サッカー

J2町田ゼルビアがFC町田トウキョウに改名した理由と評判をチェック

投稿日:

元日本代表の相馬直樹さんが監督を務め、チームを立て直し、二度目のJ2昇格を果たすだけでなく、J1昇格に手が届きかけているJ2・町田ゼルビア。

2019シーズンは、厳しい戦いとなってしまい、J2残留争いに巻き込まれそうになっていますが、その中で激震のニュースが舞い込んできました。

サポーターミーティングで、

『町田ゼルビアからFC町田トウキョウへと改名する』

というのです。

突然の発表に驚きを隠せません。

何故、町田ゼルビアが改名へと踏み切ったのでしょうか?

本記事では、J2町田ゼルビアが、FC町田トウキョウへと改名した理由や、サポーター・世間の評判を探りまとめていきます。

スポンサードリンク

J2町田ゼルビアの改名

日本国内のサッカー界を紐解くと、時折クラブチーム名が改名されることがあります。

例えば、

  • 横浜マリノス⇒横浜Fマリノス(横浜ASフリューゲルス吸収合併による改名)
  • 名古屋グランパスエイト⇒名古屋グランパス
  • 京都パープルサンガ⇒京都サンガFC
  • ブランメル仙台⇒ベガルタ仙台(商標権の都合により改名)
  • PJMフューチャーズ⇒鳥栖フューチャーズ⇒サガン鳥栖
    拠点の移転として、静岡から鳥栖へ移転や、母体企業の撤退などにより改名
  • コンサドーレ札幌⇒北海道コンサドーレ札幌(北海道をより盛り上げていこうという狙いから…)

などのクラブチームが、過去の改名しています。

もちろん、改名は各チームの諸事情があってのことです。

サポーターもクラブチーム名に愛着を持ちながらも、その都度納得し、改名後もチームを熱く応援し続けています。

突然の改名に、サポーターも唖然…

町田ゼルビア

ただ、今回のJ2町田ゼルビアの改名は話が別。

と言うのも、

いきなり改名という話が持ち上がり、サポーターへの説明がままでの、半ば強引に押し切り改名してしまった

というのです。

愛着ある『ゼルビア』の名前まで捨て去る行為…

それも、これまで愛着のあったゼルビアという名前を捨て去り、

『FC町田トウキョウ』

と町田の後に『トウキョウ』とカタカタ明記して改名としているのです。

これには、多くのサポーターも唖然…

ネット上でも、荒れている様子が見て取れます。

最悪、改名騒動でサポーターも激減?

一度は、J3まで降格し、その中で徐々に力をつけ、昨年もJ2・4位の成績をもたらし、ようやくJ2からJ1を狙えるようになってきた…

なのに、ここでサポーターが納得しないままで、改名してしまって良いのでしょうか?

最悪、サポーターに見限られたら、なんの意味もありません。

チーム崩壊だって十分ありえますよね。

サポーターの力は絶対必要!

チームの成長には、サポーターの力は絶対に必要です。

それだけに、まずはサポーターを第一に地域密着を心がけ、改名に限らず、強引な計画は慎んでほしいものです。

 

町田ゼルビアからFC町田トウキョウへの改名理由

突然、

『町田ゼルビアが改名』

と衝撃のニュースが舞い込み、町田ゼルビアに何が起こったのか、ただただ驚いてしまったわけですが、それにしても何故改名したのでしょうか?

そこで、町田ゼルビア改名の理由を探ってみたところ、

  • 一つのチーム戦略として、町田だけではなく東京全体でチームを盛り上げたい狙いがあったこと。
  • 世界に対しても、東京ブランドとして推進し、選手獲得の利点を得ていきたい考えがある

上記の二つの理由から、あえてゼルビアを外し、FC町田トウキョウと改名することにしたようです。

改名に批判も殺到!

ただ、

「ダサいネーミング」

という評判も多く、そのほか批判が続出し、サポーターの怒りが噴出していることは、いただけません。

仮にチーム名を改名するにしても説明し、サポーターが納得した上で、変更するのが筋だと思うのですが…

果たして、チームを買収したサイバーエージェントは、今後どのような対策を講じていくのか…

サポーターとの歩み寄りがなければ、今後、チーム存続にも影響しそうな、由々しき問題になるかもしれませんね。

 

FC町田トウキョウへの改名に対する評判は最悪

先程もお話ししたとおり、J2・町田ゼルビアが、FC町田トウキョウへと改名したわけですが、これには多くのサポーターが一斉に批判しています。

これは、サポーターだけに留まらず、世間の評判も最悪…

正直なところ、サポーターでもない筆者ですら、凄く違和感を覚える改名です。

理由こそ理解できるも、改名への批判には納得してしまったほど…

評判が最悪・批判続出の理由は『ゼルビア』を捨てたため

さて、FC町田トウキョウへの改名に対して、サポーターが批判する理由ですが、その最大の理由は、

『ゼルビア』というチーム名を捨てたこと…

そもそも『ゼルビア』は、

町田市の木でもあるケヤキの英語名『zelkova(ゼルコヴァ)』と市の花『サルビア』を掛け合わせた

愛着のある造語だったはずです。

つまり、

ゼルビア=町田市

を象徴するワードでもあるわけです。

なのに何故、急にチームを買収して、横から入り込んできたサイバーエージェントが、いきなり、ゼルビアの名を捨てさせる改名を起こさせたのか?

理由は、先程お話しした通りですが、いくら説明されても、サポーターが納得しないのは当然ですよね。

ゼルビアの名を捨てたチームに怒りの声…

事実、

ゼルビアという名前が好きなんです。

東京町田ゼルビアじゃだめなんですか?

僕らの声は聞いてくれないんですか?

と怒り心頭した声もあがっています。

この様子を見ても、しばらく批判の声は冷め止まないでしょう。

買収企業の横暴

まぁ、FC東京や、横浜FCのように、設立当初から、特に決まったチーム名が無く、

  • FC(フットボールクラブ)
  • SC(サッカークラブ)
  • AS(スポーツ財団または、スポーツ法人)
  • AC(サッカー法人)

といったロゴと地域名のみというチームであるなら、まだ理解はできます。

ところが、町田ゼルビアには、

『ゼルビア』

という愛着のあるチーム名がちゃんとあったのに、それを、チームを買収した、サイバーエージェントが捨てたのです。

そんな事態に陥れば、サポーターにしてみれば、

「いきなり横から割り込んで、何勝手なことしてるんだ…」

と、怒るのも当然…

サポーターのためにも『ゼルビア』は残すべき!

せめて、東京ゼルビアに改名し、ジェフ千葉のように、正式名称を

『東京・町田ゼルビア』

とすべきではなかったのか、と思えてなりません。

まぁ、すでに改名は決まっているので、何を言っても後の祭りですが…

サイバーエージェントには、もう少し改名について配慮してほしかった…

そんな風に感じた、町田ゼルビアの改名騒動でした。

スポンサーリンク

まとめ

突然、ニュースとして報道されたJ2町田ゼルビアの改名。

評判は最悪で、多くのサポーターたちから批判も続出しています。

改名理由は、

世界に発信するために、町田よりも日本の首都である東京のチームとして推していきたかったこと

が最大の理由でした。

ただ、ゼルビアという愛着のあるネームを捨ててまでやることではなく、サポーターを無視した実行は、いずれ破綻するでしょう。

最悪、チームが解体してしまう恐れもあるだけに、まずは、サポーターに説明し、納得してもらうよう努力してほしいと、切に願っています。

関連記事

-サッカー

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.