧誘し、会員(孫会員)を増やす
  • 孫会員がそれぞれに勧誘し、会員(ひ孫会員)を増やす

と、会員を増やしていくことが必要になります。

しかも、子会員も孫会員もひ孫会員も、それぞれに売り上げを伸ばし、勧誘を成功させるかどうかが、あなたの収入に関わってきます。

 

でも、子会員や孫会員も、勧誘が難しいことは同じ。

となれば、子会員、孫会員とネットワークを作るのは、そうたやすいことではありません。

子会員や孫会員を育てたりサポートしたり、ということも必要です。

そのうえ、一所懸命に育てたとしても、子会員、孫会員が同じように熱心に活動するとは限りませんよね。

 

ですから、人数と実力のあるネットワークを築くのには、時間も労力もかかるのです。

 

ネットワークビジネスを説明する図で、こういう図を見た事はありませんか?

理想的なネットワークビジネス

理想的なネットワークビジネス

 

でも実際は

現実ではこんな風になることも…。

現実ではこんな風になることも…。

こんな感じになってしまうこともあります。

ネットワークは思うほど広がらない

そんなわけで、勧誘を頑張っても、なかなか会員のネットワークは広がりません。

でも、1人が2人を勧誘できれば、倍々でどんどん広がっていくんじゃない?

それならなんとかなるでしょ?

と思う人もいるでしょう。

さっき見た図の、理想的なほうですね。

 

でも、この方法も限界があります。

この『2人ずつ増やす』やり方だと、計算上では28代目で、日本の総人口を超えてしまいます。

つまり、

どんなに頑張っても、せいぜい28代どまり

ということです。

 

ネットワークに限界がある、というのはそれだけではありません。

仮に、1人が2人勧誘することで、倍々で増えていくとしましょう。

それなら、日本には数千とも言われるほどのネットワークビジネスがあるのですから、理屈では

『少なめに見積もっても、日本の成人全員がネットワークビジネスをやっていてもおかしくない』

ということになりますよね。

 

でも実際はそうではなく、

ネットワークビジネスにまったく関わっていない人も、山ほどいます。

つまり、

思うほど広がらないのです。

 

在庫を抱えてしまったりすることもある

商品を仕入れてもなかなか売ることができないと、自分で在庫を抱えてしまうことになります。

それが消費期限があるものだと、それこそ『無駄な仕入れ』になってしまいます。

 

また、

「ランクを上げるために、実際には売れてないけど、売れたように見せかけたい」

自分で商品を買う、いわゆる『自爆買い』をしてしまうケースもあります。

 

在庫を抱えたり、自爆買いをしたりでは、収入を得られないばかりかむしろマイナス。

精神的にも負担になってしまいます。

 

こういったことも、ネットワークビジネスの負の側面です。

 

冷静さを失ってトラブルになることも…

ネットワークビジネスをやっている、すべての人ではありませんが、

冷静さを失って、トラブルを起こしてしまうこともあります。

 

ネットワークビジネスの勧誘や販売でのトラブルは、聞いたことがある人も多いでしょう。

たとえば、

ネットワークビジネスのトラブル

  • しつこく勧誘したために、縁を切られた
  • その商品や企業を絶対視したり、妄信したりしている
  • 口を開けばネットワークビジネスの話ばかりするようになる
  • なんとか稼げるようになろうと没頭するあまり、家庭を顧みなくなってしまう

などなど。

 

自分が魅力を感じる活動に熱心になるのは、悪いことではありませんが、何事も『過ぎたるは及ばざるがごとし』。

中には、周りの人が

『洗脳されたのではないか?』

と思うほどになってしまうケースもあります。

 

ネットワークビジネスは、誤解を受けやすいだけに、なおさら冷静さが大切です。

でも、自分が冷静であるかどうかを、自分でチェックするのはなかなか難しいですよね。

はたから見たら冷静ではないとしか見えない人も、自分では冷静だと思っているのかもしれません。

それでもネットワークビジネスをやりたいのであれば

このように、ネットワークビジネスにはいろいろな難しさがあります。

ですから、

筆者としては、おすすめしません。

 

でも、

「それでもやりたい!」

という人もいるでしょうから、どういう人が向いているか、やるとするならどんなことに気を付ければよいかも、お伝えしましょう。

 

ネットワークビジネスに向いている人はどんな人?

仕事の向き不向きは、大事ですよね。

どんな人がネットワークビジネスに向いているかというと、

ネットワークビジネスに向いている人

  • 実行力がある
  • 世の中や友人知人、身内からの偏見や批判を受ける覚悟がある
  • 批判されても冷静に対応できる
  • 新しい人間関係を築くのが得意
  • 製品やサービスに心から興味を持ち、価値を感じられる
  • 人を勧誘することに抵抗がなく、なおかつ自分の考えなどを押し付けず、相手を尊重することができる
  • すぐに良い結果が出せなくても、辛抱強く続けられる
  • 失敗にめげすぎずに、失敗を生かして工夫につなげようとすることができる
  • 時間を上手に使える
  • 人に伝える・説明するのが得意
  • 面倒見が良く、リーダーシップがある
  • 相手の話をきちんと聞ける
  • お金のことだけでなく、人のために行動する気持ちを持てる

…という感じです。

これなら、ネットワークビジネス以外でも成功しそうな感じですけどね。

どんな仕事もそうですが、ネットワークビジネスは特に、

人間関係を築くスキルや辛抱強さが要る

と考えられます。

 

