俳優

ムロツヨシの生い立ちやプロフィールを調査!本名や国籍をチェック

投稿日:

俳優・佐藤二朗さんとともに、福田雄一監督の映画やドラマ作品を支えるキャストとして、22回も出演しているバイプレイヤー・ムロツヨシさん。

実にコミカルで、三枚目キャラを演じさせたら、その演技力は凄い…

2018年10月には、TBSドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』で、初主演に抜擢されるなど、俳優としてブレイクし続けています。

さて、俳優として大ブレイク中のムロツヨシさんですが、彼の成功の秘訣はどこにあるのでしょうか?

そこで本記事では、ムロツヨシさんの生い立ちやプロフィール、本名・国籍を調査し、まとめてみました。

スポンサードリンク

ムロツヨシの生い立ち

コメディ映画作品やドラマ作品に脇役として出演し、三枚目ながら良い味を醸している名バイプレイヤーのムロツヨシさん。

筆者も、彼の演技には何度も笑わせて貰いました。

そんなムロツヨシさんが、2018年は、ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』で主演に抜擢!

女優・戸田恵梨香さんと共演し、若年性アルツハイマー病を抱えている女性と大恋愛し、結婚していく男性を熱烈に演じています。

こんなムロツヨシさんは見たことがなく、斬新で、また新たな境地を覗かせてもらったような気がしますね。

ムロツヨシの生い立ちが壮絶

さて、そんな俳優・ムロツヨシさんですが、そもそも彼はどのようにして俳優になり、今を迎えているのでしょうか?

では、ムロツヨシさんの生い立ちを振り返ってみましょう。

 

ムロツヨシさんは、1976年1月23日、神奈川県横浜市出身の43歳。

4歳の頃に、両親が離婚し、父親が親権を持つも、別の女性と親密な関係となってしまったため、育児を放棄されてしまいます。

幸いと言うべきか、5歳上の姉と共に、親戚の下で育てられます。

しかし、いつまでも育ててもらうわけにはいかず、その後、祖父母の下に…

ある種のたらい回しを受けながら、ムロツヨシさんはたくましく育っていくわけですが、さらに悲劇は訪れてしまいます。

育児放棄した父の帰還

なんと育児放棄し、別の女性に走っていった父親が、

祖父母と共に住むムロツヨシさんの自宅の隣に移り住んできた

というのです。

それも多感な中学生の頃に…

なんとひどい父親なのか…

もちろん、別の女性とは再婚し、異母兄弟まで連れてきているわけで、もう最悪ですよね。

そのことを機に、祖母が精神的に参ってしまい、親戚も激怒!

結果としてムロツヨシさんは、親戚筋の顔を立てるために、

父親と絶縁

することに…

負担を掛けまいと、勉強に邁進するムロツヨシ

さらに、姉は反抗期を迎え、少しでも負担を掛けまいと考えていたムロツヨシさんは、勉強に邁進します。

そして、偏差値57の神奈川県立鶴見高等学校に入学し、高校卒業後、1年浪人したものの、当時、偏差値60以上とも言われた東京理科大学に合格。

祖父母にとって、自慢の孫として成長したわけです。

友人たちの姿にショック!

しかし、友人たちを見ると、将来の夢を持って東京理科大に入学している様子に、

「自分は何をやっているのか」

とショックを受けてしまいます。

そして、ファンだった女優・深津絵里さんの出演していた舞台『陽だまりの樹』で、俳優・段田安則さんの演技に感銘を受け、俳優を目指すのです。

もし、深津絵里さんのファンでなければ、また、段田泰典さんの涙を流す演技を観ていなければ、俳優・ムロツヨシは誕生しなかったでしょう。

東京理科大を中退し、俳優の道にまっしぐら…

そこから一転して、俳優を志すようになったムロツヨシさん。

せっかく合格した東京理科大を、わずか3週間で中退…

俳優を目指すために、小さな俳優座へ入所し、アルバイトしながら役者の道を目指し始めます。

そして、自ら発起人となり、劇団を立ち上げるのですが、

「熱くなりすぎてウザい…」

と役者仲間に敬遠され、クビになってしまうムロツヨシさん。

福田雄一との出会い、福田組レギュラーへ

しかし、そんなことでは負けず、紆余曲折しながらも、舞台を通じて下積みを重ね、遂に福田雄一監督の目に留まり、福田組に入ることに…

佐藤二朗さん、山田孝之さんらと共に、ドラマ・映画作品に出演するようになり、徐々にブレイクの兆しを迎えていくのです。

『俺はまだ本気出してないだけ』(2013年公開)

『女子ーズ』(2014年公開)

『銀魂』(2017年公開)

『50回目のファーストキス』(2018年公開)

など、福田雄一監督が手がける映画作品だけでも多数出演し、ドラマと含め、その数は22作品と他の俳優と比較し、佐藤二朗さんとともに最多です。

名実ともにメイバイプレイヤーへ成長

舞台を通じた下積みに加え、福田組に入って鍛えられたコメディアンとしての才能が、めきめき成長…

その結果、バイプレイヤーとして脚光を浴びるようになり、作品を盛り上げる貴重な存在と飛躍していくわけです。

現在は主演を演じるようにもなり、アドリブを含めた多彩な演技が出来る演技派俳優として、多くのファンから支持されています。

今後も、独特の三枚目路線を保ちながら、主演・脇役と多彩な役で、多くのファンを楽しませてくれる俳優として大活躍していくでしょうね。

 

以上が、ムロツヨシさんの生い立ちです。

前向き・努力家・優しい性格が、ムロツヨシ成功の秘訣?

