有名人の整形の噂

最上もがの本当の年齢と整形の真相を昔と現在の画像で比較検証!

アイドルグループ『でんぱ組.inc』の元メンバーの最上もがさんは、謎の多い女性ですよね。

まず彼女は、

年齢不詳

なので、年齢がいくつなのか、というところが気になる点でしょう。

さらに最上もがさんには、

整形

の噂もあるみたい...。

整形疑惑については、彼女の昔と現在の画像を比較してみてみれば、わかりそうですね。

 

そこで今回は、最上もがさんの本当の年齢を調査し、整形疑惑について昔と現在の画像をチェックして検証していきます!

スポンサーリンク

最上もがの本当の年齢はいくつ?

最上もがさんは、アイドルグループ『でんぱ組.inc』のメンバーとして活躍していました。

そして、この『でんぱ組.inc』は、

全員が本名と年齢を非公開

としていたのです。

そうした経緯があり、最上もがさんはずっと年齢不詳だったんですよね。

しかし、2018年2月25日に、最上もがさんは自身のTwitterで

自ら年齢を公表

しています。

その際に、誕生日を迎えて『29歳になったこと』を伝えたのです。

彼女は、

1989年2月25日生まれ

なので、2019年に30歳になりました!

 

2018年2月25日の最上もがさんの29歳の誕生日に、年齢を公表したことを知った人は、

https://twitter.com/radittts/status/967688918681309184

など、

公表した実年齢よりも、もっと若いと思っていた

という人がとても多かったです。

しかし、一部では

など、2019年時点で、年齢公表したことを知らなかった人もいるようですよ。

いずれにしても、最上もがさんの年齢については、多くの人が関心を持っていることがわかりましたね。

 

最上もがは整形している?

次に最上もがさんの整形の噂について、調査してきますね。

ネットでは、

https://twitter.com/gabutyon/status/961939040734867456

など、

昔より可愛くなったことで整形を疑われている

ようですね。

それでは、本当に彼女は整形をしているのでしょうか。

次に、昔と現在の画像を比較して検証していきます。

 

最上もがの昔と現在の画像を比較検証!

最上もがさんは、ネットで整形をしていると騒がれてしまっているようですね。

さっそく画像を見ていきましょう。

まずはこちらの画像です。

最上もが

最上もが

左の画像は、おそらく高校時代の最上もがさんで、当時17歳くらいだと思われます。

右は、2019年の30歳の最上もがさんの画像。

高校時代の画像を見ると、30歳の顔と

かなり顔の雰囲気が違う

と感じますね。

高校時代の画像の目元に注目すると、

まぶたが腫れぼったい

ことがわかります。

最上もがさんは、もともと

一重まぶた

だったようですね。

ただ、まぶたの部分をよく見ると、うっすらですが、

二重の線らしきもの

が確認できます。

一方で、30歳の画像を見ると、

  • ぱっちりした大きな目
  • 平行二重まぶた

であるということがわかります。

ここまで目の印象が変わると、

整形を疑われても仕方ない

のかもしれません...。

ただ、この画像だけでは、整形を断言することはできないので、さらに画像検証を続けてみました。

 

次の画像がこちらです。

最上もが

最上もが

左の画像は、高校時代の最上もがさんでおそらく17歳か18歳ごろの画像。

右は2019年の30歳の最上もがさんが制服を着ている画像。

高校時代の画像を見ると、

一重まぶたで目つきが鋭い

ですね。

まぶたには、二重の線のようなものがあるみたいですが、くっきりとした線にはなっていません。

鼻を見てみると、

鼻筋が通っていて、シャープな鼻

をしています。

30歳の制服姿の画像は、高校時代の画像よりも

目力

がありますよね。

鼻の雰囲気は高校時代と変わっていないようです。

 

さらに次の画像を見ていきましょう。

最上もが

最上もが

左の画像は、高校時代の最上もがさんで、17~18歳ごろの画像。

右の画像は、2019年の30歳の最上もがさんの画像。

 

