スポーツ

五郎丸歩の現在とラグビー日本代表から落選した理由や原因をチェック

投稿日:

大変な盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ2019。

さて、今大会で、何故か日本代表に選出されていない五郎丸歩選手です。

2015年のブレイクぶりを見ると、今大会も選出されると思っていたのですが…

何故、五郎丸歩選手が日本代表から外れてしまったのでしょうか?

また、現在の五郎丸歩選手の動向も気になります。

そこで、本記事では、五郎丸歩選手の現在や、ラグビー日本代表から落選してしまった理由・原因を調査し、まとめてみました。

スポンサードリンク

ラグビー選手・五郎丸歩の現在

かつてイングランドで開催されたラグビーワールドカップ2015での日本代表の快進撃を覚えていますか?

予選突破は、ならなかったものの、あの南アフリカから勝利をもぎ取り、日本国中で大盛り上がりしたことを記憶しているファンも多いはず…

その日本代表の中で、一際ブレイクしていたのが、五郎丸歩選手でしたよね。

ゴールキックの際に見せた忍者ポーズ

は、五郎丸歩選手のルーティンの一つとして紹介され、脚光を浴びることとなりました。

もちろん、正確なキックも含め、日本代表の大躍進の一因です。

それだけに、日本で開催のラグビーワールドカップ2019にも選出される…

そんな風に感じていたファンも多かったことでしょう。

五郎丸歩の日本代表落選

しかし、残念ながら、ラグビー日本代表から外れてしまい、五郎丸歩選手の動向が気になるファンも増え始めているようです。

では、五郎丸歩選手の現在を追いかけてみましょう。

五郎丸歩の現在は?

五郎丸歩選手は、現在、

  • ヤマハ発動機(日本国内のクラブチーム)
  • レッズ(オーストラリア・スーパーラグビー)

の2チームに所属し、ラグビー選手として活動しています。

うまくいかなかった海外挑戦

ただ、2015年のラグビーワールドカップ(イングランド)以降の五郎丸歩選手は、フランスも含め海外挑戦するものの、なかなかうまくいっていない様子でした。

RCトゥーロン(フランス)では出場機会に、あまり恵まれず、結局2017年にヤマハへ復帰…

怪我にも悩まされた五郎丸歩

さらに、2016年にラグビー最高峰のオーストラリアスーパーリーグ・レッズに移籍するも、

脱臼という怪我

も伴いレギュラーの座はつかめず…

そんなこともあり、いつの間にか五郎丸フィーバーは冷めてしまった印象が強く残っています。

ただ、まだラグビーから引退したわけではありません。

ラグビーワールドカップ2019には選出されなかったが…

なお、日本代表からも、現在の監督・ジェイミー・ジョセフの構想から外れてしまったのか、五郎丸歩選手は落選しています。

そのため、ラグビーワールドカップ2019には、五郎丸歩選手は出場していません。

 

残念ながら、現体制でのラグビー日本代表では、今のところ五郎丸歩選手の活躍を見ることは出来ません。

ただ、それも今だけの話…

現体制が変われば、どうなるか分かりませんし、ラグビー選手を続けている以上、日本代表への復帰の道が完全に閉ざされたわけではありません。

次のワールドカップには、あの忍者ポーズが見られるよう、日本代表で活躍する五郎丸歩選手の姿を期待したいものですね。

 

五郎丸歩がラグビー日本代表に落選した理由・原因

正直なところ、五郎丸歩選手がラグビー日本代表から落選すると、誰が想像できたでしょうか?

もちろん、怪我の状況なり、海外で苦戦している様子を知っている人は、

「もしかしたら落選もあるかも…」

と想像できたかもしれません。

ただ、特に2015年の活躍を見て、ファンになった人たちは、その姿は想像できなかったはずです。

では何故、五郎丸歩選手が、ラグビー日本代表から落選したのか、その理由を見ていきましょう。

落選理由1:ジェイミージョセフHCの構想から外れたため

五郎丸歩選手が、ラグビー日本代表から外れた最大の理由は、やはり現監督・ジェイミージョセフHCの

構想から外れたこと

にあるでしょう。

 

五郎丸歩選手は、

  • フィジカルの強さ
  • キックの正確性

には定評があったものの、

残念ながら決して足の速い選手ではありません。

 

また、複数のポジションをこなせる器用さを持っているわけでもなく、ジェイミージョセフHCが掲げる

  • 複数ポジションをこなせる選手
  • 攻守の切り替えや足の速さを持つ選手

といった、日本代表選考する上での条件に当てはまらず、構想から外れてしまったのです。

結果、五郎丸歩選手は、怪我の影響もあり、日本代表から外れてしまったというわけ。

まぁこればかりは、監督の構想で選手を選んでいる以上、仕方ありませんね。

落選理由2:日本代表の過酷さについて行けない

ラグビー日本代表の練習については、五郎丸歩選手自身も

「しんでいましたからね…」

と冗談交じりに、その過酷さを語っていたほど厳しいと言われています。

体力面の衰えも影響?

