漫画

終末のハーレム最新刊(10巻)の発売日と収録ストーリーをネタバレ紹介

終末のハーレムの単行本9巻では、

女性たちによって、善が極限状態に追い詰められます。

現実かどうかも判断できない状況に陥る善。

そんな善をさらに追い詰めるように、イザナミの村では聖なる夜が開始されるのでした。

 

終末のハーレム最新刊(10巻)では、MKウイルスのワクチン開発に向けて怜人が奔走します。

しかし、その過程で驚愕の事実を知ることになるのでした。

本記事では、終末のハーレム最新刊(10巻)の発売日と、収録されるストーリーをネタバレ紹介していきます!

スポンサーリンク

終末のハーレム最新刊(10巻)発売日

ずばり!

2020年1月4日

が、終末のハーレム最新刊(10巻)の発売日です。

 

参考までに終末のハーレムの9巻分の発売日をまとめてみました。

9巻 2019年8月2日
8巻 2019年3月4日
7巻 2018年11月2日
6巻 2018年7月4日
5巻 2018年2月2日
4巻 2017年10月4日
3巻 2017年6月2日
2巻 2016年12月31日
1巻 2016年9月2日

以上のように、終末のハーレムの単行本の発売日は、

4~5か月周期

で発売されてきました。

また、今回の発売日については、

少年ジャンプ公式サイトでも、発売日が発表されています。

よって、終末のハーレム最新刊(10巻)の発売日は、

2020年1月4日

で間違いないでしょう。

 

終末のハーレム最新刊(10巻)の収録本数とサブタイトル

終末のハーレム9巻では、イザナミの村にいる善の様子が描かれました。

また、土井翔太が藤堂晶のもとを訪れます。

晶は翔太の赤ちゃんが欲しいと言って迫ってきました。

はたして、翔太はどのような選択をするのか・・・?

 

ここで、終末のハーレム最新刊(10巻)の収録本数と、サブタイトルを紹介していきます。

終末のハーレム9巻の収録ストーリー

56話 前夜
57話 聖心祓穢
58話 国産み
59話 約束
60話 卑略
61話 摩擦
62話 挑発

9巻には7話が収録されていました。

終末のハーレム最新刊(10巻)の収録ストーリー

続いて、最新刊である終末のハーレム10巻です。

63話 占われる未来
64話 試される覚悟
65話 ロスアニア大公女
66話 天才科学者
67話 たったひとつの冴えたやり方
68話 5人の女性
69話 黒田マリア

終末のハーレムの単行本は、1巻につき、

7話前後のストーリーが収録

されています。

10巻も7話の掲載で、69話まで収録されるでしょう。

 

終末ハーレム最新刊(10巻)のストーリーのネタバレ

終末のハーレム63話

終末のハーレム63話

続いて、気になる終末のハーレム最新刊(10巻)のストーリーを、ネタバレしていきます。

第63話 占われる未来

翔太さんが欲しいと言って、顔を赤くする晶。

晶のもとへやってきた翔太は、メイティングを始めます。

メイティングが終わり、一緒にシャワーを浴びる2人。

翔太はそのタイミングで、晶に頼みがあると伝えました。

 

その頃、香港ではビンビンと共に、ビンビンのボスを訪ねていた怜人たち。

ボスのもとには、別々で行動していたまひるや朱音たちもいます。

 

ビンビンのボスの名前は呂大人。

彼女はビンビンのおばあちゃんでもあります。

 

突然、怜人たちを占いだす呂大人。

海の向こうの支配者たち。

金髪の若い女が見えると言います。

 

それを聞いて怜人は、クロエのことが頭に浮かびました。

さらに、呂大人は続けてこう言います。

 

老女、淑女、少女の三賢者が女だけの世界を作ろうとしている。

そのためなら、ナンバーズに危害を加えてもおかしくない。

大きな選択をする時は、しっかり考えろと伝える呂大人。

 

しかし、怜人のやるべきことは決まっています。

 