高校時代の画像を見ると、下からのアングルで撮影していることや、目を見開いていることから、目が少し大きく見えます。

しかし、このときはまだ、二重まぶたではないようですね。

30歳の画像は、

くっきりと二重まぶたの線が入っている

ことが確認できて、目がとっても大きいのです。

高校時代に、うっすらと入っていた二重の線が、ここまでくっきりはっきりとした線になるためには

  • アイプチなどの二重まぶたのメイク
  • 二重まぶたの整形

このいずれかを行う必要があるでしょう。

けれど、高校時代にうっすらと線が入っていたのは、アイプチによるものではないと考えられます。

なぜなら、アイプチなどの二重まぶたを形成するメイクアイテムを使用した場合、

  • まぶたがくっつく
  • 二重がくっきり

となるはずだからです。

二重の線がうっすらとあるだけ、ということになれば、それは

一重まぶたの目を開いたときにできる”シワ”のようなもの

である可能性が高いですね。

最上もがさんは一重まぶたでしたが、目の大きさそのものは、大きい方でしょう。

一重まぶたの人も目を開くと、自然に目の上に線が入り、二重まぶたになることがあります。

最上もがさんも、自然と二重まぶたになった可能性がゼロではないのですが...。

さすがに何もせずに、くっきり平行二重まぶたになることは、まずないですよね。

 

次の画像でさらに検証していきますね。

最上もが

最上もが

左の画像は、高校卒業後の最上もがさん。

おそらく18歳ごろの画像。

右は、2019年の30歳の最上もがさんの画像。

高校卒業後の画像を見ると、金髪になっていることから、

すっかりあか抜けていて可愛い

ですよね。

ただ、目を見てみると

まだくっきり二重まぶたになっていない

のです。

しかし、

  • 金髪
  • 鼻の雰囲気
  • 上下ぷっくりとした唇

は、現在の姿と変わりがないですね。

彼女に大きな変化があったのは

目元だけ

のようです。

 

次の画像を見ていきましょう。

最上もが

最上もが

こちらは、2019年の30歳の最上もがさんの画像です。

こちらの画像は”すっぴん画像”です。

目元を見ると、

二重まぶたの線はあるが、うっすらした線

であることが確認できます。

しかし、なぜメイクしているときは、くっきりとした目元なのに、すっぴんになると二重まぶたの線が薄くなるでしょうか。

実はそこに、最上もがさんの目元の変化の”真相”が隠されていたのです。

最上もが整形について言及

最上もがさんは、整形の噂について言及しており、

整形はしたことない

と、はっきりと整形を否定しているのです。

本人が完全に整形を否定しているにも関わらず、広まり続ける整形の噂...。

それほど、彼女は昔より可愛くなったんですよね。

最上もがの整形疑惑の真相

最上もがさんは、腫れぼったく鋭い一重まぶただった目が、キレイな平行二重まぶたになったことで、整形疑惑が浮上していました。

そんな中、最上もがさんは

二重まぶたになった経緯

について語っていたのです!

彼女は、2014年7月17日に自身のアメーバブログに『逃げずにやってること』という記事を投稿しています。

そこで、ファンからの質問に答えていました。

ファンからの質問は、キレイな二重が生まれつきなのか、二重になる方法があったら教えて欲しいというもの。

この質問に対して彼女は、

  • 小さい頃は薄い二重だった
  • 右目は一重に近かった
  • コンプレックスだった

と語っています。

そして二重まぶたになったのは、

つけまつげ

をつけたから、だというのです!

実は、つけまつげがまぶたを持ち上げる力で、平行二重まぶたのクセがつくという話は、珍しい話ではありません。

つけまつげによってできた二重まぶたは、とても自然でキレイなんですよね。

つけまつげを何年もつけていた彼女は、

いつのまにか二重になっていた

ということでした!

 

ただ、つけまつげをつければ、誰もが二重まぶたになるわけではありません。

最上もがさんの場合、彼女の母親が20歳くらいまで一重まぶたに近かったが、年をとってまぶたが痩せたことで、二重まぶたになったそうです。

そんな遺伝的な要素もあって、最上もがさんも二重まぶたになりやすかったのではないか、と考えられますね。

彼女が、

  • メイクをしているとき(つけまつが)⇒二重の線がくっきり
  • すっぴんのとき⇒二重まぶたの線が薄くなる

のは、

つけまつげによって二重まぶたが作られていたから

ということだったのです!

スポンサーリンク

まとめ

最上もがさんの年齢を調査したところ、

1989年2月25日生まれ

2019年に30歳

になっていたと判明しました。

 

そして、

一重まぶたが平行二重まぶたになった

ことから整形疑惑が浮上していましたが、これは、

整形ではなく『つけまつげ』で、二重まぶたのクセがついたから

とわかりました!

このようにして、最上もがさんは整形をせずに、ぱっちりしたキレイな二重まぶたを手に入れていたのですね。

関連記事

-有名人の整形の噂

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.