女優

真木よう子の整形と劣化の真相とは?若い頃と現在の画像を比較検証

ショートカットが、とても似合う女優・真木よう子さん。

2017年に、体調不良で出演予定の映画を降板し、2018年には独立報道がありました。

その後、2019年にはドラマで主演を務め、2020年から始まるドラマでも主演を務めるなど、順調に女優活動を再開しているようです。

 

真木よう子さんは、

歳を重ねるほど美しくなっている

という印象を筆者は持っています。

しかし、一部ネットでは

  • 整形
  • 劣化

の噂が広がっているのです...。

そこで、噂の真相を探るため、彼女の若い頃と現在の画像を比較してみました。

スポンサーリンク

真木よう子の整形や劣化の噂!

大きな瞳と高い鼻で端正な顔立ちの真木よう子さん。

そんな彼女に、整形と劣化の噂があるようです。

ネットでは、

ネットの声

真木よう子整形やばいけど整形顔大好きだから真木よう子の顔も好きだ

など、多くの人が真木よう子さんの整形を確信しているみたいですね!

 

また、

など、

2018年ごろから劣化の噂

がでていたことがわかりました。

はたして彼女に、一体何があったのでしょうか。

 

真木よう子の若い頃と現在の画像を比較検証!

次に、真木よう子さんの若い頃と現在の画像を比較して、整形や劣化の噂の真相を探ってみました。

まずは、こちらの画像から見ていきましょう。

真木よう子

真木よう子

左の画像は、小学校の卒業アルバムの画像で、当時12歳の真木よう子さん。

右は2019年、36歳の真木よう子さんの画像。(37歳の誕生日を迎える前)

 

顔の変化が分かる画像と言えば、卒業アルバムでしょう。

真木よう子さんが12歳の頃の画像を見ると、素朴な顔をしつつ、鼻先や口元は現在と変わらないですね。

 

ただ、目元は、別人級に変わっています。

12歳の画像は奥二重、または一重まぶた

だったにも関わらず、

36歳の画像は、幅の広い平行二重

になっているのです。

ここまでの変化は、成長の過程で自然になったとは考えにくいです。

 

それでは、次の画像で検証を進めていきましょう。

真木よう子

真木よう子

左の画像は、中学校の卒業アルバムで、当時15歳の真木よう子さん。

右は、2019年の当時36歳の真木よう子さん。

中学卒業時には、眉毛を細く剃り、素朴な雰囲気から少しやんちゃな雰囲気になっていますね。

目元については、まだぱっちり二重まぶたになっていないです。

 

真木よう子

真木よう子

左の画像は、デビューしたころと言われ、当時17歳の真木よう子さん。

右は、2019年の当時36歳の真木よう子さんの画像。

 

17歳の画像を見ると、

素朴な雰囲気は消え、キリっとした美人

になっていますね!

高校に入ってから、急にあか抜けたのでしょうか。

特に変わったのは、目元です。

  • 右目が、幅の広い末広がりな二重まぶた
  • 左目が、奥二重気味の二重まぶた

であることが確認できますね。

一方で、36歳の画像を見ると、

左右の目の大きさが一緒

です。

デビューしたころの目元は、左右の違いもあることから、

まだ整形していない

と言えるでしょう。

 

では、次の画像もチェックしていきましょう。

真木よう子

真木よう子

左の画像は、2006年の当時24歳の真木よう子さん。

右は、2019年の当時36歳の真木よう子さんの画像。

 

24歳の画像と36歳の画像は、同じように凛々しい表情をしています。

目元に注目してみると、24歳の画像と36歳の画像は

目元の雰囲気が同じ

になりましたね。

 

この画像だけでは、確信とは言えませんが、20歳を過ぎてから

目の整形をした可能性

が高そうです。

また、鼻に注目してみると、

鼻筋や鼻のカーブ、鼻先は変わらない

ですよね。

なので、整形はしていないでしょう。

 

次の画像を見ていきます。

真木よう子

真木よう子

左は、2013年の当時31歳の真木よう子さんの画像。

右は、2014年の当時32歳の真木よう子さんの画像。

この2枚の画像の肌に注目してみてください。

よく見ると、

ほおのあたりに凹凸があって肌がぼこぼこしている

のです。

実は、真木よう子さんは、一部ネットユーザーから

肌がボコボコしている

と言われていました。

確かに、肌が汚ければ『劣化した』と言われても仕方がありません。

真木よう子さんは、女優という多忙な仕事によって、睡眠やプライベートの時間などが制限され、ストレスを多く感じたのではないでしょうか。

2013~2014年ごろは、特に肌荒れがひどかったみたいです。

真木よう子さんの『劣化』という噂には、

肌荒れしていたこと

が原因として挙げられますね。

 

さらに、次の画像を見ていきましょう。

真木よう子

真木よう子

左の画像は、2013年の当時31歳の真木よう子さん。

右は、2019年の当時36歳の真木よう子さんの画像。

 

先ほど紹介した2013年の画像では、肌荒れが目立ちましたが、この左の画像を見ると、肌荒れしていません。

同じ2013年の画像ですが、時期によって、肌の調子がいいとき、悪いときがあったのでしょう。

一方で、2019年の画像を見ると、

肌が荒れている

ように見えます。

2019年の画像は、かなりシリアスなドラマで緊迫した撮影が続いていたことから、ストレスによって、また肌が荒れてしまったのかもしれませんね。

 

目元に注目してみると、2013年ごろには、

完全にぱっちり平行二重まぶた

になっているとわかります。

この時点で、

整形をしていた

ということですね。

 

最後に、こちらの画像を検証していきます。

真木よう子

真木よう子

左は、2015年の当時33歳の真木よう子さんの画像。

右は、2019年の当時36歳の真木よう子さんの画像。

33歳の画像を見ると、

肌は真っ白で、きめ細やか

とわかります。

2013~2014年は、肌荒れをしていましたが、2015年には肌がすっかりキレイになっていますね。

やはり肌がキレイだと、美人度が一気に増します。

こんなにキレイな人だったんだと、改めて感じさせられますね。

 

一方で36歳の画像を見ると、

遠目でも肌荒れがわかる

ほどに、肌がでこぼこです。

ネットでも、この画像について、

「肌ボロボロ」

「劣化がひどい」

と言われていました。

 

また、36歳の画像は33歳の画像よりも

ふっくら

としているようです。

体型の変化も、不摂生やストレスが一因となっているでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

真木よう子さんは、一重まぶた、または奥二重気味だった目を

平行二重まぶた

にしていたことがわかりました。

 

デビュー時の若い頃は、左右で差のある目でしたね。

でも、とても美人だったので、そのままでもよかったくらいです。

鼻は、横から見た鼻筋のラインや鼻先に、不自然な変化が見られなかったため、

鼻の整形はしていない

とみてよいでしょう。

 

劣化については、

若い頃から肌荒れを繰り返していること

が原因のようです。

真木よう子さんは、とても美人ではありますが、

肌荒れしているときは魅力が半減

してしまっていましたね。

その一方で、肌の状態が良いときの真木よう子さんは、息をのむほどの美人であることがよくわかりました!

関連記事

-女優

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.