MKウイルスの特効薬を作り世界を回復させること。

自分のやるべきことに集中すると、怜人は決意を述べます。

 

怜人の決意を聞いた呂大人は、ビンビンにMKウイルスの結晶を渡し、監視するように仕向けました。

必ずワクチンを作ると、怜人は約束を交わすのでした。

第64話 試される覚悟

呂大人に力を貸してもらえることになった怜人たち。

ジェット機を使い、ヨーロッパへ向かいます。

 

ヨーロッパの研究施設とMKウイルスの結晶があれば、ワクチンを作れるはず。

確信に近いものを、怜人は感じていました。

 

そんななか、絵理沙がイザナミの者だといって、信用していないビンビンは、絵理沙と言い合いになっていました。

UMから怜人を守るために、イザナミの者と偽っていると説明する絵理沙。

しかし、言葉だけでは納得できないビンビンは、絵理沙の体を調べると言います。

 

服を脱がし、くまなく確認するビンビン。

聖痕はみつかりません。

ビンビンはとりあえず信用した様子です。

 

確認が終わったビンビンは、

これから行く国のお姫様は私より手ごわい

と伝えました。

 

一方、コールドスリープのカプセルに翔太を連れてくるエリカ。

私の覚悟を知ってほしい

と言い、服を脱ぎます。

そのカプセルには、翔太をイジメていた男・高松が眠っていたのでした。

 

その後、翔太とエリカはカプセルの前で体を重ねます。

しかし、突然カプセルが開いてしまい、MKウイルスに感染してしまう高松。

 

翔太は高松のことを花蓮に確認しますが、高松は助からないと答え、笑いながら去っていきます。

一方、花蓮が翔太に話したことを知らないエリカは、翔太には言わないでほしいと花蓮に頼みました。

 

翔太はすでに高松のことを話していますが、翔太には言わないと約束し、笑みを浮かべる花蓮なのでした。

第65話 ロスアニア大公女

ヨーロッパのロスアニア公国についた怜人たち。

ロスアニア公国の姫・アナスタシアと会います。

 

MKウイルスから逃れることができなかったロスアニア公国は、危機的状況にありました。

そのため、姫はいきなり怜人に結婚を要求してきます。

タキシードは着ましたが、まだ結婚にはOKしていないと言う怜人。

物事には順序がある・・・。

ここは日本式で行きましょうと、怜人は提案します。

 

日本式とは結婚前に床入りを済ますこと。

ハレンチと言いながらも、姫はOKを出します。

 

こうして2人はベッドに向かいますが、怜人にその気はありません。

少し話をしましょうと言って、好きな男性について質問します。

 

純血を保つ必要があったこと。

また、MKウイルスにより、男性がいなくなったこともあり、

男性を好きになったことがない

と答えます。

 

それでも結婚を急ぐのは、国のためだと言う姫。

そんな姫に怜人は、研究施設を使わせてほしいと頼みます。

 

ワクチンを作ることが、国を救う一番の近道になる

と、怜人は説明しました。

こうして、怜人は研究施設を使う許可をもらいます。

 

絵理沙と共に研究施設に入る怜人。

研究施設のクリーンルームで、絵理沙は怜人に大事な話があると言います。

 

それは、次の実験で

怜人が命を落とすかもしれない

ということでした。

第66話 天才学者

衝撃の発言をした絵理沙。

理由を聞こうとする怜人ですが、絵理沙は沈黙します。

そのまま2人は実験施設へ向かうことに。

 

その途中、姫の口からシン博士の名前があがります。

シン博士は生命科学の権威であり、MKウイルスの特効薬開発にも携わっていたとのこと。

しかし、成果が出ないことに希望をなくし、現在は山で暮らしていると、姫は教えてくれました。

姫の話を聞いた怜人は、シン博士を訪ねることにします。

 

シン博士のもとにやってきた怜人。

人間はシンプルな生活を送った方がいいんじゃないか

と、山で隠居するシン博士は話します。

 