ムロツヨシさんの生い立ちを見る限り、普段おちゃらけながらも、

真面目で周囲の人たちのことを考えられる性格

と思えてきます。

だからこそ、長い下積みを経ながらも、周囲の人たちやファンに慕われ、名バイプレイヤーとしてブレイクできたのでしょう。

 

ムロツヨシのプロフィール・本名

さて、今度は、もう少し掘り下げてムロツヨシさんのプロフィール・本名も見ていきましょう。

ムロツヨシさんは現在独身。

身長168cmで、少し小太り体型ですが、常に前向きな性格で、何でも挑戦しようとする姿は、周囲の評判を得ています。

もちろん、ムロツヨシさん自身、不遇の時もありましたが、アドリブ演技を評価してくれた福田雄一監督と出会い、環境が一変。

戦友が出来たという気持ちになり、ますます演技に磨きがかかったそうです。

母の愛情を求め結婚は遠ざかっている?

さて、ムロツヨシさんのプライベートですが、現在特に彼女はいません。

独身貴族を貫いている模様…

 

話によると、以前交際していた彼女から、

「私はあなたの母じゃないから…」

といわれ、破局してしまったこともあったそうですよ。

確かに、ムロツヨシさんの場合は、母親の愛情に飢えていたところもありますし、彼女に母のような愛情を求めるのもわかる気がします。

本名は一切明かさず…

ムロツヨシさんって、本名を一切明かしていませんよね。

残念ながら、筆者もいろいろ手を尽くして調べてみましたが、全くといって情報は上がっていません。

それもそのはず…

実は、これには明確な理由が存在していたのです。

本名を明かさない理由は、母への優しさ

それは、離婚してしまった両親(特に母親)が、自分のことを思いだし、離婚したことに後ろめたさを感じさせてしまわないため…

つまり、母親に第2の人生を自由気ままに生きさせるために、ムロツヨシさんはあえて、本名を明かさないようにしていたのです。

名前を覚えてもらいやすくすることも目的

とはいえ、

全く売れていない頃は、本名で活動していた

こともあったそうです。

しかし、その頃は本名の漢字表記が難しく、名前を覚えてもらえなかったことも…

そのため、少しでも覚えやすくするために、カタカナ表記でムロツヨシと芸名を作ったそうですよ。

ムロツヨシの本名を考察

そのことを踏まえて考えると

『室毅(むろつよし)』

が、ムロツヨシさんの本名ではないかと筆者は考えています。

室も毅も間違われやすい…

室という字は『シツ』と読むのが一般的ですし、『ムロ』という読み方もありますが、間違えやすいような気はします。

また毅(つよし)に関しては、漢字そのものが難しく、また、

  • たけし
  • たける
  • しのぶ

という読み方もあり、さすがに"しのぶ"と間違えることは無いと思いますが、"たけし"あたりと、まちがえるのは良くあるはず…

そういったところから、"室毅"なのかなと推測しています。

あくまで室毅説は推測

あくまで推測なので、これが、ムロツヨシさんの本名かどうかは、全く確証ありません。

そもそもツヨシが本名で、ムロは言葉の響きだけでつけた芸名かもしれません。

まぁ今後も本名が明かされることはありません。

将来、素敵な彼女が出来たときには、その彼女にだけ本名が明かされることでしょう。

 

ムロツヨシの国籍

ネット上では、何故か

ムロツヨシさんが外国人国籍

であるような、変な噂が流れているようです。

確かに芸名はカタカナ表記ですが、だから外国人国籍であるというのは、あまりに安直な発想ですよね。

冒頭からお話ししている通り、

ムロツヨシさんは、神奈川県横浜市生まれの日本人で、外国人国籍ではありません。

また、両親のいずれかが外国人ということもなく、れっきとした日本人です。

まぁそんな変な噂など気にすることなく、ムロツヨシさんには、立派な喜劇俳優(コメディアン)として、日々活躍し続けてほしいものです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、俳優・ムロツヨシさんの生い立ちから、本名・国籍などのプロフィールを調査し、まとめてみました。

今回の調査で、ムロツヨシさんは前向きで周囲に気を遣える優しい性格の持ち主で、努力家であることが分かりました。

その前向きな気持ちと優しさや努力家なところが、現在のムロツヨシさんの成功の秘訣なのでしょう。

また、その優しさからか、本名は明かされていません。

今後も、本名を明かすことなく、あくまで『ムロツヨシ』として活動していくことでしょう。

本名を明かさず、外国人国籍と変な噂も囁かれていますが、そんなことは無視して、俳優・ムロツヨシとして、ますます活躍することを期待したいですね。

関連記事

-俳優

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.