始めるにあたってチェックするべきこと

では、もしネットワークビジネスを始めるとしたら、どんなことをチェックするべきなのでしょうか。

それは、

ネットワークビジネスをはじめる前のチェックポイント

  • 勧誘員になるデメリットやリスク
  • 商品やサービスの内容、特徴、長所と短所など
  • 商品やサービスの優位性
  • 企業の理念
  • その会社のネットワークビジネスのシステム
  • 会員や勧誘員になる時の規約など
  • どのくらいの投資が必要で、投資した分はどのくらいで取り返せるか
  • どのようなサポートが受けられるのか
  • 特定商取引法を含め、ネットワークビジネスに関する法律の内容
  • そのほか、商品やサービスに関連する法律(たとえば、健康関連のものなら薬機法など)も知っておくとよい

ということです。

けっこうたくさんありますが、仕事や事業を始める時には、このくらいのことは調べる必要があります。

 

こうしたことをチェックする時には

冷静に、できるだけ具体的に、詳しく調べてください。

 

たとえばサポートについてなら

『どういう時に、どういう立場の人から、どういうサポートを、どういう形で、どれだけ受けられるのか』

というようにです。

『手厚いサポートを受けられる』というような、抽象的な説明で納得してはいけません。

 

さらに、

聞いたことを記録として残しておくこと

も、忘れないでください。

自分のためにもなりますし、

万が一トラブルがあった時に、『こういう風に説明を受けた』という証拠にもなりうるからです。

もし『メモを取らないで』と言われたら、その理由も教えてもらいましょう。

 

もちろん、会員規約や販売員としてのルールなども、きっちりとチェックしましょう。

 

関連する法律を守ることが重要

仕事をするにあたって、

関連する法律をきちんとチェックし、守ることはとても大事ですよね。

ネットワークビジネスの場合も、例外ではありません。

ネットワークビジネスそのものは合法ですが、法律に違反したことをすれば、当然違法行為になります。

 

ではどんな法律がネットワークビジネスに関係するかというと、

  • 『特定商取引法』、中でも連鎖販売取引に関する法律
  • 宣伝や広告に関する法律として、景品表示法
  • そのほか、健康に関するものなら薬機法や医師法など、商品やサービスの内容に応じた法律

などです。

 

先にも触れましたが、ネットワークビジネスでは、

『特定商取引法』の連鎖販売取引に関する決まり

を守らなければなりません。

 

また、当然ですが、誇大な宣伝やウソ、事実を誤認させるような宣伝はNG。

 

そして、商品によっては他の法律も絡んできます。

たとえば健康食品などで、医薬品と認可されていないものを『〇〇(病気など)が治る』といったような説明をするのは、薬機法違反です。

 

こうした法律は、トラブルを防ぐためにも必ず守らなければなりません。

 

体や心に関わるネットワークビジネスの場合

もしあなたがやろうと思っているネットワークビジネスが、

  • サプリ
  • 健康食品
  • その他、健康のために使うもの
  • 自己啓発やセラピー

など、人の体や心に関わるものなら、特によく考え、気を付けてほしいことがあります。

それは

『自分が他人の体や心に、責任を持って誠実に関わることができるかどうか』

『そのために、倫理感や知識、技術を身に付ける努力を続けられるかどうか』

ということ。

 

なぜこんなことを書くかというと、筆者の耳にも、

体や心に関わるネットワークビジネスによるトラブルの話

が入ってきているからです。

多くの人は、真摯にセラピーやセッションなどをしていますが、残念ながら、

 

自己啓発やメンタル関係などのネットワークビジネスのセラピーやセッションを受けたら、心に土足で踏み込まれ、かえって傷付いた。

 

健康に良いと言われたものを飲んだら、体調を崩してしまった。

それを販売員に言ったら『好転反応だ』と決め付けられ、取り合ってもらえなかった。

(※『好転反応』は、科学的な根拠はありませんし、表現そのものが薬機法違反です。)

 

セラピストがブログやSNSに、相談内容やセラピーの内容、クライアントの実名まで書いていた。

というような事例もあります。

これはすべて、筆者が実際に聞いたものです。

 

せっかくやるのですから、

相手の健康を損なったり傷付けたりするようなことは、したくないですよね。

それに、このようなトラブルがあると、

あなた自身はもちろん、企業、ひいては業種全体の信用にも関わります。

 

『どのようなスタンスで、どう相手に関わるのが本当に相手のためになるのか』

『自分の勧め方や関わり方は、本当に相手のためになっているのかどうか』

 

これは、どんな仕事でも問われることですが、簡単に答えの出ないことでもあります。

でも、考え続け、自分に問い続けることが、とても大切なのです。

スポンサーリンク

まとめ

『ネットワークビジネス』つまり『マルチ商法』は、

  • 口コミで商品やサービスを宣伝し、購入や利用をしてもらう
  • 販売員が販売員を勧誘して、さらに購入者、利用者を増やす
  • それを繰り返して、ネットワークを作る
  • 販売員は、売った業績や自分が勧誘して販売員になった人の売り上げなどに応じて、報酬をもらう

という仕組みのビジネスです。

 

ネットワークビジネスでは、

『初心者でも稼げる』

『空いた時間で手軽にできるので、副業にも向いている』

という誘い文句がよくありますが、実際に安定してしっかりした収入を得られるようになるのは、

かなり大変です。

『成功』して高額の収入を得ている人も、決して多くはありません

 

実際は、言われるほど手軽でも簡単でもない

ということですね。

ですから、初心者が副業としてやるのは、筆者としてはおすすめしません。

 

もし、それでもやってみたいのであれば、

冷静に、詳細に、具体的にしっかりとリサーチして、本当に収入にできそうか

を、じっくり考えてくださいね。

 

関連記事

-仕事

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.