男がウイルスで命を落としていったのは、

神を怒らしたのかもしれない

と考えるシン博士。

その様子を見て、

シン博士もウイルスで大切な人を失った

と怜人は感じています。

 

怜人にMKウイルスの結晶を持ってきたかと確認したシン博士は、怜人にあることを告げました。

それは、

怜人が命を落としてしまうということ。

シン博士も絵理沙と同じことを言いました。

 

怜人に濃度の高いMKウイルスを打ち込み、そこからワクチンを作る。

しかし、ウイルスが怜人の抵抗力を上回るかもしれない。

シン博士はそう説明してくれました。

 

命を落とすかもしれない。

それでもやらなければならない。

怜人は覚悟していました。

 

そんな怜人に、

女性と行為をしたことがあるか

シン博士は尋ねます。

 

それに対し、ないと答える怜人。

自分の身体に変化があると、ワクチン開発に支障がでるかもしれない。

そう考えていると話します。

 

しかし、それは逆だと言うシン博士。

本気でワクチンを作りたいなら、

女性との行為が必要

と伝えるのでした。

第67話 たったひとつの冴えたやり方

MKウイルスに勝つためには、男性ホルモンを活性化させる必要がある。

それには、女性との行為が一番だとシン博士は言います。

 

なんなら協力してやろうか

と伝えるシン博士。

顔を赤くしながら怜人は断るのでした。

 

シン博士のもとから宮殿へと帰った怜人。

そこに絵理沙や姫たちがやってきます。

出向けてくれた女性陣を見て、恥ずかしくなる怜人。

 

シン博士から言われたことで、女性を意識し始めたのです。

今までは気にしていませんでしたが、意識するとみんな可愛い人ばかり。

戸惑いを隠せない怜人なのでした。

第68話 5人の女性

メイティングを意識し始めた怜人。

女性陣も怜人の異変に気づいています。

シン博士に言われたことをビンビンにぴたりと的中

され、怜人も認めました。

 

女性陣で怜人とのメイティングを拒むものはいません。

しかし、話し会いに終わりが見えなかったため、ひとまず女性陣だけで話し合うことになります。

 

その間に火野と連絡をとる怜人。

怜人が美来のことを気にしていること

を火野は察しており、様子を見てくると玲人に約束してくれます。

 

絵理沙と話したかった怜人は、風呂場の外で絵理沙に声をかけます。

しかし、絵理沙は自ら

メイティング候補を外れる

と告げました。

 

茫然とする怜人。

そんな彼に声をかけてきたのは、マリアなのでした。

第69話 黒田マリア

話し合いの結果、

1人2日ずつ怜人と過ごし、それからメイティングの相手を選んでもらう

ことになったとマリアが説明します。

自分とメイティングすることはイヤじゃないかと確認する怜人。

その質問に動揺しながら、マリアは怜人としたいことがあると打ち明けます。

 

マリアがしたかったこととはオシャレをすることでした。

気になった服をマリアが合わせていき、怜人が服をプレゼントしてあげます。

1つ望みを叶えてもらったマリア。

そんな彼女は、怜人を抱きしめてもう1つ望みを伝えます。

 

それは、

自分のことをマリアと呼んでほしい

ということなのでした。

スポンサーリンク

まとめ

終末のハーレム最新刊(10巻)の発売日は、

2020年1月4日

となります。

最新刊に収録されているストーリーでは、

  • ワクチン作りの成功を固く決意する怜人
  • ビンビンに疑われる絵理沙
  • 怜人が姫にいきなり結婚を迫られる
  • 次の実験で命が危ないと告げられる怜人
  • シン博士の助言により、怜人は女性陣を意識し始めた
  • マリアから、あるお願いをされる怜人

が描かれました。

 

名前で呼んでほしいと、お願いするマリア。

次巻11巻では、

メイティングの相手を、怜人は選ぶのか?

が気になりますね。

関連記事

-漫画

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.