漫画

ダイヤのA act2最新刊(20巻)の発売日と収録ストーリーネタバレ!

『ダイヤのA act2』の単行本19巻では、

市大三校と薬師高校の戦いが繰り広げられています。

一回表の攻撃から市大三校を苦しめる薬師高校打線。

しかし、天久の好投でピンチを乗り切ります。

 

一回裏の市大三校の攻撃。

宮川の放った打球はセンターへ。

千丸がホームを狙おうとしますが、ランナーコーチャーに止められます。

薬師高校の守備力が上がっており、ホームに向かえば刺されるところでした。

 

ダイヤのA act2最新刊(20巻)では、薬師高校の守備力が上がっていたことや、エース天久の好投で1点を争う展開に。

薬師高校は、エース天久を攻略することができるのか…?

本記事では、ダイヤのA act2最新刊(20巻)の発売日と収録されるストーリーをネタバレ紹介していきます。

スポンサーリンク

ダイヤのA act2最新刊(20巻)の発売日

ずばり!

2020年1月17日

が、ダイヤのA act2最新刊(20巻)の発売日です。

 

参考までにダイヤのA act2の直近10巻の発売日をまとめてみました。

19巻 2019年10月17日
18巻 2019年8月16日
17巻 2019年6月17日
16巻 2019年4月17日
15巻 2019年1月17日
14巻 2018年11月16日
13巻 2018年8月17日
12巻 2018年6月15日
11巻 2018年3月16日
10巻 2017年12月15日

以上のように、ダイヤのA act2の単行本は、

2~3か月周期

で発売されてきました。

公式からも発表がありましたし、ダイヤのA act2最新刊(20巻)の発売日は、

2020年1月17日

で間違いないでしょう。

 

ダイヤのA act2最新刊(20巻)の収録本数とサブタイトル

ダイヤのA act2の19巻では、市大三校と薬師高校が対戦しています。

市大三校のエース、天久の攻略が試合の鍵を握りそうですね。

 

ここで、ダイヤのA act2最新刊(20巻)の収録本数と、サブタイトルを紹介していきます。

ダイヤのA act2の19巻収録ストーリー

まずは、前巻である19巻の収録ストーリーから。

166話 サマーエンジェルズ
167話 今の俺
168話 死力
169話 見据える先
170話 幾度となく
171話 3度目の
172話 バット猿とジーニアスボーイ
173話 待ってんだろ?
174話 薬師の弱点

19巻は9話収録されていました。

ダイヤのA act2最新刊(20巻)の収録ストーリー

175話 市大の圧
176話 第2ラウンド
177話 指2本分のプライド
178話 サーモグラフィー
179話 明と暗
180話 チームの為に
181話 去年の自分
182話 息吹
183話 4番の男

ダイヤのA act2の単行本は、1巻につき

9話前後のストーリーが収録

されています。

20巻も9話の掲載で、183話までが収録されるでしょう。

 

ダイヤのA act2最新刊(20巻)の収録ストーリーとネタバレ

ダイヤのA actⅡ183話

ダイヤのA act2 183話

続いて、気になるダイヤのA act2最新刊(20巻)のストーリーを、ネタバレしていきます。

第175話 市大の圧

1回裏、ツーアウトランナー三塁で、迎えるバッターは星田。

リスクの少ないアウトコースで勝負をする薬師バッテリー。

星田の放った打球はセンターに大きく上がります。

 

センターフライかと思いきやまさかのフェンス直撃。

薬師高校は先制点を奪われてしまいました。

 

轟監督はこの事態に焦りを見せます。

さらに、

追い打ちをかけるように三塁へ良い当たりが。

 

しかし、この打球は雷市がダイビングキャッチでおさえ、ピンチを切り抜けました。

ピッチャーの友部は、

良い当たりを連続されたことに納得がいかない

様子です。

 

攻守は代わり薬師高校の攻撃。

しかし、天久が

たった7球

でかわしてしまうのでした。

 

第176話 第2ラウンド

2回の市大三校の攻撃は、ランナーを二塁に進めながらも0点で終えます。

薬師高校のベンチでは真田がブルペンへ。

 

追加点は命取りになる。

轟監督はそのようなことを思いながら、真田のことを見ています。

 

薬師高校の攻撃はツーアウトランナーなしで雷市の打席。

ここで天久は、

スライダーのような球

を投げます。

この球を見た雷市は、

見たことがない球

だと驚きました。

スタンドでも同じく、天久の投げた球が何かわからない様子。

 

2球目は151キロのストレートでファール。

そして、3球目・・・。

初球に投げたあの球で、雷市は空振り三振をとられてしまうのでした。

 

第177話 指2本分のプライド

雷市は三振をとられながらも興奮していました。

天久は凄いと。

そんな雷市を見て、天久も笑っています。

 

天久が求めていたのは曲がりすぎるスライダーではなく、小さく変化するスライダーでした。

カットボールように鋭く曲がるスライダー。

天久はこの球を

「スライ」

と呼んでいます。

 

轟監督は、天久の新球を見たことで真田を投入することを決めます。

「これ以上、勢いづかせてはいけない。」

轟監督はそう考えています。

 

一方、市大三校の田原監督は、真田が登場したことによって薬師高校に後がないことを察知します。

 

