お笑い芸人

明石家さんまの生い立ち追跡!本名と語られない弟と息子をチェック

投稿日:

今や、バラエティ界の大御所MCとして、たくさんの番組に出演し、大活躍しているお笑い芸人・明石家さんま。

明石家さんまさんを見ていると、これまでの人生は順風満帆そのものといった印象を受けますよね。

根っからのひょうきん者で、視聴者やファンを楽しませる人ですが、実は、明石家さんまさんの人生も山あり谷ありです。

そこで本記事では、明石家さんまさんの生い立ちを中心に、本名、弟のことや息子との関係を振り返り、まとめてみました。

スポンサードリンク

おしゃべりモンスター!明石家さんまの生い立ち

ひょうきんで、おしゃべりモンスターとして活躍しているお笑い芸人・明石家さんまさん。

本当にユニークで、笑顔の似合うお笑い芸人ですよね。

しかし、当然『人生、楽あれば苦あり』で、明石家さんまさんにも苦しい時代がありました。

では、おしゃべりモンスター・明石家さんまさんの生い立ちを振り返ってみましょう。

明石家さんまの生い立ちは壮絶人生

明石家さんまさんは、1955年7月1日に和歌山県で生まれました。

ただ、

3歳の頃に実母を亡くしています。

小学校の高学年になると父親の再婚と共に、奈良に引っ越し、少年時代を過ごします。

なので、テレビなどでは奈良県出身と語っているわけです。

そんな明石家さんまさんは、母の逝去以外にも、たくさんの悲しみを乗り越えています。

継母とのギクシャクした関係

例えば、

継母との関係がずっとギクシャクし続けていたこと

も、その一つ。

それもそのはず…

明石家さんまさんは、継母の連れ子(明石家さんまさんから見て弟)に気を遣って、何かと遠慮しがちでしたし、継母も弟ばかりかわいがっていたのですから…

継母の言葉

さらに極めつけとして、決定的な言葉を、部屋越しで浴びせられてしまうのです。

その言葉とは、継母が隣の部屋でお酒によって発した

「自分の子供は○○(さんまさんの弟)しか認めない…」

というような言葉…

子供は母親を選べません。

実母が亡くなった悲しみが完全に消えきっていないところに、やってきた継母のこの言葉…

それも、この発言を聞かされたのは、明石家さんまさんだけでなく、弟もいる中だったらしく、

二人して泣いた

というのだから、本当に悲しい話ですよね。

弟の逝去

ただ、明石家さんまさんの場合、それで終わりではありません。

なんと、かわいがっていた弟が火事で亡くなってしまうのです。

それは、明石家さんまさんが、高校を卒業し、落語家・笑福亭松之助師匠に弟子入りしてから、1年が経った頃の話…

当時、明石家さんまさんは、舞台を中心に芸人として活動し始めますが、その舞台の席で、弟の訃報を聞かされます。

弟の逝去のショックから救ったオール巨人

かわいがっていた弟の逝去を聞かされショックを受けますが、そんな明石家さんまさんに救いの手を差し伸べたのが、同期のオール巨人さん。

なんと、

「お前の家、兄弟焼いたらしいなぁ…」

と、舞台上で鋭いボケをかましてきたというのです。

もちろん、一般人にこんなことを言えば、不謹慎な話になるわけですが、あくまでお笑い芸人同士が舞台上で発言するから許されるユーモア…

明石家さんまさんも、そのことを理解した上で、

「そや、材木代わりに焼いたんや…」

と応答…

その舞台は大盛況だったそうです。

悲しみを笑いに変換して乗り切った明石家さんま

もし、この悲しみを笑いに変換できていなかったら、いろんな意味で明石家さんまさんは舞台上で滑ってしまったかもしれません。

また、弟の最期を受け止めきれず、悲しみに打ちひしがれていたことでしょう。

一見、不謹慎に聴こえるオール巨人さんの発言ですが、これこそが明石家さんまさんを悲しみの淵から救う大きな一声になったのです。

そして、この悲しみを笑いに変換したことが、一つの転機になり、ますます笑いに磨きをかけ、

