漫画

【漫画】ドリフターズの休載理由や原因をチェック!作者・平野耕太は病気?

『HELLSING』で有名なヒラコーこと平野耕太先生の漫画『ドリフターズ』。

ヒラコーイズムが存分に発揮されている面白い漫画ではあるのですが、月刊誌で連載しているにも関わらず、休載が多すぎて、

完結するかどうかが怪しい作品

の1つとして、名前が挙がってしまうほど…。

 

では、なぜ漫画『ドリフターズ』は非常に休載が多いのか?

当記事では、平野耕太先生の漫画『ドリフターズ』について、休載の理由や原因を調査してみました。

スポンサーリンク

休載が多すぎる漫画『ドリフターズ』

月刊誌『ヤングキングアワーズ』で連載中の平野耕太先生の漫画『ドリフターズ』といえば、

休載が多すぎて、完結が危ぶまれる作品

の1つです。

1か月掲載したかと思えば、すぐ休載、2~3カ月連続休載は当たり前など、ひどい有様です。

 

2017年からは、

1年に6~7回の掲載が当たり前

になっていて、1年の半分は休んでいる状態です。

2019年には、4月~6月まで3か月連続で掲載したことがあったのですが、

3か月連続で掲載されるという奇跡

と、至極当然のことがミラクル扱いされるほど休載しまくっている…

それが『ドリフターズ』なのです。

 

いくら月刊誌の連載とはいえ、

連載から10年で、単行本がたった6巻しか出ていない

という状況も、『ドリフターズ』の休載の多さを物語っているでしょう。

あまりの休載の多さに、作者・平野耕太先生は、

休載四天王

という不名誉な称号を持つ者の1人となってしまいました。

もはや現在では、平野耕太先生は、仕事をさぼってゲームやツイッターに勤しんでいるイメージを持っている人もいるほどです。

とくにTwitterの更新頻度は非常に高いのです。

金曜ロードショーの日になると、実況し始めたり、何かしらの話題が盛り上がるたびにネタツイートを投稿しています。

平野耕太先生のことをよく知らない人からしたら、

Twitter芸人

と思われているのではないでしょうか。

 

ただし、平野耕太先生は、ただのサボり漫画家というわけではありません。

掲載される時は非常に書き込まれていて、クオリティが非常に高いです。

だからこそ、休載頻度が非常に高くても、多くのファンが愛想を尽かさずに掲載を待っているのです。

 

とは言っても、連載が非常に遅いので、このペースだと完結が危ぶまれるわけですが…

一応、平野耕太先生としては、

「未完のまま終わらせることはしない」

とのこと。

『ドリフターズ』ファンである有吉弘行さんが、『アメトーーク』で、

「ドリフターズが終わるのが早いか、作者が亡くなるのが早いか、俺が亡くなるのが早いか……どっちみち最後までたどり着かないんじゃないか」

と発言した際には、Twitterで、

「死ぬまでには終わらせます」

とコメントしていました。

その言葉が偽りにならないよう、頑張ってほしいものですね。

 

『ドリフターズ』の休載が多い理由・原因は?

漫画『ドリフターズ』は、なぜこんなにも休載が多いのでしょうか。

その理由を調べてみました。

 

まず、漫画の休載に多いのが、作者が病気になって療養するというケースですよね。

しかし、平野耕太先生が病気になった情報はありません。

 

ただ、気になる情報が1つあります。

つい最近、2019年11月のことですが、

閃輝暗点になったことをTwitterで報告していました。

閃輝暗点というのは、

突然視界にギザギザした光の波が現れて広がり、その部分が歪んで見えたり暗く見えたりする視覚異常の1つ。

基本的には、大きな病気というわけではなく、片頭痛の前兆現象として定期的に訪れるものなので、平野耕太先生が病気ということではないでしょう。

…が、しかし、まれにですが、頭痛を伴わないケースがあります。

頭痛を伴わず、閃輝暗点だけが起こる場合は、

  • 脳梗塞
  • 脳動静脈奇形
  • 脳腫瘍

のおそれがあるため注意が必要です。

現状では、平野耕太先生が病気ということは発表されていないので、大丈夫だとは思いますが…

そもそも、『ドリフターズ』の休載は、今に始まったことではないので、病気が原因という線は薄いでしょう。

メモ

今後検査を受け、もし病気が判明した場合、その後の連載スケジュールへの影響は病気が原因になりますが…。

 

では、なぜ『ドリフターズ』は休載が多いのでしょうか?

『ドリフターズ』の休載が多い理由は、残念ながらわかっていません。

なぜかというと、休載四天王クラスになると、

もはや理由もなしにいきなり休載することが当たり前になっていて、何の説明もありません。

そのため、理由の察しようもないのです。

 

ネット上では、

  • 描き込みが多いから1か月では描き終わらない
  • ただ単にサボって遊んでいるだけ
  • ゲームとTwitterが本業になってるからやる気がない

などと言われていました。

Twitterでは、他の冨樫病の漫画家についてツッコミしていたみたいですが、まさにブーメランですよね。

せめて、原稿を落としたなどの理由をはっきりさせてくれればいいのですが…

そうでなければ、今の平野耕太先生のTwitterでの悠々自適な生活感から、

ただ単にサボっているだけに見られても仕方ないのではないか

と、筆者は思いますね…。

スポンサーリンク

まとめ

漫画『ドリフターズ』の休載が多い原因・理由は、公式が何の情報も出していないため、

  • こだわりを持って描き込むため、原稿を落としてしまう
  • 単にやる気がない
  • ゲームやTwitterで忙しく、仕事をさぼっている

などの諸説が流れていますが、真相は不明です。

 

休載四天王の1人

とまで言われ、

1年の半分以上は休載している

のに、それでもなお根強いファンがたくさんいるのが、『ドリフターズ』です。

それだけに、何とかファンのために物語を完結させてほしいところですね。

関連記事

-漫画

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.