真田のボールに負けないように、指2本分バットをを短く持つことを指示する田原監督。

指2本分のプライドを渡しに預けてくれ

と、願っているのでした。

 

第178話 サーモグラフィー

バットを短く持つ市大三校の選手を見て、真田は恐怖していました。

強豪校が謙虚なのが一番怖い。

しかし、真田はチャレンジャー精神をもって気迫のピッチング。

上位打線を3人で切り抜けました。

 

さらに真田は攻撃でもヒットをうち出塁。

轟監督は真田の活躍にハッパをかけられます。

勢いづく薬師高校でしたが、それでも天久を崩すことはできず。

 

それでも真田は気迫の投球を続けます。

雷市がこのまま終わるハズがない。

そう信じているのでした。

 

第179話 明と暗

6回、1点リードされたまま薬師高校の攻撃。

雷市は天久のスライに当てることはできましたが、セカンドゴロに打ちとられてしまいます。

焦りが見える薬師高校・・・。

スライを当てられたことで、警戒心を強める市大三校バッテリーに油断はありません。

 

さらに、市大三校は4番星田の意地の一打で追加点をあげます。

薬師高校の焦りは大きくなるいっぽうでした。

 

その後、8回まで0点の両校。

薬師高校の攻撃は9番増田。

結果ははたして・・・。

 

第180話 チームの為に

増田は雷市を信じ、驚異の粘りを見せます。

そして、フォアボールで出塁することに成功。

さすがの天久も疲れが見えている様子でした。

 

雷市は天久のスライとイメージし準備をしています。

薬師高校はバスターエンドランを仕掛け、ランナーを二塁に進めました。

そして、迎えるバッターは雷市。

市大三校ベンチは一塁が空いていることから、

雷市と無理に勝負をする必要はない

と考えていました。

 

そんななか、真田は雷市に気持ちを届けようとします。

俺とお前で決めよう。

真田の気持ちを受け取り、雷市は笑顔に。

いい所を持っていけと言う三島。

そして、応援団の声援もあり反撃ムードになる薬師高校。

 

この雰囲気を前に笑みを浮かべる天久。

気合を入れた天久がみせるピッチングとは・・・!?

 

第181話 去年の自分

天久の投じた一球目はカーブ。

雷市はこれを見逃しワンストライクをとります。

二球目は151キロのストレートでファールになりツーストライク。

そして、三球目。

インハイののつり球を、

スタンドインするほどの当たり

にする雷市。

 

これには市大三校バッテリーもヒヤッとします。

しかし、天久は強気な態度を変えません。

天久に殺気のような気迫をみせる雷市。

 

轟監督は雷市に対しこう思っていました。

目の前の投手を仕留めることに全てをかけろ。

 

そして、天久の投じた四球目。

スライもファールにする雷市。

市大三校バッテリーに動揺が見られます。

対して、雷市の目は獲物を狙うように鋭くなっていくのでした。

 

第182話 息吹

少しずつスライに対応し始める雷市。

ここで天久の選んだ球は、左打者の後ろ足を狙う

バックフットスライダー。

スライを見せた後に、大きな変化のスライダーで勝負に出る天久。

 

一方、雷市は集中力を高めていました。

周りの音は聞かず、ただボールだけに集中する。

必要なのは

ボールの息吹

を感じること。

 

そして、ついに・・・。

 

雷市は天久のスライダーを捉えます。

打球は右中間を破り、タイムリーツーベースとなりました。

 

値千金のヒット。

それでも、雷市は納得いっていないようでフォームを確かめています。

 

あいつはマジで凄い。

雷市のことを認める天久。

むしろヒットに抑えたことで、自分も凄いんじゃないかと言っています。

 

天久は興奮状態でした。

そして、そのまま真田へ投じた一球・・・。

これが甘く入り、真田が見逃さず痛烈の当たりを放つのでした。

 

第183話 4番の男

真田が放った打球はレフト前へ。

しかし、打球が強すぎてランナーは返せず。

驚くほど甘い球だった

と真田は言います。

 

これは、田原監督とキャッチャーのたかみーも気づいており、懸念していました。

そして、迎えるバッターは4番三島。

轟監督は三島に全てをたくします。

 

市大三校バッテリーは、三島がスライに対応できていないことを察知し、スライを使ってピッチングを組み立てることに。

 

しかし、三島の気迫が勝り、スライに何とか当てます。

打球はセカンドゴロ。

ゲッツ―をとりに行く市大三校。

しかし、三島がセーフになり、いよいよ同点に!

終盤の8回で同点に追いついた薬師高校の攻撃は続く・・・!

スポンサーリンク

まとめ

ダイヤのA act2最新刊(20巻)の発売日は、

2019年1月17日

となります。

最新刊に収録されているストーリーでは、

  • 先制点をとられ、焦る薬師高校
  • 悪い流れを断ち切るために、エース真田が登板
  • それでも市大三校が追加点をとる
  • 雷市を信じ、力投する真田
  • 期待に応えるように雷市がヒットを放つ
  • 4番の男、三島が気迫の追加点をあげる

が描かれました。

 

序盤は余裕も見せていた天久。

薬師高校に終盤で追いつかれ、ショックを受けている様子でした。

しかし、このまま簡単に終わるとは思えません。

次巻の21巻で、

天久がどのようにピンチを乗り切るのか?

気になりますね。

関連記事

-漫画

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.