悲しいときこそ笑いを…

と考えていたのか、後に、お笑いモンスターへと成長していくわけです。

ひょうきん族・男女七人シリーズでのブレイク

明石家さんまさんと言えば、

  • 俺たちひょうきん族
  • ドラマ『男女七人シリーズ(夏物語り・秋物語り)』

で芸人・俳優としてブレイクした印象が強いですよね。

もちろん、その前(『ヤングおー!おー!』出演時)から、人気を博してはいました。

しかし、爆発的に支持を得たのは、紛れもなくひょうきん族の出演がきっかけ…

ビートたけしさんと共演した、たけちゃんまんシリーズにて、

  • ブラックデビル
  • アミダばばあ

などのキャラを演じては、視聴者たちの笑いを誘っていました。

そして、

『明石家さんまさんの運命を大きく変えた』

といってもいい、ドラマ『男女七人シリーズ』への出演を通じて、後に結婚する女優・大竹しのぶさんと共演…

ただ、この大竹しのぶさんとの結婚も、決してただ幸せとは言いがたい…

というのも、彼女の初婚の相手である服部晴治さんが、胃がんで亡くなっている上で明石家さんまさんと再婚しているからです。

明石家さんまの献身的支え

当初、明石家さんまさんは、大竹しのぶさんに寄り添い、サポートをし続けていました。

それは、彼女の子供であった長男・二千翔(にちか)さんに対しても…

きっと、自身の幼少時代にも重ねていたのでしょう。

長男・二千翔(にちか)さんに寂しい思いをさせないよう、また大竹しのぶさんにも寄り添い、二人は交際することとなり、1988年に結婚。

大竹しのぶとの結婚・長女IMALUの誕生

その後、IMALUさんが誕生するわけですが、明石家さんまさんは、子供たちを実子であるなしに関わらず、平等に愛し続けたそうです。

そんな明石家さんまさんですが、実は、この幸せの裏側で、自身の命が危ぶまれる出来事が発生します。

明石家さんまの命も危ぶまれた日航機墜落事故

それは、坂本九さんが亡くなった事故としても大きく取り上げられた、日航機墜落事故に巻き込まれかけたということ…

もちろん、直接関係しているわけではなかったので、明石家さんまさん自身は無事なのですが、当初、墜落事故を起こした

『JAL123便』に搭乗予定だった

というのです。

ただ幸か不幸か、たまたま『ひょうきん族』の収録が早く終わり、『ヤングタウン』へ出演するための飛行機を一つ前の便に乗り換えることが出来た…

それ故に、明石家さんまさんは事故に見舞われることなく、今を生きているのです。

IMALU命名の由来

命の重さを、よく知る明石家さんまさんだからこそ、長女IMALUさんに対して、

「生きてるだけで丸儲け」

という言葉の意味を込めて、"いまる"と名付けた…

その重みは、彼の壮絶人生を知り、改めて理解できますね。

離婚という悲しみ…

しかし、そんな明石家さんまさんに、またしても悲劇が訪れます。

悲しみの連鎖を乗り越え、家族4人で幸せを手にしたはずの明石家さんまさんでしたが、妻・大竹しのぶさんが仕事復帰し、すれ違いが起き始めました。

結果、関係を修復することは出来ずに、二人は離婚。

その後、IMALUさんが芸能界デビューを果たす中、今でも長男・二千翔(にちか)さんを含め、時折家族と接しながら、関係を保っています。

離婚しても家族の絆は継続…

一つ屋根の下で生活はしていないものの、明石家さんまさんにとって、大竹しのぶさんや子供たち、また彼女の両親など、全てが大切な家族。

そして離婚後、何度か熱愛スクープを撮られることはありますが、家族との関係を大切にしながら、お笑いモンスターとして日々を過ごしているのです。

明石家さんまの人生は波瀾万丈!

以上が、明石家さんまさんの主な生い立ちです。

  • 実母との死別
  • 継母とのギクシャクした関係
  • 火災による弟の逝去
  • 日航機墜落事故にあいかけた幸運な出来事
  • 大竹しのぶの前夫の逝去と結婚
  • 離婚

