著名人

Matt化加工タイムをチェック!メイクの方法とかかる時間を紹介!

現在空前の

『Matt化』

ブームとなっていますね。

『Matt化』というのは、タレントのMattさんが、携帯で撮影した画像に写る人物を、加工アプリで”Mattさんのようにしてしまう”こと。

芸能人の中には

「Matt化したい!」

と望む人がいるほど、大注目されています。

 

ネットユーザーも、次は誰がMatt化するのかと楽しみにしているのです。

その”Matt化”にかかる画像加工のタイムは、どのくらいかかるのでしょうか。

皆さん驚きの変わりっぷりなので、相当な時間がかかりそうなのですが...。

また、美意識の高すぎるMattさんのメイクの方法や、メイクにかかる時間も気になります。

 

そこで今回は、Mattさんによる『Matt化』の画像加工時間や、メイクの時間がどのくらいかかるのかや、メイクの方法について調査していきます!

スポンサーリンク

Matt化の加工タイムはどのくらい?

さて、まずは『Matt化』にかかるタイムを調べていきますね。

Matt化するための加工アプリ

『Matt化』にかかるタイムを調査する前に、Mattさんが使用しているアプリを紹介します。

まるで人形のような顔になる『Matt化』には、

  • Ulike
  • BeautyPlus
  • Lightroom

という3つのアプリが使用されています。

 

まず、『Ulike』で撮影をして、その後に撮影した画像を『BeautyPlus』『Lightroom』で加工します。

様々な画像加工アプリがでていますが、Mattさんのようになりたいのなら、同じアプリを使用してみてください。

『Matt化』の加工ポイント

Mattさんは『Matt化』するために、大切なポイントについて、次のように語っています。

まず、『BeautyPlus』を使う際の必須項目をチェックしましょう。

  • 夜間撮影モードを使う
  • 顔体痩せを効果的に使う
  • 美歯を白目部分にも使う

この3つのポイントをしっかりと抑えてくださいね!

意外にも、”夜間撮影モード”を使うようです。

”夜間撮影モード”は、キレイに撮影しようと思うときには、なかなか使わないモードではないでしょうか。

また、歯に使う機能を白目部分にも使うのが、”Matt流”みたいです。

 

次に『Lightroom』を使うときの必須項目です。

  • ライトで明るく
  • カラーで色味を変化
  • ディティールでノイズ軽減

これらの3つのポイントが大事ということですよ。

2つのアプリを組み合わせるあたり、加工技術が高いと感じますね。

『Matt化』にかかるタイム

2つの加工アプリを駆使して行う『Matt化』は、どのくらいの時間を要するのでしょうか。

2019年11月16日に、ローラさんとの2ショット画像を投稿しました。

そこには、

https://www.instagram.com/p/B45Avc8jbWU/?utm_source=ig_web_copy_link

ローラさんがキレイすぎて

やる所なさすぎて、秒で加工おわった

と書かれています。

人によっては、ほんの数秒で『Matt化』できてしまうようです。

平均的な『Matt化』の時間は、

だいたい20分くらい

なのだそうですよ!

『Matt加工』に慣れているMattさん本人でも、20分もかかるということで、習得するのは、なかなか難しいのかもしれませんね。

 

Mattのメイク方法は?

次にMattさんのメイク方法をチェックしていきますね!

なんと、チョコレート菓子『ブラックサンダー』の公式YouTubeチャンネルから”Mattメイク”を解説する動画が公開されているのです。

さっそく動画をチェックしてみましょう。

動画を見ると、Mattさん本人が丁寧に、メイク法を解説してくれていますね!

それでは動画のメイク方法をまとめていきます。

  • カラコンをつける(水色のカラコンでMatt色にする)
  • Tゾーンなどを”テカる”部分に下地クリームを塗る
  • コントロールカラーを塗る(肌が黄色の人はパープル、赤みのある人はグリーン)
  • 気になる部分をコンシーラーで隠す
  • クッションファンデを塗る
  • パウダーを塗る
  • シェーディングを入れる
  • ハイライトを入れる
  • チークを入れる
  • 眉毛を描く(眉頭から真ん中あたりは平行、眉山はしっかり、最後はシュッと)
  • ダブルラインを引く
  • アイシャドウで馴染ませる(上まぶた)
  • アイシャドウでたれ目を作る(下まぶた)
  • 下まぶたの内側に赤いラインを入れる
  • 上まぶたの目尻のアイラインを引く(茶色か黒色)
  • つけまつげを付ける(Mattさん本人はまつエクをしている)
  • 涙袋を作る(目頭より内側からラインを引く)
  • ノーズシャドウを入れる(眉頭より内側から△に入れる)
  • 鼻の下にローライトを入れる(Yの字)
  • アゴ、下唇の下にもローライトを入れる
  • リップラインを描く(端を跳ね上げっぽくする、ハイライトを入れる)

このような工程でMattメイクが完成します!

Mattさんのこだわりが満載のメイクだという印象ですね。

 

Mattのメイクにかかる時間は?

Mattメイクは、普段女性が日常的に施しているメイクよりも、かなり手が込んでいる印象を受けました。

実際にMattメイクには、どのくらいの時間がかかっているのでしょうか。

 

MattさんはMattメイクの時間について、

3時間

と語っていました!

メイクに3時間かける人は、なかなかいないのではないでしょうか。

3時間のメイク内容は、

  • 2時間メイク
  • 1時間スキンケアとマッサージ

なのだそう。

 

Mattメイクは、工程が多く、じっくりと行ったら2時間はかかってしまうでしょう。

それにしても、1時間もスキンケアやマッサージを行っているとは、驚きですね!

Mattさんのすごいところは、メイクだけに力を入れているのではなく、

スキンケアにも余念がないこと

なんです。

素肌がキレイであれば、キレイであるほど、メイクの仕上がりがよくなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

Mattさんの画像加工『Matt化』にかかる時間は

だいたい20分くらい

だといい、美人の画像加工になると

秒でおわる

ことも。

また、Mattさんのメイク方法は

工程が多く、完全オリジナルのメイク法

でした!

Mattメイクにかかる時間は、

3時間

で、そのうち

1時間はスキンケアとマッサージ

に充てているそうですよ。

Mattさんの美意識には、脱帽ですね。

これからも、あらゆる人に『Matt化』していくのでしょう。

次は誰が『Matt化』するのか、楽しみにしていたいですね!

関連記事
Matt
Matt(マット)の顔は整形?超絶進化を過去から現在まで画像チェック

元プロ野球選手の桑田真澄さんの息子であるMatt(マット)さん。 細部まで美を追求する彼は、その美意識が高すぎるともっぱらの話題です。   Matt(マット)さんの顔の見た目は、肌に透明感が ...

続きを見る

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.