ダイエット 美容・健康

MCTオイルで下痢になる原因と対策を解説【正しい使い方もチェック】

MCTオイルで下痢になる

最近は、MCTオイルを使ってダイエットをする人が増えていますよね。

  • 手作りドレッシングにMCTオイルを混ぜる
  • 朝食や間食をMCTオイルのバターコーヒーに置き換える

といった方法で、

満腹感が続く

というのです。

 

また、MCTオイルによるダイエットでは、

筋肉を減らさずに痩せることができる

ことから、リバウンドを防ぎ、

『スタイル維持が可能なダイエット』

と言われています。

 

そんな、良いこと尽くしのMCTオイルによるダイエットですが、

  • 飲んで早々下痢になった
  • 胃痛や腹痛を度々引き起こす
  • 吐き気がする

などの声が挙がっていることを知っていますか?

 

この記事では、安全にMCTオイルダイエットを行うために、

  • MCTオイルで下痢になる原因と対策
  • MCTオイルの正しい使い方

をお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

MCTオイルで下痢になる原因

『飲むだけで痩せる』

と聞いて始めたMCTオイルダイエットで下痢になった。

もう続けない方がいいの?

MCTオイルのダイエットを始めてまもなく、こんな経験をしている人が多いです。

いくら『痩せる』といっても、毎回のように腹痛や下痢になっていては、身体に良いはずがありません。

MCTオイルで下痢になる人は、飲み方にも注意が必要です。

まずは、MCTオイルで下痢になる原因をチェックしてみましょう。

MCTオイルは副作用が起こることもある

油には、『良い油』と『悪い油』があります。

MCTオイルは、

中鎖脂肪酸100%

の油で、人間の体にとって良い油です。

しかし、いくら良質な油でも、多量摂取をすれば次の副作用が表れることがあります。

  • 下痢
  • 腹痛
  • 胃痛
  • 胃のむかつき
  • 吐き気

MCTオイルで下痢になる人は、副作用の一つである可能性があります。

多量摂取で下痢を引き起こす

MCTオイルに限らず、油を多量摂取すると下痢になることがあります。

MCTオイルで、下痢を引き起こす人の多くは、MCTオイルの多量摂取が原因です。

オイルは消化・吸収に時間がかかる

油は、消化・吸収に時間がかかります。

胃痛や胃のむかつきが起こるのは、『油が長時間も腸内に留まるから』と言われています。

油を多量摂取することで、腸内での消化・吸収が追い付かず、体外に排出しようとするため、腹痛や下痢を起こすのです。

空腹時のMCTオイルで胃腸に負担がかかることも

油は、胃や腸にとって刺激物です。

空腹時に、MCTオイルを摂取することで、胃や腸を刺激して、ぜん動運動を活発にさせ、腹痛や下痢に繋がります。

また、油は消化しにくいため、胃腸への負担が大きくなります。

とくに、空腹時であれば、負担もさらに大きくなってしまうのです。

体がオイルに慣れていない

もともとMCTオイルに体が慣れていない人は、

MCTオイルの1日の摂取量目安である『約30ml』でも、胃腸に負担

が、かかることがあります。

関連記事
MCTオイルのダイエット
MCTオイルは痩せるどころか太る?効果ない噂と寝る前の摂取がヤバイ真相

続きを見る

MCTオイルで下痢を起こすときの対策

MCTオイルの使い方

さて、ここからは、MCTオイルで下痢を起こすときの対策を、チェックしていきましょう。

目安は1日約30mlだけど少量から始める

MCTオイルの1日の摂取量は、約30mlです。

もし、この摂取量の範囲内でも、腹痛や下痢を起こす場合は、さらに少量から取り入れてください。

目安としては、

小さじ1杯(5g)