など、まさに波瀾万丈な出来事が、明石家さんまさんの中で、めまぐるしく起こっていました。

そして、その度に、悲しい顔をせずに笑い続けたのは、悲しむよりも笑っていたほうが幸せであることを、明石家さんまさんが知っていたから。

そのように思えてなりません。

『生きることが丸儲けである』と断言しているのも、これまで培ってきた人生における経験によるもの…

そういった背景を知りながら、明石家さんまさんのことを見ていくと、いかに笑いにこだわり、視聴者と向き合っているかわかりますね。

息子・二千翔現在と明石家さんまとの関係

生い立ちの話でも分かるように、

明石家さんまさんにとって、息子・二千翔(にちか)さんは、実子ではありません。

ましてや、すでに、元妻・大竹しのぶさんとも離婚しているわけですから、ある意味で、いまは他人と見ることもできるでしょう。

 

しかし、明石家さんまさんは、決して二千翔さんとの関係を絶つことはしません。

それは、縁があって自身の息子となったことが全てであり、息子である以上、明石家さんまさんが離婚しようがしまいが関係なく、息子であると考えている…

だからこそ、いつまでも二千翔さんを息子として接し続けているのでしょう。

息子・二千翔(にちか)の現在が凄い!

現在、二千翔(にちか)さんは、

母・大竹しのぶさんと妹・IMALUさんのマネージャー

として活動しているそうです。

しかも、規模は小さいとはいえ、

  • 大竹しのぶ
  • IMALU

が所属する芸能事務所の副社長を務めています。

さらに、芸人になりたい人のためのウェブサイトなども立ち上げているんだとか…

さすがに芸能人として活動はしていませんが、凄い人物へと成長を遂げていますよね。

ちなみに、二千翔(にちか)さんに対して、明石家さんまさんは、

『ボス』

と呼ばせているみたい…

息子・二千翔(にちか)に対する父・さんまの悩み

そして、明石家さんまさんの唯一の悩みは、

息子・二千翔(にちか)さんが独身でいること

なんだそうです。

明石家さんまさん自身、何度も恋の話を振っているみたいですが、あまり響かないのか、結婚には興味が無く、デートも、

「お金がもったいから…」

という理由でしないらしく、母・妹からも呆れられているみたいですね。

ただ、

「それも二千翔(にちか)の人生」

と、認めてあげている明石家さんまさんは、二千翔(にちか)さんのことを、大切な息子として愛しているようです。

 

明石家さんまの本名・弟

さて、最後に、明石家さんまさんの本名や弟について触れていきましょう。

明石家さんまという名前はもちろん芸名で、本名は別にあります。

明石家さんまの本名

その本名は、

杉本高文

時折、『さんまのまんま』など、一部の番組で、『杉本高文』名義で出演していることもあり、多くの人が明石家さんまさんの本名は知っているでしょう。

特に隠すようなことでも無く、何でもオープンな明石家さんまさんですから、本名くらいは公表しているのでしょう。

明石家さんまの弟

さて、明石家さんまさんの弟についてですが、紹介したとおり、すでに亡くなられています。

後に、明石家さんまさんは、

「自分のことを尊敬してくれる凄くかわいい弟で、素直で凄く良いやつだった」

とも語られていますね。

弟もサッカー好きだった…

また、明石家さんまさんの話によると、サッカー部でキャプテンをしていてインターハイにも出場していた話も…

もし、若くして亡くなっていなければ、サッカー選手として活躍していたかもしれません。

そんな大切な弟が、まさかの事故(火災)によって亡くなるとは…

当時の明石家さんまさんには想像も出来ないことだったのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、明石家さんまさんの生い立ちを中心に、弟のことや、本名、そして、息子である二千翔(にちか)さんの現在を調査し、まとめてみました。

明石家さんまさんの人生は、想像を絶するほど波瀾万丈な人生で、弟の逝去や元妻・大竹しのぶさんの元旦那の逝去など、いろんな不幸を背負っています。

「生きてるだけで丸儲け」

というIMALUさんの命名の由来も、生い立ちを見ていくと深みを増しますね。

 

そんな悲しみを背負った明石家さんまさんだからこそ、

長男:二千翔さん

長女:IMALUさん

元妻:大竹しのぶさん

との絆を大切に、今後も笑いのある人生を過ごすのではないでしょうか。

関連記事
明石家さんまが出演NGを突きつけた鶴橋康夫監督と映画をチェック

映画監督には、さまざまなタイプがいます。 中でも熱血で、細部までこだわる監督は、何度もリテイクを要求したりしますよね。 そのあまりの厳しさに、大御所お笑いタレント・明石家さんまさんが出演NGを突きつけ ...

続きを見る

関連記事

-お笑い芸人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.