現在、五郎丸歩選手は33歳です。

ベテランの域に入っているわけで、やはりラグビー日本代表の厳しい練習には、ついていけていない部分もあるのでしょう。

2016年には怪我だってしていたわけです。

体力的な問題も加味され、日本代表から落選した風にも考えられます。

ただ、現役を引退したわけではありません。

ベテランの力が必要と監督が考えれば、復帰という道もなくはありません。

落選理由3:若手選手の台頭

先程もお話しした通り、五郎丸歩選手は現在33歳。

完全にベテランの域に達している選手です。

もちろん、ベテランだからラグビー日本代表で活躍できないわけではありません。

ベテランでも必要とされたら代表入りはある!

現在、ラグビー日本代表のキャプテンを務めるリーチマイケル選手も31歳。

すでにベテランの域に入り、20代の若手選手と比較したら、体力的に劣るところもあるでしょう。

ただ、ベテランでもしっかり鍛え、経験豊富な選手は、キャプテンとして起用されることもあるわけで、年齢が全てというわけではありません。

五郎丸歩のライバルの台頭

では、五郎丸歩選手の場合はどうかというと、厳しい状況にあると言えます。

というのも、

  • 松島幸太朗選手(26歳):快足が自慢のFB/WTB
  • 山中亮平選手(31歳):あらゆるコースを蹴り分けられるキックの正確なFB
  • アタアタ・モエアキオラ選手(23歳):クラッシャーとして定評のフィジカルモンスター

など、五郎丸歩選手よりも年下(山中選手以外は20代)の選手が、軒並み躍進…

そのため、

  • キックなら山中選手
  • スピードなら松島選手
  • フィジカルの強さなら国際的なクラッシャーとして定評高いモエアキオラ選手

といった他の選手で代わりが務められ、FB一筋で、スピードが足らない五郎丸歩選手は必要ないと考えられているのです。

まぁ経験値の差では、五郎丸歩選手に分がありますが、若さ・体力的な問題で考えると、世代交代の兼ね合いから、代表落選というのも頷けます。

現役を引退していない限り日本代表復帰のチャンスはある!

以上が、五郎丸歩選手がラグビー日本代表から落選した3つの理由です。

まぁ、現状はかなり厳しく、世間からは

「引退した?」

なんて噂も出ているほど…

ただ、冒頭からお話ししている通り、まだ現役を引退したわけではありません。

なので、今後、またパフォーマンスを向上し、ラグビー日本代表に復帰してくれることを期待しましょう。

 

五郎丸歩がラグビー日本代表に復活する可能性

最後に、五郎丸歩選手が、ラグビー日本代表に復活する可能性を考察してみます。

 

基本的に、五郎丸歩選手が、今からスピードを身につけたり、別のポジションを巧みにこなすのは、正直難しい話です。

なので、ジェイミージョセフHCの構想から外れていている今、現体制で五郎丸歩選手がラグビー日本代表に復帰するのは難しいでしょう。

また、ラグビー日本代表が、ラグビーワールドカップで好成績を残せば、ジェイミージョセフHC体制が続く可能性も高いです。

そうなれば、五郎丸歩選手の日本代表への復帰の道は遠くなります。

 

なので、五郎丸歩選手のラグビー日本代表への復帰は、

限りなく低い

というのが、筆者の率直な見解です。

ラグビー日本代表復帰の条件は現体制が変わること…

ただし、現体制が変われば、ベテランの力が求められることだってあるでしょう。

五郎丸歩選手の復帰の可能性は十分あります。

なので、まずは腐ることなく自身のプレーを向上させ、所属するチームで結果を出し続けていってほしいですね。

そして、いつの日か、五郎丸歩選手がラグビー日本代表に復帰してくれることを願っています。

スポンサーリンク

まとめ

ラグビーワールドカップ2015で大活躍していた、元ラグビー日本代表の五郎丸歩選手ですが、今大会では残念ながらラグビー日本代表から落選…

現在、ヤマハ(日本)とレッズ(オーストラリア)の2チームに所属しプロのラグビー選手として活躍していますが、日本代表では構想から外れています。

その理由・原因に挙げられるのは、いくつかありますが、中でも

  • 若手の躍進
  • FB一筋で複数ポジションをこなすことも出来ないこと
  • フィジカルは強いがスピードが遅いこと

以上、3つの理由から、ジェイミージョセフHCの構想から外れ多ところが大きいです。

ただ、将来体制が変わればラグビー日本代表復帰の可能性も大きいので、今後に期待したいですね。

関連記事

-スポーツ

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.