のMCTオイルからスタートをしましょう。

体が慣れてきたら、徐々に摂取量を増やしていきましょう。

1日複数回に分けてMCTオイルを摂取する

油は、胃腸にとって刺激物です。

一度に大量の油を摂取すると、消化・吸収が追い付かずに、腹痛や下痢を起こしてしまいます。

一度に、1日の摂取量である約30mlを摂取するのではなく、

朝食・昼食・間食・夕食、と複数回に分けてMCTオイルを摂取しましょう。

MCTオイルをそのまま飲まない

MCTオイルを摂取するときには、何かにかけたり、ドレッシングや飲み物に混ぜるようにして、

オイルだけで飲まないようにしてください。

とくに空腹時には、生のMCTオイルだけを飲むのは避けましょう。

乳製品と一緒に摂取する

MCTオイルを乳製品と一緒に摂取することで、乳製品の乳化作用により、胃腸への刺激を軽減することができます。

ヨーグルトにかけたり、スムージーに入れて飲んでみましょう。

レシチンを多く含む食べ物と一緒に摂取する

MCTオイルで下痢を引き起こす人は、

レシチンを多く含む食べ物と一緒に摂取をすることで、油を乳化する働きがある

と言われています。

レシチンは、卵や豆腐・豆乳などの大豆製品に多く含まれています。

レシチンを摂取できるサプリメントもあるので、

MCTオイルを飲む10~15分前に

摂取してください。

MCTオイル入り食品やパウダータイプもおすすめ

先に紹介した方法で、どうしても腹痛や下痢になりがちだという人は、

  • MCTオイル入りドレッシング
  • パウダータイプのMCTオイル
  • ゼリータイプのMCTオイル

をおすすめします。

とくに、パウダータイプのMCTオイルは、油で胃腸がもたれる人にはおすすめです。

油浮きすることなく、どんなお料理にもサッと溶けてくれるので、扱いやすさもメリットですよ。

MCTオイルの正しい使い方

正しい摂取量を守る

MCTオイルを使用する際は、摂取量を守ることが大切です。

MCTオイルの摂取量は、1日約30mlです。

必ず範囲内で使用してください。

 

また、1日の摂取量だけではなく、

1回の摂取量

にも注意が必要です。

一度に多量摂取は避けてください。

とくに、体調が良くない時や、胃腸が弱い人は、少量から取り入れるなど、工夫が必要です。

MCTオイルは『生のまま』使う

MCTオイルは『熱に弱い』特性があります。

加熱はせずに、『生のまま』使用することが望ましいです。

その時は、

  • ドレッシングに混ぜる
  • コーヒーに混ぜる
  • ヨーグルトにかける
  • スムージーに混ぜる
  • 納豆にかける
  • 豆乳に混ぜる

などのレシピがおすすめです。

筆者は、マリネやカルパッチョなどにも使用してみましたが、洋風のお料理にもぴったりでしたよ。

 

また、直接の加熱でなければ、

出来上がったシチューやお味噌汁にかける

という方法もおすすめです。

 

先にも紹介した通り、いくら『生のまま』と言っても、

MCTオイルだけを飲む

という方法は避けてください。

しっかりと食材とMCTオイルを混ぜ合わせて、胃腸への負担がない方法で取り入れてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

MCTオイルで、下痢になる原因と対策、そして正しい使い方をチェックしました。

 

MCTオイルは、人間の体にとって『良い油』ですが、腹痛や下痢を引き起こすことがあります。

この原因は、

  • 副作用
  • 多量摂取
  • オイルは消化・吸収に時間がかかる
  • 空腹時のMCTオイルで胃腸に負担がかかる
  • 体がオイルに慣れていない

ということが理由です。

 

MCTオイルで下痢になる人は、摂取量を守った上で、次の対策をしてください。

  • 目安は1日約30mlだけど少量から始める
  • 1日複数回に分けてMCTオイルを摂取する
  • MCTオイルをそのまま飲まない
  • 乳製品と一緒に摂取する
  • レシチンを多く含む食べ物と一緒に摂取する
  • MCTオイル入り食品やパウダータイプもおすすめ

 

また、MCTオイルの正しい使い方は、

  • 正しい摂取量を守る
  • 『生のまま』使う

となります。

直接の加熱でなければ、出来上がった料理にかけるのも良いでしょう。

食材とよく混ぜて、美味しく効果的にMCTオイルを取り入れてください。

関連記事
日清MCTオイル
【評判】日清のMCTオイルの口コミ評価レビューをチェック!

続きを見る

関連記事

-ダイエット, 美容・健康

© 2020 スピカ紀行